FC2ブログ

シリア・クルド人をめぐるアメリカとトルコ対立 2019.1.17

 2019-01-17
<アメリカとトルコの対立>

トランプ大統領が、シリアからの米軍撤退を宣言し、今はまだ機材だけではあるが、すでに撤退を開始していることは、前回お伝えした通りである。

米軍の撤退で、まず懸念されることは、トルコがクルド人領域に攻め入ることである。もしそうなると、トルコがクルド人地域を制覇するか、または、クルド人がシリア政府に助けを求めることで、地域はシリアに取り込まれることになる。

いずれの場合でも、クルド人の地域がイランの影響下に置かれるようになることを意味する。このため、イスラエルと中東は、シリアから米軍が撤退することに懸念を表明したのであった。

これを受けて、トランプ大統領は、ツイッターにて、トルコにクルド人地域を攻撃しないよう要請すると同時に、もし攻撃したら、トルコは経済的に大打撃をうけることになると脅迫も付け加えた。また、米軍はシリアから撤退しても地域にはまだ十分な戦力があるので、すぐに戻ってトルコを撃退することが可能だと付け加えた。

またこの直後には、クルド人勢力に対し、トルコを攻撃しないよう自制を促すメッセージを発した。

この翌日、トルコリラの価値は、アメリカドルに対し、1.6%も落ちた。トランプ大統領は、8月にアメリカ人牧師をトルコが逮捕した一件で、トルコに経済制裁を始めているが、これに上乗せしてまたトルコ経済に新たな困難を与えたことになる。

トルコのエルドアン大統領は、トルコにとってシリアのクルド人勢力(YPG)はテロリストであるという事情を、アメリカには、地域での戦略的パートナーとして理解していただきたいと反論した。

<シリア北部クルド人地域での自爆テロ:米兵ら含む18人死亡>

エルドアン大統領はこの後、アメリカに対し、シリアとトルコの間に20マイル(32キロ)の非武装地帯を提案。公式ではないが、アメリカもこれに合意したとの情報がある。

この非武装地帯には、クルド人勢力域の大きな部分がこの中に食い込まれてしまうため、クルド人勢力はこれに反発していると伝えられた。

https://www.telegraph.co.uk/news/2019/01/14/donald-trump-warns-turkey-economic-devastation-kurdish-forces/

こうした中、16日、入ったばかりの情報だが、シリア北部、クルド人勢力で、トルコ軍がすぐ近くまで迫っている町マンビジで、大きな自爆テロが発生。18人が死亡したが、この中に米軍兵士が複数含まれていた模様である。

このテロ事件については、ISが、「PKK(トルコがテロ組織と対立するクルド人勢力)離脱者」との協力で決行したとの犯行声明を出している。現時点ではまだアメリカからの反応に関する報道はない。

https://www.bbc.com/news/world-middle-east-46892118

<ケニアで自爆テロ犯(14人殺害)エルサレム問題でトランプ大統領を非難>

トルコとは関係ないが15日、アフリカのケニアの首都ナイロビのホテルで、アルカイダ系組織によるテロが発生。14人が死亡した。犠牲者の中には、9:11事件を生き延びたアメリカ人(ユダヤ人)が含まれていた。

犯行声明はアルカイダ系組織が出したが、この時、エルサレムをイスラエルの首都と宣言したトランプ大統領を非難している。

https://www.timesofisrael.com/kenya-terror-group-says-deadly-attack-over-trump-recognition-of-jerusalem/

<恐るべし豪傑:トランプ大統領>

絶大な権力と影響力で世界を振り回しているトランプ大統領。御歳72歳だが、世界中の注目あびつつ、バッシングをうけるとともに、アメリカ国内からも、政府の一部閉鎖が史上最長になって、批判が高まっている。

政府機関の一部閉鎖は、メキシコとの間の防護壁建設資金を含んだ予算を民主党が受け入れなかったために、新予算案がまだ稼働できないためである。しかし、粘っている間に、どうやら、国民の間で、トランプ大統領の意見を支持する割合が上がってきているらしい。

しかし、政府機関の一部が閉鎖になっていることで、ホワイトハウスのキッチンも稼働できなくなっているらしく、ホワイトハウスに招かれたアメフト全米優勝校選手たちに、ふるまった料理は、マクドナルドや、バーガーキングからのハンバーガー300個やピザなど、ファーストフードであった。しかも、トランプ大統領の自腹だったという。

その際、トランプ大統領は、「これがアメリカの食だ。どれもすばらしい。」と言ったという。豪傑とはまさに彼のことではないだろうか。

https://www.businessinsider.jp/post-183252
カテゴリ :中東情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

アメリカ:対イラン政策へシフト:中東への2人の使者 2019.1.13

 2019-01-13
シリア撤退問題で、すっかり槍玉にあがったアメリカだが、先週、ボルトン大統領補佐官とポンペイオ国務長官が、中東同盟各国を歴訪し、アメリカが中東から撤退してしまうわけではないとの保障を伝えて回った。

その中で、ポンペイオ国務長官は、アメリカは今後、対イラン政策を徹底化することをアピールし、2月13,14日、ポーランドでイランに関する国際会議を開催すると発表した。チャンネル10によると、ポンペイオ国務長官はこの会議にネタニヤフ首相も招いたとのことである。

https://www.timesofisrael.com/netanyahu-said-invited-to-anti-iran-conference-in-warsaw-alongside-arab-fms/

しかし、イスラエルが参加することと、アメリカへの信頼が薄らぐ中、どのような成果になるか、見通しは決して甘くない。

また、2人の使者とトランプ大統領の口から出てくる方針に食い違いがあることから、大統領と米防衛チームの間が一致していないのではないかとの指摘もある。

1)トルコがボルトン大統領補佐官訪問を拒否

ボルトン大統領補佐官は、6日、イスラエルを訪問。ネタニヤフ首相に、シリアから撤退してもISとの戦いはやめず、クルド人を見捨てることはないと約束した。言い換えれば、トルコがクルド人を襲撃しないと確証するまでは撤退しないということである。

これを聞いて怒ったのがトルコのエルドアン大統領である。アメリカは、クルド人のYPG,PKK、PYDなどの見分けもついてない。トルコにとってクルド人問題がどれほど大きいかわかってないと怒りをあらわにした。その上で、ボルトン補佐官のトルコ訪問を拒否するに至った。

トルコは、トルコだけで、残留ISを駆逐できると主張し、(IS撃滅を理由に駐留していた)米軍には、さっさと撤退するべきだと主張している。トランプ大統領は、これに同意して米軍撤退を決めたわけだが、トルコのねらいは、その後、シリアにいるクルド人勢力を攻撃することである。

https://www.nytimes.com/2019/01/08/world/middleeast/erdogan-bolton-turkey-syria-kurds.html

ボルトン補佐官が拒否されたことは、アメリカにとっては大きな打撃だが、ポンペイオ国務長官は、必ずトルコとの合意に至れるとの楽観を表明している。

2)ポンペイオ国務長官中東8カ国歴訪

ボルトン補佐官に続いて8日、ポンペイオ国務長官が中東8カ国への歴訪に出発した。訪問予定国は、ヨルダン、エジプト、バハレーン、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、オマーン、クウェート、イラクとなっている。

ポンペイオ国務長官は、まずヨルダンを訪問した後、エジプトを訪問。オバマ前大統領が、2009年に米大統領として初めて演説を行ったカイロにて演説を行った。

ポンペイオ国務長官は、オバマ氏の名前は出さなかったが、オバマ氏の政策で、イランの進出を許したことが中東の混乱の原因だと語り、トランプ政権は、その状態を覆す決意であり、シリアからイラン軍を一掃する方針であると強調した。

また、シリアからの米軍撤退について、米軍撤退は必ず断行すると語り、トランプ大統領と治安閣僚との間に不一致はないとも強調した。

https://www.nytimes.com/2019/01/10/world/middleeast/mike-pompeo-speech-middle-east-obama.html

金曜、ポンペイオ国務長官は、バハレーンから湾岸諸国を訪問を開始した。特にクウェートは、米軍1万人を受け入れている国ではあるが、今は、サウジアラビアと断交してイランよりとなっているため、非常に難しい訪問になると思われる。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5444448,00.html

<イランの反応>

イランのザリフ外相は、アメリカはヒステリックになっていると言い、ツイッターに次のように書き込んだ。

「アメリカの最後の反イラン会議に参加する国は死んでいるか、失脚寸前である。イランは強い。(反イラン会議のホスト)ポーランドは恥を知れ。イランは第二次世界大戦中、ポーランドを助けたのに、今は反イラン見世物のホストになっている。」

https://www.timesofisrael.com/netanyahu-said-invited-to-anti-iran-conference-in-warsaw-alongside-arab-fms/

<長引く米政府閉鎖の危機>

中東政策でも翻弄しているアメリカだが、内政もかなり混迷を深めている。メキシコとの国境に建設予定の壁の費用を含む予算案で野党民主党と合意できなかったため、現在政府機関の一部が閉鎖。22日を超えて市場最長の閉鎖となった。

これにより、政府に雇用されている80万人の給与が支払われないままとなっている。約50万人は、無給で仕事を続けているが、35万人は、事実上一時解雇状態とされたため、大勢が失業保険の手続きに入ったという。

博物館が閉鎖したり、ごみの収集が滞ったりと、日常に影響も出て、ホワイトハウス前ではデモも行われた。

https://www.bbc.com/news/world-us-canada-46848435?intlink_from_url=https://www.bbc.com/news/topics/cdwjqx3kw7zt/us-government-shutdown&link_location=live-reporting-story

<石のひとりごと:とんでもない思いつき発想より>

アメリカから中東へ2人の使者が派遣された。この様子から、将来、終末時代に世界に派遣される2人の証人(黙示録11:3-4)を連想させられた。

聖書によると、この2人の証人は、1260日(3年半)の間、世界中で、やがて来る終末の危機を解き、そこからの救いという神の福音(良い知らせ)を世界に伝える働きをする。その後、この2人は獣(サタン)に殺される。

彼らの死は、世界中の祝いとなるが、どっこい、その後、その2人が生き返って、世界は大混乱になると聖書には書かれている。

無論、今回のボルトン補佐官とポンペイオ国務長官が、その終末の2人の証人であると言っているわけではない。

しかし、今回の2人は、トランプ大統領のシリア撤退宣言の後始末的にすぎないのかもしれないが、来るべき「イランの危機」を訴えて回っている。この先にあるのは、イランとの対決である。そのイランにはロシアとトルコがついている。

もしかしたら、アメリカはこのイラン(ロシア、トルコ)との戦いに敗れ、それを見て世界はアメリカをあざけり、やっと平和が来ると祝うのかもしれない。。。が、その後、イスラエルによって反イラン勢力(アメリカがこの時存続しているか否か!?)が復活してくるのかもしれない。(エゼキエル39)

・・・・と、これは、とんでもない、単なる石の思いつき発想ではあるが、聖書がますます興味ふかくなってくる最近の世界情勢であることは間違いない。まだ聖書を読んだことのない人は、特におすすめする書物である。
カテゴリ :中東情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

イスラム主義国からのクリスチャン難民を助けるイスラエルのメシアニックジュー 2018.10.21

 2018-10-21
イスラム主義国では、クリスチャンであるというだけで、迫害を受け、信仰を放棄しない場合、拷問を受けるなどして難民になるケースが多い。

こうした人々に直接会うことはなかなかないのだが、記者の友人でイスラエルに在住するユダヤ人ビリーバーのロッテム姉は、アラビア語を学び、時々現地に行って、これらの人々を助ける働きを行っている。イスラエル人としては非常に勇気のいる働きである。

そのロッテム姉が、今特に支援を呼びかけているのが、あるイスラム主義国から逃れ、第二の国で難民として第三国に移動することを待っているベンジャミン(仮名)兄(30)である。

ベンジャミン兄は、祖国で救われてから当局に捕まり、投獄され、ひどい拷問を受けた。釈放後に第二国に逃亡。今は、難民キャンプで、現地の牧師とともに献身者として難民支援と、福音を伝える働きをしている。

ロッテム姉は、そこでベンジャミン兄に会い、その働きを共にし、今は息子のように思っているという。

ベンジャミン兄は今年夏、同じ祖国から信仰のために難民となった姉妹と結婚した。その時、結婚式を行うために、仲間の難民たちからお金を借りなければならなかったという。ロッテム姉は、この若い献身者も負債を解消するとともに、次のステップへの支えをしたいと考え、自らもアラビア語教師として彼を雇って支援しつつも、協力者を探すことにしたという。

記者はベンジャミン兄を直接知っているわけではないが、ロッテム姉はよく知っている。彼女は、イスラエルの教会では子供を教え、熱心に教会に仕えながら、アラビア語をマスター。

イスラエルのユダヤ人であるにもかかわらず、アラブ諸国を含む海外に出かけて行って、宣教師たちを助ける働きをしている。イスラエルの教会でも信頼されている姉妹で、これほど信頼のできる姉妹はいないと思っている。

記者は、ベンジャミン兄を支えるロッテム姉の働きを支えたいという思いで、彼女のプロジェクトをオリーブ山便りにとりあげることにした。以下のサイトから簡単に送金は可能。手数料は、送金者自身が決められるシステムで、献金自体は100%ロッテム姉に、そしてロッテム姉は100%、ベンジャミン兄に送金する予定だという。(プロジェクト期間10/16-12/17 2018)

ベンジャミン兄に証に加えて、ロッテム姉自身からのビデオレターもあるので、ぜひサイトを開いてみてくださればと思う。

https://chuffed.org/project/let-him-know-we-care

<ベンジャミン兄の証と祈り(訳・抜粋)>

ベンジャミン兄は、厳格なイスラム主義国で、成功したビジネスマンだったが、酒や女性におぼれ、すさんだ生活をしていたという。ある時、アメリカ人クリスチャンに出会い、彼らの家で飲んでいたところ、聖書をがあるのを見つけて開いてみた。山上の垂訓(マタイ5−7)の箇所だった。

ある夜ワインに酔って寝ていたところ、夢にイエスが現れて「私についてきなさい」といった。それで上記アメリカ人の友人のお父さんからイエスが何者なのか聞いた。

イエスは罪から解放する者であると聞いた。イスラムが人々をクリスチャンから遠ざけているということは、サタンが私たちを光から遠ざけているのだと悟った。

それから聖書を読み始めた。2000年前のことであるのに、今現在のことを語っているかのうようだった。これはいくらよんでも理解できないコーランと大きく違っていたという。

またイスラムの神は怒っていて、イスラムを憎む者を敵とみなし、天国へ行くには聖戦を戦って敵を殺さなければならないと教えるのに対し、聖書によると神が、どれほど私を愛してくれているのかが語られていた。やがてそれを理解するようになった。

ベンジャミン兄はイエスを信じて救われ、地下教会に通い始めた。やがて家族友人にそのことを知られ、当局に逮捕された。「お前はクリスチャンか」と聞かれた。「そうだ」と答えると、「だれにそれを聞いた」と聞かれた。

「フェイスブックからだ」と答えたが、仲間の居場所があるはずだとして、独房に入れられ、白状するよう、拷問された。もちろん白状しなかったが、16日目に釈放された。知り合いが当局の知り合いだったからである。

釈放されたのち、2015年の10月に祖国を離れ、第二国で難民となった。難民として国連に登録し、第三国に移送される日をまっているのだが、3年たってもまだその日は来ていない。

しかし、その第二国で、ベンジャミン兄は今、その国の牧師とともに、非常な貧しさの中で、同じ境遇の難民を助け、福音を宣べ伝える働きをしている。この7月には、同じ祖国からクリスチャンとして難民になった姉妹と結婚もした。

ベンジャミン兄は、世界のクリスチャンに向かって次のように語っている。

”一番伝えたいことは、聖書はコーランと正反対ということ。聖書に何が書いてあるのか注意深く読み、理解し、それについていくこと。そうするとき平安があり、神の御手が私の上にあるというのが、父なる神の約束です。

イエスは、たんに天国へのパスポートと永遠の命を与えただけではありません。私たちの罪を取り除いただけでなく、加えて義の衣で覆ってくださっているのです。

私は、これまでの歩みとめぐみ、祝福に感謝しています。私には値打ちはありません。ただ十字架だけです。

兄弟姉妹たち。イエスから目を離さないようにしてください。イエスこそ私たちを罪から救い出し、サタンの悪から解放してくださるお方です。どうか強くあってください。主が共にいてくださるからです。

みなさんが世にあって塩であり、光であることを祈ります。世界がそれで平和になるからです。

それから、恐れないでください。警察に逮捕されたとき、とても怖かったです。それで祈りました。「主よ。あなたのみこころなら私を助けてくださいます。あなたご自身を現してください。あなたこそ真の神だから、囚われ人を助けられるのです。」そうして16日で釈放されたのです。

すべての兄弟に言います。信仰があるなら、イエス様があなたを愛し、すべてのしばりや圧政から解放してくださると、主に信頼してください。

祖国から離れて悲しみ、閉じ込められ、難民となっているすべての人を、愛します。主イエス・キリストが、あなたの心に慰めと癒しをもたらしてくださいますように。そうして、あなたが王の王、イエスとともに喜びと平安のうちに生きることができますように。

最後に言います。父なる神はあなたを永遠の愛で愛しておられます。”

私たち平和な国にいるものには、想像もつかない苦難の道を通っている人だけに、彼のいうことには力がある。英語が読める方は、ぜひサイトの本人による証を読んでみられたし。

彼を通して、中東アラブ諸国にいるクリスチャン難民と彼らの間で働いている働き人を覚えてお祈りいただければ幸いである。
カテゴリ :中東情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

トルコのブランソン牧師:その後 2018.8.6

 2018-08-06
アメリカの圧力とイスラエルの協力で、2016年から21ヶ月間、スパイ容疑で拘束されていたアメリカのアンドリュー・ブランソン牧師が、先週、刑務所からは解放され、自宅軟禁となった。

アメリカは、ブランソン牧師の無実を主張しており、完全な解放と、帰国を要求している。トランプ大統領は、トルコが約束通り、ブランソン牧師を完全に釈放しなかったとして、トルコのギュル法相と、ソイル内相への個人経済制裁を発動した。

https://jp.reuters.com/article/us-turkey-idJPKBN1KN024

<黙示録2:8−10:スミルナの教会>

エルサレムの祈りの家スカット・ハレル(リック・ライディング牧師)では、ブランソン牧師をよく知っているトルコ人でユダヤ人のマイクさん(今はイスラエル在住)が、ブランソン牧師とその教会がその後どうなっているのかを証した。

マイクさんによると、ブランソン牧師の教会は、トルコのイズミール地方にある教会員が50人に満たないごく小さな群れだという。マイクさんは、全く何の影響もないごく小さな教会の牧師が今、トルコとアメリカの首脳を動かしていることに注目してほしいと語る。

ブランソン牧師の教会は、イズミール地方、すなわち、スミルナにある。スミルナの教会は、黙示録で語られる7つの教会の2番目の教会で、”悪魔があなたがたをためそうとして牢に投げ入れようとしている”教会である。

マイクさんは、この教会が、苦しみを受けるが、その中で中東全体への福音拡大のきっかけになると信じている。実際、ブランソン牧師の事件により、トルコだけでなく、中東全体に、ブランソン牧師がしていたこととして、福音が大きくニュースでもとりあげられるようになっている。また、このことで興味ふかいことも起こった。

今、トルコでは、エルドアン大統領のイスラム化の方針でクリスチャンへの迫害がはじまっているが、ブランソン牧師の事件を受けてさらに悪化しているという。

ブランソン牧師の教会に部屋を貸している大家さんも、事件が明るみに出た後、出て行くよう言ってきた。しかし、のちに、もし物件を買うならそのまま残留しても良いと申し出てきた。売ってしまえば、自分とは関係がないことになるし、売却金も手に入るからである。独自の物件が手に入れば、当然、福音の働きはしやすくなる。

マイクさんが祈りの課題としてとりあげたことは、ブランソン牧師の即時解放というよりは、心身ともに弱っているブランソン牧師と家族が支えられることと、今こそ、トルコの教会が恐れず大胆に福音を語れるよう、祈ってほしいということであった。
カテゴリ :中東情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

レバノン総選挙:ヒズボラの影響力拡大 2018.5.9

 2018-05-09
ヒズボラは、15万発とも言われるミサイルをイスラエルに向けているといわれるシーア派イスラム過激派組織だが、同時にレバノンにおける正式な政党でもある。

レバノンでは7日、9年来となる総選挙が行われた。結果128議席のうち、ヒズボラ党自身は、議席13から伸びてはいないのだが、親ヒズボラ政党、特に、アオウン現職大統領所属の政党FPM(自由愛国党)が21から29と議席を大きく伸ばした。

この他にも親ヒズボラ派政党が議席を伸ばしたため、結果的に親ヒズボラ派の影響が大きく拡大する結果となった。ヒズボラのナスララ党首はこれを大きな勝利と位置付けている。

一方、ヒズボラ(シーア派)に反対する勢力である現職ハリリ首相政党(スンニ派)の議席は、33から21議席と大きく議席を失っている。

この結果をもとに、アオウン大統領が、誰に組閣を任せるかを決めるのだが、弱体化したとはいえ、ハリリ元首相が、時期も首相として組閣を任される可能性が高いという。

Times of Israelは、今後、実際にヒズボラ陣営が、どのように政治に影響してくるかは不明だが、ハリリ首相の方針に、拒否権を発動してくる可能性を指摘している。

https://www.timesofisrael.com/hezbollah-arsenal-to-go-unchallenged-after-lebanon-vote-analysts/
カテゴリ :中東情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

トルコの逆襲:緊急イスラム協力機構(OIC)会議 2017.12.14

 2017-12-14
トランプ大統領のエルサレム宣言に対し、最もしんらつに非難していたのは、トルコのエルドアン大統領だった。

エルドアン大統領は、トルコの町シバスでのスピーチで、「パレスチナ人は罪なき犠牲者だ。それにひきかえ、イスラエルは、テロ国家だ。エルサレムを子供を殺す無慈悲な国に引き渡すことはない。」と語った。

https://www.timesofisrael.com/turkish-leader-israel-a-terrorist-state-that-kills-children/

そのエルドアン大統領の呼びかけで、13日、イスタンブールにて、エルサレム問題に対処するとして、IOC(イスラム協力機構)の特別会議が開かれた。参加したのは、イランも含む50のイスラム諸国である。先のアラブ連盟よりも規模は大きい。

参加国の中には、ヨルダンのアブダラ国王、イランのロウハニ大統領はじめ、マレーシア、インドネシアなどのアジア諸国、北アフリカ諸国、イスラエルとの交流をはじめたカザフスタンやアゼルバイジャンも出席していた。

<世界は東エルサレムはパレスチナの首都と認めるべき:エルドアン大統領>

エルドアン大統領は、まず、パレスチナを国として認めていない国々はそうするべきであると呼び掛けた。また東エルサレムは、パレスチナの首都として認めるべきだと主張した。

<アメリカは中東和平の仲介者ではない:アッバス議長>

この会議にてアッバス議長は、トランプ大統領は、エルサレムを、まるでアメリカの一都市であるかのように、シオニストに、”ギフト”として与えてしまったと非難した。

「今後、エルサレムが、パレスチナの首都になるまで、平和はないだろう。エルサレムは永遠にパレスチナ国家の首都である。」と警告した。

アッバス議長は、パレスチナ自治政府は今後、アメリカを中東和平の仲介者として受け入れないと宣言。今後は、国連が新しいシステムで仲介することを望むと語った。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/239262
カテゴリ :中東情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫