FC2ブログ

ガザ衝突:ガザで2人死亡・ロケット弾2発スデロット着弾 2019.9.10

 2019-09-10
6日金曜、毎週のガザ国境での衝突で、パレスチナ人の若者2人が死亡。ハマスが、イスラエルへの報復を予告していたが、夜11:30、ガザからイスラエルに向けてロケット弾5発が発射され、このうち少なくとも1発は、スデロット市内に着弾した。

幸い、道路脇の空き地であったことから負傷者はなし。しかし、防犯カメラが、道路脇への着弾と延焼する様子、また、付近を走行していた車から、あわてて逃げる人々の様子などを記録していた。

これに対し、イスラエル軍は、ハマス関係地点へ空爆と戦車砲での攻撃を実施した。

https://www.timesofisrael.com/rocket-sirens-wail-in-southern-israel-idf-investigating/

<2日のガザ国境デモ:パレスチナ人2人死亡>

ガザとイスラエルの国境で、毎週毎週、「帰還への行進」と呼ばれるガザの若者たちによるデモが行われるようになって、1年半。6日(金)は、約6000人がデモに参加。イスラエル軍に向けて、大きな爆発物や、手榴弾などを投げつけた。

ガザ保健省の発表によると、今週はカリッド・アル・ラバイ(14)、アリ・アル・アシガル(17)の2人が死亡。70人が負傷。このうち38人が、実弾による負傷した。

なお、このデモが始まって以来、パレスチナ人210人、イスラエル兵1人が、命を落としている。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5583168,00.html

*ガザもドローン

ガザのイスラム聖戦が、ドローンを使いはじめているが、ハマスも同様である。ガザからのミサイルは、迎撃ミサイルシステムにより、イスラエルには大きな脅威ではなくなった。

次に地下トンネルからの侵入を試みたが、イスラエルは、地下防護策を作り、次々にトンネルを摘発し、これも大きな脅威ではなくなった。今、ガザからの脅威はドローンに移行し始めている。

資金不足のハマスにドローンを開発する能力があるはずもなく、背後にイランがいることが疑いなしである。北部国境からシリア、イラクへの攻撃と、南部ハマスへの対策は結局、イランへの対策ということになる。

<イスラエルはガザを総攻撃するか?>

先月8月、イスラエルは、エスカレートするガザからのロケット攻撃を受け、26日からカタール支援による燃料の搬入を停止した。その後、先週金曜30日、イスラエルは、エジプトを介して、ハマスとの長期にわたる停戦について交渉し、9月1日、燃料搬入を再開した。

ところが、同日、突然、今度はカタールが、ガザへの支援金を半分にすると発表。イスラエルとハマスを驚かせた。なぜカタールが、支援金を半減させるかの発表はない。

イスラエルは9月17日に総選挙を予定しており、国境での大きな紛争は避けなければならない。しかし、ハマスとの交渉を仲介したエジプトは、イスラエルが大きな攻撃を計画しているとハマスに警告したと伝えられている。

イスラエル南部住民の忍耐は限界が来始めており、イスラエルがいよいよガザへの総攻撃を行うのではないかとの懸念は地域に広がっている。

https://www.timesofisrael.com/qatar-announces-drastic-cut-in-funding-for-gazan-fuel-report/
カテゴリ :パレスチナ関係 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

また西岸地区でテロ:パレスチナ人歯科医がユダヤ人を救助 2019.9.10

 2019-09-10
7日、西岸地区カルキリヤに近いアズンで、パレスチナ人歯科医アミン・マンソールさんを治療のために訪ねたユダヤ人父息子が、ナイフで刺されて負傷するというテロ事件が発生した。

容疑者(15)は、父息子に、ユダヤ人かと問い、2人がアラビア語で、ユダヤ人ではないと答えたが、ナイフを出して襲いかかったという。まず、父親のヨセフ・ペレツさん(60)は、テロリストともみあって腕に負傷。

これを助けようとしてテロリストともみあいになった息子のリーベルさん(17)が背中を刺されるなどして重症となった。このとき、2人が訪ねたパレスチナ人のマンソール歯科医が、救急隊が来る前に、救急措置を行ったという。リーベルさんはその後、落ち着いて、中等度の負傷とされた。

容疑者の少年は、まだ逃亡しているが、その父親が連行され、聴取を受けている。

ペレツさん親子が西岸地区のパレスチナ自治区のマンソール歯科医から治療を受けているのは、この医師が流暢なロシア語を話すからだという。興味ふかいことに、マンソール歯科医は、ファタハ(ハマスのライバル)で、イスラエルの刑務所にも4年入ったことがあるという。

ユダヤ人を助けたパレスチナ人は、パレスチナ社会から、死の通告を受けるなどの被害に会うことが多いが、マンソール医師は、「自分は恐れていない。負傷した少年がいたら、医師として助けるのは当たり前だ。」と言っている。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5584029,00.html

なお、西岸地区では、グッシュ・エチオンで、ドビール・ソレックさん(18)、ドレブで、父親と兄とともにいた少女リナ・シャナーブさん(17)、ミグダル・オズで、イシバ学生のドビール・ソレックさんと、テロ殺人事件が続いている。

https://www.timesofisrael.com/idf-west-bank-stabbing-of-israeli-teen-and-father-is-terror-attack/
カテゴリ :パレスチナ関係 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ガザ情勢:エスカレート中 2019.8.18

 2019-08-18
イスラエルでは、11日、神殿の丘でパレスチナ人とイスラエル治安部隊が衝突。以後、負傷者が出るテロ事件が相次いで発生し、緊張がたかまっている。

こうした中、16日夜、ガザからイスラエル南部地域に向けて、ミサイルが数発撃ち込まれた。アイアンドームが対処するなどして、被害はなかったが、イスラエル軍は、ガザ内部ハマス地下施設へ報復の空爆を行った。

続いて17日夜9時ごろ、再びガザからスデロットなど南部地域へミサイルが3発撃ち込まれた。2発は迎撃ミサイルが数発撃墜。ミサイルか、迎撃ミサイルかいずれかによる破片が、スデロットの家の庭に着弾している。

南部地域では、2夜続いてサイレンが鳴り響き、シェルターへ駆け込む際に2人が負傷。ショックで4人が治療を受け、一人(79)は入院した。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/267534

その後、夜遅くになり、武装したパレスチナ人のグループが、イスラエル領内に侵入しようとして、イスラエル軍のヘリコプター、戦車からの発砲で、武装グループ4-5人が死亡したもようである。

イスラエル軍は、この後、ガザ地区ベイト・ラフィア付近を空爆している。

パレスチナメディアによると、このグループは、イランの支援を受けているイスラム聖戦の武装部隊サラヤ・アル・クッズと伝えていると、Times of Israelは未確認情報として伝えている。

ガザ情勢が緊張をするのを受けて、ベエルシェバ。アシュドド、オファキム、ヤブネ市では、公共のシェルターを解放し、救急隊も、緊急時に備える体制に入ったとのこと。

https://www.timesofisrael.com/idf-kills-armed-gazans-approaching-israeli-border-as-tensions-spike/

ガザ国境では、今週金曜も約5000人が集まり、国境に駐屯するイスラエル軍に投石し、爆発物を投げるなどした。イスラエル軍は、催涙弾などで対応。ガザからの情報によると、パレスチナ人16人が負傷した。

<ガザからの侵入事件が深刻に>

ガザでは、この10日ほどの間に、武装したパレスチナ人6人が、イスラエル領内へ侵入する事件が発生している。8月1日には、侵入したパレスチナ人が、射殺されるまでの間に、イスラエル兵1人を負傷させた。

先週10日未明には、ハマスメンバー4人が、ガザのカン・ユニス難民方面から、国境を越えてイスラエル領内へ侵入しようとして発砲、手榴弾を投げたものもおり、直ちにイスラエル軍に射殺された。

4人は、AKー47カラシニコフ・ライフル銃、ロケット誘導型手榴弾、パイプ爆弾、狩猟用大型ナイフなど多数の武器を所持しており、イスラエル国内で大きなテロ事件を計画していたとみられる。

かなりの計画性が疑われるが、ハマスは、4人が独自に行動したと言っている。イスラエルが、圧力をかけ続けているせいで、若者をテロに追い込んでいるのだと非難した。

いずれにしても、イスラエル軍は、これについての報復の空爆を行った。

https://www.timesofisrael.com/idf-says-large-scale-terror-attack-thwarted-as-troops-prevent-infiltration/
カテゴリ :パレスチナ関係 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

神殿の丘紛争:ユダヤ教とイスラム教 2019.8.18

 2019-08-18
ユダヤ教のティシャ・ベ・アブ(神殿崩壊記念日)と、イスラム教のハジ(巡礼最終日で犠牲祭の始まり)が重なる8月10日午前、エルサレムの神殿の丘で、パレスチナ人とイスラエル治安部隊の間で激しい衝突が発生した。

その4日後の15日、神殿の丘周辺の警備にあたっていた警察官が刺され、その翌16日には、エルサレム南部のグッシュ・エチオンで、車のつっこみテロが発生。10代のユダヤ人2人姉弟が重傷を負うなど、テロが相次いだ。

16日夕刻には、ガザからイスラエル南部へロケット弾が撃ち込まれ、イスラエル軍が空爆の報復を行う事態となった。神殿の丘関連で、緊張が高まりつつあるのではないかと懸念されている。一連の事件については以下の通り。

<10日:神殿の丘(ハラム・アッシャリフ)での衝突>

イスラエル政府は、基本的にイスラム教の例祭時には、イスラム教徒以外が、神殿の丘へ入ることを禁止する。今年も9-14日までは、入場不可となっていた。

しかし、11日(日)は、ユダヤ教のティシャ・ベ・アブで、毎年、右派は1000人規模で、神殿の丘に入る日である。右派たちは、この日は、神殿の丘へと主張した。最終的に、イスラエル政府は、ユダヤ教徒も、この日、神殿の丘へ上がることを許可すると発表した。

すると、イスラム教側は、「ユダヤ人の”侵略”を防がなければならない」として、この日の各地モスクでの礼拝をすべて中止。

パレスチナのメディアを監視する団体PMWによると、通常なら神殿の祈りは、朝4:29、5:56、12:44とされるところ、朝7:30として、できるだけ多くのイスラム教徒は、ハラム・アッシャリフ(神殿の丘)での祈りに参加するよう呼びかけていたという。結果、紛争時、数千人のアラブ人がいたとみられる。

https://www.jpost.com/Middle-East/Israeli-watchdog-accuses-PA-of-plotting-Temple-Mount-violence-598687

11日朝、ユダヤ人たち(警察によると計1729人)が、神殿の丘への入り口ムグラビ門に到達するやいなや、アラブ人たちが投石を始めた。治安部隊は、催涙弾や、暴動処理班も出動して、これに対処した。

衝突は、長く続かなかったが、少なくともアラブ人31人が負傷。警察官も4人が負傷した。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/267214

その真下にある嘆きの壁では、ティシャ・ベ・アブの祈りに来ていたユダヤ教徒が、この日だけで15万人を記録していた(嘆きの壁基金調べ)。紛争の音が、響いたが、被害が及ぶことはなかった。

この暴動について、ヨルダン、サウジアラビア、カタールが、厳しく非難する声明を出した。ハマスは、イスラエル警察と争ったアラブ人たちに賞賛を述べ、イランのサリフ外相は、ツイッターで、イスラエル警察を”テロリストと書き込んだ。

https://www.timesofisrael.com/saudi-arabia-qatar-condemn-israel-over-temple-mount-clashes/

*起爆元:神殿の丘

エルサレムの神殿の丘は、1967年の六日戦争の時に、イスラエルが奪回して以来イスラエルの主権下に入ることとなった。

しかし、神殿の丘にイスラエルの神殿が建っていたのは、2000年前(弥生時代)以前のことで、神殿はAD70に崩壊。その後、7世紀後半以降、今にいたるまで、1300年以上は、イスラムの黄金のドームとアルアクサモスクが建つイスラムの聖地であった。

このため、六日戦争当時にイスラエル軍を率いていたモシェ・ダヤン将軍は、アラブ世界との衝突を避けようとして、神殿の丘からイスラエル軍を撤退させ、神殿の丘の””管理は、ヨルダンのイスラム組織ワクフが担当、治安の維持はイスラエルの警察が受け持つという非常に複雑な形に置くことで合意したのであった。

これが今にいたる紛争の元凶だ指摘する声も決して小さくない。

この複雑な共存の結果、今もイスラム教徒は、基本的に、いつでも、どの入り口からでも神殿の丘への入場が許されている。一方、ユダヤ教徒、キリスト教徒などイスラム教徒以外は、嘆きの壁近くのムグラビ・ゲートからのみ、1日2回、限られた時間のみの入場となっている。

さらに、イスラム教徒以外が、神殿の丘に、聖書や祈祷書などの宗教関連の書物を持ち込むこと、祈ることは徹底して禁じられている。

こうした中、強硬右派ユダヤ教とたちが、時々神殿の丘に入り、アラブ人達との衝突が数え切れないほど発生してきた。

昨今では、第三神殿を建てようとするユダヤ人のグループが活発化してきたことを受けて、イスラム教徒たちが、「ユダヤ人が神殿の丘を取りに来る」として、少しのことでも暴動になる事態が続いている。

神殿の丘、イスラムからすればハラム・ッシャリフは、今や、聖地中の聖地として扱われ、ここでの出来事に関連して、ユダヤ人を攻撃する場合は、いかなる状況であっても正当化されることになる。常に一触即発、危険きわまりない状況になっている。
カテゴリ :パレスチナ関係 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

神殿の丘入り口でナイフ襲撃:警察官負傷 2019.8.18

 2019-08-18
上記神殿の丘での紛争から4日目にあたる15日、神殿の丘への入り口の一つであるチェインゲートで、神殿の丘から出てきたパレスチナ人2人が、いきなり、ナイフで警察官1人を襲った。

現場には、4-5人の警察官たちがいたため、パレスチナ人2人に発砲。1人はその場で死亡。1人は重傷となった。監視カメラが、ことのすべてを記録していた。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/267464

負傷した警察官(40)は、上半身を刺されて中等度の負傷と報じられたが、その後回復に向かっているとのこと。

死亡したパレスチナ人は、ナシム・アブ・ルミ(17)。重傷となり病院に病院に搬送されたのは、ハムダラ・アルーシーカー(14)。

https://www.haaretz.com/israel-news/israeli-policeman-stabbed-in-jerusalem-old-city-assailants-shot-by-security-forces-1.7688084
カテゴリ :パレスチナ関係 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

テロ犠牲者ドビール・ソレックさん(19)家族への手紙:パレスチナ人から 2019.8.18

 2019-08-18
<ドビールさん殺害容疑のパレスチナ人2人逮捕>

8月7日にナイフにで殺害されたとみられる遺体で発見されたユダヤ人、ドビール・ソレックさん。あと数日で19歳になる18歳の若者であった。

イスラエル軍は、大規模にテロリストを捜索し、事件から2日後の土曜10日深夜3時、ヘブロン郊外の村ベイト・カリルの自宅で就寝中だった容疑者、ナシル・アサフラ(24)と、カッシム・アサフラ(30)を逮捕した。イスラエル軍によると、ナシルはハマスのメンバーだという。

犯行に使われたとみられる車を確保した他、2人に協力したとみられるナシルの兄弟と、カッシムの妻も連行した。

ドビールさんの父親ヨアブさんは、ジャーナリスト。イスラエル軍の熱心な捜索に感謝したが、犯人が生きて逮捕されたことに失望を表明した。

ドビールさんの葬儀は、一家の自宅がある西岸地区オフィルで8日に行われたが数千人が集まり、家族と共に悲しみを共にした。

ヨアブさんは、「(ドビールさんと過ごした)19年間は、神からの贈り物だった。その日々は家族内外にとって光であり、良き時であった。皮肉でもなく、よく見せようというのでもなく、私は心からいう。神は与え、また取られる。」と語った。

ヨアブさんは、息子本人の意思だとして、臓器提供のために遺体を捧げている。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5566057,00.html

なお、ドビールさんの祖父であるラビ・ベニヤミン・ヘーリング(64)は、2000年10月にエバル山で、パレスチナ人が、複数のイスラエル人に向けて銃を乱射し、4人が死亡したテロ事件の犠牲者であった。テロとは決して無縁ではない家族であった。

https://mfa.gov.il/MFA/ForeignPolicy/Terrorism/Victims/Pages/Rabbi%20Binyamin%20Herling.aspx

<パレスチナ人ユースからソレックさんファミリーへの手紙>

アルーツ7によると、ドビール・ソレックさんは、過去2年間、パレスチナ人とイスラエル人双方の若者(18-25歳)が、2週間に一度、集まって対話するというグループに参加していた。

ソレックさんが殺害された事件を受けて、このグループに参加しているパレスチナ人が、「宗教者対話の会のパレスチナ人の友たちより」とじて、遺族のソレックファミリーに、次のような手紙を出していた。

”2年間、一つの部屋にパレスチナ人とイスラエル人が集まり、私たち自身について話し合ってきました。ある時、パレスチナ人の友達を誘いましたが、その友は、始めてこの会に参加した帰り、何者かに殺されました。

(この会の)パレスチナ人とイスラエル人は共にショックを受け、共に泣きました。

今度もまた厳しい現実を見せつけられました。ドビールさんが殺されたニュースを聞いて、ショックでした。ドビールさんはこの会に参加し、討論にも加わっていました。昨夜の友が、今日は犠牲者であるなど、信じられませんでした。

私たちは、遺族に哀悼の意を伝えます。そして、この会として、私たちの地域、宗教、アイデンティティを標的にするこうした凶悪な暴力を非難します。殺されないという権利を話し合わなければならないとはなんと悲しいことでしょうか。

私たちはこれが、双方にとって最後の悲しみとなるようにと願います。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/267376

<石のひとりごと>

人間は個人のレベルでは、同じ人間として向かい合うことができるのに、いったん国や民族という概念がからむと、殺しあうことになってしまうのは、いったいどういうわけであろうか。

それは私たちにはコントロールできないもので、知らない間に、憎しみにまでエスカレートして、互いに殺し合う戦争にまで発展してしまう。戦争はよくないとはだれもが知っているのに、人類は戦争から逃れることができないのである。

今、日本と韓国の政府間の関係が、徐々に悪化しており、韓国から日本への旅行が次々にキャンセルされているという。国と国との関係が、個人レベルにまで影響し始めている様子に懸念させられる。

私たちは、国の政策などが、個人の感情にまで影響を及ぼさないよう、注意しなければならない。
カテゴリ :パレスチナ関係 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫