ウクライナのあやうい停戦 2014.9.7

 2014-09-07
多数のロシア軍戦車がウクライナ領内に入って反政府勢力を支援していることが明らかになり、西側勢力との緊張が高まったいるウクライナ。ポロシェンコ大統領は、5日、突然、ロシアと停戦に合意したと発表した。

このとき、ちょうどイギリスでNATO軍の首脳会議が行われている最中だったが、首脳たちは、この停戦には懐疑的である。

首脳たちは、今後、減る一方だった軍事費を増やし、短期間に出動可能な「即応部隊」を解説することで合意。またロシアへの経済制裁を強化することを決めた。するとロシアは、これに対抗する処置をとると言っている。

タグ :

緊迫する東ウクライナ情勢 2014.8.30

 2014-08-30
http://www.bbc.com/news/world-europe-28990428

親ロシア派勢力と、ウクライナ軍の戦闘が続いているウクライナ。NATOが、ロシア軍戦車がウクライナ領内に入っている証拠だとして衛星写真を公開し、西側とロシアとの緊張した対立が高まっている。

ロシアのプーチン大統領は、ドネツクを占領したウクライナの行為は、かつてルハンスクを占領したナチスと同じだと強い表現で避難した。

BBCによると、イスラエルがガザと戦闘をしていた期間の7月16日から8月7日までの間、東ウクライナでは1日平均36人が死亡。東ウクライナでの戦闘が激しくなった4月中旬から現在までで少なくとも2593人が死亡している。*撃墜されたマレーシア航空の犠牲者を含まず

これまでに東ウクライナの住民のうち15万5800人がウクライナ国内の別の地域へ避難し、18万8000人がロシア領内へ亡命している。
タグ :

マレーシア機撃墜関連:オバマ大統領がロシアを非難 2014.7.19

 2014-07-19
東ウクライナ上空で墜落したマレーシア旅客機。現場野検証が進められているが、戦闘地域でもあり、親ロシア派は、国際調査団の活動を制限しているもよう。

オバマ大統領は18日、これまでの調査から墜落は、親ロシア派の地対空ミサイルによる撃墜だったとの結論に近づいていると思われる発言を行った。加えて、親ロシア派に、高度な武器が流入するのを止めようとしていないとしてロシアを非難した。

今回墜落したマレーシア機に乗っていたのは、ウクライナ人でもロシア人でもない。世界9カ国の旅行を楽し無人々だった。犠牲者の中には家族6人が全員死亡したケースもある。オバマ大統領は「これは明らかに欧米と世界に対する警告だ。犠牲者は様々な国の人々だ。これは一つの国のことだけでは終わらないことである。」と語った。

一方、ロシアは、「危険だとわかっている空域を飛行禁止にしなかったウクライナ政府の責任だ。」と言っている。

http://www.washingtonpost.com/politics/transcript-obamas-statement-on-ukraine-and-gaza/2014/07/18/a3224560-0e8c-11e4-8c9a-923ecc0c7d23_story.html
タグ :

マレーシア旅客機・撃墜疑惑で緊張するウクライナ情勢 2014.7.18

 2014-07-18
日本でも大きくとりあげられていると思うので、詳しくは報告しないが、この事件が、ウクライナと親ロシア派の対立、ひいては欧米とロシアの関係に大きく影響する可能性が出て来ている。

今回マレーシア機が墜落したのは、紛争地帯となっている東ウクライナのドネツク州。情報では、日ごとにロシアの武器が、親ロシア派に提供されているもようで、最近、ウクライナ軍の輸送機が、親ロシア派に撃墜される事件も発生している空域である。

ウクライナのポロシェンコ大統領は、事件発生後すぐにウクライナ軍の関与を否定。「これは事故ではなく、テロ行為だと考えている。」と語った。

一方、親ロシア派は「1万メートル上空の飛行機を撃ち落とすような高度な武器は持っていない。」と関与を否定。ロシアも関与を否定した。

しかし、この事件が、アメリカが、ロシアの対する新たな経済制裁(親ロシア派への武器供与疑い)を発表した直後であったことと、「BUK」と呼ばれる1万メートル上空の飛行機を撃墜できる武器はロシア製であることなどから、ロシアを疑う記事もある。

現時点では、まだ撃墜かどうかは確定されていないが、もし本当に撃墜されていた場合は、だれが撃墜したかによって、ウクライナ情勢の大きな転機になりうると言われている。また、それは欧米とロシアの関係に大きな影響を与えるものである。

オバマ大統領は、今後の調査に全面的に協力すると言っている。東ウクライナでは、事項調査がすみやかにすすむよう、ウクライナと親ロシア派の間で一時的な停戦になっているという。

なお、BBCによると、このような紛争空域を旅客機が通過していたことにも問題があるとされ、今後の航路について、他の航空会社でも変更が予定されている。
タグ :

ウクライナが、東部鎮圧へ前進 2014.7.6

 2014-07-06
ウクライナのポロシェンコ大統領は、欧州との協定にモルドバとグルジアとともに署名。その後、武力による親ロシア派の鎮圧を続けている。つまり、ウクライナは、親欧米路線でかためるという方針である。

3日、ウクライナ軍は、親ロシア派の軍事拠点だったスラビアンスクを奪回した。現在、ドネツクに目標を定めて進軍中である。

国連難民機関によると、ウクライナの紛争で発生した難民は16万人。ロシアによると、東ウクライナからは親ロシア派の住民多数が、国境を越えてすでにロシアへ移動(避難)したという。

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫