ホロコースト生存者18万5000人 2017.4.26

 2017-04-26
4月23日はホロコースト記念日だった。エルサレムのヤド・バシェム(ホロコースト記念館)では、ホロコースト生存者とその家族、リブリン大統領、ネタニヤフ首相が出席して、毎年恒例の記念式典が行われた。

ネタニヤフ首相は、「75年前、ユダヤ人が虐殺にあっていた時、大国は知っていたのに何もしなかった。あの時、世界が動けば400万人は救えただろう。そういう世界(UN)の反ユダヤ的な体質は今も変わっていない。」と語った。

またホロコーストが現実になった理由として、①ユダヤ人への憎しみ、②世界の無関心、③国を持たない人々の恐ろしいばかりの無力さ、の3つを挙げた。

ネタニヤフ首相は、「弱いものは生き残れない。自分のことは自分で自衛するしかない。これがユダヤ人がホロコーストから学んだ事だ。」と語り、「ユダヤ人を殺そうとする者は、自らを炎に投げ込むことになる。」と警告した。

ネタニヤフ首相は、具体的な敵として、イランとイスラム国をあげた。

http://www.timesofisrael.com/netanyahu-allies-could-have-saved-4-million-jews-if-theyd-bombed-death-camps-in-1942/

(式典ビデオ) https://www.youtube.com/watch?v=oryOtmkMiY8

<生存者:毎月1000人死去>

統計によると、今年イスラエルに生存するホロコースト経験者は18万5000人。この他、強制収容所には入らなかったが、ホロコーストの被害者と数えられている人が56000人。平均年齢は85歳で、毎月約1000人が亡くなっている。

葬儀を執り行ってくれる家族もない天涯孤独の生存者も多く、まったくの他人が、葬儀に参列するケースも少なくないという。

毎年のことだが、今年もイスラエル政府が生存者たちに対して十分なケアを行っていないということが問題になった。政府の姿勢は、「多くのチャリティ団体が十分なケアをしている。」というもので、政府からのケアがどうしてもおろそかになりがちなのだという。

指摘を受けて昨年、ホロコースト生存者の福祉のために、6000万シェケル(約18億円)の予算が計上された。しかし、どういうわけか、きちんとしたシステムを立ち上げることができず、2016年に割り当てられた2730万シェケルのうち、実際に使われたのは430万シェケル(約1300万円)だった。

これを受けて、ネタニヤフ首相は、自らが生存者支援委員会の代表を務めると閣僚に伝えた。

http://www.timesofisrael.com/state-comptroller-slams-government-over-holocaust-survivors/

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4950976,00.html

<ジカロン・バ・サロン:自宅で聴く生存者の証>

数年前から始まった草の根運動で、家庭にホロコースト生存者を招き、知人友人とともに体験談を聴くというイベントが、今年もイスラエル各地13000箇所で行われた。

単純計算でも、10年後には、生存者がいなくなるといった時代を迎える中、貴重な試みである。

http://www.jpost.com/Israel-News/Israeli-Holocaust-survivor-tells-his-story-to-the-next-generation-488815

<マーチ・オブ・ザ・リビング:ポーランド>

マーチ・オブ・ザリビングとは、ポーランドの元強制収容所アウシュビッツからビルケナウまでの約3キロを歩くもので、虐殺された600万人のユダヤ人を覚え、またユダヤ人は今は生きていると訴えるマーチである。今年29回目。こちらも23日に行われた。

マーチには、イスラエルのユダヤ人だけでなく、50カ国から来たユダヤ人や異邦人、約10000人が参加した。

イスラエルからは、エイセンコット・イスラエル軍参謀総長と、チーフラビのメイール・ラウ氏(ホロコースト経験者)に加えて、 ナフタリ・ベネット教育相が参加した。今年はヨーロッパ諸国の教育相12人が、ベネット教育相の招きで参加したという。

ベネット氏は、生存者が年々減っていく中、ホロコースト否定論が根強く存在していることへの対策だと語った。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/228462
タグ :

平和な過越:2017 2017.4.14

 2017-04-14
イスラエルでは10日夜、今年も過越がはじまった。聖書に記されたユダヤ人の出エジプトを記念する例祭で、最初の夜は、セデルと呼ばれる特別な食事を家族や友人たちを招いて囲む。

聖書の神を信じる人はもちろん、信じない無神論者もこの日はセデルを祝う。

無神論者がいったいどのように出エジプトを祝うのかは謎だが、日本でいうならお正月のようなもので、いわば文化、習慣でやっている人もいるということである。

宗教的なエルサレムに対し、世俗を自慢するテルアビブ市も、公のセデルを行った。テルアビブでは、例祭期間中、様々な楽しいイベントが計画されており、4月27日のビーチ開きの日まで続く。

http://www.timesofisrael.com/no-plagues-here-10-ways-to-celebrate-passover-all-week-long/

イスラエル周辺諸国では、恐ろしい事件が起こっているが、イスラエル国内では、ユダヤ人がユダヤ人の服装で、実に平和に、静かに、シナゴーグへ行き、家族でセデルを祝い、子供達の笑い声、大人たちの歌う声が、家々から響いている。

まさに、10の災いの一つ、暗闇の中でイスラエル人のところだけは光があったという聖書の記載に近いものがある。

なお、イスラエルでは、過越の初日と最後の日が、国の祝日となり、店も交通機関もシャットアウトする。その間の中日5日は、安息日以外でも多くの店が閉まっており、スローペースで街が動く。学校、官公庁や、大手の会社では、丸1週間の休みになっている。

中日にあたる今日、13日は、嘆きの壁を埋め尽くして、「祭司の祈り」が行われた。Yネットによると、参加者は8万人。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4948952,00.html

また、13日には、ユダヤ教ラビなど15000人がエルサレムのアリーナに大集合し、大きなカンファレンスも行われた。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/228117

<今年も海外旅行>

過越は、イスラエル人が一斉に海外旅行に出かける時期である。

過越は、ユダヤ人がエジプトから約束の地へむかったことを記念するのだが、現代イスラエル人は、長期休暇を利用して、逆に約束の地を出ていくのである。最大人気の渡航先は、近場のトルコ。

Yネットによると、今年はシェケルが強いこともあり、昨年よりも18%多い7万7000人が、9日1日だけで、ベングリオン空港から海外旅行に出かけた。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4947219,00.html

毎年のことだが、よりにもよって、シナイ半島(エジプト)へ行楽に、出エジプトと逆行するイスラエル人が今年もいる。Times of Israelによると、1万人とみられている。

http://www.timesofisrael.com/citing-concrete-information-of-threat-minister-urges-israelis-to-bolt-sinai/

今年は、過越直前の9日、エジプトのタンタとアレキサンドリアで、パームサンデーの礼拝を祝うコプト教会が自爆テロの被害に遭い、45人以上が死亡した。

これを受けてイスラエル政府は、シナイ半島にいるイスラエル人の急遽、帰国するよう命じ、まもなく、国境の出入りを閉鎖した。

この直後、イスラエル南部の畑地にロケット弾が着弾。負傷者等、人間への被害はなかったが、犯行声明はシナイ半島にいるともられるISISが出した。このように、シナイ半島は、現在、エジプトがISIS撃滅に追われている危険きわまりない地域でる。

にもかかわらず、また政府の帰国目入れにもかかわらず、シナイ半島に行っていたイスラエル人たちは、子供連れであっても、多くは帰国していない。それどころか、国境が閉鎖された後は、ヨルダン経由でシナイ半島に向かった家族連れもいるという。

*エジプトのコプト教会は復活祭の祝いを断念

パームサンデーで多くの信者を殺害されたコプト教会は、さすがに今週の復活祭は祝いをしないことになっているという。エジプトが現在、3ヶ月の国家非常事態宣言が出されたばかり。しかし、実際には、政府は何もしないということの裏返しでもある。

<家族連れは行楽へ>

海外旅行に行かない家族連れは、いっせいにマサダやエンゲディなど、国立公園や自然保護区へ行楽に出ている。天気は若干どんよりだが、非常に過ごしやすい春の気候となっている。野には花も咲き乱れ、緑豊かな最も美しい季節である。

エルサレムでは、旧市街やダビデの町で、無料のツアーを出したり、子供向けのイベントを開催するなどして、賑わっている。

エルサレム旧市街では、数十メートルおきに治安部隊がいる他、要所にはパトカーが駐屯。パトロールする警察官や国境警備隊が、怪しいとみられる車両を止めて、トランク内部を検査したり、アラブ人男性を取り調べる様子も目にした。こうした警戒には、男性だけでなく、女性兵士も多くみられる。

こうした警戒態勢の強化もあいまって、多くのイスラエル人がヘブロンのマクペラの洞窟はじめ、ゲリジム山など西岸地区へも出かけている。

しかし、残念ながら今年も事故も相次いでいる。南部ネゲブ38号線では、30歳の女性と、26歳の男性の運転する車が衝突。二人とも死亡した。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/228062

また死海近郊のユダ荒野では、40歳代の男性がハイキング中に死亡。ガリラヤ湖では、早朝にビーチマットに乗って浮かんでいた3人(19歳、21歳、17歳)が、突然の強風にあおられて行方不明になっている。捜索が続けられているがまだみつかっていない。

ガリラヤ湖ではこうした事故が発生するため、早朝ライフガードのいない時間に泳がないよう、指示がだされていた。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4948706,00.html

なお、過越の例祭は、4月17日日没までだが、12日夜より雨が降っており、南部では13日、鉄砲水になった。

<西エルサレム市内より(エッセイ風)>

エルサレムでは旧市街は、観光客で混み合っているのだが、西エルサレム市内や道路、特に昼間は、明らかにいつもより空いている。若い家族連れは、海外や行楽に行っているのか、バスには、お年寄りが目立つ。

今年の過越は、どんよりした空模様に、どんよりした気温で、いわゆる「ゆるい」空気が町中にひろがっている。

例祭で、バスはいつもより少ないダイヤで走っている。今日、買い物に行ったら、帰りのバスは40分も待たされた。こういう場合、たいてい同じ番号のバスが2つ一緒に来たりする。

バス停には、10人ほどの小柄なお年寄りたちが、それぞれ大きなショッピング用のローラーバッグや荷物を持ってバスをまっていたが、しびれを切らしている人もすくなくなかった。タクシーに乗ろうとしたお婆さんは運転手と交渉していたが、高かったのか、あきらめて戻って来た。

だいぶ待って、ようやくバスが来ると、お年寄りたちは、わらわらとバスに殺到した。われ先に乗るのだが、前がもたもたしていると、「はよ乗らんかい。」と大声でどなっている90歳くらいのおじいさんがいた。

このおじいさんは運転手にもぼやいていた。運転手も負けてはいない。バス停で止まらないという逆襲に出た。いっせいに「おーおー。止まらんか」と客が声を上げると、運転手は、「だれも停止ベルを押さなかっただろー」と怒鳴り返す。

これも過越期間中、エルサレムの一コマである。こんなやりとりがあっても誰も気にしない。空気も悪くならない。こんな素のイスラエル社会が、なんともここちよいと思う今日このごろである。。。。

ともあれ、イスラエルは今年も平和な過越を楽しんでいる。

<貧困とチャリティ>

お正月同様、この時期は貧しい人やひとりぼっちの人、独居の高齢者は、いつもにまして寂しい時期になる。施しがミツバ(善行)に数えられているイスラエルでは、この時期、各種団体が競うようにしてフードバスケットやクーポンを貧しい家庭に配布する。

少し前に、プリムで献金を募ったばかりなのだが、またまた献金の時期である。先日、郵便局に、光熱費の支払いに行ったら、郵便局までが、献金を募っていた。

窓口に、過越用のおもちゃの箱がおいてあって、用事をすませたあと職員が、「病気の子供たちにこのペサハのおもちゃを配布しています。協力した人には特別切手シートさしあげます。」と言う。その額、約1500円。

この時期、なんとも断りきれず、郵便局のチャリティに参加してしまったが、もらった切手シートはなかなかかわいいものだった。

なお、国家統計局によると、今年、イスラエル人の170万人(人口の20%)が貧困と数えられている。具体的には、46万800家庭、子供は76万4200人が貧困である。ただし・・・だが、この数字には、若干、課題もあるようでもある。

筆者の友人夫妻は、「僕たちは収入からすると貧困の枠にはいっているけど、子供がないので、生活に困ったことはない。」と、このニュースに登場する”貧困”の数字には課題もあるのではと指摘していた。

しかし、貧しい人々が多いことには変わりはない。Yネットによると、イスラエル政府は、今年の過越から、年間を通じて食物を支援する家庭の枠を50%広げると発表した。

http://www.jpost.com/Israel-News/Welfare-organizations-pick-up-mantle-to-help-needy-on-Passover-486615

具体的には、支援家庭を5000家庭増やすということだが、すでにある政府の福祉や、ユダヤ教関係の福祉団体と合わせて、支援額は、年間合計6000万シェケル(18億円程度)になるという。

新案では、毎月500シェケル分の食物を購入するためのプリペイドカードが配布されるとのことだが、これについては、賛否両論もある。

現在の食物支援では、ニーズにあっていなかったり、好みでないものが来たりするので、プリペイドカードの方が受給者としてはありがたいのだが、プリペイドにすると、健康的でないものやワインなどを買ってしまうかもしれない。なかなか難しい問題だ。
タグ :

来週から春の”巡礼”ウイーク 2017.4.8

 2017-04-08
中東・シリア情勢が緊迫する中、イスラエル、エルサレムでは、来週から春の巡礼ウイークが始まる。

すでにエルサレム市内は、過越の祭直前で、オープンマーケットのマハネイ・ヤフダも、市内スーパーマーケットも大混雑になっている。

ユダヤ教・過越の例祭は、10日日没から、17日日没まで。同時に、キリスト教徒のイースターウィークも9日から17日までで、エルサレム、特に旧市街も、すでにそうとう混み合っている

旧市街では、2日、ユダヤ人をねらったナイフによるテロが発生している。国際情勢が緊迫していることもあり、イスラエルは特にエルサレムの警戒体制を強化する。来週、配置される治安部隊は3500人。防犯カメラは旧市街だけで400箇所にのぼるという。

http://www.israeltoday.co.il/NewsItem/tabid/178/nid/31388/Default.aspx

特に人出の多い日は以下の通り。

①9日(日):オリーブ山(ベテパゲ)から旧市街への「しゅろの行進」:世界中のキリスト教徒が群衆となってやしの葉をもって歩く。

②13日(木):嘆きの壁:ユダヤ教の祭司の祝福の日:キリスト教徒(正教会)が聖墳墓教会で足洗の儀式:10万人予想

③14日(金):ビア・ドロローサ:キリスト教徒の群衆が、聖墳墓教会までビア・ドロローサを歩く

⑤15日(土):聖墳墓教会で、ホーリーファイヤー(正教会儀式):聖墳墓教会から聖なる火を受け取る儀式 5万人予想

⑥16日(日):園の墓(ダマスカス門近く):欧米系プロテスタントがサンライズ集会を行う

来週の治安に備え訓練するイスラエル軍の様子。日本では軍といえば敬遠される傾向にあるが、イスラエルにいると、彼らの存在は、非常にありがたく感じる。

http://www.jpost.com/Israel-News/IDF-holds-major-West-Bank-drill-ahead-of-Passover-holiday-485627 
タグ :

恒例エルサレム・マラソン:今年も無事終了 2017.3.18

 2017-03-18
昨日金曜、エルサレムでは、毎年恒例のエルサレム市内マラソンが行われた。海外65カ国からの参加者3500人を含む3万人が参加した。

今回は、リトアニア系超正統派たちが、先にイシバ(ユダヤ教神学校)学生が、従軍を拒否して逮捕されたことに抗議して、大規模デモを行ってマラソン大会を妨害すると脅迫していた。

これに対し、バルカット市長は、「もし本当に妨害したら、リトアニア系の副市長を解雇する。」と反撃。テロへの懸念も含めて、治安部隊3000人が配置されていた。当日は、エルサレム郊外などで計40人が拘束されたが、マラソン大会は無事終了した。

今年は、テロで家族を失った家族たち3550人が、平和への願いと、回復の象徴としてマラソンに参加していたことが話題となった。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4936797,00.html

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/226858
タグ :

全国的にプリムの祭り 2017.3.10

 2017-03-10
イスラエルでは、11日日没(日本時間12日朝)より、12,13日とプリムの祭りとなる。

プリムとは、聖書のエステル記を記念する例祭。イスラエルがまだ捕囚から戻る前のペルシャで、イスラエル民族をの絶滅させようとしたハマンの企みを阻止した、ユダヤ人の王妃エステルを記念する。

聖書のエステル記に「神」は、直接登場しないのだが、例祭では、エステルを用いてイスラエルを絶滅から救われた神を覚え、その神は今もイスラエルを守っておられることを覚える例祭である。

11日夜と12日朝(エルサレムでは12日夜と13日朝)、ユダヤ教シナゴーグでは、「メギラ」とよばれるエステル記の巻物がそのまま読み上げられる。人々は、イスラエルの敵ハマンの名が出るたびに騒音をたててブーイングを飛ばすという楽しい行事である。

イスラエルでは、メギラの読み上げは、シナゴーグだけでなく、世俗派でシナゴーグに行かない人も楽しみながらユダヤ教に立ち返ることができるよう、公の場でも行われる。アルーツ7によると、今年はシナゴーグ外でも、全国400箇所で、メギラの読み上げが行われる。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/226439

プリムにおける習慣は、聖書に指示されている通り、贈り物をしあうこと。甘いクッキーや甘いワインなどが多い。また、後の世にできた習慣だが、仮装して通りに出て楽しむのもプリムの風物詩。

エルサレムやテルアビブ、ベエルシェバなど大きな町では、町をあげてのイベントが行われる。各地域の公民館でもイベントが行われる。エルサレムでは、イスラエル博物館はじめ、様々な博物館も、3月いっぱい、イベントを企画する。

実際のプリムは、3月11日、12日だが、今年は週末と重なるため、プリムのパーティやイベントは、9日からすでに始まっている。主要都市での予定は以下の通り。(一部)

3月9日(木) テルアビブ:ストリート・パーティ

3月10日(金) テルアビブ:ストリート・パーティ、エルサレム市役所前広場仮装イベント 11:00-15:00
         
3月11日(土) テルアビブ:ゾンビウオーク(ゾンビに化けて町を練り歩く)パーティ 21:30~

3月12日(日) テルアビブ:ファット・ボーイコンサート

3月25日(土) エルサレム・ナハラオット・パレード

以前、テロが頻発した時に、皆が仮装している中では、テロリストが見分けられないとして、一度だけ、政府から仮装禁止の指示がでたことがあったが、今は、そのようなテロに屈するかのようなことはしなくなった。

しかし、テロの危険がなくなったわけではなく、都市でのイベントでは、人々が群衆となって、しかも仮装して出てくるため、治安部隊にはかなり頭の痛い例祭である。

<ユニークな超正統派社会のプリム> 

超正統派社会のプリムは、なかなかユニークで、映画にもなっている。

超正統派の男性たちは、プリムの日には、派手に”酔っ払わなければならない”といことになっている。派手に酔うほどすばらしいとされる。そのため、プリムにメア・シャリームに行くと、様々な仮装に身を包んだ老若男女の間で、千鳥足になってふらふらと歩く二人連れの超正統派男性などを多数みかける。

・・・が、大阪で、反昏睡状態、目がすわって本当にわけのわからなくなっている酔っ払いを見ている筆者にしてみれば、まだまだ彼らは、酔っ払ったフリをしているだけのようにもお見受けする。

またプリムといえば貧しい人々への献金である。

ユダヤ教では、貧しい人々への献金は、「ミツバ」と呼ばれるよい行いの一つで、義務であると同時に、健康長寿、家に繁栄と祝福をもたらす鍵であると教えられている。聖書の教えに基づき、互いに贈り物をするプリムでは、特に貧しい人々への献金が強調されることになる。

高名なラビ宅では、この時期になると、貧しい人々が殺到するようにして訪問し、順番まちしてラビに面会し、自分の苦境を切々と訴える。

すると、ラビは、財布を取り出し、その人々に支援金を差し出すのだが、少ないと、貧しい人々は「もうちょっと」という顔と、さらなる苦境の訴えをはじめる。するとラビはしぶしぶ・・・という顔はせず、財布からもう一枚・・・紙幣をだす・・・のである。

プリムの直前になると、派手な制服をまとった7-8人の若者たちのグループを街でみかけるようになる。若者たちは派手な制服と帽子という出で立ちで、ラビたちの家を訪問して回る、いわば、「献金あつめます軍」である。

ユダヤ教では、毎年プリムになると、特に緊急に支援が必要な家族が指定され、皆はその人々のために献金をすることになっている。今年は4000家族だという。この献金集め軍は、特にラビたちの家々を回って献金を集めるよう、選ばれた若者たちである。

当然、若者たちは、日本人のように、「献金していただけますか」といった低姿勢ではない。無愛想にやってきて、「出せ」という感じである。

かなり派手にやってくるため、誰の目にもどのラビの家に入ったかは明らかで、派手に献金を出さざるを得ないようになっている。額が少ないと若者たちは家を去らない。

ドキュメンタリー映画「ハッピー・プリム」によると、若者たちが集める額は、50万シェケル(約1500万円以上)にのぼるようである。

ラビの妻たちもまた、若者たちにふるまうクッキーなどスイーツのバスケットを用意している。弟子たちにもそれぞれ贈り物を出さなければならない。ラビたちにとっては、なかなかの出費の時期と言えるだろう。

ドキュメンタリー「ハッピー・プリム」トレイラー https://www.youtube.com/watch?v=hGxE-tbZlt4

では、そのラビたちはどこからお金を得るかだが、ユダヤ教では、エルサレムに住んでいるだけで特別なので、そのエルサレムの、ましてラビを助けることは、ディアスポラ(海外在住ユダヤ人)の「ミツバ」と考えられている。

エルサレムのラビたちは、献金を受けて、それをまた献金として押し流す、というしくみなのである。従って、ラビから受け取る人も、感謝・・・というよりは、まあもらうことがあたりまえ・・・ということである。

関心したのは、貧しい家族への献金の届け方である。エルサレムでは、献金は、プリム当日に届けられることになっている。

集める時は相当派手に集めるのだが、献金を届ける時は、一人がこっそり、なるべくわからないようにその家に行く。受け取る方は、扉を10センチぐらい開いて、手だけを出して、封筒を受け取る。貧しい人の顔は一切見えない形になっている。渡す方もさっさと渡して、そのまま帰るだけだ。

欧米などキリスト教系のチャリティの場合、受け取った人の写真をとって、献金者に”結果”として送る必要のある場合が少なくないが、ユダヤ教のやり方はまったく逆であることを理解しておく必要があるだろう。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/226423

いずれにしても、ハッピー・プリム。エルサレム、また世界中のユダヤ人の上に主の守りと祝福があるように祈ろう!
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫