世界の要人ずらり:シモン・ペレス前大統領葬儀 2016.9.30

 2016-09-30
シモン・ペレス前大統領葬儀のプログラムが29日朝よりはじまっている。

29日は朝8時、ペレス氏の遺体がクネセト(国会)前広場に搬入され、リブリン大統領夫妻、ネタニヤフ首相、エデルステイン国会議長、ヘルツォグ労働党首(ペレス氏は労働党)がそれぞれ花輪を捧げた。

その後、国会前広場に安置されたペレス氏の棺は、夜9時までの予定で一般市民が最後の別れをするために公開された。アラブ系住民も含め、約5万人が訪れ、夜21時までの予定だったが、23時まで延長された。

ペレス氏は、30日朝8:30(日本時間午後2時半)に、エルサレム市内、ヘルツェルの丘へ移動し、9時から葬儀と埋葬が行われる。

ヘルツェルの丘には、建国の父テオドール・ヘルツェルはじめ、イスラエルに貢献した歴代の指導者たちが葬られている。ペレス氏は、故イツハク・ラビン首相の隣に葬られることになっている。

葬儀は13時に終わる予定だが、安息日入りの直前、かなりぎりぎりになるみこみ。

<列席する世界の首脳たちと、治安部隊>

ペレス氏の葬儀はフタをあけてみれば、列席者は、超がつくほどの首脳たちが名を連ねた。葬儀の規模はイスラエルでは、ラビン首相以来、世界的には、数年前にネルソン・マンデラ氏の葬儀に匹敵するという。列席首脳は、以下の通り。

オバマ大統領、クリントン前大統領、ケリー米国務長官、バイデン米副大統領、バン・キ・ムン国連事務総長。

イギリスからは、テリーサ・メイ首相とボリス外務相、トニー・ブレア前首相、キャメロン前首相、チャールズ皇太子夫妻

フランスのオーランド大統領、サルコジ前大統領、ドイツのガウク大統領、ウクライナのポロシェンコ大統領、他、オーストリア、スイス、リトアニア、ラトビア、ブルガリア、ポーランド、ルーマニア、トーゴ、メキシコ、ギリシャなどの大統領。

カナダからはトルドー首相、オランダのルッテ首相ほか、マケドニア、エストニア、スロバキアの首相。スペインからは王であるヘフェリペ6世、などとなっている。NATO議長も列席する。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4861579,00.html

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4860957,00.html

この他、アメリカのニューヨーク、ニュージャージー州の知事、アメリカの上院、下院議員19人も列席する予定だが、29日にニューヨークとニュージャージーを結ぶ列車の大きな事故が発生したため、知事らが出席するかどうかは今の所不明。

葬儀では、長年の友人で、ペレス氏の90歳の誕生日でも祝いを述べたクリントン氏や、同じく友人であった著名な作家アモス・オズ氏がメッセージを述べる。最後は晩年、親交を深めていたオバマ大統領がメッセージを述べる。

なお、ロシアのプーチン大統領は、悔やみのメッセージを送ったが、葬儀に代表の列席者はなし。

<アッバス議長も参列へ:近隣イスラム諸国の反応>

ペレス氏は、熱心に近隣アラブ諸国との対話、和平を追求していた政治家だ。イスラム諸国の反応が注目されていた。

パレスチナ自治政府のアッバス議長は、ペレス氏の家族に悔やみの手紙を出していたが、29日夕方、葬儀列席を希望すると申し入れ、イスラエル政府もこれを正式に受諾。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4861448,00.html

葬儀には、イスラエルとの交渉担当のサエブ・エレカット氏など、複数のパレスチナ自治政府官僚とともに列席する予定となっている。*ハマスは、ペレス氏死去を、占領を始めた最後の人物がいなくなったとして”歓迎”を早々と表明した。

アッバス議長は、ネタニヤフ首相から国会に来るよう呼びかけられているが、それには応じていない。これについては、サウジアラビア紙が、「アッバス議長はイスラエルの招待を受けるべきだ。」と評したため、若干、微妙な立場となっているところ。

エジプトからは、シシ大統領からの悔やみの手紙が届いた他、サメ・シュクリ外務相が列席する。ヨルダンも、アブダラ国王が悔やみの手紙を出した上、アル・アナニ副首相が列席する。

このような中だが、イスラエル国内の統一アラブ政党のアイマン・オデー党首は、30日、アラブ政党は、葬儀には列席しないと表明した。理由は「歴史的にも複雑」であると語っている。

*イラク北部クルド自治区

ペレス氏は、54年前から、イラク北部のクルド人とも親交を深めた。クルド人は、イスラエルに友好的であることで知られる。戦闘地帯であるこの地域でもペレス氏をしのぶイベントが行われ、100人が参加したとエルサレムポストは伝えている。

「もうすぐクルド自治区が独立する。その時はイスラエルとも関係を深める。」とクルド人たちは語っている。

http://www.jpost.com/Middle-East/In-northern-Iraqi-Kurdistan-hundreds-pay-respects-to-Peres-469108

<イスラエル史上最大級の治安維持オペレーション>

これほどの首脳が一箇所に集まると、世界的なニュースにもなるため、テロリストに狙われる可能性も高い。しかも、この日は、イスラムの礼拝日にあたる金曜日である。

エルサレムでは、2日前にも、治安機関シンベトからの警告で、町中が警戒態勢に入ったとう経過があった。(幸い夕方までには解除になった)西岸地区では、ここしばらく、武器保管箇所が次々に摘発され、多数の武器が押収されている。

こうした状況から、この2日間は、シンベト(治安機関)史上最大規模の治安維持オペレーションとなり、配備される治安部隊は7000人に上る。また課題は、各国首脳が、それぞれの護衛チームを連れてくることである。これらとの連携も重要だ。

まずは、ベン・グリオン空港。通常の発着に加えて、29日から、臨時の一般機30機と、首脳たちのプライベート機60以上が発着する。特に、オバマ大統領は、30日朝、特別機エアフォースワン(ジャンボジェット一機)で来るため、空港西側を広く占領してしまう。

この両日でのベン・グリオン空港での人の出入りは、世界中からくる報道陣も含め、95000人以上と推測されている。

当然、この両日に空港を使用する市民たちにも影響がある。チャンネル2は、4時間前には空港に来たという人を紹介していた。

次に空港からエルサレムへ向かう1号線は、首脳たちが移動する間、また葬儀が終わるまで閉鎖される。クネセト周辺道路は29日朝から閉鎖。ヘルツェルの丘周辺は、本日金曜早朝から葬儀が終わるまで閉鎖される。

また、対処に追われているのはホテルである。キング・デービッドホテルなどの高級ホテルでは、緊急に宿泊客に別のホテルへ移動してもらい、治安要員でかためてホテル全体が要塞のようになっているという。

移動させられた客も、ペレス氏の葬儀が理由なので文句は出ていないとのこと。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4861526,00.html

報道陣を扱う政府プレスオフィスも、対応に追われている。イスラエル国内で活動する記者の場合は、記者証を持っていても直接現場での取材はできない。一部の大手メディアのみが会場で取材できる。海外からこのためだけに来た記者たちは、イスラエル政府が用意したシャトルで葬儀会場に向かう他、1団体カメラ一個に限られる。

こうした事情から、プレスオフィスでは特別なプレスルームが用意され、そこから写真や映像など、ライブで得られる仕組みとなっている。

今日30日は、安息日入りの日。しかも、週明け日曜日没からは、新年である。市民にとっても最も忙しい金曜日である。13時に葬儀が終わって、日没までに全部落ち着くのかどうか・・・といったところである。

<ネタニヤフ首相:マラソン外交>

各国首脳が来るのに合わせて、ネタニヤフ首相も挨拶などで忙しい。ケリー米国務長官は、葬儀の後にもエルサレムに残留し、ネタニヤフ首相と会談予定。

今日1日、エルサレムを覚えてとりなしを!

<石のひとりごと>

葬儀には、その人の一生があらわれるというが、これほどまで大掛かりな葬儀になり、イスラエルも世界も驚いているといったところだろうか。ペレス氏は予想上に愛され、尊敬されていたようである。

筆者にしても、記者証をもらってはじめて大統領官邸に行った時からペレス氏が大統領だった。オバマ大統領が来たときも、明るく冗談を言っていたペレス氏を思い出す。なんとなく寂しい感じがする。

ペレス氏が、政治家として、汚いこともしなければならなかったことや、女性問題もあったらしく、ネガティブな思いを持つイスラエル人(特に年配者)も少なくないことは否めない。

しかし、彼が、イスラエルのためになしたこと、残していったことは、あまりにも多い。アモス・オズ氏は、「彼はヤコブ(創世記)のように夢見る人だった。しかし、その多くが夢に終わらず、実現した。」と述べている。

90歳をすぎてなお、新しい技術を開発する若者を支援し、平和の実現を常に楽観的に信じ、笑顔でウイットの利いたコメントを述べていた。その姿に”もう年だから”というような疲れは一切見えなかった。

好奇心もまったく衰えていなかった。まだまだやりたいことがある、そんな人物である。いなくなった今、彼が残していったものは、常に前を向いていた姿かもしれない。

思えば、彼の中には自己実現や自分の評価、自分の働きだという自負なども見えなかったように思う。自分のためでなく、ただ、国のため、人々のため、敵対者とも対話をこばまず、晩年には次世代の若者たちのために思いを向けていた。

それが多くの功績をのこす鍵であっただろう。だからこそ、敵対する者も、葬儀に参列するほど、尊敬されていたのである。彼の葬儀が、まさに彼の生き方を証明している。

それにしても、新年祭(日曜日没から)の直前に死去したペレス氏。建国の父の最後の一人を見送ったイスラエルは、いよいよ新しい時代に向けて、歩みださなければならない。

隣のシリア情勢は、急速に悪化しており、シリアをめぐってアメリカとロシアが、いよいよ決裂するかもしれないといったニュースが入っている。

これまで以上に困難な時代を迎え、イスラエルを背負っていくネタニヤフ首相や、国の指導者たちを覚えてますますとりなしが必要になってきたようである。
タグ :

シモン・ペレス前大統領死去 2016.9.28

 2016-09-28
今月13日に脳出血で危篤状態となっていたシモン・ペレス前大統領(93)が昨夜、死去した。

医師らによると、ペレス氏は人工的な昏睡状態に置かれていたが、その神経的な症状はもはや回復しないと判断された。昨日のうちに家族らが呼び集められ、家族親族に見守られての最後になったもよう。

ペレス氏(1923ー2016)のイスラエルへの貢献は実に膨大で、ベン・グリオン時代にまでさかのぼる。まさに現代イスラエルの歴史そのものといった人物である。イスラエルのテレビは当然、朝からこのニュースでもちきりだ。

ベネット教育相は、今日は、学校やユダヤ人コミュニティでは、ペレス氏を覚える日にするよう指示を出している。

ペレス氏は、アラファト議長との和平(オスロ合意)を実現に導き、ノーベル平和賞も受賞した。世界からも”楽観の王者”として知られる。ペレス氏と直接会談した世界の要人も数知れない。

現在、葬儀の準備が進められているが、オバマ大統領が参列を希望する可能性もあり、大きな国家行事になる見通し。
追ってお伝えする。

●ペレス氏のこれまでの写真をみられます。   http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4854441,00.html
●イスラエルテレビ・チャンネル2(ヘブライ語) http://www.mako.co.il/news
タグ :

シリア・アレッポで空襲続く 2016.9.25

 2016-09-25
アメリカとロシアが提案したシリア停戦案が、先週月曜以来、頓挫した形となっているが、シリア最大の都市アレッポでは、シリア政府軍とロシア軍による地上への激しい空爆が続いている。

空爆先は反政府勢力だが、犠牲になるのはすでに瀕死状態の市民たちだ。現地医療スタッフよると、金曜には91人、土曜には25人が死亡と伝えられている。

いまだかつてないレベルの空襲で、BBCは、すでにがれきとなった街に、家3件分を飲み込んだ大きなクレーターができている様子を伝えている。

灰色の砂状になったがれきの中から、乳児とみえる男児が、頭から全身灰色になって掘り出されている。奇跡的にも男児は生きていた。病院では、この2日で、医療スタッフ6人が死亡してしまい、続く空襲でさらなるけが人でごった返している。

国連によると、土曜には、空爆で水道施設が破壊され、東アレッポの住民少なくとも200万人が水へのアクセスを失った。今後市民らが汚染水を使うことを余儀なくされ、伝染病の危険もでてくるとみられる。

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-37460849

ロシアとアメリカが提案した案は、いわば最終手段だった。それが頓挫した今、いったいだれがこれを止められるというのか。ロシアのラブロフ外相は、この案を投げ出してはならないと警告する。

その上で、「アメリカが、反政府勢力を過激派とそうでない組織に分離できないでいることが原因だ。」としてアメリカを非難する声明をだしている。

アメリカとロシアが、互いに非難しあっている姿をみて、笑うのはISISだとハアレツ紙(イスラエル・メディア)。

*アレッポ

アレッポはシリア最大の都市(首都はダマスカス)だったが、内戦になってからは、シリア政府軍と反政府軍が戦う激戦地となった。

現在、アレッポの西側は反政府勢力、東側はシリア政府勢力が陣取る。さらにその背後・東側には、ISISがいる。一部東アレッポに反政府勢力の地域が包囲される形で残されている。

アレッポでは、停戦が成功したことがなく、したがって、人道支援が届けられたことは一度もない。

アレッポ

<シリアの言い分>

アレッポでシリアとロシアが激しい攻撃を行っているのと並行し、ニューヨークでは国連総会が行なわれている。上記のような状況の中、シリアのモアレム外相が、シリアを代表して一般演説を行った。

モアレム外相は、”穏健派反政府勢力”がシリア市民を虐殺していると非難した。シリア政府は、それらのテロ組織と戦っているのに、アメリカがそれらを支援しているので、内戦が終わらないとアメリカを激しく非難した。

また、トルコが介入したこと、サウジアラビアとカタールが、シリア国内にテロを拡散しているとして非難した。

一方で、モアレム外相は、ロシアとイラン、レバノンのヒズボラは、シリア政府とともに戦っていると証言した。

モアレム外相は、シリアは、国連主導(ジュネーブ)での政治的解決を望むが、次の2点が条件だと語った。①シリア内部のテロ組織(この定義が問題)の撲滅、②外国の影響力なしでシリア人だけでの対話を行い、シリア人自身が国の将来を決める。

モアレム外相は、政府側、反政府側双方を含むシリアの統一政府を設立し、憲法を立憲することを提案している。つまり、アサド大統領の退任はないということで、反政府勢力のシリア人たちがこれを受け入れることはありえない。

http://www.haaretz.com/middle-east-news/1.744056

<シリア内戦は今どうなっているのか?>

シリアの内戦は、もともと恐怖政府で国を治めてきたアサド政権に対して、シリア人の反政府勢力が立ち上がってはじまったものである。

しかし、シリア軍を完全に手中に収めるアサド政権は、そう簡単に覆るものではなかった。アサド政権に生きていてもらいたいイランがまずは味方につき、その指令でヒズボラが味方につき、さらにはロシアが背後で支援しているからである。

長引く内戦で、混乱するところへISISなどの過激派が入り込み、今やだれがだれを相手に戦っているのか、サッカーの試合のように色分けしたユニフォームがあるわけでもなく、どの組織がどこと戦っているのか、敵味方の見分けもつきにくくなっている。

そのような中、アメリカとアメリカに味方する欧米諸国やヨルダン、サウジアラビアなどのスンニ派諸国が、ISISだけをねらって空爆を続けているのだから、誤爆も十分ありうる。

しかし、その功あって、シリアでのISISはだいぶ小さくなった。BBCがわかりやすい地図を配信している。それによると、2015年1月から現在までに、ISISに占領された地域がかなり小さくなっている。

特に今年、トルコが強力に、強引に介入して以来、トルコとシリアの国境が大幅にISISの支配から解放されている。しかし、今後、どうなっていくのかは、まったくだれにもわからない。予想すらつかないというのがシリア情勢である。

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-27838034

<エジプト沖で難民の遺体162人>

このような中でサバイバルしている人々は、まさに闇の中で死をまつばかりというところだ。少々でもお金のある人は国外へ逃げようとするのだが、難民になれば、保護はまったくないばかりか、どこへ行っても迫害される道を歩むことになる。

エジプト沖では金曜、エジプトの港からヨーロッパをめさしていた難民船が転覆し、これまでに162人の遺体が収容された。そのほとんどが、泳げない女性や子供だったという。

この難民船には、船底にさらに大勢の難民がいたらしく、その人々は脱出できないまま、船とともに海底に沈んでいると懸念されている。エジプトのメディアによると、この船には、450-600人が乗っていたという。

乗っていた難民は、エジプト人、シリア人、スーダン人、エリトリア人、ソマリ人。これまでに救出されたのは163人だが、ニュースを見る限り、屈強な若い男性ばかりである。

BBCは、エジプトから難民船に乗っていった16歳の息子の遺体をみつけた父親が、号泣している様子を伝えている。あまりにも悲しい姿だった。

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-37454066

国連によると、2015年1年間で、地球全体の難民は、6530万人。第二次世界大戦以来の難民数である。その中で、難民を排出している最大の国は、シリア、アフガニスタン、ソマリ(アフリカ)となっている。

これらの難民の多くは、エジプトなど北アフリカの港から、ブローカーに多額の金を払って地中海を渡っていくのだが、通常、難民船は過剰に人を積んでいるので、多くが途中で転覆し、多数の人々が死ぬことになる。

CNNによると、2015年1年で地中海で溺死した難民は3770人以上。リスクはわかっているはずだが、国連によると今年に入ってから地中海を渡る難民は、昨年より増えている。

*クリスチャンとみられるアフリカ難民が、無事イタリアの岸辺にたどりついて、主に泣きながら賛美を捧げている様子を、一瞬だが含んでいる映像(CNN) http://edition.cnn.com/2016/08/30/europe/libya-migrants-rescued/

<石のひとりごと>

世界には、生きながら墓場にいるような人々が何百万人もいる。一方で、架空のポケモンなどに興じている地域もある。ビル・ゲイツがいうように、確かに人生はあまりにも不公平である。

かといって実際にこの人々のところに行って働く勇気もない。せめて祈ることが精一杯であり、最善かもしれない。

よきものをもらっている私たちは、それを恐れつつ、感謝して、それぞれの地で、自らに与えらた使命をまっとうしながら、生きなければならないと思わされている。
タグ :

ネタニヤフ首相@ニューヨーク 2016.9.25

 2016-09-25
国連総会に合わせて、ネタニヤフ首相がニューヨークを訪問している。

1)国連総会

国連総会では、アッバス議長の後に演説した。

アッバス議長は、特に神殿の丘で、イスラエルが残虐なことを行い、右派議員が強行的に訪れて、その間は、イスラム教とが礼拝することを妨げると訴えた。(実際にはユダヤ人の方が神殿の丘に入るのを妨げられている)

さらに、ユダヤ過激派による、ダワブシェ一家の襲撃から、デイル・ヤシン村事件にまでさかのぼってイスラエルがいかに残虐であるかを訴え、一方でパレスチナは、平和的に平和を求めるていると世界に訴えた。(ナイフや投石によるパレスチナ人のテロ行為には触れず)

http://www.timesofisrael.com/full-text-of-abbas-2015-address-to-the-un-general-assembly/

これに対し、ネタニヤフ首相は、アッバス議長が述べたことにはほとんど触れず、アッバス議長に、直接の話し合いをするよう、エルサレムの国会に来るよう呼びかけた。自分もよろこんでラマラに行くと言った。

ただし、イスラエルは唯一のユダヤ人の国であることだけは譲れないと強調した。

2)オバマ大統領、アメリカ時期大統領候補両者と会談

ネタニヤフ首相がニューヨークを訪問しているのに合わせて、オバマ大統領との会談が行われ、続いて時期大統領候補たちとの会談が予定されている。

<健在!?アメリカとイスラエルの関係>

9月14日、アメリカは、イスラエルと結んでいる軍事支援の契約を新たに10年間延長するという契約にサインした。その額は、これまでの最高、380億ドル(3兆8000億円)にのぼる。

この契約は、前回、2009年に締結した10年契約(24億ドルの支援)が2018年に切れることから、更新という形で締結されたものである。支援額は、前期より10億ドル以上も増えている。

http://www.haaretz.com/israel-news/1.742074

過去7年間、この契約に至るまでのオバマ大統領とネタニヤフ首相との関係は、しばしば個人レベルにいたるまで最悪で、しばしばメディアを騒がせ、懸念されてきた。しかし、結局は、アメリカの軍事支援は確保できたということである。

これは、ネタニヤフ首相としては、大きな功績といえる。国連総会の一般演説でも、ネタニヤフ首相は、「国連はイスラエルを見捨てるが、アメリカは変わらず支援してくれる。」として両国の関係をアピールしている。

今回のニューヨークでのオバマ大統領とネタニヤフ首相の会談は、この契約の1週間後であった。会談は、わずか30分程度で終わり、その後の共同記者会見では、入植地関係の話もあったが、特記すべきことなく穏やかな様子であった。

http://www.haaretz.com/israel-news/1.743523

この後、本日25日日曜、ネタニヤフ首相は、これからの時代を念頭に、クリントン民主党候補、トランプ共和党候補とそれぞれと会談の予定。

両候補は、翌26日月曜にオハイオ州での最初の直接対面に挑むことになっている。両候補の直接対決は、選挙までに3回予定されているが、この最初の一回目で支持率が大きく定まってくる。

ネタニヤフ首相との面談はその直前ということになり、ユダヤ人や福音派キリスト教勢力も注目するところである。

なお、新しいアメリカ大統領は11月8日の選挙で決まるが、実際に交代するのは来年1月20日で、それまではオバマ大統領が政務にあたる。

http://www.jpost.com/Israel-News/Benjamin-Netanyahu/Netanyahu-to-meet-Clinton-Trump-today-468617
タグ :

シモン・ペレス前大統領重篤 2016.9.25

 2016-09-25
9月13日、前期第9代イスラエル大統領のシモン・ペレス氏(93)が、重篤な脳出血で倒れた。現在、人工的な昏睡状況において呼吸も呼吸器で管理し、安静を維持する形で容体は、とりあえず落ち着いたと伝えられた。

その後、ニュースはないため、そのままの状況が続いているとみられる。

ペレス氏は、労働党を代表するベテラン政治家の一人で、建国時代には、重要な転機に戦闘機を購入したり、原子炉を購入(核兵器との関連もあるといわる)するなど、非常に重要な役割を果たしている。

80年代と90年代に、首相も2期つとめた。文字通り、イスラエルの建国と立ち上げを支えてきた建国の父たちの、おそらく最後の一人である。

ペレス氏は、国が落ち着いてくると、ラビン首相の元、外務相として、パレスチナ人との平和にむけて対話努力を重ねてオスロ合意を実現。1994年にはヨルダンとも和平条約を締結し、同年、アラファト議長と共にノーベル平和賞を受賞した。

若者たちのスタートアップや研究活動を支援・奨励したことでも知られる。

政治家として裏で動いていたというような影の部分もあるが、イスラエルでは一般的に尊敬され、愛されてきた存在である。

オバマ大統領、クリントン前大統領はじめ、世界の首脳たち、ペレス氏の90歳の誕生日にエルサレムで歌を披露したバーブラ・ストライザンドなどからも次々にお見舞いのメッセージが届けられている。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4854567,00.html
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫