リオ・オリンピック開幕:イスラエル選手47人 2016.8.7

 2016-08-07
リオ・オリンピックが開幕した。イスラエルから派遣されているのは47選手。今回もメダルへの期待は柔道の3選手だ。

ヤルダン・ガルビ選手(女子27)、ウリ・サソン選手(男子25)、サギ・ムキ選手(男子24)はいずれもワールド、またはヨーロッパでのチャンピオンクラスだという。この他、以下の選手たちがメダル期待とされている。

女子レスリングのイラナ・カラティシュ選手(26)、タイコンドーのロン・アティアス選手(21)、三段跳びのハナ・ミメンコ選手(26)。

ミメンコ選手は、2012年のロンドン・オリンピックでは、ウクライナ選手として出場していたが、2013年に結婚してイスラエルへ移住したため、今回はイスラエル選手として、リオ・オリンピックに出場する。

また新体操ではイダ・マリン選手(19)、アロナ・コシェバツキー選手(19)、ユバル・パイロ選手(18)、エカテリーナ・レビーナ選手(19)、カリーナ・リクバル選手(18)

それぞれの選手の写真あり:http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4836913,00.html

<リオで、ミュンヘン・オリンピックのテロ事件追悼式典:国際オリンピック協議会>

3日、リオ・デジャネイロでは、国際オリンンピック協議会が、1972年のミュンヘンオリンピックでパレスチナ人テロリストに殺害されたイスラエル選手11人とドイツ人警官を覚える記念式典を行った。

事件が発生してから44年目になる。遺族は、IOC(国際オリンピック連盟)が事件を正式に追悼するまでに44年もかかったが、「これでようやくけじめがついた。」と語っている。

式典には、遺族2家族と、リオ・オリンピックに出場するイスラエル選手数人、ドイツとジョージアの選手が参加した。

http://www.timesofisrael.com/ioc-honors-israelis-slain-in-terror-attack-1972-olympics/

*ミュンヘンオリンピック・テロ事件 (Wikipediaより) https://ja.wikipedia.org/wiki/ミュンヘンオリンピック事件

1972年9月、ミュンヘンオリンピックの選手村へ、パレスチナ人テログループ「ブラック_セプテンバー」8人が侵入し、イスラエル人コーチ2名を殺害、9人を人質にとった。犯人グループは、人質との交換に、日本赤軍の岡本公三を含むパレスチナ人234人の釈放を要求した。

犯人グループは、エジプトへの脱出を要求。空港へ移動後、救出作戦に失敗し、移動に使用したヘリの中で、犯人1人が自爆したため、9人の選手もともに死亡してしまった。

イスラエルはこの後、ゴルダ・メイヤー当時首相の指示で、レバノン領内にあったPLO拠点10カ所を空爆した他、モサド工作員によって、ブラック・セプテンバーの関係者ら多数を暗殺している。

<いろいろ懸念のリオ・オリンピック>

今回のオリンピックは、ブラジルの経済悪化、治安の悪さ、ジカ・ウイルス、会計粉飾の疑いで現職大統領が弾劾、ロシアのドーピングなど、開催があやぶまれるほど問題の多いオリンピックとなった。しかし、5日、ようやく開幕を迎えた形である。

参加する国は207カ国、10500選手が出場する。最大のチームは選手554人からなるアメリカチーム。ロシアは、ドーピング疑惑で全員失格になりそうだったが、最終的に、389人中、271人が出場できることになった。

ブラジルの治安の悪さが懸念されるからか、50万人が観戦にくるものの、チケットは、750万枚中、100万枚以上が売れ残っているという。オリンピック開催中は、警察官85000人(55カ国)が治安維持にあたる。

金曜の開会式は、おおむね30億人がテレビなどで見ると推測されている。

http://www.bbc.com/sport/olympics/36974387

*テロ対策、犯罪対策

ヨーロッパで、ISISがからむ大きなテロ事件が続いている中でのオリンピックである。これほど全世界が注目するイベントはないことから、イスラム主義勢力が利用する価値は大きいと考えても不思議はないだろう。

ブラジルでは、7月25日、ISISに感化され、オリンピック中にテロを計画していたとされる12人が逮捕されている。12人は、特に組織的なつながりではなく、インターネットを使って集まったグループであった。

今の所、深刻なテロ予告はないが、ブラジルの諜報機関によると、聖戦主義者のネットのチャンネルでは、オリンピックを狙うよう、支持者らに呼びかけているものがあるという。

http://edition.cnn.com/2016/07/21/americas/brazil-olympics-terror-arrests/

しかし、こうしたテロもさながら、ブラジルの犯罪率もかなり恐ろしい。NYTによると、今年1月から5月までに、リオだけで、2100件の殺人事件が発生している。これは昨年からすると13%増だとのこと。

http://www.nytimes.com/2016/08/05/opinion/no-game-the-olympics-rio-and-terror.html?_r=0
タグ :

ワールドビジョン献金:60%がハマス資金へ 2016.8.7

 2016-08-07
イスラエル政府が正式に発表したところによると、世界的なキリスト教系チャリティNGO団体ワールドビジョンのガザへの献金のうち、60%が、ハマスに横領されていたことがわかった。その額年間720万ドル(約7億2000万円)に上る。

この情報はすでに今年4月の段階でメディアにも暴露されていたが、その首謀者で、ワールドビジョンのガザ地区代表を努めていたモハンマド・エル・ハラビが、6月に逮捕され、本人の自白とさらなる調査の結果、イスラエル政府から、改めて公式に発表されたものである。

イスラエル政府が、この件を世界に公表し、ガザへの支援活動について、警告するキャンペーンに出たということである。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4837771,00.html

その報告によると、エル・ハラビは、若いころからハマスのメンバーで、父親が国連職員であることから信頼を得て、2005年からワールドビジョンで働くようになっていた。

2010年には、同団体のガザ地区部門の責任者にまでなり、献金の横領をあらゆる部門で行っていたもようである。つまり、少なくとも5年近くは、大胆な横領をやっていたことになる。

資金については、貧しい人々の支援に使われるはずの400万ドル(約4億円)が、毎年ハマスの地下トンネルの設営や武器の購入に充てられ、150万ドル(1億5000万円)が、ハマス戦闘員の給料として毎年テロリストやその家族に支給されていた。

エル・ハラビが白状したところによると、時にはハマス幹部が大金を横領していくこともあったという。

物資については、貧しい人々に行き渡るようにと搬入された食料や医療物資は、ハマスメンバーとその家族が受給していた。その際、ハマスの倉庫をワールド・ビジョンの倉庫と偽って、物資を搬入させていた。

グリーンハウスを立ち上げるプロジェクトでは、実際にはグリーンハウスとしての機能ではなく、地下トンネルの掘削作業を隠す建物として機材が使われていた。

報告書類などは、当然偽造である。驚くようなハマスの横領は他にもいろいろあるが、ここまでくると、ワールドビジョンの監督のずさんさにも驚かざるとえない。なお、ワールドビジョンは、この不正への関与を否定している。

イスラエル外務省ディレクターのドール・ゴールド氏は、ワールドビジョンのような大きな組織で、これほどの無監督状態にあったとすれば、他の団体も同様にハマスに利用されているかもしれないと、さらなる調査の必要性を訴えた。

オーストラリアは政府から公式にワールドビジョンを通じてガザへの支援を行っていたが、この件が明るみに出て以来、支援を保留にしている。

http://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/Hamas-infiltrated-international-Gazan-aid-group-stole-tens-of-millions-of-dollars-463211

<ワールドビジョン・エルサレム、西岸地区、ガザ地区部門について>

ワールドビジョンは、アメリカが中心となり世界100カ国の貧しい人々への支援活動を行うキリスト教系の支援団体。スタッフは46000人に上る。1950年、アメリカの宣教師ボブ・ピアスによって始められた。

日本でもワールドビジョン・ジャパンとして活動。イスラエルでは、エルサレム、西岸地区、ガザ地区の支部として、40年にわたって活動している。

そのホームページでは、6月のエル・ハラビの逮捕については、違法であるという考えとともに、同団体(部門)は、エル・ハラビの側に立つといった記載がなされていた。

http://www.wvi.org/jerusalem-west-bank-gaza/pressrelease/statement-extended-detention-gaza-operations-manager

8月4日の記事は、エル・ハラビの行為が証拠立ててあきらかにされた事を受け、調査をした上で、公正で法的な手続きを求めると記載している。

http://www.wvi.org/jerusalem-west-bank-gaza/pressrelease/statement-world-visions-staff-arrest
タグ :

イスラエル国内で未然に防がれているテロ 2016..8.7

 2016-08-07
ここ数週間、イスラエルは、事件も少なく平穏といえるかもしれない。しかし、テロがないわけではなく、未然に防がれているということのようである。

エルサレムでは、路面電車付近で、不審人物に気がついた警備員が職務質問したことで、所持していた爆弾が未然に発見され、逮捕された一件が、7月にあった。

昨日は、やはり不審人物に気がついた警備員によって、隠し持っていた大きなナイフが発見され、犯人はその場で逮捕された。

テルアビブでは、オープンマーケットのカルメル・マーケットで、男が人がナイフを振りかざしたため、付近の人々が一斉にパニクになって逃げるという騒ぎがあった。犯人は誰をも傷つけることなくとりおさえられた。精神障害の人物であったとも伝えられている。

http://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/Knife-wielding-man-causes-panic-at-Tel-Avivs-Hacarmel-Market-463331

西岸地区では、イスラエル軍が、情報に基づいて突入し、武器やテロリストを逮捕するといった作業が連日行われている。また、イスラエル人を殺害したテロ事件の犯人の家が、破壊されたというニュースも続いている。

<刑務所への踏み込み逮捕>

4日、ナフハ刑務所(場所は不明)のハマス房で、刑務所内から暴動の計画があるとの情報により、イスラエルの刑務所指揮下のマサダ部隊が、一斉踏み込みを行い、首謀者らを逮捕した。

踏み込んだ後には、通信用機器などが残されていたという。逮捕されたものたちはじめ、この房にいた者たちは、いくつかの刑務所に分けて再収監された。

パレスチナ自治政府によると、ナフハ刑務所から120人、エシュコル刑務所から135人が移動させられてという。このほとんどはハマスで、これらの囚人は、金曜からハンストを宣言している。

*ハマス房

一度だけ刑務所の取材に行ったことがあるが、ハマスのメンバーは、ハマスだけが入る房に入れられていた。

ハマス房では、たくさんの囚人たちがこちらをにらみつけていたのだが、その目に、ファタハやその他のテロ関係者が入る房とは比べ物にならない殺気を感じたのを今も覚えている。

イスラエルの刑務所では、囚人の自治の制度がある他、看守たちが、囚人たちの話すアラビア語がわからないこともあって、内部で、テロリストらが連絡をとりつつ、テロを計画することも可能なようである。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/216001
タグ :

ゴラン高原:アル・ヌスラがアルカイダから離脱 2016.8.7

 2016-08-07
イスラエル北部のゴラン高原には、イスラエルとシリアの間に緩衝地帯があり、クネイトラという場所にUNDOF(国連兵力引き離し監視軍)が駐留していた。

しかし2014年、反政府勢力の一つ、アルヌスラが、クネイトラのUNDOFを襲撃して占領するに至っている。つまり、イスラエルのすぐ隣に、アルヌスラや他の反政府勢力が張り合っているという形である。

時々、流れ弾がイスラエル領内に着弾し、イスラエル軍は、その責任は政府にありとして、一発反撃を入れるといったやりとりも時々発生している。しかし、これまでのところ、この地域で、イスラエルとアルヌスラの間に大きな紛争は発生していない。

むしろ、イスラエルは、国境で、多くの重傷を負ったシリア人を、イスラエル国内の病院で治療し、おちついたところでシリアへ返すという人道支援を行っている。その中にはアルヌスラ戦闘員も含まれていると考えられている。

最近では、まだ勢力は少ないものの、ISISもこの地域に入り込んでいることから、ISISを治療している可能性も否定できない。イスラエル軍報道官のピーター・ラーナー氏は、治療があくまでも医療的立場で行っているものであり、相手がだれであれ、こちらは関与しないとの立場を強調している。

ともあれ、そうした医療支援が実は、イスラエルとアルヌスラの間に交わされた密約ではないかとの見方もある。

こうした状況の中、7月29日、アルヌスラが、アルカイダから離脱したと発表した。アルカイダも「イスラムの兄弟愛は組織にしばられるものではない。」として、これを認めるとの以意向を明らかにしている。

アルヌスラの指導者アブ・モハンマド・アル・ジュラニは、世界にむけての初めてのビデオ・メッセージの中で、「アメリカやロシアがシリア人を攻撃の口実を与えないようにすることが目的と語り、新しく出発する組織はあれゆる外国との関係をもたないと言っている。

なお、アルヌスラは、ISISがアルカイダから分裂した後、ISISとの合流を拒否して、アルカイダに加わったという経過がある。

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-36916606

ハアレツ紙の記者は、アルヌスラがアルカイダからも独立することで、サウジアラビアにテロでない反政府勢力として認められ、和平会議への出席の他、支援金も受けられるようになるのではないかとも書いている。

とはいえ、イスラエルにとっては、隣にいるのが、アルカイダでろうが、アルヌスラであろうが、ほとんど関知せず、というところか。

<クネイトラ周辺のシリア難民を助けるイスラエル人ビジネスマン>

クネイトラを含む緩衝地帯には、シリア難民20万人がどこにも行けないまま、非常に苦しい生活を強いられている。イスラエルのすぐ隣に食料すらない人々がいることに耐えられないというイスラエル人ビジネスマンがいる。

モティ・カハナさんは、アメリカ系イスラエル人でビジネスで成功し、その資金をシリア難民の救出につぎ込んでいる。

多くのシリア人の知人を通じて、主にトルコでシリア難民への支援活動を行っていたが、2年前から、クネイトラのある緩衝地帯に閉じ込められているシリア人たちへの支援を行っている。

具体的には、食料や医薬品を国境まで届け、そこからは、イスラエル軍が極秘のルート(上記負傷者の治療も含め、イスラエル軍は、この地域になんらかのコンタクトを持っている)で難民に届けているという。つまり、支援がイスラエルの旗印の元で送り届けられるということである。

モティさんは、地域のシリア人から直接リクエストを受けて、物資を届けるのだが、イスラエル軍に引き渡して以降は、確認のしようがないという。しかし、なんらかの形で連絡があるとみえ、こうした支援活動が続けられている。

モティさんは、イスラエルから車で1時間もかからないすぐ隣で、人々が食料もなく、野宿している。これを放っておいては、やがて他からの支援を受けるようになる。そうなれば、この地域は、イスラエルに敵対する地域になってしまうと主張する。

カハナさんは、シリア難民が、ヨーロッパなどでひどいしうちを受けていることについて、「シリア人はドイツになど行きたいとは思っていない。シリアにいられるなら、シリアにいるはずだ。」と主張する。

カハナさんの目標は、シリア領内のどこかに、市民のための安全地帯を設けること。そこから、新しい国づくりがはじまればと考えているという。

カハナさんはまだ40代ぐらいと思われるが、シリア難民のために、財産をなげうってしまうため、妻や子供たちが困るほどだという。これほどシリア人のために、熱心になっているイスラエル人がいることを世界は知るべきであろう。

付け加えれば、危険であるにも関わらず、トルコやヨルダンの難民キャンプで支援活動を行うイスラエルの若者たちが決行いると聞いている。
タグ :

シリア難民の動き:対ISIS情勢 2016.8.7 

 2016-08-07
http://www.bbc.com/news/world-europe-34131911

今や100万人以上とも言われるシリア難民だが、そのほとんどが、ヨルダン、トルコ、レバノンにいる。しかし、この3国も難民を支える限界を超えてしまったため、最近では、難民を受け入れなくなっている。

ヨルダンとシリアの国境では、シリア難民が押し寄せたものの、ヨルダンが中へ入れないため、国境で難民がそのまま立ち往生になっている。その数75000人以上に上る。

この地域は砂漠地帯であるため、昼間は気温が50度にまであがるという。難民たちの多くは女性と子供たちだということだが、日陰もなく、当然、食料もない。

しかし、空からの空輸では、難民以外の者らの手にわたってしまう可能性もある。そのため、国連は、ヨルダン領内から、クレーンを使って、食料を、国境の向こう側にいる難民たちに届けているという。

http://www.un.org/apps/news/story.asp?NewsID=54633#.V6XxSKUWnA8

ところで、難民たちは、かつてはトルコからギリシャへわたり、そこからヨーロッパを目指したのだが、今ではトルコがギリシャへ到着してもトルコへ差し戻す案を提案し、それが功をそうしてか、この経路によるヨーロッパへの難民流入は、今はほとんどなくなった。

しかし、この方策をEUに提案した際、トルコは、トルコ市民がビザなしでヨーロッパ圏内へ入れる特権を約束させたため、今、その履行を求めているところである。

しかし、トルコでテロが多発していることを受けて、EUはこの件をしぶっている。トルコはもし、これが履行されないなら、トルコは、この件から手を引くとの脅しにはいっているようである。

一方、難民たちは再びリビアなど北アフリカから地中海を越える経路を利用しており、再び船が転覆して多数が死亡するというニュースが入ったりしている。

<アメリカ有志軍のISIS追撃:リビアへ拡大>

アメリカ有志軍が,シリア、イラクでISISの空爆を続け、地上ではイラク軍が、ISISから領地の奪回をすすめている。海外でのテロは別として、組織そのものは、弱体下しているとも伝えられている。

イスラエルの隣シナイ半島には、ISISが勢力を伸ばしつつあり、昨年10月のロシア旅客機(200人死亡)を撃墜したのが、ジナイ半島のISISであると考えられている。

8月4日、エジプト軍は、シナイ半島ISISの指導者アブ・デュア・アル・アンサリを空爆で殺害したと、エジプト軍の報道官が伝えた。

イスラエル紙ハアレツによると、この攻撃の後、シナイ半島のISISはなぜか、ビデオを通じて、「イスラエルをユダヤ人の墓場にする。」とイスラエルを脅迫する声明をだしている。

この8月1日、アメリカ有志軍は、リビアにいるISISの攻撃も開始した。リビアの向いにあたるイタリアは、前向きにアメリカ軍に発着空港を提供する用意があると伝えられている。

http://www.bbc.com/news/world-europe-36965198
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫