FC2ブログ

ガザからテルアビブへロケット弾2発 2019.3.16

 2019-03-16
15日午後9時すぎ、ガザから発射されたロケット弾2発が、テルアビブ周辺のグッシュ・ダンとオール・ヤフダ地域に着弾した。迎撃ミサイルは発動しなかったが、空き地に着弾したため、被害はなし。

人口40万人(91%ユダヤ人)のエルサレムに次ぐイスラエル第二の都市テルアビブが標的になるのは、2014年以来。住民は、突然のサイレンで、「訓練か」と思ったが、あわててシェルターへ駆け込んだという。負傷者はなかったが、5人がショックで病院搬送された。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5478875,00.html

この後、ガザから、南部国境周辺地域へロケット弾が、9数発打ち込まれた。このうち迎撃ミサイルが撃墜したのは6発。こちらも空き地などに着弾して被害はなし。なお、イスラエル南部地域へのロケット弾発射は、ここ数日、散発しているが、大きな被害にはならず、ニュースにもならず。。。といった状況が続いていた。

ネタニヤフ首相兼・国防相は、イスラエル軍参謀総長らとただちに治安会議を行い、ガザへの空爆を開始。ハマス関連地域、特に武器製造関連、ドローン関連とみられる地点など100箇所への空爆を行った。

ガザ側の情報によると、負傷者は4人。できるだけ人間に害を与えず、施設に打撃を与えるというイスラエルの方針が遵守されているようである。

<12時間後に両者停戦合意>

イスラエルは、反撃に際し、ハマスの責任と非難したが、ハマスはこれを否定した。ハマス幹部の情報としてTimes of Israelが伝えたところによると、ハマスは、現時点では、イスラエルとの衝突は望んでいないとのこと。また、この幹部は、どのグループが攻撃を実施したのか”知らない”と語ったという。

後に、イスラエル軍も、攻撃はハマスではなく、下級組織が誤って放ったものであり、テルアビブを狙ったものではなかったとの見解を発表。テルアビブにロケッド弾が着弾してから約12時間後の15日午前11時ごろ、パレスチナ、イスラエル双方のメディアが、エジプトの仲介で双方停戦に応じたとのニュースを発信した。

15日は、金曜で、毎週のガザでの暴動が行われる日だが、ハマスはこれを控えるよう指示したもようで、暴動はなかった。ハマスは、「今はイスラエルとの衝突は望まないが、イスラエルとの闘争をやめたわけではない。」と苦しい見解を出している。

https://www.timesofisrael.com/9-rockets-fired-at-border-towns-idf-assesses-tel-aviv-rocket-attack-was-mistake/

テルアビブ攻撃から24時間後、イスラエルはいつもの平穏な安息日を迎えている。

<直前のガザ市民のデモ>

テルアビブへのロケット弾騒ぎの直前、ガザ内部(北部ジャバリア難民キャンプ)では、物価高騰などあまりに厳しい生活環境の改善を訴える、数百人規模の市民のデモが、発生していた。主催者が何者かは不明だが、ハマスと敵対するパレスチナ自治政府との見方もある。

テルアビブへのロケット弾はこの直後であったことから、ハマスへの非難をまぎらわす目的でイスラエルを攻撃した可能性も考えられる。しかし、この程度のデモでハマスがそんな大きな賭けに出るとは考えられないと見る分析もある。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5478858,00.html

<イスラエルも総選挙26日前>

今回のガザからの攻撃は、イスラエルにとっても総選挙26日前という微妙な時期。100箇所への空爆という強力な反応を示したことで、ハマスが屈服したような形となり、ネタニヤフ首相のリーダーシップを社会に示した形になった可能性がある。

少なくとも汚職疑惑でピンチに立たされているネタニヤフ首相にとって、非難が多少、まぎらわされた形になった。

https://www.timesofisrael.com/rocket-fire-on-tel-aviv-pushes-gaza-to-center-stage-in-israels-elections/
カテゴリ :パレスチナ関係 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

神殿の丘騒動:黄金の門をめぐる衝突 2019.3.16

 2019-03-16
先月2月22日(水)、神殿の丘を管理するヨルダンのイスラム組織ワクフが、黄金の門(あわれみの門)周辺の建物を一方的に開放し、この場所にモスクを建てることを要求。イスラエルの治安部隊と衝突した。24日、イスラエルの治安部隊は、ワクフ高官を含む5人を逮捕した。

黄金の門は、ワクフが違法にモスクの建築を行って、貴重な考古学資源を破壊しないよう、最高裁の命令により、2003年から閉鎖されていた門である。イスラエルは、ワクフがこれに違反したと訴えている。

しかし、ヨルダンのアブドラ国王は、ワクフメンバーが逮捕されたことから、これを非難した。しかし、同時にイスラエルとの衝突を望まない国王は、アメリカへ飛んで協力を求め、3月9日、ヨルダン、イスラエル双方の高官が、ワシントンで交渉にのぞんだ。

しかし、門を長期間の修理を目的に閉鎖するとするヨルダンの解決策に対し、イスラエルは、修理しないでそのまま閉鎖することを要求。交渉は決裂したままで、12日には、神殿の丘のイスラエル警察ボックスに火炎爆弾が投げ入れられるなど、緊張が続いている。

https://www.timesofisrael.com/israel-jordan-said-holding-talks-to-end-conflict-at-temple-mount-gate/

<神殿の丘と考古学>

今回、イスラエルが、黄金の門の修理を認めないのは、黄金の門が、後期ビザンチンからウマヤド王朝時代に建てられたとされる最古の門であり、その下には、貴重な第二神殿時代の考古学資料が眠っていると考えられるからである。

修理と称して、ここにモスクを建てられることにでもなれば、貴重な考古学資料が破壊されてしまう。

イスラムのワクフは、これまでにも、考古学者の立ち会わせなしに、神殿の丘の地下を掘って、モスクを建て、その時に出た土をぞんざいに廃棄してきた。イスラエルの考古学者は、この廃棄された土をふるいにかけて、貴重な考古学資源を今も回収する作業を今も続けている。

神殿の丘、特に現在、イスラムの黄金のドームが立てられている場所はかつて、ユダヤ人の第一、第二神殿があった場所。イスラエルにとってこれ以上重要な場所はない。神殿の丘の発掘は、イスラエルの考古学者の夢である。

しかし、1967年の六日戦争以降、ワクフに神殿の丘の管理権を譲ったことから、いまだかつて、イスラエルの考古学者が神殿を発掘できたことはない。

<黄金の門の宗教的意義>

黄金の門は、神殿の丘唯一東にある門で、ユダヤ人にとっては、メシアが来る門(エゼキエル44:1−3)、クリスチャンにとっては、将来、再臨したイエスが神殿の丘へ入る門として知られている門である。そこにイスラム教のモスクを建てるということである。

神殿の丘に関しては、昨年、神殿の丘内部で治安部隊3人が殺害された事件を受けて、イスラエル軍が、ライオン門から神殿の丘への入り口に、金属探査機を入り口に設置したところ、激しい暴動となった。

これを受けて、最終的に、イスラエルは、金属探査機を撤去する方策をとった。ワクフの要求に屈した形である。エルサレムポスト記者は、イスラエルが厳しい態度に出ず、ワクフのいいなりになってきたことで、つけあがられていると指摘している。

https://www.jpost.com/Opinion/Fundamentally-Freund-Take-back-the-Temple-Mount-583533

<神殿の丘にシナゴーグを建てる!?>

ワクフが黄金の門にモスクを建てようとしているのに対し、神殿の丘にユダヤ人のシナゴーグを建てるよう、政府に訴えているグループもいる。

現在、ワクフが支配する神殿の丘では、ユダヤ人は、宗教書をもちこむことはおろか、祈ることも赦されない状況にある。クリスチャンが聖書を持ち込むことも赦されない。

これに対し、ユダヤ人にも権利はあるはずだとグループは訴え、神殿の丘にユダヤ人のためのシナゴーグを建てるよう、国に訴えている。

グループのスポークスマン、アサフ・フレイド氏は、ワクフが、現状維持の原則に反して、黄金の門にモスクを建てようとするなら、こちらも原則を破るべきではないか。私たちにも祈る場所が必要だ。黄金の門の近くの建物を使いたい。」と語っている。

フレイド氏は、グループが、神殿の丘全部を支配しようとしているのではないことを強調し、神殿の丘をヘブロンのマクペラの洞窟のように、2分割して、ユダヤ人にも祈る場所をつくることを提案している。

神殿の丘にシナゴーグをつくる案は、2014年に宗教シオニストのラビたちが、ネタニヤフ首相に陳情書を提出した他、2017年、西岸地区ハラミシュでのユダヤ人入植者惨殺事件の後にも、右派系議員から呼びかけが行われた。

フレイド氏は、ワクフが、黄金の門にモスクを建てようとしていることに憤慨しており、ユダヤ人も立ち上がるべきだと語る。同団体は、3月末に、エルサレム市役所から黄金の門までのデモ行進を計画している。

なお、このグループには、第三神殿推進派の議員ユダ•グリック氏も加わっている。

https://www.jpost.com/Israel-News/A-synagogue-on-the-Temple-Mount-Activists-call-for-construction-to-begin-582477

聖書には第三神殿が建つことが預言されているが(黙示録11:1など)、現時点ではまったく不可能ながら、じわじわとその日への足取りが近づいているようでもある。
カテゴリ :パレスチナ関係 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

エルサレムで19歳女性虐殺遺体遺棄:西岸パレスチナ人逮捕 2019.2.10

 2019-02-10
7日(木)午後、テコアに住むオーリー・アンスバッカーさん(19)が行方不明となり捜索が始まったが、数時間後、エルサレム南部、聖書動物園付近の森、エイン・ヤエルで遺体となって発見された。

遺体は、上半身には、残虐な刺し傷が数カ所あった。オーリーさんは、8日、家族・友人など数百人が見守る中、実家のあるテコアで埋葬された。

テコアは、エルサレム南部入植地グッシュ・エチオン近郊で、パレスチナ人のテロ事件も時々発生する地域。警察はパレスチナ人によるテロの可能性も念頭に捜査を開始。8日夜、ラマラ近郊、アル・ビレのモスクにいたパレスチナ人の男を逮捕した。

逮捕されたパレスチナ人は、ヘブロンの住人でイスラエルに違法滞在していたアフィヤ・アラファト(29)。アラファトは、ナイフをもって自宅を出たところ、森でオーリーさんがいたので襲撃したもようである。アラファトには逮捕歴があり、ハマス関連との情報もある。(未確認)

逮捕にあたり、現場では、パレスチナ人らが石を投げつけるなどして、イスラエル軍兵士らと、暴力的な衝突が発生している。

オーリーさんは、従軍の代わりに国への奉仕として、現場近くのユースセンターで働いていた。殺害される前、オーリーさんは、妹に、「もうすぐ20歳になるなんて信じられない」と、語っていたという。

いつも思わされるが、様々な思い出とともに19歳まで育て上げてきた娘、今朝まで笑っていた娘が、もう二度と帰ってこない。しかも残虐きわまりない方法でまったくの理不尽で殺されたなど、家族にどうして受け入れられるだろうかと思う・・・。

https://www.timesofisrael.com/police-forensics-at-scene-led-to-palestinian-suspect-in-murder-of-israeli-teen/

<イスラエルのダノン国連大使が怒り>

国連では、ダノン国連大使が、パレスチナ人による19歳女性の殺害を受けて、テロの文化を煽っているパレスチナ自治政府を非難。安保理に対処を要請した。

リーバーマン元国防相は、犯罪の残虐性から見て、死刑に処すべきだと言った。国民の中からも、死刑を要求する声があがっている。

https://www.timesofisrael.com/israeli-envoy-calls-on-un-to-condemn-murder-of-israeli-teen/
カテゴリ :パレスチナ関係 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ガザ国境・金曜デモでパレスチナ少年2人死亡 2019.2.10

 2019-02-10
8日金曜、ガザ国境では、投石したり、フェンスをこえようとするなど、約7000人が暴力的なデモを展開。イスラエル軍と衝突した。パレスチナ側の情報によると、この時の衝突で、14歳と17歳の少年が死亡。17人が負傷した。

イスラエル軍によると、最近、手製の爆弾が出回っており、それらがデモの群集の間で爆発する様子が、報告されているという。今回の少年2人の死亡についても調査を進めるとのこと。

昨年3月にガザで始まった「機関への行進」。暴力的なデモであるとともに、侵入を試みる者がいるため、実弾を使ってでもこれを阻止するというのが、イスラエル軍の方針である。パレスチナ側の情報によれば、これまでに、このデモで、パレスチナ人220人以上が死亡した。イスラエル兵も1人死亡している。

なお、ガザからは、6日、ロケット弾がイスラエル側へ向けて発射された。被害はなかったが、イスラエル軍は、反撃を加えた。

https://www.jpost.com/Middle-East/Palestinian-boy-killed-during-weekly-March-of-Return-protest-in-Gaza-580127

<国境に子供を置き去りにする親>

イスラエルは、重篤な疾患のあるガザの子供たちが、その親とともに、イスラエル国内の病院で治療を受けるための特別許可を出している。

6日、イスラエルとガザの国境エレツ検問所で、治療を受けるために、イスラエルへ時々来ていた4歳の男の子が置き去りにされているのが発見された。父親は、検問所まで来てから、子供を知り合いでもなんでもない他人に預け、イスラエルへ戻っていったという。これは明らかに違法行為である。

イスラエル軍によると、ここ数ヶ月、同様に子供を置き去りにしてイスラエルへ不法に戻って働こうとする親が増加しているという。検問所のイスラエル軍関係者は、「私も父親だが、このようなことは絶対ありえないことだ。」と語っている。

http://www.israelhayom.com/2019/02/08/sick-kids-from-gaza-are-being-abandoned-at-erez-crossing/

<石のひとりごと>

子供を置き去りにして、イスラエルで働いてお金をつくとうとする。本末転倒ではないか。しかし、もはやガザは、人間が生きる場所ではなくなってきていると言われているが、それは物理的なことだけでなく、心においてもそうなのかもしれない。

カタールの現金が搬入されているが、それも一時しのぎにすぎないだろう。どのようにガザが解放されるのか、いつそれが起こるのか・・・。
カテゴリ :パレスチナ関係 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ガザ:カタールの支援金で新しい流れ 2019.2.2

 2019-02-02
カタールからの支援金が、ハマスの意向に反して(?)貧民に行き渡り、今週金曜には、これまでのような大きな国境での暴動が発生しなくなったという新局面とも見える動きになっている。以下はその経過である。

<カタールからの支援金を断ったハマス:パレスチナ内部事情>

ガザ地区のハマスにカタールからの支援金1500万ドルが、キャッシュでこれまでに2回(昨年11月、12月)搬入されたことはお伝えした通りである。資金は、ガザで公的に雇用され、未払いになっていた市民へ給与(パレスチナ自治政府が支払いを拒否したため)として支払われた。

イスラエルは、このキャッシュの搬入を認めることで、毎週のように行われているガザ国境での市民による暴動と、それに対応する中でパレスチナ人に死者が発生するといった悪循環が解消されることを期待した。

ところが、ガザ国境での暴動はいっこうにおさまらず、イスラエル軍への攻撃もあり、イスラエル軍がガザ内部への攻撃を行わなければならなかった(パレスチナ人1人死亡)ため、ネタニヤフ首相は、1月分として、ガザへ搬入する予定であったキャッシュにストップをかけた。

しかし、その翌日イスラエルが、資金搬入再会を認めると、そのまた翌日の1月24日、カタールの使者がガザへ来た際に、今度はハマスの方で、カタールの支援を断ると発表した。

ハマスは、エジプトとカタール、国連によって、(この支援金が入ることで毎週金曜のデモを沈静化しようとする)なんらかの合意に持ち込もうとすることに反対するとし、デモは、目標(イスラエル領内への”帰還”)を達成するまでこれからも続くと発表した。

また、現金搬入を黙認しているイスラエル政府が、これを総選挙の選挙対策の一つに利用することを避けたいとも言った。

しかし、実際には、カタールからの支援金を受けることについて、ハマスは、ファタハやPFLPなど他のパレスチナ組織から、「パレスチナ人の誇りを売っている」とか、「アメリカとイスラエルにパレスチナを分断させることに加担している」などと、批判を受けていたのであった。

https://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/Israel-formally-allows-Qatari-cash-flow-to-Gaza-Hamas-reportedly-refuses-578525

<カタールの1000万ドルが国連へ:国連から貧しい家族に配布>

ハマスが支援金を断ったため、カタールは、約1000万ドルの国連に資金を搬入。国連は、ガザの貧しい94000家族に、それぞれ100ドルを配布した。

これに加えて、カタールは、ガザの貧民への人道支援として、ハマスではなく、国連に2000万ドルを引き渡すとの覚書にサインした。この署名が行われたのは、エルサレムの国連本部であった。

カタールは、今後の3ヶ月、2月から4月まで毎月1000万ドルの貧民への配布を継続する予定だという。

国連の中東和平プロセス担当のニコライ・ミラデノブ氏は、ツイッターにて、これをガザの経済復興にとって大きな一歩と評価するコメントを出している。

カタールは、ガザ市民の人道危機に対し、1億5000万ドルを約束しており、これまで1500万ドルづつ2回、ハマスへ搬入された資金に続いて、これからの貧民へ国連から貧民へ配布される資金も、この約束支援金の中から配布されることになっている。

https://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/UN-signs-agreement-with-Qatar-for-one-time-20-million-grant-578896

この配布の後の金曜2月1日、毎週の暴動に関する報道がない。ということは、少なくとも特記すべき大きな衝突がなかったということである。

ハマスが資金を断ったことで、イスラエルにとっては、よりよい結果になるという皮肉な流れになっているようにみえる。Yネットのエキスパートイシャイ氏もこれをイスラエルにとっての好転になりうると注目している。

<石のひとりごと>

ガザでは、食糧が不足しているのではないが、市民に資金がないために、食糧が買えないだけである。このために、ガザの人道支援においては、食糧ではなく、資金を市民に配布しているのである。

このほか、ガザの問題は、電気の不足により、水道、下水が十分に機能しておらず、衛生状況も危機的となっている。これは明らかにガザを支配するハマスの管理不備による人災である。

しかし、それでも人道危機であることには違いなく、そこからテロなどの暴力が発生するため、国際社会が支援に乗り出さなければならない。なんとも不条理なことである。

しかし、今回、ハマスが資金を断ったことで、最も貧しい貧民家族に資金が行き渡るシステムができ、金曜に暴動も報じられていないことは幸いであった。

イスラエルという国は、失敗も多く、神の裁きももっとも厳しく受けてきた。しかしその一方で、最終的には、守られ愛されている国であり、決して侮れない国であるということを再三思わされている。
カテゴリ :パレスチナ関係 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

混迷続くガザ情勢:金曜デモ13000人・死者1人 2019.1.13

 2019-01-13
今週も金曜、ガザとの国境、複数の地点で計13000人とみられる暴動があり、43歳のガザ・パレスチナ人女性が死亡した。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5445112,00.html

ガザからは6日、複数の風船に取り付けられた発泡スチロールの飛行機が飛来し、イスラエル南部の畑に落下した。被害はなかった。しかし、10日前には、発火物を付けた風船が10ほどもイスラエル南部のモシャブに落下している。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5441832,00.html

イスラエル軍は、例のごとくハマス拠点を攻撃。するとまたミサイルが飛んできた。イスラエル軍は、これに報復する空爆を再度行った。

https://www.timesofisrael.com/israel-responds-with-air-strikes-in-gaza-following-rocket-launch/

ガザへは、人道支援の目的で、カタールからの現金が搬入されているが、イスラエルはこれを一時停止した。

<人種差別道路?:西岸地区>

西岸地区でもイスラエルとパレスチナの憎しみ合いは悪化するばかりだが、イスラエルは、防護壁の両側に、イスラエル人用とパレスチナ人用とそれぞれの道路を開通させた。

道路は、西岸地区入植地ゲバ・ベニヤミン(アダム)とエルサレム北部フレンチヒルを結ぶ5キロの国道4370。国土交通省は、この道路はイスラエルとパレスチナ双方に益となるように建設したと言っているが、人種差別道路だとの批判もある。

防護壁の向こう、パレスチナ側にも道路をつくることによって、テロリストが入りにくくするという目的もあったかもしれないが、効率重んじつつ、ウインウインをめざす、なんともイスラエルらしい発想ではないだろうか。

https://www.timesofisrael.com/in-first-israel-opens-road-with-wall-dividing-israeli-and-palestinian-traffic/
カテゴリ :パレスチナ関係 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫