ユニークな国イスラエル 2017.1.20

 2017-01-20
イスラエルは、非常に多様な国で、古きものと新しきものが同居する国である。興味ふかい話題を3つ。

1)50年後までに3人に1人は超正統派になる!?

超正統派ユダヤ教徒は、近代においても中世さながらのユダヤ教律法に忠実であろうとするグループである。一組の夫婦が4-5人の子供達を出産するため、その人口増加率は、一般のユダヤ人家庭よりも多い。

国家統計局によると、50年後の2065年には、イスラエルの総人口は2500万人となり、その3人に1人は超正統派になると推測されている。

なお、2017年初頭での人口は、2%増加して863万人。昨年中に生まれた新生児は18万1000人。移住者は2万4000人。移住以外に理由でイスラエルに新たに住むようになった人は1万2000人。

ユダヤ機関(上記中央統計局データとは異なる)によると、移住者は、一昨年3万1000人であったのが、昨年は27000人と大幅に減少していた。

移住元で、最も多いのはロシアから、続いてウクライナなど旧ソ連地域、フランス、アメリカとなっている。いずれも、昨年は減少傾向に転じていた。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4900347,00.html

2)世界一の太陽発電塔

イスラエルはネゲブ砂漠の厳しい太陽熱を利用する広大な太陽発電所を建設している。250メートルに及ぶ世界一高い太陽発電塔があり、パネルは5万枚に及ぶ。2018年の予定。

このプロジェクトでできるエネルギーは、310メガワットで、全国の1.6%、13万世帯、全人口の5%の電力消費をカバーする。さらに電力をつくるだけでなく、太陽が沈んだあとも電力を蓄えることができる。太陽電池の研究も進められている。

この発電所が予定通り、2018年に完成すれば、国際的にも、CO2削減に貢献できる。イスラエルでの太陽熱は、非常に強力なので、今後さらに有効利用できると目されている。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4903722,00.html

3)イスラエル軍の戦闘用ロボット

イスラエル軍では、6ヶ月前から、歩兵部隊に戦闘用ロボット”ロニ”が配属されている。働きは主に、様々な地形を乗り越え、危険なトンネル内や、テロリストがいそうな家々に入って行って、探査することである。

ロニが行くことで、人間の兵士がこうした危険な任務を負わなくてもすむようになる。ガザとの戦闘では、トンネルや家々を探査する任務で多くの兵士が命を失い、ガザ市民を死亡・負傷させてしまうなどの課題も浮き彫りとなっていた。

イスラエル軍では、あらゆる失敗を無駄に終わらせることなく、必ず実質的な改善が行なわれている。このようにして、常に軍事技術を進歩させている。まさにイスラエルでは失敗こそが前進の母になっているようである。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4907117,00.html
タグ :

アザリア軍曹有罪判決でイスラエル分裂騒動 2016.1.9

 2017-01-09
昨年3月、ヘブロンですでに撃たれて瀕死となっていたパレスチナ人テロリストに、改めて発砲し、死にいたらしめたエロール・アザリヤ軍曹(20)の行為について、裁判が続けられていたが、先週水曜、”故殺剤”にあたるとする有罪判決が出た。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4902894,00.html

*故殺:計画性がなく、一時の激情で殺意を生じて殺人に及んだ場合の殺人

アザリヤ軍曹の弁護団は、アザリア軍曹は瀕死になっていたパレスチナ人テロリストが、自爆しそうな動きをしたと判断し、新たな犠牲者を出さないために発砲したと主張していた。

一方、イスラエル軍は、軍曹が発砲したのは、テロリストが撃たれてからすでに数分が経過してからのことで、自爆のおそれがないことは確認されていた。すでに無害になっている人間に発砲することは、イスラエル軍の規範に反すると主張していた。

その後、激しい論議の中で、裁判が続けられてきたのだが、最終的に先週水曜、このパレスチナ人は、最初の銃撃ではなく、アザリヤ軍曹の発砲で死亡していたとして、アザリア軍曹は”故殺罪”にあたるとの判決が出されたものである。

これを受けて、400人あまりが、テルアビブのイスラエル軍本部前で、判決に不服を申し立てるデモを行った。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4902933,00.html

デモ隊の一部は、過激右派で知られるサッカーチーム・エルサレム・ベイタールのサポーターらで、イスラエル軍のガビ・エイセンコット参謀総長の暗殺をほのめかすような挑発を叫んで、少なくとも4人が逮捕される騒ぎとなった。

すると今度は土曜夜、テルアビブで、こうした挑発に反対し、イスラエル人は分裂するべきではないと訴えるデモ集会が行われ、数千人が参加した。

このデモには、ガザで重傷を負った元兵士や、2014年に16歳の息子を失った家族なども参加していた。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4904285,00.html 

また、歴代参謀総長を務めた5人が、国の判決に反して挑発的な行動と取る行為には反対するとそろって表明した。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4904425,00.html

しかし、日曜のテロ事件で、兵士たちが戦わず、ちりじりに逃げたのは、アザリア軍曹の例から兵士たちが発砲に躊躇したためではないかとの見方がある。
タグ :

ハイファの化学工場が大火事 2016.12.26

 2016-12-26
先月、大規模な山火事(527棟焼失)が発生したばかりのハイファだが、25日日曜、ハイファ港に近い化学工場のガソリン精製工場で大規模な火災が発生した。

火は大きく炎上し、黒い雲が北方へ流れた。有害物質の危険性があったことから、ハイファ北部の地域の住民は一時屋内へ入るよう指示が出された。火は消防士40人によって、約10時間後に消し止められた。原因は不明だが、テロとの見方は今のところない。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4898102,00.html

タグ :

強制撤去に備える入植地アモナ 2016.12.17

 2016-12-17
入植地に好意的なアメリカの大統領や大使が、見えてきているが、イスラエルでは、最高裁の裁定に従い、西岸地区入植地アモナ(住民約200人)をまもなく強制撤去する。

西岸地区の約4000戸を合法化するための正常化法案を国会審議にかけて、やがては法律にするという大きなビジョンを実現するため、右派勢力と政府との交渉が行われた。

最終的には、正常化法案を国会審議に乗せる変わりに、2年前からすでに最高裁から違法との判決を言い渡されているアモナの撤去だけは予定通り実施することになった。

政府は、アモナ住民に対し、もし自主的に撤退するなら、今と同じ丘の上だが、所有者が不明な場所に一時移動できるようにとりはからい、その後定住する場所を提供すること、またそれぞれに補償金を払うなどの条件を出して交渉した。

しかし、金曜朝、アモナ側はこれを拒否すると発表した。アモナ住民は、全員宗教シオニストである。エルサレムを含むユダの山々はユダヤ人の土地であると信じてゆずらない。また彼らの主張によれば、土地は購入した土地である。おとなしく撤退する理由はないのである。

撤退期限は12月25日。それまでには撤退を完了していなければならない。今週安息日明けにもイスラエル軍兵士らが来て、ガザ地区のように強制撤退が実施される可能性がある。

アモナでは、住民ではないが、アモナに同調する若者たちが集結している。撤去に来るイスラエル軍が入れないよう、妨害物を並べ、また仮設住宅を破壊できないよう、屋根の上に立つなどして、抵抗する準備を進めている。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4894006,00.html

<ネタニヤフ首相からアモナ住民へ>

ネタニヤフ首相は、アモナ住民に対し、メッセージを送った。それによると、政府は、どうやったらアモナ住民をそのままにしておけるか、審議を繰り返したが、合法的にそれを実現する案は出なかった。

イスラエルは法治国家であるため、最高裁の裁定には、政府を含めすべての国民が従わなければならないと理解を求めた。

ネタニヤフ首相によると、法治国家としてイスラエルは民族に関係なく違法な住居は撤去するという方針を強調するため、イスラエル国内のアラブ人違法住宅の強制撤去も支持したとのこと。

また、撤去に来るイスラエル軍兵士たちは、私たちを守る息子たちであるから、彼らを傷つけないよう要請し、今は兄弟として、一つになるときであると訴えた。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4894043,00.html
タグ :

今年も渡り鳥来訪 2016.12.17

 2016-12-17
イスラエルは、ロシアとアフリカ大陸を行き来する渡り鳥の中継地点である。毎年550種類、5億羽もの渡り鳥がイスラエルでしばし休憩していく。エイラットとイスラエル北部のフーラ湖に、アガモン湖がそのメッカである。

暗いニュースが続く中、今年も48000羽ほどの灰色サギがやってきているという。近くの畑を荒らされないよう、イスラエルは、750トンもの鳥の餌を与えている。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4893977,00.html

最近では、イスラエルが居心地良くなり、そのまま居ついてしまうものもいるという。

http://www.timesofisrael.com/why-israel-is-a-pilgrimage-site-for-birds-and-birdwatchers/

<石のひとりごと>

エルサレムはここしばらく、雨が続き、石造りの家はかなり寒くなった。シャワーのお湯はぬるく、腹がたつほど寒い。ふと、マイナス5度で毛布もなく暖かい食べ物もないシリアの人々を思ったら、寒くなくなった。

ヤフーメールが止まってしまった。なんとかするのに2日ついやしたが、なおらなかった。ふとシリアの人々を思ったら、こんなことでパニックになるのは、ばかばかしいと思った。

アレッポから脱出するバスの群れは今も停止したままだ。トイレはどうしているのだろう。生理中の女性はどうしているのだろう?寒さの中で下痢をしてしまった人は?それよりも足や手がちぎれているのに麻酔もない人は。。。?

シリアの人々のことを思えば、エルサレムでは、感謝こそすれ、不平不満をいうことなどいっさいないなと思わされているこの頃である。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫