FC2ブログ

ネタニヤフ首相在任13年で最長を記録 2019.7.23

 2019-07-23

GPO.jpg

ベン・グリオン首相とネタニヤフ首相:写真 GPO

20日、ネタニヤフ首相は、在任13年(1996~1999、2009~現在)となり、故ベン・グリオン首相を超えて、イスラエル史上最長の現役首相となった。

Times of Israelは、6年前に、ネタニヤフ首相本人が、イスラエル人気のお笑い番組エレツ・ネエデレットに、ネタニヤフ首相のものまね芸人と並んで出演したときのことを記事にした。

その番組の中で、ネタニヤフ首相ものまね芸人が、本物ネタニヤフ首相に、「ベン・グリオン首相は、イスラエル建国で記憶され、ベギン首相は、エジプトとの歴史的な和平条約を実現と記憶されている。ネタニヤフ首相は、どのように人々に記憶されると思うか」と聞いた。

芸人が、すかさず、「平らなプリッツェルがイスラエルに出回ったこと!」とボケを入れたが、その後、ネタニヤフ首相本人は、「イスラエルの治安を守った。」と答えた。

https://vimeo.com/64172850

確かに、ネタニヤフ首相の指導下、過去10年、毎年経済が成長して、失業率も低下し、イスラエルは止まることなく繁栄を続けた。イスラエル独自のイノベーションで世界に貢献し、それによって、湾岸諸国を含む世界諸国との関係改善にも成功している。

しかし、パレスチナ問題や、イラン問題など大きな防衛問題については、歴史に残るような大きな動きには出なかった。それがよかったかどうかは別として、この13年の戦死者数や、テロによる犠牲者数は、記録的に低下した。

これは筆者の感想だが、ネタニヤフ首相は、ビジネスあがりであるせいか、誇りやプライドではなく、実質、どこにイスラエルにとっての益があるのかにこだわっていたように思う。そのため、状況に応じて政策をころころ変える傾向にあった。いったん強気に発言しても、後に実行しないことが多い首相であった。

これを悪くとることもできるが、実際のところ、口で言うほど大きな政策や、戦闘に出なかったことは、逆に幸いであったといえるかもしれない。

https://www.timesofisrael.com/netanyahus-israel-divided-over-the-legacy-of-its-longest-serving-pm/

たとえば、昨今、ガザからの攻撃が続いてはいるが、それに対して、大きな武力を行使してこなかった。南部住民からの不満は噴出しているが、実際のところ、あえて大きな軍事衝突を避けたことで、国としての人的物的損害は最小限におさえられたといえる。

また、ネタニヤフ首相の13年で、もう一点をあげるとすれば、故アリエル・シャロン氏首相の時代に、最大右派政党リクードが、いったん弱小政党にまで落ち込んだが、それを元の右派政党代表の座に戻した点である。

たとえば、新党ブルーアンドホワイト(中道左派)では、ガンツ元参謀総長が党首であるからこそ、成り立っている。しかし、リクードは、いまや、”右派政党”としての地位を取り戻しており、だれが党首になったとしても、有権者は右派政党としての認識で、リクードに票を投じるようになったと言われている。

https://www.haaretz.com/israel-news/.premium-netanyahu-surpasses-ben-gurion-as-longest-serving-israeli-pm-but-what-s-his-legacy-1.7537760

とはいえ・・・様々な成果は、これまでの首相がとってきた政策の刈り取りをしているだけだという見方もあるし、13年も首相でいられたのは、副首相を立てず、リクード内部に出てくるライバルを抑えて、独裁的な政治運営をしてきたからだとの指摘もある。

また、ネタニヤフ首相自身が、今直面している汚職問題も深刻である。多くのイスラエル市民の話を聞くと、ネタニヤフ政権について、あまり好意的な評価は出てこないというのが現状である。9月の再総選挙で、ネタニヤフ首相の評価が再度問われるところである。

<石のひとりごと>

イスラエルの記事を追い始めて約20年、ネタニヤフ首相、バラク首相、シャロン首相、オルメルト首相、再びネタニヤフ首相を追いかけてきた。これらの中で、筆者が、第三者の目で見ても、特に「イスラエルを守る」という、すさまじい執念を感じたのは、シャロン首相と、ネタニヤフ首相であった。

シャロン首相は、軍人上がり。まさに有言実行。神出鬼没の政治手腕で、パレスチナ側からも恐れられていた。

シャロン首相は、2000年代初頭に第二インティファーダ、国内のテロで、市民1000人近くの犠牲者を経験し、今問題の、分離壁の建設を実行した。2005年にはガザからのイスラエル完全撤退も遂行した。

このガザからの撤退がよかったのか悪かったのかは、いまだに論議が続いているところではあるが、シャロン首相としては、イスラエルを守ることに命をかけているという気迫を証明したような出来事であった。

一方、ネタニヤフ首相はビジネスあがり。これまでの治世13年間に、シャロン首相の時のような大胆な政策はなかったが、したたかにイスラエルを守り抜くという点においては、シャロン首相とはまた違う執念を感じさせられた。

今年9月に再総選挙になるが、再びネタニヤフ首相になるのか、別の人物になるのか・・いずれにしても、イスラエルを守ることへの執念のある人物になるようにと思う。
カテゴリ :イスラエル国内ニュース トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

国内ニュース3つ 2019.7.16

 2019-07-16
1)同性愛の”治療”発言で大論議

日本では、高齢者の備えが2000万円は必要との金融庁報告書に関して、日本中が政府を大バッシングし、様々な論議が未だに続いているが、イスラエルでは、先月に着任したばかりのラフィ・ペレズ教育相が、13日、同性愛者が、通常の性的嗜好にするためのセラピーを受けることを支持するともとれる発言をした。

これを受けて、国中に大論議が巻き起こった。

イスラエルは、中東一のゲイ・キャピタルと呼ばれるテルアビブを擁し、同性愛には寛大な国である。ペレズ氏のこの発言が出るやいなや、LGBTQグループだけでなく、全国の教師も立ち上がって、いっせいにこれに反する声をあげ、ペレズ氏に退任を求めるデモを行った。

ペレズ氏を教育相に指名したネタニヤフ首相も、同氏の発言をいさめるコメントを出した。

実際のところ、同性愛のセラピーについては、心理に及ぼす悪影響が懸念されるため、多くの国で禁止されている。イスラエルでは、今も国がこれを認めており、心理学者などが、希望者にセラピーを提供している。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5549714,00.html

予想以上の加熱ぶりに、ペレズ氏は、チャンネル13のインタビューに答えて、「私自身が、同性愛変換セラピーを受けた経験があったので、学生から、それについて聞かれた時に紹介しただけだ。セラピーを支持するとは言っていない。」と反論した。

ラフィ・ペレズ氏は、現在は、右派宗教シオニストの政党、ユダヤの家党の党首で、1992年には、西岸地区入植地に、ユダヤ教徒のための従軍前アカデミーを設立した人物。2010−2016年には、イスラエル軍のラビも務めたことがある。

https://www.timesofisrael.com/smotrich-education-minister-enduring-lynch-for-support-of-conversion-therapy/

ペレズ氏が、激しいバッシングを受けているの見て、ベツァレル・スモトリッチ交通相、ツファットのチーフラビを務める著名なラビ・シュムエル・エリヤフが、ペレズ氏に賛同すると表明した。

ラビ・エリヤフは、民衆に対し、「(ペレズ氏の言うことは)普通のことを言っている。家族は母親と父親でなりたっている。」と述べた。また、同性愛者たちは、手術やステロイドで性転換することについては、国や軍の助成を求めているのに、通常の性嗜好に転換するセラピーには反対していると指摘した。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5550480,00.html

2)エチオピア系ユダヤ人警官殺害は事故

6月30日、エチオピア系ユダヤ人ソロモン・テカさん(19)が、ハイファ近郊キリアット・ハイムで、非番であった警察官の銃撃で死亡した事件。この事件では、イスラエルの人種差別が原因だとして、エチオピア系住民らが大規模なデモを行い、警察隊と衝突して、双方から111人が負傷、136人が逮捕されるという事態になっていた。

この件について、警察が詳しい調査を行った結果、この警察官は、テカさんに向かって直接銃を放ったのではなく、足元の床を狙ったところ、弾が跳ね返って、ペカさんに直撃した、つまりは事故であったとの見解を発表した。

これを受けて、15日、裁判所が警察の報告を承認し、保釈金5000シェケル(15万円)でこの警察官を釈放。自宅軟禁とした。保釈の日、テカさんの家族やその支持者たちは、首相官邸前にて、警察が最初からこの警察官に対して甘い態度であったと抗議の声を上げた。

いずれにしても、19歳の息子を失った両親の悲しみははかりしれない。。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5550597,00.html

3)幼児虐待死の幼児園スタッフ:実刑17年

2018年の5月16日、ペタフ・ティクバの幼児園の女性助手のイナ・スキバンコ(23)が、1歳2ヶ月のヤスミン・ビネッタちゃんの上に座って電話をかけ、窒息死させていたことがわかった。

スキバンコは、2016−2018年にかけてこの幼児園で3−18ヶ月の子供たちを担当していたが、ヤスミンちゃんを殺害するまでにも、赤ちゃんを放り投げたり、蹴ったりする暴力行為を繰り返していたという。

14日、裁判所は、17年の禁固刑と、12万シェケル(360万円)を支払うとの判決を出した。ヤスミンちゃんの両親は、17年ではなく、60年は入るべきだと涙で訴えた。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/265995

これに先だつ7日、ローシュ・ハアインでデイケアを経営していたカーメル・マウダ(25)も、預かっていた子供達に殴る蹴るの暴力や、吐物を食べさせるなどの虐待行為を行っていたとして、逮捕されていた。マウダは、「暗黒の日々が続いて、サタンのようになっていた。」と言っていたという。

不思議なことに、この直後、マウダの家は、放火され、焼失した。放火犯としてパレスチナ人が逮捕されたが、容疑を否認している。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5545026,00.html
カテゴリ :イスラエル国内ニュース トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

エチオピア系ユダヤ人を警官が射殺:イスラエルにもある人種差別問題 2019.7.8

 2019-07-08

1e9bdccfaaa94367ac120d88853cca7e_18.jpg
写真出展:アルジャジーラ

6月30日、ハイファで、非番の警察官が、エチオピア系ユダヤ人のソロモン・テカさん(19)を射殺した。警察官は、自分の身に危険が及んだからと主張しているが、ソロモンさんとこの警察官は数十メートル離れたところに立っていたのであり、危険はなかったと主張している。

エチオピア系ユダヤ人たちは、警察官の心に黒人エチオピア人に対する人種差差別が原因だと訴え、全国で大規模なデモを行った。デモは各地で、警官隊との暴力的な衝突に発展。テルアビブでは主要道路が閉鎖され、かなり大規模な渋滞も発生した。

7月3日にも大きなデモが計画されたが、死亡したソロモンさんの家族が、ユダヤ教で定められている7日間の喪が開けるまで、デモを控えてほしいと要請したため、一旦、静まりをみせていた。しかし、喪が7日に終わることから、またデモが発生するのではないかとみられている。

しかし、遺族は、暴力的なデモは控えてほしいと訴えている。

家族は、イスラエルに移住してきたのだが、ここで息子を失うために移住してきたのではなかったとその悲しみを訴えている。

<社会の分断がイスラエルの課題>

イスラエルは、ユダヤ人の国ではあるが、ユダヤ人が多様であるために、社会は、多種多様な人種が同居する国である。イスラエルはその多様な社会を一つにすることにまだ成功していないといわれる。

たとえば、ロシアから移住した人は、イスラエル人になったとはいえ、ロシア語を話し、ロシアの価値観で、ロシア系ユダヤ人とだけ住んでいる。エチオピア系もしかりである。それぞれ厳しい迫害の歴史を歩んできているので、それぞれだけで集まるのも理解できるところである。

このため、イスラエルでは、多民族間の対話というこころみが続けられている。

こうした中、イスラエルでは、白人系が優位になりやすく、黒人など有色人種系ユダヤ人は貧しく、社会的に下に見られる傾向にある。特にエチオピア系は、単にユダヤ教に改宗しただけで、本当は、ユダヤ人ではないとの見方が根強く残っている。

https://www.timesofisrael.com/ethiopian-israeli-protests-reportedly-set-to-resume-after-pause/
カテゴリ :イスラエル国内ニュース トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

再総選挙に向けて:ネタニヤフ首相の挑戦は続く・・ 2019.6.26

 2019-06-26

93262655951591640360no.jpg
写真出展:ynet

4月の総選挙後、連立政権を立ち上げられなかったネタニヤフ首相。9月17日の再総選挙に向けて、様々な動きが伝えられている。その中には、再総選挙をキャンセルにする可能性まである。

24日、国会議長のユリ・エデルステイン氏から、「かなり難しいが、いったん公示された総選挙を法的にキャンセルすることが可能かもしれない。」と聞いたネタニヤフ首相が、「考えてみる」といった。これにより、ひょっとして選挙はキャンセルか?とのうわさが広がった。

またチャンネル12は24日、ネタニヤフ首相が、左派でライバルのブルーアンドホワイトのベニー・ガンツ氏に、主義主張の違いを超えた統一政権を立ち上げ、首相をローテーションする案を申し入れたと報じた。ネタニヤフ首相所属のリクードの支持率が下がっているための選挙対策とみられた。

しかし、リクードもブルーアンドホワイトも、すぐにこれを否定した。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5536746,00.html

しかし、これに先立ち、今回、ネタニヤフ首相の連立樹立を妨げたイスラエル我が家党リーバーマン氏は、リクードとブルーアンドホワイトがともに統一政権を立ち上げてでも、超正統派政党の政治への進出を食い止めるべきだと発言していた。

https://www.timesofisrael.com/liberman-well-force-govt-with-likud-blue-and-white-to-block-ultra-orthodox/

イラン問題に加え、政界への生き残りや、汚職に関連する問題など、ネタニヤフ首相が抱える問題は文字通り山積みである。
カテゴリ :イスラエル国内ニュース トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

テルアビブ:今年もゲイ・パレード25万人 2019.6.15

 2019-06-15

930704201001196640360no.jpg
写真出展:Ynet

ガザから約2キロ地点のスデロットでは、ロケット弾がイシバを直撃し、ガザとの戦争も懸念されているが、そこからわずか70キロほど北上した同じ地中海に面する町テルアビブでは、今年もゲイ・ウィークが行われており、14日(金)、そのハイライトであるゲイ・パレードが盛大に行なわれている。

様々な女装、または男装のゲイたちと、その支持者ら25万人が、「ゲイ・プライド・パレード」をマーチする。中東で最大のゲイ・イベントである。その様子は、ネットでも生中継されている。

半裸状態でビールを片手にセクシーなことをテーマにして、ステージに向かって飛び跳ねる様子は、どうにもシナイ山の麓で、モーセを待てずに堕落したイスラエル人を連想させられてしまうところである。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5524740,00.html

<エルサレムでもゲイ・パレード>

テルアビブに先立つ6月6日、エルサレムでもゲイ・パレードが行われた。

左派でリベラルを好むテルアビブと違い、エルサレムは、ゲイを認めないユダヤ教、イスラム教、キリスト教の聖地である。参加者は、3万人が予想されていたところ、1−1.5万人だった。

エルサレムでは、ゲイに反発する人々がおり、2016年には、シーラ・バンキさん(16)が、パレード中、出所したばかりの超正統派に刺されて死亡した。このため、イスラエル警察は、警備員を2500人配置して警戒態勢をとった。この日だけで、ナイフを持っていたなどで49人が逮捕されたが、全員翌朝には釈放されたとのこと。

パレードには、シーラさんの両親が、イスラエルは、多様性に寛容な社会であるべきと訴えて、参加していた。

https://www.timesofisrael.com/ten-thousand-march-in-jerusalem-pride-parade-under-heavy-security/

<法務相に初のゲイ/アミール・オハナ氏>

先週、ネタニヤフ首相は、今回の総選挙で国会入りできなかった新右派党のベネット教育相、シャキード法務相を解雇した。その後任がどうなるのか、注目されていたが、ネタニヤフ首相は、公にゲイと表明しているアミール・オハナ氏(43)を法務相に指名した。

同性愛者が堂々と閣僚入りするのは、イスラエル史上初である。しかし、オハナ氏はゲイとはいえ、日本でよく見る女装するタイプのゲイではない。イスラエルのゲイは、男性としての美しさをアピールするゲイが多く、オハナ氏も一見、普通の男性であり、ゲイにはみえない。れっきとした弁護士で、2015年から国会入りしていた。

オハナ氏は、先週開催されたエルサレムでのゲイパーレード(約1万人参加)に参加した。

左派でリベラルを好むテルアビブと違い、エルサレムは、ゲイを認めないユダヤ教、イスラム教、キリスト教の聖地である。エルサレムでのゲイ・パレードでは、「恥を知れ!」と言ったやじも飛んだ。オハナ氏は、自分が法務相になったことで、ゲイ社会への反発にならなければよいがと語っている。

オハナ氏は、汚職疑惑のネタニヤフ首相について、公にネタニヤ首相支持を表明している人物。言い換えれば、ネタニヤフ首相が味方を増やしたということである。

https://www.timesofisrael.com/netanyahu-appoints-loyalist-amir-ohana-as-justice-minister/
カテゴリ :イスラエル国内ニュース トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

総選挙やりなおし決定:混乱するイスラエルの政治 2019.6.5

 2019-06-05
F190304TNFF18-1024x640.jpg
写真出展:Times of Israel

4月9日に行われた総選挙の後、リブリン大統領に組閣を指名されたネタニヤフ首相だが、期限を2週間延長後の最終期限になっても過半数を超える連立政権を樹立することができなかった。原因は、イスラエル我が家等のリーバーマン氏が、超正統派の従軍に関して妥協をいっさいせず、連立に加わらなかったためである。

最終的に、ネタニヤフ首相は、国会を解散、総選挙を再度行うことを決めた。再総選挙は、9月17日。つまり、正式な政府が立ち上がるのは、早くても10月ということになる。それまでの間、国としての大きな決断はできない。

これは、外交、防衛においてかなり厳しい状況にあるイスラエルにとっては、非常に大きなチャレンジといえる。特に、今から新しくバーレーンでの経済ワークショップを皮切りに、いよいよアメリカの「世紀の中東和平案」が公表されると予測されていたが、またもや先延ばしになる可能性が高まった。

トランプ大統領は、ネタニヤフ首相がイスラエルの指導者であれば、この和平案が成功する可能性は高いとの認識を持っていたことから、イスラエルで再選挙になることについて、「ひどい。イスラエルの政治は混乱している。」と述べている。

ネタニヤフ首相は、再総選挙が無駄であると述べ、連立立ち上げを不可能にしたリーバーマン氏を、非難した。一方、リーバーマン氏は、ネタニヤフ首相を、「政治を個人のものにしている。」と非難した。

この政府たちあげの遅れが、逆にイスラエルを守ることになったかどうかは、後の時代が判断することになるだろう。

https://www.timesofisrael.com/why-israel-will-hold-a-second-national-election-in-2019/

<どうなる!?ネタニヤフ首相>

選挙による新しい連立政権が立ち上がらなかったことから、今までの政府が、暫定政権のような形で国を導いていくことになる。しかし、前政権で司法相、教育相を担っていたナフタリ・ベネット党首率いる新右派党は、今回の選挙では、最低議席数に必要な得票を得られず、国会から去るという事態になっていた。

ネタニヤフ首相は、シャキード法務相と、ベネット教育相を解雇すると発表した。

しかし、これは、ネタニヤフ首相にとってはリスクになりうる。ベネット氏は、9月の総選挙には出馬することを表明している。もし、次回の総選挙でリクードが、再度最多数議席を取って組閣を命じられたとして、もしベネット氏の党が国会入りを果たしていた場合、ネタニヤフ首相の政府に加わることはないだろう。

ネタニヤフ首相は今、リーバーマン氏のユダヤの家党に続いて、右派政党仲間をもう一つ失ったことになる。

9月の再総選挙では、結局ネタニヤフ首相のリクードが、ぎりぎりの議席数をとり、再び連立交渉に失敗するという可能性は残されている。しかし、そうなれば、それこそ、この総選挙は無駄だったということになる。

次の選挙では、ネタニヤフ首相が首相となって続投するかどうかについては、疑問視する声もある。

1)リクード内ライバル:ギドン・サル氏

ネタニヤフ首相自身のリクードは、今もネタニヤフ首相を支持してはいるが、首相自身の汚職問題が今後、どう動くかによっては、ネタニヤフ首相を切り離す可能性もでてくる。

ネタニヤフ首相は、まさか連立を立ち上げられないとは思っていなかったのだろう。すぐに国会に、首相は刑事責任を負わないとする法案を出したことで、自分を無罪にするために、首相になったのではないかとの疑いがリクード内部にもひろがる結果になった。

リクード内部では、時期党首と目される人物、ギドン・サル氏の人気が高まりつつあり、ネタニヤフ首相に変わる人物がいないともいえない状況にある。

2)野党ブルーアンドホワイト

今回の選挙では、中道左派と目される新党ブルーアンドホワイト(ベニー・ガンツ党首)が、リクードと同じ35議席を取っていた。ブルーアンドホワイトでガンツ氏と合流した元未来がある党のヤイル・ラピード氏は、「2回目のチャンスが来た」として次の選挙に臨むとしている。

ブルーアンドホワイトは、自称左派ではなく、めざすところは、左右統一政府だと言っている。

3)アラブ政党の躍進

リクードは、アラブ系政党を敵とみなしてきた。これまでのアラブ政党は、アラブ系市民の支持を得られず、選挙自体に来る人が少ないということで、議席数を伸ばすことはできていない。

しかし、もし、次回、住民の20%を占めるアラブ系市民の動員を確保できれば、リクードには大きな脅威となりうる。

とはいえ、総選挙までまだ4ヶ月もある。まだしばらくネタニヤフ首相が国を導いていく。夏にはハマスとの戦争があってもおかしくなく、イラン問題から中東で大戦争になっている能性もないわけではない。いかにエキスパートでも、予想外が連発するのが、イスラエルである。

やはり、主がすべてを支配している国、それがイスラエルという国だと思う。

https://www.timesofisrael.com/israels-do-over-election-brings-new-threats-to-netanyahu/
カテゴリ :イスラエル国内ニュース トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫