FC2ブログ

北の盾作戦:レバノン国境で何が起こっているか 2018.12.08

 2018-12-08
4日(火)から始まった北の盾作戦ーレバノン南部クファル・キラ周辺からイスラエル領内に続く地下トンネルの、イスラエル領内での摘発、破壊ーは、悪天候の今もまだ続いている。実際に活動中であったトンネルは、今の所1本だが、他にも複数あるとみられ、作業は数週間からそれ以上に及ぶとみられる。

メトゥラの住民たちは、以前から、トンネル掘削の音を聞いていたので、イスラエル軍がトンネルの摘発を「やっとはじめてくれた」と緊張の中にも安堵の様子である。女性たちは、ハヌカのスフガニヨットを、作業にあたっている兵士たちに差し入れしたりしている。

https://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/Watch-The-Mood-in-Metulla-as-IDFs-anti-tunnel-operation-is-well-underway-573773

<ネタニヤフ首相:イスラエルの最大の敵は、ハマス・ヒズボラの背後にいるイラン>

ネタニヤフ首相は、作戦が始まった火曜の記者会見で、数週間前に、ガザから500発近いミサイルと受けながら、大きな反撃に出なかったのは、北部でのこの作戦の直前であったからだと語った。

ネタニヤフ首相は、ハマスの背後にも、ヒズボラの背後にもイランがいるといい、イスラエルにとっての最大の敵はやはりイランであると語った。そのイランが今、シリアに進出してきているので、イスラエルは、防衛のために、まず北部で行動を起こしたと語る。言い換えれば、南部より北部を優先したということである。

イスラエル軍の発表によると、シリアとレバノンの国境にロシアが部隊を配備しており、ヒズボラは、予定ではもっと誘導ミサイルを増やせていたはずだが、誘導できるミサイルはまだ一部にとどまっているとの見解も明らかにした。つまり・・状況が手に負えなくなる前に介入できたと言っているわけである。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5421061,00.html

<国際社会に理解を求めるイスラエル>

ネタニヤフ首相は、4日の記者会見で、トンネルは、イスラエル人に害を与えようとするテロ目的で作られたヒズボラ(イラン支援)のトンネルであると断言。イスラエルの主権を著しく犯すものだとして、ヒズボラにこれを許したレバノンに責任があると訴えた。

https://www.timesofisrael.com/netanyahu-hezbollah-tunnels-part-of-plan-to-capture-parts-of-galilee/

この他、イスラエル軍と、イスラエル外務省は、積極的にトンネルに関する情報とともに、ヒズボラが、2006年のレバノン戦争後に採択された国連安保理決議1701に違反していることなど、映像を通して世界に発信し、国際社会にヒズボラへの制裁を呼びかけている。

●北の盾作戦で摘発したトンネルの情報(2日記者会見):https://www.youtube.com/watch?v=FGMtBLcgMNE

●トンネル(イスラエル領内)に仕掛けたカメラに近づいてくるヒズボラとみられる2人: https://www.youtube.com/watch?v=q6vrSCvjxRo

●トンネル出発地:クファル・カラの現状: https://www.youtube.com/watch?v=iCni8HjUnyo

*クファル・カラにはかつて、キリスト教徒の南レバノン軍(SLA)が住んでいたが、2005年にイスラエル軍が南レバノンから撤退した際、SLAもイスラエルに避難した。その後にヒズボラが入り、民家下をトンネルでつないで、軍事拠点にした。

●ヒズボラが、いかに安保理決議1701を無視して、南レバノンに武力を蓄積したのか: https://www.youtube.com/watch?v=_Ix-0_qn1w8

6日、ネタニヤフ首相は、イスラエルに駐在する25カ国の大使を、現場に近いレバノン南部をみはらすキブツ・ミスガブ・アムに招き、自ら状況説明を行った。

この地域の危険性を説明し、ヒズボラの反応によっては、イスラエルが、レバノン内部に入って、トンネルを破壊しなければならなくなる可能性は十分あると語った。(おそらくそうはならないが。。というニュアンス)

また、同じく6日、イスラエル軍は、UNIFIL(国連レバノン暫定駐留軍)司令官を、摘発したトンネルへ案内するとともに、2つ目に発見したトンネルについても報告し、これについては、レバノン軍とUNIFILが協力して、処分してもらいたいと訴えた。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5421209,00.html

<国際社会の反応>

アメリカは、イスラエルのトンネル摘発、破壊について、全面的に支持すると表明。ドイツとイギリスは、作戦開始の翌日、イスラエル領内にまでトンネルを掘ったヒズボラを非難した。これに続いて、イスラエル駐在するEU大使も、イスラエルは自国を防衛する権利があるとの立場を示した。

<レバノンの反応:トンネルを作らせた覚えはない>

トンネルを作ったのは、明らかにヒズボラである。しかし、ヒズボラは、外国人によるテロ組織でありながら、社会的な貢献もしていることかとからレバノンでは正規の政党である。今のハリリ首相率いる連立政権にも加わっている。したがって、トンネルはヒズボラの責任であったとしても、まずは、レバノン政府に問われることになる。

北の盾作戦が始まった4日、イスラエルは、UNIFILとレバノン政府との3者会談を、国境ローシュ・ハニクラで行った。

イスラエルは、レバノンに対し、トンネルの状況証拠を提示したところ、レバノンのハリリ首相は、イスラエルの領空侵犯で反論したものの、トンネルについては触れなかった。翌日、ハリリ首相は、「レバノンは、ヒズボラにイスラエルに続くトンネルを作らせた覚えはない。」と発表。イスラエルとの武力衝突になる理由はないとの見解を表明した。

ハリリ首相は、親サウジアラビア、つまりはアメリカよりとも考えられ、ヒズボラとは対立する。しかし、国内の安定のため、連立政権には、ヒズボラも抱える難しい立場である。

さらに、レバノンのアウン大統領はヒズボラ派で知られる。アウン大統領は、レバノン軍に対し、国境で作業するイスラエル軍を十分観察するよう指示したとのこと。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5420940,00.html

<ヒズボラの反応:トンネル破壊は問題ではない>

肝心のヒズボラだが、作戦がはじまってすぐに、テルアビブを攻撃するといった脅迫するビデオを発信した。その後、イスラエルが摘発するクファル・カラの施設は、本当にセメント工場であると反論するような情報を出したりしていたが、以後、静かになって、音沙汰なしの感じである。

イスラエルでは、ヒズボラの不気味な静寂に、次の出方と見定めているのではないかと懸念する意見や、予想外にイスラエルがトンネルという主要攻撃ルートを破壊されたナスララ党首は、あわてているのではないかとの見方をする専門家もいる。

イスラエル国家治安委員会のアモス・ヤディン氏は、トンネルがヒズボラの主要戦略ではないので、気を抜いてはならないと警告する。ヤディン氏は、ネタニヤフ首相が、ヒズボラのミサイルの中で、誘導であるのはごく一部であると発表したことに懸念を表明した。

北部情勢において、諜報活動は最も重要な戦略である。ヒズボラが、今イスラエルがなぜその情報を得たのか、ヒントを与えてしまったというのが、ヤディン氏の懸念である。

<今後どうなるのか>

今のとこころ、北部国境の平穏は保たれている。しかし、ぼろぼろと、イスラエルの閣僚たちから、レバノンへ踏み込む可能性を示唆する発言も出ている。

しかし、これについては、たとえヒズボラがテロ組織ではあっても、レバノンの正規の政党である以上、レバノンにイスラエルが入ってこれを攻撃すると、レバノンとの戦争ということになってしまう。これが第二次レバノン戦争の間違いだったと警告する声もある。

むしろ、今、アメリカが、レバノン政府に圧力をかけて、ヒズボラを追い出すようにするのが良いとの意見のある。ヒズボラの追放は、その背後にいるイランの弱体化にもつながるというのである。今後のアメリカの動きに期待したいところである。

聖書には、いつかは、ロシアとイランを含む大軍がイスラエルへ攻め込む「その時」が来ると書かれている。しかし、それがいつかは、神のみぞ知る・・である。まったく予想もしないときに、戦争になる可能性は大いにある。
カテゴリ :レバノン情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ヒズボラの地下トンネルを摘発:北の盾作戦開始(重要) 2018.12.5

 2018-12-05
4日朝、イスラエルは、「北の盾作戦」と称して、北部レバノンからイスラエル領内に続く地下トンネルを破壊する作業を開始したと発表した。

これにより、レバノンのクファル・キラ村からイスラエルの町メトゥラに向かって掘られ、イスラエル領内に40メートル入り込んでいたトンネルが摘発され、破壊された。メトゥラの居住地からはまだ十分遠いので、住民への危険はないと、イスラエル軍は発表している。

イスラエル軍によると、トンネルの全長は200メートル、深さ25メートル、高さ2メートル、幅2メートルで、ハマスのトンネルより、かなり大きい。トンネル内部には、通信機能が備えられており、現実に使用中のトンネルとみられる。他にもトンネルはあるが、今の所、使用中だったのはこのトンネルだけとのことである。

レバノンとイスラエルの国境は、地盤も硬く、基本的に砂の南部ガザより、地理的に険しい。トンネルをここまで掘るのに2年はかかったとみられる。

心配されるのは、レバノンからの反撃だが、イスラエルのメディアによると、イスラエルは、作業に関して、イスラエルとレバノンの間を監視するUNIFIL(国連レバノン暫定駐留軍)に事前連絡しており、UNIFILを通じて、レバノン側にも連絡されていたもようで、今の所、国境の平穏は保たれている。

ヒズボラの地下トンネルについては、今発見されたのではない。ずっと以前から、地域住民が地下での掘削の音を聞いていたし、イスラエル軍も、やがてヒズボラが、北部国境の町に侵入して、ガリラヤ一帯を占領しようとしているという情報は把握していたのであった。

ではなぜこのタイミングかだが、ロシアがシリアの対空能力を上げていることはじめ、以下のようなことが発生し、北部情勢が、変わりつつあるということがあげられる。

1)イランからレバノンへ民間機で武器直送で緊張

シリアの内戦が終焉し、ロシアからイラン、イラク、シリア、レバノンと、地中海まで地つづきでつながるという状況になってきた。イスラエルにとってはきわめて危険な事態である。ロシアも加わって、北から一気に攻撃される用意ができたようなものだからである。

このような中、11月29日、軍事物資を満載しているとみられる民間機が、イランから、イラク上空を通って、レバノンのベイルートに到着した。アサド政権が、シリア上空の支配権を取り戻したことで、イランはレバノンまでの空路を使えるようになって、ヒズボラに武器を空輸できるようになったのである。

https://www.timesofisrael.com/tehran-beirut-cargo-flight-sparks-concerns-iran-arming-hezbollah-directly/

これまでイランは、武器をいったんシリアに搬送し、そこからヒズボラへ搬送していた。このため、イスラエルは、武器がまだシリア領内にあるうちに、破壊することができた。これについては、ロシアがシリアの地対空防衛能力を強化したことで、今、かなり困難になったといえる。

この上に、軍事物資が、イランから空輸で直送されるようになれば、ヒズボラの武力は一気に高まり、懸念されてきたイスラエル北部への侵攻作戦が、いよいよ現実味をおびてくることになる。トンネルは今のうちに破壊しておかなければならない、ということである。

幸い、アメリカがイランへの制裁を再開してくれたので、イランは資金不足に陥っており、ヒズボラへの武器搬入は、かなり制約されているとみられる。

2)ヒズボラの脅威:精密な誘導ミサイル導入

イランからレバノンへの武器の直送を受けて、イスラエル軍は、ベイルートの飛行場の上空写真とともに(イランからの空輸は把握しているという意味)、アラビア語にて、「レバノンは、イランからの飛行機を受け入れるべきではない」との警告を出した。言い換えれば、これを続けるならイスラエルは攻撃するということである。

すると、ヒズボラは1日、「イスラエルが攻撃してくるなら、テルアビブを攻撃する。」と告げるプロパガンダ・ビデオをアップしかえしてきた。テルアビブやイスラエル軍を標的にしているというような、心理作戦をねらったクリップである。

これに対し、イスラエル軍は、「草の家に住む者が石をなげるべきではない。」との声明を出した。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5417749,00.html

ヒズボラはすごんでいるが、実際にはイスラエルを攻撃することはないとみられている。トンネルの存在が明らかになった今、もし、今ヒズボラが攻撃を開始すれば、イスラエルにレバノン領内のトンネルをも破壊する道理をあたえてしまうからである。

しかし、今回の北の盾作戦により、ヒズボラのイスラエル北部への侵攻は防いだとしても、本来の脅威、15万発もあるみられるヒズボラのミサイル攻撃の可能性はそのままである。

シリア内戦が終焉に向かっている今、ヒズボラの脅威は、いよいよイスラエルに向けられるようになってきているので、ヒズボラが、ミサイルを撃ち込んで来る可能性はあると懸念する分析家もいる。ヒズボラが、すでにイランから精密な誘導ミサイルを入手しているとの情報もあり、非常に危険である。

<アメリカとの協力:ポンペイオ米国務長官と会談>

ネタニヤフ首相は、3日、北の盾作戦開始に先立ち、急遽、ブリュッセルのNATO本部を訪問中のポンペイオ米国務長官を訪問し、厳しい北部情勢についての報告を行った。

https://www.timesofisrael.com/meeting-pompeo-netanyahu-said-to-threaten-lebanon-if-no-clampdown-on-hezbollah/

ネタニヤフ首相とポンペイオ国務長官の会談の内容に関する発表はないが、レバノンがイランからの武器直送受け入れをやめないなら、イスラエルはレバノンを攻撃すると伝え、レバノン政府に圧力をかけるよう、要請したとも伝えられている。

中東情勢においては、今はアメリカよりロシアの方が影響力がある。これまでのところ、イスラエルは、シリア領ないでのヒズボラへの武器搬送を阻止する攻撃を続けるため、シリアで実質支配力のあるロシアの、黙認を得なければならなかった。

しかし、今や、ロシアによって、シリアの対空能力が高度化したことや、ヒズボラへの武器が、イランから直接空輸になるとなると、もはや、シリアでこれを阻止することができなくなる。となると、もはや、ロシアに取り入る時代は終わり、頼れるのは旧友アメリカということになるのかもしれない。

<石のひとりごと>

シリア内戦がアサド大統領の勝利で終わるみこみとなり、サウジや湾岸諸国の変化も合わせて、中東が大きく変わり始めている。いよいよイスラエルの北からロシアを筆頭としてイランを含む大軍勢が、イスラエルに攻め込むゴグ・マゴグの戦いの形が、形作られているようで緊張する。

イスラエルはそれに勝利するのであろうが、大変な被害が出ることだろう。主のあわれみが、イスラエルとその周辺諸国の人々にあるように・・
カテゴリ :レバノン情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

北部情勢:とりあえず沈静化へ 2015.1.30

 2015-01-30
緊張していた北部情勢だが、29日以降、平穏となり、とりあえず沈静化した形となっている。住民には通常の生活に戻るよう指示が出された。ヘルモン山のスキーリゾートも開放されたが、当然スキー客はかなりまばらである。

沈静化したのは、ヒズボラが29日深夜、「イスラエル兵2人を殺害した攻撃は、イスラエルがヒズボラとイラン軍兵士ら12人を殺害したことへの報復だ。それ以上のことは望んでいない。」とのメッセージを伝えて来たことがきっかけとなっている。

イスラエルも全面戦争は避けたいところであるため、29日のレバノン領内ヒズボラ関係地点への攻撃を機に、攻撃は行われていない。しかし、軍は現在も警戒態勢を継続するとともに、レバノン、シリアからの侵入者を防ぐための国境にそった塹壕の設置を進めている。

http://www.jpost.com/Israel-News/IDF-remains-on-alert-as-tense-calm-takes-hold-of-northern-borders-389503

ゴラン高原は、冬はスキー、夏はハイキングや果樹園でのフルーツ狩りなど、イスラエル人にとってのリゾート地。テレビニュースによると、さすがのイスラエル人も北部情勢が緊張するのを受けて、ゴラン高原での休暇を次々にキャンセルしているという。

昨日29日、死亡した2人のイスラエル兵の葬儀が行われた。2カ所とも数百人が参列した。
タグ :

ゴラン高原で交戦:イスラエル兵2人死亡・7人負傷 2015.1.29

 2015-01-29
27日、ゴラン高原シリア側から、イスラエル領内へ、ミサイルが2発着弾。被害はなかったが、これを受けて、28日深夜過ぎにイスラエル軍がシリアの軍関係施設を空爆した。死傷者の報告はない。

続いて28日正午ごろ、レバノンとの国境の町、ガジャール均衡の民間道路を走っていたイスラエル軍軍用車に突然、レバノン領内から対戦車砲が発射され、イスラエル軍兵士2人が死亡。7人が負傷した。

この約1時間後、イスラエル軍がレバノン領内へ迫撃砲で反撃。この後、UNIFIL (国連暫定監視軍)のスペイン人兵士が1人死亡したと報告された。

交戦状態となった直後、イスラエル軍は、ヘルモン山でスキーを楽しんでいた人々を避難させ、スキー場を一時閉鎖したが、今は再び解放している。周辺住民には、侵入者の恐れがあったため、一時自宅待機の命令が出された。現場周辺の道路は今も閉鎖されている。

本日28日、ヒズボラが、一連のイスラエルへの攻撃について、18日にイスラエル軍が、ムグニエ司令官を含む6人の戦闘員とイラン軍司令官と兵士6人を殺害したことへの報復だとの声明を出した。(オリーブ山便り1/22参照) 

レバノンのテレビからは、作戦成功を祝う様子が伝えられている。ハマスや他のパレスチナ組織も続いて作戦成功を賞賛する声明を出した。イスラエルのテレビは、ずっと現場からの中継を行っている。

イスラエル軍は、ゴラン高原シリア側を18日に攻撃して以降、ヒズボラの報復の懸念があるとして、戦車や軍用車を国境付近に配備。侵入者を阻むため、国境にそって塹壕を掘るなど、厳重な警戒態勢をとっている。現在も厳戒態勢がとられている。

今後、このまま終焉するのか、エスカレートするのか、現時点ではどうなるかは、専門家でもまだ予想が不可能だという。

イスラエル軍によると戦死した2人は、ドール・ニニ軍曹(20)と、ヨハイ・カランゲル大尉(25)。ドールさんは、戦闘部隊隊員で、夏にガザで戦い、軍曹に昇格。ヨハイさんには、妊娠中の妻タリさんと1才の娘がいる。

<ヒズボラとイランがイスラエルに対する方針の転換か?>

今回のエスカレーションは、明らかに18日のイスラエルの攻撃で、ヒズボラの司令官ムグニエとイラン軍司令官を含む12人を死亡した事がきっかけとなっている。

イスラエルがなぜそこまで大きな攻撃に出たのかについて、バル・イラン大学のエフライム・インバル教授は、ヒズボラとイランが、具体的に何を計画していたのかは不明だが、最近、イスラエルと最前線の均衡状態を破って、新たな戦闘状態をつくりあげようとしているとみられると解説する。

インバル教授は、イスラエルは、市民が攻撃される前に、できるだけ危機がまだ国外にあるうちに処理する方針であると改めて強調。歴史をみれば明らかだが、ヒズボラとイランは、無条件にユダヤ人の殺害を望んでいる。だから、これは攻撃ではなく、防衛であると主張する。

ここで、注目されるのは、シリアのアサド政権がヒズボラとイランに加わっていない事である。またイスラエル兵が死亡した攻撃は、シリア領内からではなく、レバノン領内からだった。シリアはイスラエルとの戦闘に加わりたくないと推測できるとインバル教授。

まだまだ先行きはほとんど読めない状況だが、戦争へとエスカレートしないよう、とりなしが必要である。
タグ :

レバノンから再度ロケット弾 2014.7.13

 2014-07-13
ガザからのロケット弾を浴びているイスラエルだが、12日夜10:30ごろ、レバノンからロケット弾3発が、西ガリラヤ地方へ発射され、ローシュハニクラ、ナハリアなどでサイレンが鳴った。被害はなし。レバノンからのロケット弾はこれで2回目である。

イスラエル軍は、レバノン方面へ砲撃を行っている。南レバノンには、ヒズボラが多数のミサイルをイスラエルに向けて準備しているが、昨日と今日の攻撃がヒズボラかどうかは不明。
タグ :

怒りのレバノン:ベイルート爆破テロ 2013.8.16

 2013-08-16
15日、レバノンのヒズボラ拠点でまた車両爆弾による爆破テロがあった。死者は少なくとも20人。こうしたベイルート市内での爆破テロは7月に続いて2回目。この時は50人が死亡している。

爆破事件の後、イスラム主義スンニ派グループが犯行声明を出し、「ブタのナスララ(ヒズボラ党首)。我々はすでに一回攻撃したが、まだわからないようだから、もう一度やった。」と言った。

その上でレバノン市民に対し、今後も攻撃を続けるため、ヒズボラから離れるようにと警告した。

ヒズボラは、今年4月から本格的にシリアのアサド政権の加勢を始めたが、それが中東全体にシーア派対スンニ派という対立構造に火をつけたかたちとなっている。特にレバノンには、スンニ派も多いため、ヒズボラに対する怒りが高まっていた。

<スケープゴートのイスラエル>

しかし、どういうわけか、レバノンではスンニ派もシーア派も、またレバノン政府も全員が、これはすべてイスラエルのせいだと言っている。

爆破テロを決行したグループは、ヒズボラを、イランと”イスラエル”の協力者だと非難している。

また、爆破テロで市民を殺されたレバノン政府のスレイマン大統領は、「これはレバノンを不安定にしようとするイスラエルの策略だ。レバノン人は結束してイスラエルと戦わなければならない。」と言った。

さらに、攻撃されたヒズボラのナスララ党首は「これはイスラエルが、数週間前に国境付近で、兵士4人が道路爆弾で負傷したことへの復讐をしたのだ。」と言った。ナスララは、イスラエル軍に対する脅迫をし続けている。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫