米朝会談:イスラエルの注目点 2018.6.12

 2018-06-12
まもなく、シンガポールにおけるトランプ大統領とキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の会談が行われる。イスラエルのメディアも、特派員をシンガポールに派遣し、トップニュースとして報じる構えである。

この件について、イスラエルが注目する点は、2点。

1)北朝鮮の核開発抑止できるか

まずトランプ大統領が本当に北朝鮮の核開発を、可能性も含めて止めさせることができるのかどうか。またそれが本当に実施されるのかどうかという点である。

もしこれが実現すれば、オバマ前米大統領がイランと交わした核開発抑止の不完全さを効果的に指摘することができ、アメリカが合意から離脱することに正当性が出てくる。つまりイスラエルの訴えも証明されるということである。

また、今回、北朝鮮の核抑止に成功できた場合、同様のシステムをイランにも適応する可能性も出てくる。

これに対抗するかのように、イランの外相スポークスマンは、「アメリカは合意を途中で放棄するから北朝鮮は気をつけたほうがよい」と語っている。

https://www.timesofisrael.com/iran-warns-kim-dont-trust-trump-he-quits-deals/

2)北朝鮮の弾道ミサイル開発・輸出を止められるか

次に弾道ミサイルなどの非核通常兵器の開発やその部品の輸出を止めさせることができるかどうか。北朝鮮の武器関連輸出の先には、イランとシリア、つまりはハマスやヒズボラが含まれている。

もしこれを止めさせることができれば、イスラエルの治安にとっては大きな成果になりうる。

<予想される結果は?>

トランプ大統領のことなので、予想などはできないのだが、北朝鮮は核開発停止について、時期をきめずに合意するのではとの見方がある。リビアのカダフィ大佐のように、すべてを投げ出した場合に身の危険が及ぶ可能性があるからである。

しかし、その代わりに、非核通常兵器の弾道ミサイル開発・輸出の抑止については、アメリカとの合意に達する可能性がある。

<笑うのはキム・ジョンウン?>

核兵器、通常兵器に関する合意がどうあれ、キム・ジョンウンは、アメリカの大統領と公式に会談する。これは、アメリカが、北朝鮮という国を公式に認めたということに他ならない。

これは、北朝鮮にとってはすでに大きな成果である。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5283284,00.html
カテゴリ :世界情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ネタニヤフ首相のイラン包囲網 2018.6.12

 2018-06-12
アメリカが2015年の核合意から離脱し、厳しい経済制裁を再開すると発表してから、イランの経済はすでに厳しい状況になりつつある。

これに乗じて、ネタニヤフ首相が、防衛、外交だけでなく、イラン市民に直接訴えるなどのイラン包囲網を、積極的に展開している。目的は、イランをシリアから撤退させるだけでなく、現在のイスラム政権を内部から打倒することのようである。

1)シリア領内のイラン基地攻撃

イスラエルがシリア領内にあるイランの軍事基地を破壊する作戦に出ていることはお伝えしている通り。

2)ロシアの協力でシリアのイラン軍撤退へ働きかけか

この機に乗じ、ネタニヤフ首相は、ロシアのプーチン大統領と緊密に連絡をとり、イスラエルのイラン軍関係基地への攻撃を黙認してもらうことに成功している。

また、シリア領内で、イランが勢力を伸ばしていることを快く思っていないロシアにとりいり、イランを含むシリア領内にいる外国勢力を、すべて撤退させる案が浮上している。

なお、これについて、シリアのアサド大統領は、そのような合意がイスラエルとロシアの間にあるという事実はないと否定している。

3)ヨーロッパ諸国に核合意からの離脱を訴え

さらにネタニヤフ首相は先週、ドイツ、フランス、イギリスを訪問。訪問先で、アメリカに続いて、イランとの核合意から離脱することを要請した。

ネタニヤフ首相は、BBCでのインタビューに応じ、アメリカが離脱した今、イランとの合意は終了したとの見方を明らかにしている。

https://www.youtube.com/watch?v=22QO6Jhcqz0

しかし、3国は基本的に、イランとの核合意は維持する方向である。   

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/247234

4)「イラン人に命を」:イラン市民へ水リサイクル技術を提供

10日、ネタニヤフ首相は、イラン市民に対し、イスラエルの水のリサイクル技術が多くのイラン人の命を救うとビデオメッセージで訴え、その技術に関するウェブサイトをペルシャ語で立ちあげたと呼びかけた。

ネタニヤフ首相がイランの気象関連組織の情報として語るところによると、イラン人口の96%が、干ばつによるなんらかの被害を受けている。

またイランの農業相によると、イランの5000万人が、環境による被害で移動を余儀なくされているという。ネタニヤフ首相は、これを現イラン政権の失策だと訴えている。

イラン政権は「イスラエルの死を」と叫ぶが、イスラエルは、「イランの人々に命を」と叫ぶと2分あまりのビデオメッセージをユーチューブで流した。

https://www.youtube.com/watch?v=1qZORdDEc3Q
カテゴリ :イラン情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

G7で孤立するアメリカ:SCOで結束するイラン・ロシア・中国 2018.6.12

 2018-06-12
エルサレムに米大使館を移動させるなど、強力なイスラエル保護の立場を明らかにしているトランプ大統領だが、先週開かれたG7では、相変わらずのジャイアンぶりで孤立していると報じられた。

トランプ大統領は、貿易不均衡を訴え、鉄鋼やアルミなどの対米輸出品に高額な関税をかけようとしてヒンシュクをかい、さらに、”世界を運営する”この首脳会談にはロシアもいるべきだと訴えて欧州諸国からのヒンシュクを買った。

ロシアは、2014年に、クリミア半島を併合した時にこのG8から締め出されて、以来、G7になったのであった。欧州諸国にとって、ロシアのこの動きは決して容認できないものなのである。

この上にトランプ大統領は、北朝鮮の大統領との会談のために、G7を早期に退出したのちに、  合意を撤回してまたヒンシュクをかった。

しかしながら、トランプ大統領の言うことには一理あり、本人も自分は正しいと自信を持っているので、G7首脳からの孤立など、みじんも気にしていない。

<イラン・ロシア・中国の結束>

G7が紛糾しているのと時を同じくして、中国が、9,10日とSCO(Shanghai Cooperation Organisation )上海協力機構首脳サミットを、中国で開催した。

この会議には、イランのロウハニ大統領とロシアのプーチン大統領の他、旧ソ連中央アジア諸国、インド、パキスタンが加盟している。イランは、まだ正式なSCOの加盟国ではないが、その準備がすすめられている。

今回、SCOでは、「イランとの核合意を遵守する」ことで合意した他、北朝鮮問題についても、中国とロシアによる平和へのロードマップを提示している。つまり、アメリカの動きに対抗しているということである。

https://www.i24news.tv/en/news/international/176754-180609-china-hosts-russia-iran-for-summit-as-us-tensions-rise

こうした中で、イスラエルはサバイバルのため、陣営を飛び越えてロシアに近づいているわけだが、ロシアがどこまで信用できるのかは不明というところであろう。無論、イスラエルはそれも見越してロシアに近づいているわけだが。。。

少々ガタが来ているがアメリカ+欧州+日本+イスラエル、(+サウジアラビア)に対し、中国+ロシア+イラン+北朝鮮、(+トルコ)という、イデオロギーの違いによる世界のチーム分けと、対立がますます明白になりつつある。

<意外なイスラエル支持表明:オーストリア>

オーストリアは、ヨーロッパの中でも最も右傾化が進んでいるといわれる国。セバスチャン・クルツ首相(31)は、元ナチが創設したといわれ、移民排斥に熱心な極右政党FPOを連立に入れることで政権を得た。

イスラエルは、オーストリアで反ユダヤ主義が再燃するのではないかと、懸念を表明している。

そのオーストリア政権は、先週、トルコから資金提供を受けている国内の政治的イスラム教グループのモスク17箇所を閉鎖。イマム最大60人とその家族を国外追放にすると発表した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000034-jij_afp-int

この直後に、イスラエルを訪問したクルツ首相は、オーストリア出身のホロコースト生存者を伴ってエルサレム旧市街を訪問。首相として嘆きの壁も訪問した。ヨーロッパの首脳にしてはめずらしい行動で、イスラエルへの友好を表していると評価された。

ヤド・バシェムを訪問した際には、その中の失われた町の谷(広大なモニュメント)を訪問。ヤド・バシェムに、オーストリア政府のアーカイブへのアクセス権を認める文書に署名した。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/247247

ネタニヤフ首相によると、クルツ首相は、オーストリアがホロコーストの犠牲であるだけでなく、加害者であったことも認める発言をしているという。

クルツ首相は、これを認め、オーストリアは、歴史的にイスラエルに負っている責任があると述べた。また特にイスラエルのセキュリティを守る責任を負っていると語った。

ネタニヤフ首相は、これを高く評価し、クルツ首相は、イスラエルとオーストリアの関係強化を前進させたと感謝を述べた。

https://www.jpost.com/Israel-News/Kurz-vows-Vienna-to-support-Israel-security-needs-in-tough-neighborhood-559692

しかしながら、先の反ユダヤ主義カンファレンスでは、オーストリア在住のユダヤ人が、高まる反ユダヤ主義、特にFPOが露骨に反ユダヤ主義発言があると報告しており、イスラエル政府が、FPOを囲い込んでいる政府をあまり評価しすぎるとして懸念を表明していた。
カテゴリ :世界情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

泥沼化するガザ国境情勢 2018.6.12

 2018-06-12
ガザとイスラエルとの国境では、3月末以来、ハマスによる「帰還への行進」とするデモが毎週金曜に行われ、今も金曜になると、イスラエル軍との衝突が続いている。

これまでで最大の衝突はアメリカ大使館がエルサレムに移動した5月14日で、4万人が参加し、この日だけで60人以上が死亡し、これまでの死者は計100人を超えた。しかし、その後、デモへの参加者は減少している。

<下火?に終わったクッズ・デー(6/8)とその背景>

6月8日(金)は、5日火曜から延期されたクッズ・デーとも言われるナクサの日(六日戦争でパレスチナ人がエルサレムを失った日)で、ラマダン最終金曜であったことから、これまで以上の衝突が懸念された。

イスラエル軍は、ガザ市民に対し、ハマスに協力しないよう警告するビラをまき、ガザ突入を想定した軍事訓練を実施。当日は、ミサイル攻撃も想定して準備し、国境では、20メートルおきに射撃種を配置して、ガザの群衆が、イスラエル領内になだれこんでくるにに備えた。

ところが8日、デモに集結したのは、予想をはるかに下回る1万人程度だった。また、子供や女性の姿はなかったという。数人が国境を超えてこようとしたため、イスラエル軍の射撃手が足を狙ったが、タイヤを燃やすなどして発生した煙で視界が悪く、最終的に4人が死亡したと報じられている。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5281945,00.html

このデモでは、ホロコーストを連想させるしま模様の囚人服を着て、デモに参加するとの前情報があった。しかし、さすがにそれは行われなかったのか、その報道はない。

https://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/Report-Gazans-to-dress-like-concentration-camp-prisoners-in-protest-559441

イスラエル軍によると、今回は、参加者に士気が感じられず、義務でやっている感じもあったという。しかし、それが、ハマスの弱体化を意味するわけではないと専門家らは語る。

先週、イスラエル領内へ続く海底トンネルが発見され、空爆で破壊された。いったいどこにそんなエネルギーと資金があるのやら・・・とその執念に驚かされる。

https://www.timesofisrael.com/idf-says-it-destroyed-hamas-undersea-tunnel-in-last-weeks-airstrikes/

ハマスの背後には、トルコ、カタールが資金源となっている。新しい情報によると、ヒズボラが、南レバノンにハマスとともにミサイル工場や訓練キャンプを設立させる動きもある。

https://www.timesofisrael.com/israel-says-hamas-working-with-hezbollah-to-train-thousands-in-lebanon/

なお、6/8(金)はラマダン最後の金曜であったが、エルサレムの神殿の丘での祈りも平和に終わった。

https://www.timesofisrael.com/ramadan-prayers-in-jerusalem-end-peacefully-amid-gaza-violence/

<凧による攻撃> https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5283556,00.html

以後、デモへの参加者は減っているが、先週からは、火や火炎瓶を装着した凧が600は飛来し、少なくとも200は落下して、イスラエル南部の畑4500エーカー(18キロ平方キロ)が消失。

一時はスデロットの町やその近郊のシャピーロ大学にも火災にみまわれる被害が出た。

凧は当初、足に火がついていたり、火炎瓶が付いていたりしていたが、最近のものは、落下した後、人が近づいてきた時に爆発する仕掛けがしてあるものもあるという。

イスラエルは、これに対し、凧専用のドローンを使って畑に落下前に上空で確保する作戦で対処している。

また、焼かれた畑の被害について、イスラエル政府は、パレスチナ自治政府に変わって徴収している貿易上の税金から差し引くと発表した。(被害額140万ドル(1億5000万円程度)

https://www.timesofisrael.com/17-fires-extinguished-near-gaza-after-incendiary-kite-attacks/

一方、イスラエル南部の市民たちは、「彼らは焼く。私たちは植える。」と称して、焼かれてもまた畑に植える作戦を打ち上げた。

また11日、スデロットでは、子供達に平和のメッセージをつけた凧あげ大会を行った。凧という本来、平和な子供たちの遊びの道具が、暴力の道具として使われたことへの対処という目的もあるという。

一方、ガザでは、毎年子供達が東日本大震災の被害者たちを励ますために凧あげ大会が行われてきた。ガザの子供たちは、今回、大人たちが、その凧によってイスラエルを攻撃したのを見てどう思っているのだろうかと思わされる。

<パレスチナ自治政府は国連総会へパレスチナ人の”保護”訴え>

ガザで100人以上が死亡したことを受けて、クウェートが国連安保理にイスラエル非難の採択を促したが、これはアメリカの拒否権発動で、実現しなかった。

続いてパレスチナ自治政府は、イスラエルが、悪意を持ってパレスチナ人を殺害しているとして、国連総会に、パレスチナ人の”保護”を訴えた。

https://www.timesofisrael.com/palestinians-turn-to-un-general-assembly-over-gaza-deaths/

しかし、今回の衝突は、ガザのハマスが、市民を駆り立て、暴力的に国境を越えてイスラエル領内へ入ろうとしたことが原因である。イスラエルは、市民にビラをまき、ハマスの指示に従って国境にこないようにと、十分に警告も行った。

このデモにおいて、死亡した1人、パレスチナ人看護師のラザン・アル・ナジャールさん(21)であった。国際社会はいっせいにイスラエルを非難したが、後にナザールさんが、発煙筒を投げていたこと、また人間の盾になることを覚悟していたことが明らかになった。

https://www.timesofisrael.com/idf-spokesperson-slain-gaza-medic-no-angel-of-mercy/

パレスチナ自治政府は、イスラエルからの”保護”を訴えているが、危険な敵対行為がなければ、攻撃されることもないのである。

*パレスチナ人によるテロで18歳少女重症

この記事を書いている最中に、イスラエル北部アフラ近郊のミグダル・ハエメックで、シュバ・マルカさん(18)がナイフで7回も刺されて重症となるテロが発生した。

テロリストは、西岸地区ジェニン在住のパレスチナ人ヌーラディン・シュナウィ。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/247294

<ガザの人道支援について>

現在、ガザの住民の電気は1日4時間。人々はろうそくで生活し、下水も崩壊している。人間が生活できない場所になると言われてからすでに久しい。

ガザの金曜デモが下火になりつつあることと、ガザの生活状況がまさに崩壊寸前になっていることから、イスラエル政府は、日曜、ガザへの人道支援についての議論を行なった。アメとムチのアメ効果を狙うというところである。

ネタニヤフ首相、イスラエル軍のエイセンコット参謀総長は、今、人道支援をすることが沈静化につながると期待しているが、リーバーマン国防相これに反対意見を出した。結局、話はまとまらなかった。

リーバーマン国防相は、ガザが今、以前より困窮を極めたのは、先週、パレスチナ自治政府が、ラマダン中にもかかわらず、4月分のガザへの給料支払いを差し止めたからであると指摘する。

またハマスが、人道支援するべき資金をすべてトンネルに費やしていることが原因であるとして、ガザに人道支援を行ったとて、ハマスの性質が変わるはずもなく、それがアメ効果になることはありえないと主張している。

https://www.haaretz.com/israel-news/.premium-lieberman-calls-gaza-aid-delusion-but-he-s-intentionally-misleading-1.6159231
カテゴリ :パレスチナ関係 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

テルアビブのゲイパレード:参加者25万人で記録更新 2018.6.12

 2018-06-12
6/8(金)、ガザ国境で、イスラエル軍がこれまでにないほどのデモを警戒し、20mおきに狙撃手を配置していた頃、同じ地中海に面し、ガザから70km北のテルアビブでは、盛大にゲイパレードが行われた。

今年はパレードが始まって20周年ということもあり、参加者はこれまでで最大の25万人と報じられた。パレード後の盛大なビーチパーティ(このビーチはガザのビーチに続いている)では、ユーロビジョンで優勝したネタさんもパフォ^マンスを披露した。

https://www.timesofisrael.com/over-250000-revelers-flood-tel-aviv-for-gay-pride/

<石のひとりごと>

今年は行かなかったが、テルアビブのゲイパレードに行っていつも思わされるのは、出エジプト記の中で、偶像の周りで踊って乱れているイスラエル人である。

凧に火をつけて飛ばすパレスチナ人、緊張して構えるイスラエル兵の列、そこからわずか   キロ地点では、おのおのビールを片手に裸同然で歩く同性愛者とそれに同意するイスラエルの群衆・・・これが全く同日同時刻に起こっていたと思うと、なんとも気がへんになりそうである。

まったくもって、人間のこの狂気を、神は天からどうみおろしていただろうかと思う。
カテゴリ :イスラエル国内ニュース トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

グアテマラ火山噴火: イスラエル援助隊活躍中 2018.6.12

 2018-06-12
6月3日に噴火したグアテマラの火山。犠牲者はこれまでに75人だが、まだ200人が不明で、犠牲者数は増えるとみられている。

この火山噴火では、一つの村が消失するほどの被害が発生しており、多数の家族を一瞬で失った人が多数いるという。

エル・ドデオさん(25)は、妻と両親、弟夫妻とその子供たち全部を一度に失った。写真をみると呆然を通りこした表情で、これから彼が歩む道を思うと、祈る言葉もない。。。

https://www.bbc.com/news/world-latin-america-44379303

グアテマラは、5月、アメリカに続いて大使館をエルサレムへ移動した2つ目の国。モラレス大統領の要請に応じ、6月6日、火傷の専門家、呼吸器専門家、ERスタッフなどからなる医療部隊をグアテマラに派遣した。

派遣期間は10日間の予定。チームは現地医療スタッフに合流し、負傷者の治療にあたっている。ネパール地震の時と違い、噴火はまだ終わっておらず、救援隊が到着後に負傷する人がまだいるという。

https://www.jpost.com/HEALTH-SCIENCE/Israeli-team-rush-to-Guatemala-to-help-volcano-victims-559408

イスラエルの火傷専門の医師たちは、特殊な酵素を用いて、できるだけ手術なしに火傷を治療する技術を用いて、治療にあたっている。

<世界を祝福するイスラエルの技術:ネタニヤフ首相インタビューBBCより>

https://www.youtube.com/watch?v=22QO6Jhcqz0

イスラエルは世界の嫌われ者ではあるのだが、その先進技術が世界の祝福になっていることは否めない。

ネタニヤフ首相は、中東や世界の力関係が変化しつつある背景に、イランに対立する国がイスラエルに近づいていることとともに、世界がイスラエルの最新技術を求めて、イスラエルに近づいているとの考えを明らかにしている。

余談になるが、このインタビューでネタニヤフ首相をインタビューしているBBC記者は、かなり失礼である。しかし、ネタニヤフ首相は、まったく動じることなく、余裕の笑みを浮かべながら、余裕の様子で答えている。

その返答には、一貫性があり、自信に満ちている。国を導くという点においては、真剣であることが伝わって来る。

国内では汚職問題で深刻な状況にあるのだが、Yネットは、今選挙すれば、やはりネタニヤフ首相になるだろうとの見通しを語っている。
カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫