FC2ブログ

ネタニヤフ首相起訴決定:免責法案取り下げにより 2020.1.29

 2020-01-29
ワシントンでトランプ大統領とともにいるネタニヤフ首相は、28日、国会に提出していた免責法案を取り下げると発表した。

ネタニヤフ首相がこの法案を取り下げると、マンデルビット司法長官は同日28日、エルサレム地方裁判所に、ネタニヤフ首相を、贈収賄、詐欺、背信の罪で起訴した。現職首相、しかもイスラエル史上在職最長の首相が、これらの罪で起訴されるのは、イスラエル史上初である。

ネタニヤフ首相が、免責法案を取り下げたのは、国会が、ネタニヤフ首相の免責法案を拒否する権限を持つ調査委員会を立ち上げる数時間前のことであった。おそらく、国会で免責法案をはでに拒否される茶番を避けたものと思われる。

この委員会については、青白等のガンツ氏が加わる予定であった。ガンツ氏は、ネタニヤフ首相の免責法案取り下げを受けて、「3つの罪で裁判に立つ者が国を運営することはできない。」と述べた。

https://www.timesofisrael.com/netanyahu-indicted-for-corruption-in-three-cases-in-first-for-a-sitting-pm/

「公職に対する公の信用を落とした」「賄賂をとって、職権を乱用した」などとされる起訴内容は以下の通り。

①ケース1000:ハリウッド関係者などから70万シェケル(250万円相当)の品を受け取り、ビジネスの便宜を図った。(背信罪)

②ケース2000:新聞イディオト・アハロノトに自身に肯定的な記事を出す見返りにライバル社より優遇措置をとった。(背信罪)

③ケース4000:通信会社ベゼックに18億シェケル(540億円)相当の利益を生み出すような利便をはかり、その見返りとして、ネタニヤフ首相に有利な記事を書かせた疑い(収賄)*最も深刻とされる

*起訴(Indict)と判決(Accused)の違い

起訴ということは、相当確実とみられる罪状についての訴えがなされたということで、まだ罪人として決定されたわけではない。問題は判決がどうなるかである。可能性は低いとされながらも、無罪となる可能性もまだ残されている。

起訴された結果、無罪になれば、ネタニヤフ首相は文字どおり、無罪放免である。しかし、有罪とされた場合、収賄なら10年以下の禁錮刑か、相当する罰金。もし、詐欺と背信であれば、3年以下の禁固刑となる。ここまで来てはじめて、ネタニヤフ首相が退陣を余儀なくされることになる。

https://www.ynetnews.com/article/SkdXPPV2r
カテゴリ :イスラエル国内ニュース トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ネタニヤフ首相汚職問題:28日首相免責法案関連委員会立ち上げを国会で審議 2020.1.28

 2020-01-28
先月、マンデルビット司法長官は、ネタニヤフ首相を、汚職、背任などの罪で起訴すると発表。これにより、ネタニヤフ首相には、国会で、首相には免責が認められるとする法案を提出する期間が定められ、その期間内に、ネタニヤフ首相は、免責法案を出すかどうかを決めることができる。

もし法案を提出しなければ、ネタニヤフ首相の起訴は、すぐにも可能になる。もし出した場合、国会がこれを承認すれば、ネタニヤフ首相の起訴はなくなるが、国会がもしこれを拒否すれば、ネタニヤフ首相は起訴される運びとなる。

こうなると、今の国会での票が問題になるが、ネタニヤフ首相を支持する右派政党とユダヤ教政党を合わせた右派ブロックは、過半数の61票には届かない。ネタニヤフ首相が法案を提出しても、これが承認される可能性は低いわけである。

しかし、ともかくも、ネタニヤフ首相は、期限ぎりぎりになり、法案を提出。これに対し、国会では、まずは、委員会を立ち上げるかどうかの議決が行われることになった。

この委員会は、ネタニヤフ首相の免責法案を拒否する権限を持つとされ、この委員会がその拒否案を実行するまでは、司法長官は起訴することができないとされる。

このため、リクードは、少なくとも3月2日の3回目総選挙まで、この委員会の立ち上げを遅延させ、起訴されてない状況でネタニヤフ首相が選挙に臨めるようにと努力した。しかし、結局、明日28日に、この議決が行われることになったものである。

*イスラエルの国会での免責システムは、非常に複雑で、ここに記したものは、おおまかな情報であるとご理解いただければと思う。

https://www.timesofisrael.com/netanyahu-mulling-pulling-immunity-request-as-knesset-pushes-ahead-report/

<石のひとりごと>

トランプ大統領は、旋風を巻き起こしながら、だんだん聖書的な動きになりつつある。たとえ、それが票獲得のためだったとしても、結果的には聖書に忠実な動きになっていることは聖書の読者なら否定できないだろう。

それはまた、この動きを妨害しようとする力もまた半端なく大きいというところからも察せられる点である。トランプ大統領と、ネタニヤフ首相を政治的に支持するわけではないが、2人とも不思議に弾劾の危機に立っている。

また、ISが、いよいよイスラエルに目を向け始めた。聖書的価値観陣営と、そうでない陣営の対立が明確になってきているようでもある。

世界は、気候変動の過渡期にあり、また、巨大な山火事に大きな地震(ここでは上げてないが、今週、トルコで大地震が発生し、死者も多数)も各地で発生している。何度も書いているが、いよいよ聖書のいう終末が近づいているのではないだろうか。
カテゴリ :イスラエル国内ニュース トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

エルサレムの日常 2020.1.20

 2020-01-23
以下は、フォーラムが始まる直前のエルサレムの様子です。イスラエル内外は非常に混乱する中、これほどの大きなイベントをやり遂げることができるのは、イスラエルぐらいでしょう。

正式な政府なし状態が1年と内政は混乱、イラン問題など、イスラエルをとりまく情勢もかなり厳しいが、エルサレムの日常は相変わらずである。金曜安息日入りの前のシュック(市場)は、身動きとれない超満員。安息日のパン、おいしい野菜、果物、肉類と祝福溢れる賑やかさだった。

土曜の朝は、バスも電車も止まる安息日。曇り時々雨だったが、通りには、祈りの書やタリートを手にシナゴーグへ行く男性たちや家族づれが歩いていた。ユダヤ人が、ユダヤ人らしい服装で、安息日に堂々とシナゴーグへ行けるのは、イスラエルぐらいだろう。

メシアニックのコングリゲーション、エルサレム・アッセンブリーの礼拝も会堂いっぱいだった。老若男女子供たちと300人以上はいただろう。ユダヤ人と、世界の四隅から来ているとみられる異邦人、白人、黒人、黄色人、皆がヘブライ語で賛美し、共に礼拝を捧げた。

午後は、あいにくの天気とあって皆が休んでいるのか、車もほとんど走らず、静まり返っていた。本当にリラックスする安息日だった。

ニュースは緊張いっぱいだが、実際に全国を巻き込むような戦争にならない限り、エルサレムの日常は、たいがい、このようなであると思っていた頂ければと思う。

<エルサレム旧市街とヘブロンで衝突>

とはいえ、これもまた、日常化してしまっている旧市街のパレスチナ人関連の騒ぎがなかったわけではない。金曜朝、神殿の丘で、イスラム教徒約8000人が、祈りの後、ユダヤ人に挑戦するようなシュプレヒコールを上げたため、治安部隊がまもなくこれを取り押さえた。

https://www.timesofisrael.com/muslims-chant-about-killing-jews-outside-jerusalems-temple-mount/

土曜午前中、旧市街のダマスカス門では、パレスチナ人の女性(50代)が、ナイフテロを試みて逮捕された。警備隊員が軽傷を負った。大事のようだが、瞬時に片付いて、すぐに何もなかったかのように日常に戻る。観光客は何事がおこったかもしらないまま、ガイドに連れられて旧市街を歩いていたと思われる。

エルサレムではないが、上記事件の午後、ヘブロンでは、マクペラの洞窟で、ユダヤ人(22)がパレスチナ人に刺されて中等度の負傷となった。こちらも現行犯逮捕となった。

https://www.jpost.com/Breaking-News/Stabbing-attempted-at-Cave-of-the-Patriarchs-report-614539

ヘブロンでは、先月、ベネット防衛相が、ヘブロンの元パレスチナ人マーケットをユダヤ人の家屋にする許可を出してから、緊張と今回の事件のようなことが、続いているという。これもまた、悲しい、また困った日常になっているようである。

<国際アウシュビッツ解放75周年記念式典:22-23日>

エルサレムのもう一つの日常は、時折世界の首脳がやってきて、市内のあちこちが遮断され、市民の足が混乱するということ。

来る23日には、ヤドバシェム(ホロコースト記念館)で、アウシュビッツ解放75周年の記念式典が予定されている。今回は75周年とあって、イスラエル史上最大、世界のそうそうたる首脳46人が出席する。

首脳たちは、プーチン大統領、ペンス米副大統領、マクロン仏大統領、イギリスのチャールズ皇太子、ドイツのステインメイール大統領、ウクライナのゼレンスキー大統領、ベルギーのフィリップ国王、オランダのウイレム・アレキサンダー国王、ノルウェーのハアコン皇太子、スペインの国王フィリップ4世,
ルクセンブルクのヘンリー大公

この他大統領の出席は、アルバニア、アルメニア、オーストリア、ベラルーシ、ボスニア、ブルガリア、クロアチア、フィンランド、ジョージア、キプロス、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、モルドバ、モンテネグロ、北部マセドニア、ポルトガル、ルーマニア、セルビア、スロバキア、スロバニア

首相は、チェコ、モナコ、スェーデン その他代表は、カナダ、欧州共同体、バチカン。また、トランプ大統領の弾劾を主張する民主党のナンシー・ペロシ下院議長が出席する。ホロコーストといえばポーランドだが、式典でスピーチできないことを理由に欠席すると申し入れてきた。

相当なセキュリティであることはお察しいただけると思う。22-23日、エルサレム市内の交通はかなり不便になる。これもまたエルサレムの日常である。この日の様子は現地からお伝えする予定。テロなどからしっかり守られるよう、祈られたし。
カテゴリ :イスラエル国内ニュース トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

記録的大雨続くイスラエル:全国でこれまでに5人死亡 2020.1.9

 2020-01-09
イランとアメリカの対立でニュースがいっぱいになっていたころ、イスラエルでは記録的な大雨で、死者が3人も出ていた。年末からすると5人に上る。

<テルアビブ:停電のエレベーター中で2人溺死>

先週から全国的に、豪雨が続いているイスラエル。12月末の大雨による北部ガリラヤ地方での洪水で2人死亡したのに続いて、4日、テルアビブでは2時間に71ミリという50年に一度ともみられる大雨となった。

この時、駐車場のエレベーターに乗っていたカップル、スタブ・ハラルさん(25)とそのパートナーのディーン・ヤコブ・ショシャニさん(25)が、突然の停電で中に閉じ込められたところへ、中に水が流れ込み、2人とも溺死するという悲惨な被害となった。レスキュー隊が到着するまでに60-90分かかったため、間に合わなかったという。

https://www.i24news.tv/en/news/israel/1578154737-tel-aviv-inundations-see-two-drown-in-flooded-elevators

日本では大きな雨量ではないかもしれないが、通常乾いた国であるイスラエルには、十分な排水システムがないのである。

<ナハリア:他者を救出しようとしていた男性1人死亡>

雨はその後も降り続いており、レバノンとの国境近く、地中海に面するナハリアで、町は中心を流れる川が、大雨を全部吸収できず氾濫して、市内が洪水となっている。

ナハリアでは、軍が水中でも動ける軍車両やボートで、洪水で孤立した人々の救出にあたっている。小学校では、小学生たちが孤立してしまい、親が迎えにいけなかったため、こちらも軍が救出にあたっている。

この中で8日、モティ・ベン・シャバットさん(38)が、水の中でひっくりかえっている車の中にいる人を助けようとして、自分が流水に流されてしまった。男性は後に遺体で発見された。モティさんが助けようとした車の中にいた人々は全員無事に救出された。

アシュドドでは、停電でエレベーターが止まり、中に閉じ込められる人が多数、救出を求める電話をかけてきているという。ハイファ近隣のクラヨットに住む友人からも、周辺道路が冠水している様子が送られてきた。

雨は今週金曜から土曜朝まで続くと予想されている。

https://www.timesofisrael.com/man-killed-in-nahariya-flood-as-heavy-rains-swamp-north/
カテゴリ :イスラエル国内ニュース トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

2020年:祝福されているイスラエル 2020.1.4

 2020-01-04
<人口増加>

周辺治安情勢は緊張しているが、イスラエルの人口は2018年から1.9%増加して914万人となった。うち、ユダヤ人は、74.1%の677万人。アラブ人は、21%で191万人。

昨年中に生まれた新生児は17万7000人。イスラエルの総人口に対する新生児数と同じ割合で、日本で新生児が生まれたとしたら、228万人が生まれたことになる。それが日本ではわずか86万4000人であったことを思えば、イスラエルの出生率の高さと、日本の危機的状況が見えてきそうである。

さらにイスラエルでは、移民が3万4000人であった。イスラエルの人口は増える一方である。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/274021

ただし、今冬を迎え、イスラエルでは、悪性の風邪が流行している。すでに15人が風邪で命を落としたとのこと。

ネタニヤフ首相が、兼務していた健康相のポジションを超正統派政党のリッツマン氏にゆずったのだが、その超正統派の黒服のリッツマン氏が健康相として、風邪のワクチンを受ける写真が報じられていた。

普段は、科学とは無関係な超正統派が、医療科学の重要な健康相になっていることもあいまって、なんとも不思議な光景である。

https://www.jpost.com/Israel-News/Flu-death-toll-rises-to-15-vaccines-still-in-short-supply-612855

<海外からの投資増加>

イスラエルのスタートアップによる高い技術力に、世界は競うように投資をしている。Times of IsraelがPwcIsraelのデータとして伝えたところによると、過去10年で、海外から様々な形でイスラエルのスタートアップに海外の会社が投資した額は、700億ドル(約7兆円4000億円)にのぼっていた。

その分野は、自動運転から、半導体、加工業、医療技術、ナビアプリまで様々な分野に及んでいる。

投資で最大だったのは、アメリカのインテルが、2017年にイスラエルから購入した自動運転技術で、153億ドルだった。4位は中国で、2016年に、オンラインゲームを44億ドルで購入している。

https://www.timesofisrael.com/celebrating-innovation-startup-nations-10-biggest-tech-deals-of-the-decade/

とはいえ、これで国民全体が裕福になったわけではない。貧困層はあいかわらず貧困である。

<ヤブネで金貨発見>

これは象徴的と言えるかもしれないが、昨年末、テルアビブに近いヤブネで、7-9世紀、イスラム帝国時代の陶器師の作業場とみられる場所で、金貨7枚がみつかった。金貨は小さなつぼに入っていたという。

イスラエル考古学局は、このコインは、陶器師が個人的にためていたものではないかと語っている。ちょうどハヌカの最中の発見であったため、タイムリーな贈り物だと考古学者たちは言っている。

https://www.timesofisrael.com/ancient-piggy-bank-of-gold-coins-uncovered-in-yavne-dig/

上記記事の続きになるが、エゼキエル書38章には、イスラエルに敵対するチームがイスラエルに攻め込んでくるのは、イスラエルが祝福されて安心している時とされているので、これもまた、その状況を容易に連想させる状況である。
カテゴリ :イスラエル国内ニュース トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ネタニヤフ首相:不起訴特権を国会議長に申請提出 2020.1.4

 2020-01-04
こうした国外の状況の中、イスラエルの政権がまだ決まらないというのもなんらかの理由があるのだろう。しかし、かなりの紆余曲折がある中、ネタニヤフ首相がしぶとく残りそうな気配がまだ続いている。

12月26日のリクード内党首選挙で、圧勝したネタニヤフ首相。予想されていた通り、1日、エデルステイン国会議長に対し、首相の追訴罷免法案を提出。自分の汚職に関する追訴から解放された後には、今後何年先までも首相として国に支えていく意向を表明した。

しかし、これは法案なので、本来なら国会で議論され、投票が行われて決められることになる。しかし、それを審議する国会が、昨年12月11日に解散してしまっているので、基本的には、3月2日に予定されている3回目総選挙までは、これを審議することはできないということになる。

今すぐ審議を行うなら、ネタニヤフ首相が、司法庁から起訴されている汚職など3つの罪で有罪となる可能性は高い。しかし、3月2日の総選挙まで待つとなると、選挙結果がどうなるかで、ネタニヤフ首相が、不起訴になる可能性が出てくる。

法案を受領したエデルステイン議長は、審議を3月まで待つ可能性を示唆している。言い換えれば、1月にも始まるとされていたネタニヤフ首相の訴追も3月2日以降まで先延ばしにされるということになる。

ライバルの青白党は、すぐにも審議を始めたいとの構えで、もしエデルステイン議長が、もし審議を先延ばしにするなら、国会議長を交代させることも考えているという。青白党は、国民に対し、これは、「ネタニヤフ王国」か、「イスラエル国家」の選択だと皮肉る声明を出した。

https://www.timesofisrael.com/blue-and-white-may-try-to-oust-speaker-if-he-stalls-on-pm-immunity-report/

なお、テレビ局が行った世論調査によると、リクード党首選後のネタニヤフ首相の支持率は、1議席あがったものの、青白等と互角。ネタニヤフ首相がまとめあげたユダヤ矯正等と右派政党の右派ブロックに、もし極右政党を入れた場合、ネタにタフ首相を支持する右派勢力は、57議席。(チャンネル12)

一方、青白党と左派勢力、アラブ政党など左派勢力は、56議席でどちらも過半数ではない。

今後、ネタニヤフ首相の右派ブロックを形成している党がとう出るのか、アラブ政党はどう出るのか、またどちらにもついてない右派イスラエル我が家党のリーバーマン氏がどう出るかで、次回の選挙の行方が変わってくるので、現時点ではまだなにも言えないというのが現状である。

https://www.timesofisrael.com/polls-indicate-no-drop-in-support-for-netanyahu-after-immunity-request/
カテゴリ :イスラエル国内ニュース トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫