北部情勢:とりあえず沈静化へ 2015.1.30

 2015-01-30
緊張していた北部情勢だが、29日以降、平穏となり、とりあえず沈静化した形となっている。住民には通常の生活に戻るよう指示が出された。ヘルモン山のスキーリゾートも開放されたが、当然スキー客はかなりまばらである。

沈静化したのは、ヒズボラが29日深夜、「イスラエル兵2人を殺害した攻撃は、イスラエルがヒズボラとイラン軍兵士ら12人を殺害したことへの報復だ。それ以上のことは望んでいない。」とのメッセージを伝えて来たことがきっかけとなっている。

イスラエルも全面戦争は避けたいところであるため、29日のレバノン領内ヒズボラ関係地点への攻撃を機に、攻撃は行われていない。しかし、軍は現在も警戒態勢を継続するとともに、レバノン、シリアからの侵入者を防ぐための国境にそった塹壕の設置を進めている。

http://www.jpost.com/Israel-News/IDF-remains-on-alert-as-tense-calm-takes-hold-of-northern-borders-389503

ゴラン高原は、冬はスキー、夏はハイキングや果樹園でのフルーツ狩りなど、イスラエル人にとってのリゾート地。テレビニュースによると、さすがのイスラエル人も北部情勢が緊張するのを受けて、ゴラン高原での休暇を次々にキャンセルしているという。

昨日29日、死亡した2人のイスラエル兵の葬儀が行われた。2カ所とも数百人が参列した。
タグ :

ゴラン高原で交戦:イスラエル兵2人死亡・7人負傷 2015.1.29

 2015-01-29
27日、ゴラン高原シリア側から、イスラエル領内へ、ミサイルが2発着弾。被害はなかったが、これを受けて、28日深夜過ぎにイスラエル軍がシリアの軍関係施設を空爆した。死傷者の報告はない。

続いて28日正午ごろ、レバノンとの国境の町、ガジャール均衡の民間道路を走っていたイスラエル軍軍用車に突然、レバノン領内から対戦車砲が発射され、イスラエル軍兵士2人が死亡。7人が負傷した。

この約1時間後、イスラエル軍がレバノン領内へ迫撃砲で反撃。この後、UNIFIL (国連暫定監視軍)のスペイン人兵士が1人死亡したと報告された。

交戦状態となった直後、イスラエル軍は、ヘルモン山でスキーを楽しんでいた人々を避難させ、スキー場を一時閉鎖したが、今は再び解放している。周辺住民には、侵入者の恐れがあったため、一時自宅待機の命令が出された。現場周辺の道路は今も閉鎖されている。

本日28日、ヒズボラが、一連のイスラエルへの攻撃について、18日にイスラエル軍が、ムグニエ司令官を含む6人の戦闘員とイラン軍司令官と兵士6人を殺害したことへの報復だとの声明を出した。(オリーブ山便り1/22参照) 

レバノンのテレビからは、作戦成功を祝う様子が伝えられている。ハマスや他のパレスチナ組織も続いて作戦成功を賞賛する声明を出した。イスラエルのテレビは、ずっと現場からの中継を行っている。

イスラエル軍は、ゴラン高原シリア側を18日に攻撃して以降、ヒズボラの報復の懸念があるとして、戦車や軍用車を国境付近に配備。侵入者を阻むため、国境にそって塹壕を掘るなど、厳重な警戒態勢をとっている。現在も厳戒態勢がとられている。

今後、このまま終焉するのか、エスカレートするのか、現時点ではどうなるかは、専門家でもまだ予想が不可能だという。

イスラエル軍によると戦死した2人は、ドール・ニニ軍曹(20)と、ヨハイ・カランゲル大尉(25)。ドールさんは、戦闘部隊隊員で、夏にガザで戦い、軍曹に昇格。ヨハイさんには、妊娠中の妻タリさんと1才の娘がいる。

<ヒズボラとイランがイスラエルに対する方針の転換か?>

今回のエスカレーションは、明らかに18日のイスラエルの攻撃で、ヒズボラの司令官ムグニエとイラン軍司令官を含む12人を死亡した事がきっかけとなっている。

イスラエルがなぜそこまで大きな攻撃に出たのかについて、バル・イラン大学のエフライム・インバル教授は、ヒズボラとイランが、具体的に何を計画していたのかは不明だが、最近、イスラエルと最前線の均衡状態を破って、新たな戦闘状態をつくりあげようとしているとみられると解説する。

インバル教授は、イスラエルは、市民が攻撃される前に、できるだけ危機がまだ国外にあるうちに処理する方針であると改めて強調。歴史をみれば明らかだが、ヒズボラとイランは、無条件にユダヤ人の殺害を望んでいる。だから、これは攻撃ではなく、防衛であると主張する。

ここで、注目されるのは、シリアのアサド政権がヒズボラとイランに加わっていない事である。またイスラエル兵が死亡した攻撃は、シリア領内からではなく、レバノン領内からだった。シリアはイスラエルとの戦闘に加わりたくないと推測できるとインバル教授。

まだまだ先行きはほとんど読めない状況だが、戦争へとエスカレートしないよう、とりなしが必要である。
タグ :

レバノンから再度ロケット弾 2014.7.13

 2014-07-13
ガザからのロケット弾を浴びているイスラエルだが、12日夜10:30ごろ、レバノンからロケット弾3発が、西ガリラヤ地方へ発射され、ローシュハニクラ、ナハリアなどでサイレンが鳴った。被害はなし。レバノンからのロケット弾はこれで2回目である。

イスラエル軍は、レバノン方面へ砲撃を行っている。南レバノンには、ヒズボラが多数のミサイルをイスラエルに向けて準備しているが、昨日と今日の攻撃がヒズボラかどうかは不明。
タグ :

怒りのレバノン:ベイルート爆破テロ 2013.8.16

 2013-08-16
15日、レバノンのヒズボラ拠点でまた車両爆弾による爆破テロがあった。死者は少なくとも20人。こうしたベイルート市内での爆破テロは7月に続いて2回目。この時は50人が死亡している。

爆破事件の後、イスラム主義スンニ派グループが犯行声明を出し、「ブタのナスララ(ヒズボラ党首)。我々はすでに一回攻撃したが、まだわからないようだから、もう一度やった。」と言った。

その上でレバノン市民に対し、今後も攻撃を続けるため、ヒズボラから離れるようにと警告した。

ヒズボラは、今年4月から本格的にシリアのアサド政権の加勢を始めたが、それが中東全体にシーア派対スンニ派という対立構造に火をつけたかたちとなっている。特にレバノンには、スンニ派も多いため、ヒズボラに対する怒りが高まっていた。

<スケープゴートのイスラエル>

しかし、どういうわけか、レバノンではスンニ派もシーア派も、またレバノン政府も全員が、これはすべてイスラエルのせいだと言っている。

爆破テロを決行したグループは、ヒズボラを、イランと”イスラエル”の協力者だと非難している。

また、爆破テロで市民を殺されたレバノン政府のスレイマン大統領は、「これはレバノンを不安定にしようとするイスラエルの策略だ。レバノン人は結束してイスラエルと戦わなければならない。」と言った。

さらに、攻撃されたヒズボラのナスララ党首は「これはイスラエルが、数週間前に国境付近で、兵士4人が道路爆弾で負傷したことへの復讐をしたのだ。」と言った。ナスララは、イスラエル軍に対する脅迫をし続けている。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫