FC2ブログ

イスラム主義国からのクリスチャン難民を助けるイスラエルのメシアニックジュー 2018.10.21

 2018-10-21
イスラム主義国では、クリスチャンであるというだけで、迫害を受け、信仰を放棄しない場合、拷問を受けるなどして難民になるケースが多い。

こうした人々に直接会うことはなかなかないのだが、記者の友人でイスラエルに在住するユダヤ人ビリーバーのロッテム姉は、アラビア語を学び、時々現地に行って、これらの人々を助ける働きを行っている。イスラエル人としては非常に勇気のいる働きである。

そのロッテム姉が、今特に支援を呼びかけているのが、あるイスラム主義国から逃れ、第二の国で難民として第三国に移動することを待っているベンジャミン(仮名)兄(30)である。

ベンジャミン兄は、祖国で救われてから当局に捕まり、投獄され、ひどい拷問を受けた。釈放後に第二国に逃亡。今は、難民キャンプで、現地の牧師とともに献身者として難民支援と、福音を伝える働きをしている。

ロッテム姉は、そこでベンジャミン兄に会い、その働きを共にし、今は息子のように思っているという。

ベンジャミン兄は今年夏、同じ祖国から信仰のために難民となった姉妹と結婚した。その時、結婚式を行うために、仲間の難民たちからお金を借りなければならなかったという。ロッテム姉は、この若い献身者も負債を解消するとともに、次のステップへの支えをしたいと考え、自らもアラビア語教師として彼を雇って支援しつつも、協力者を探すことにしたという。

記者はベンジャミン兄を直接知っているわけではないが、ロッテム姉はよく知っている。彼女は、イスラエルの教会では子供を教え、熱心に教会に仕えながら、アラビア語をマスター。

イスラエルのユダヤ人であるにもかかわらず、アラブ諸国を含む海外に出かけて行って、宣教師たちを助ける働きをしている。イスラエルの教会でも信頼されている姉妹で、これほど信頼のできる姉妹はいないと思っている。

記者は、ベンジャミン兄を支えるロッテム姉の働きを支えたいという思いで、彼女のプロジェクトをオリーブ山便りにとりあげることにした。以下のサイトから簡単に送金は可能。手数料は、送金者自身が決められるシステムで、献金自体は100%ロッテム姉に、そしてロッテム姉は100%、ベンジャミン兄に送金する予定だという。(プロジェクト期間10/16-12/17 2018)

ベンジャミン兄に証に加えて、ロッテム姉自身からのビデオレターもあるので、ぜひサイトを開いてみてくださればと思う。

https://chuffed.org/project/let-him-know-we-care

<ベンジャミン兄の証と祈り(訳・抜粋)>

ベンジャミン兄は、厳格なイスラム主義国で、成功したビジネスマンだったが、酒や女性におぼれ、すさんだ生活をしていたという。ある時、アメリカ人クリスチャンに出会い、彼らの家で飲んでいたところ、聖書をがあるのを見つけて開いてみた。山上の垂訓(マタイ5−7)の箇所だった。

ある夜ワインに酔って寝ていたところ、夢にイエスが現れて「私についてきなさい」といった。それで上記アメリカ人の友人のお父さんからイエスが何者なのか聞いた。

イエスは罪から解放する者であると聞いた。イスラムが人々をクリスチャンから遠ざけているということは、サタンが私たちを光から遠ざけているのだと悟った。

それから聖書を読み始めた。2000年前のことであるのに、今現在のことを語っているかのうようだった。これはいくらよんでも理解できないコーランと大きく違っていたという。

またイスラムの神は怒っていて、イスラムを憎む者を敵とみなし、天国へ行くには聖戦を戦って敵を殺さなければならないと教えるのに対し、聖書によると神が、どれほど私を愛してくれているのかが語られていた。やがてそれを理解するようになった。

ベンジャミン兄はイエスを信じて救われ、地下教会に通い始めた。やがて家族友人にそのことを知られ、当局に逮捕された。「お前はクリスチャンか」と聞かれた。「そうだ」と答えると、「だれにそれを聞いた」と聞かれた。

「フェイスブックからだ」と答えたが、仲間の居場所があるはずだとして、独房に入れられ、白状するよう、拷問された。もちろん白状しなかったが、16日目に釈放された。知り合いが当局の知り合いだったからである。

釈放されたのち、2015年の10月に祖国を離れ、第二国で難民となった。難民として国連に登録し、第三国に移送される日をまっているのだが、3年たってもまだその日は来ていない。

しかし、その第二国で、ベンジャミン兄は今、その国の牧師とともに、非常な貧しさの中で、同じ境遇の難民を助け、福音を宣べ伝える働きをしている。この7月には、同じ祖国からクリスチャンとして難民になった姉妹と結婚もした。

ベンジャミン兄は、世界のクリスチャンに向かって次のように語っている。

”一番伝えたいことは、聖書はコーランと正反対ということ。聖書に何が書いてあるのか注意深く読み、理解し、それについていくこと。そうするとき平安があり、神の御手が私の上にあるというのが、父なる神の約束です。

イエスは、たんに天国へのパスポートと永遠の命を与えただけではありません。私たちの罪を取り除いただけでなく、加えて義の衣で覆ってくださっているのです。

私は、これまでの歩みとめぐみ、祝福に感謝しています。私には値打ちはありません。ただ十字架だけです。

兄弟姉妹たち。イエスから目を離さないようにしてください。イエスこそ私たちを罪から救い出し、サタンの悪から解放してくださるお方です。どうか強くあってください。主が共にいてくださるからです。

みなさんが世にあって塩であり、光であることを祈ります。世界がそれで平和になるからです。

それから、恐れないでください。警察に逮捕されたとき、とても怖かったです。それで祈りました。「主よ。あなたのみこころなら私を助けてくださいます。あなたご自身を現してください。あなたこそ真の神だから、囚われ人を助けられるのです。」そうして16日で釈放されたのです。

すべての兄弟に言います。信仰があるなら、イエス様があなたを愛し、すべてのしばりや圧政から解放してくださると、主に信頼してください。

祖国から離れて悲しみ、閉じ込められ、難民となっているすべての人を、愛します。主イエス・キリストが、あなたの心に慰めと癒しをもたらしてくださいますように。そうして、あなたが王の王、イエスとともに喜びと平安のうちに生きることができますように。

最後に言います。父なる神はあなたを永遠の愛で愛しておられます。”

私たち平和な国にいるものには、想像もつかない苦難の道を通っている人だけに、彼のいうことには力がある。英語が読める方は、ぜひサイトの本人による証を読んでみられたし。

彼を通して、中東アラブ諸国にいるクリスチャン難民と彼らの間で働いている働き人を覚えてお祈りいただければ幸いである。
カテゴリ :中東情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

トルコのブランソン牧師:その後 2018.8.6

 2018-08-06
アメリカの圧力とイスラエルの協力で、2016年から21ヶ月間、スパイ容疑で拘束されていたアメリカのアンドリュー・ブランソン牧師が、先週、刑務所からは解放され、自宅軟禁となった。

アメリカは、ブランソン牧師の無実を主張しており、完全な解放と、帰国を要求している。トランプ大統領は、トルコが約束通り、ブランソン牧師を完全に釈放しなかったとして、トルコのギュル法相と、ソイル内相への個人経済制裁を発動した。

https://jp.reuters.com/article/us-turkey-idJPKBN1KN024

<黙示録2:8−10:スミルナの教会>

エルサレムの祈りの家スカット・ハレル(リック・ライディング牧師)では、ブランソン牧師をよく知っているトルコ人でユダヤ人のマイクさん(今はイスラエル在住)が、ブランソン牧師とその教会がその後どうなっているのかを証した。

マイクさんによると、ブランソン牧師の教会は、トルコのイズミール地方にある教会員が50人に満たないごく小さな群れだという。マイクさんは、全く何の影響もないごく小さな教会の牧師が今、トルコとアメリカの首脳を動かしていることに注目してほしいと語る。

ブランソン牧師の教会は、イズミール地方、すなわち、スミルナにある。スミルナの教会は、黙示録で語られる7つの教会の2番目の教会で、”悪魔があなたがたをためそうとして牢に投げ入れようとしている”教会である。

マイクさんは、この教会が、苦しみを受けるが、その中で中東全体への福音拡大のきっかけになると信じている。実際、ブランソン牧師の事件により、トルコだけでなく、中東全体に、ブランソン牧師がしていたこととして、福音が大きくニュースでもとりあげられるようになっている。また、このことで興味ふかいことも起こった。

今、トルコでは、エルドアン大統領のイスラム化の方針でクリスチャンへの迫害がはじまっているが、ブランソン牧師の事件を受けてさらに悪化しているという。

ブランソン牧師の教会に部屋を貸している大家さんも、事件が明るみに出た後、出て行くよう言ってきた。しかし、のちに、もし物件を買うならそのまま残留しても良いと申し出てきた。売ってしまえば、自分とは関係がないことになるし、売却金も手に入るからである。独自の物件が手に入れば、当然、福音の働きはしやすくなる。

マイクさんが祈りの課題としてとりあげたことは、ブランソン牧師の即時解放というよりは、心身ともに弱っているブランソン牧師と家族が支えられることと、今こそ、トルコの教会が恐れず大胆に福音を語れるよう、祈ってほしいということであった。
カテゴリ :中東情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

レバノン総選挙:ヒズボラの影響力拡大 2018.5.9

 2018-05-09
ヒズボラは、15万発とも言われるミサイルをイスラエルに向けているといわれるシーア派イスラム過激派組織だが、同時にレバノンにおける正式な政党でもある。

レバノンでは7日、9年来となる総選挙が行われた。結果128議席のうち、ヒズボラ党自身は、議席13から伸びてはいないのだが、親ヒズボラ政党、特に、アオウン現職大統領所属の政党FPM(自由愛国党)が21から29と議席を大きく伸ばした。

この他にも親ヒズボラ派政党が議席を伸ばしたため、結果的に親ヒズボラ派の影響が大きく拡大する結果となった。ヒズボラのナスララ党首はこれを大きな勝利と位置付けている。

一方、ヒズボラ(シーア派)に反対する勢力である現職ハリリ首相政党(スンニ派)の議席は、33から21議席と大きく議席を失っている。

この結果をもとに、アオウン大統領が、誰に組閣を任せるかを決めるのだが、弱体化したとはいえ、ハリリ元首相が、時期も首相として組閣を任される可能性が高いという。

Times of Israelは、今後、実際にヒズボラ陣営が、どのように政治に影響してくるかは不明だが、ハリリ首相の方針に、拒否権を発動してくる可能性を指摘している。

https://www.timesofisrael.com/hezbollah-arsenal-to-go-unchallenged-after-lebanon-vote-analysts/
カテゴリ :中東情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

トルコの逆襲:緊急イスラム協力機構(OIC)会議 2017.12.14

 2017-12-14
トランプ大統領のエルサレム宣言に対し、最もしんらつに非難していたのは、トルコのエルドアン大統領だった。

エルドアン大統領は、トルコの町シバスでのスピーチで、「パレスチナ人は罪なき犠牲者だ。それにひきかえ、イスラエルは、テロ国家だ。エルサレムを子供を殺す無慈悲な国に引き渡すことはない。」と語った。

https://www.timesofisrael.com/turkish-leader-israel-a-terrorist-state-that-kills-children/

そのエルドアン大統領の呼びかけで、13日、イスタンブールにて、エルサレム問題に対処するとして、IOC(イスラム協力機構)の特別会議が開かれた。参加したのは、イランも含む50のイスラム諸国である。先のアラブ連盟よりも規模は大きい。

参加国の中には、ヨルダンのアブダラ国王、イランのロウハニ大統領はじめ、マレーシア、インドネシアなどのアジア諸国、北アフリカ諸国、イスラエルとの交流をはじめたカザフスタンやアゼルバイジャンも出席していた。

<世界は東エルサレムはパレスチナの首都と認めるべき:エルドアン大統領>

エルドアン大統領は、まず、パレスチナを国として認めていない国々はそうするべきであると呼び掛けた。また東エルサレムは、パレスチナの首都として認めるべきだと主張した。

<アメリカは中東和平の仲介者ではない:アッバス議長>

この会議にてアッバス議長は、トランプ大統領は、エルサレムを、まるでアメリカの一都市であるかのように、シオニストに、”ギフト”として与えてしまったと非難した。

「今後、エルサレムが、パレスチナの首都になるまで、平和はないだろう。エルサレムは永遠にパレスチナ国家の首都である。」と警告した。

アッバス議長は、パレスチナ自治政府は今後、アメリカを中東和平の仲介者として受け入れないと宣言。今後は、国連が新しいシステムで仲介することを望むと語った。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/239262
カテゴリ :中東情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

プーチン大統領:1日でシリア、エジプト、トルコ訪問 2017.12.14

 2017-12-14
プーチン大統領は、エルサレム問題について、トランプ大統領は名指しせず、エルサレムをイスラエルの首都と呼ぶことに益はなく、地域を不安定にすると批判した。なお、ロシアは、これまでに、西エルサレムだけをイスラエルの首都と認めている。

プーチン大統領は先週、大統領4期目を務めると宣言。いよいよ中東へ本腰を入れ始めた。11日、シリアへのサプライズ訪問に続いて、エジプト、トルコと3カ国を1日で巡回した。

1)シリアで勝利宣言:シリアのロシア空軍基地をアサド大統領ともに訪問

11日、プーチン大統領は、シリアをサプライズ訪問。まずはシリア領内のロシア空軍基地を訪問。そこで、ロシア軍の撤退を命じた。しかし、この空軍基地と、地中海に面するタルトゥスの軍港はそのまま運行を継続するという。したがっていつでもロシア軍は戻ってくるということである。

これは、正式にシリアからISISを撃墜したというサインでもある。この空軍基地訪問には、アサド大統領も同行しており、まさに世界に、シリアはこれからロシアの庇護のもと、アサド政権が復活するとでも宣言しているようである。

ワシントン・ポストによると、プーチン大統領は、アサド大統領に、「約束した通りになった。シリアは独立を維持した。」と言ったという。ロシアは、シリアへの介入で兵士40人を失っている。

2)エジプトと原子力発電所建設の契約

カイロでは、シーシ大統領と会談。エジプトに原子力発電所(210億ドル)の契約を取り交わした。

3)夕方にはトルコのアンカラに到着:OICの会議を前にエルドアン大統領と会談

このように、中東アラブ諸国の動きに、アメリカはまったくかかわっていない。中東の覇者は、今やロシアということである。

https://www.washingtonpost.com/world/putin-makes-first-visit-to-syria-lauds-victory-over-isis-and-announces-withdrawals/2017/12/11/f75389de-de61-11e7-8679-a9728984779c_story.html?utm_term=.8aeb2023e181
カテゴリ :中東情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

中東諸国で反トランプ・イスラエルデモ 2017.12.9

 2017-12-09

トランプ大統領のエルサレムはイスラエルの首都という宣言は、ガザ、西岸地区以外にも広がった。

隣国ヨルダンでは、7日につづき、8日にも、千人規模のデモが行われ、アメリカとイスラエルの旗が燃やされた。群衆は、ヨルダン政府はイスラエルと断交すべきだと訴えた。ヨルダンは市民の70%がパレスチナ人である。

https://www.timesofisrael.com/jordanians-rally-against-trump-recognition-chant-jerusalem-is-arab/

レバノンでは、レバノン人5000人が、パレスチナ難民キャンプ付近でデモを行った。ヒズボラのナスララ党首は、「トランプの決定は、何十億のイスラム教徒とキリスト教徒に対する侮辱だ。」として、諸国はパレスチナ人の蜂起を支援すべきだと語った。

http://www.jpost.com/Israel-News/Nasrallah-calls-for-support-of-new-Palestinian-Intifada-517373

この他、アフガニスタン、パキスタンのカラチ、インドのカシミール地方、インドネシア、マレーシアでも、アメリカとイスラエルの失脚を叫ぶデモが行われた。

イランでは、トランプ大統領がエルサレムに関する宣言を出す前から、イスラム最高指導者のハメネイ師が、「アメリカはイスラムとキリスト教徒に戦争をしかけた。」といい、パレスチナ人たちが反発して、やがてパレスチナは解放されるだろうと語っていた。

8日、テヘランでは、イスラム専門家会議(最高指導者を選出する組織)メンバーで、イスラムの祈りの日にメッセージを語る保守派のアフマド・ハタミ師が、モスクに集まった人々に対し、「インティファーダだけが、占領政権、シオニストの政権を打倒できる。」、「占領する犯罪国家への攻撃は、いかなるものでも神を喜ばせることになる」と語った。

また、「イランにはイスラエルに届くミサイルがある。」とも言っている。テヘランでは、数百人が、デモを行い、「アメリカに死を」「イスラエルに死を」と叫び、両国の旗を燃やしたと伝えられている。

https://www.timesofisrael.com/top-iranian-cleric-calls-for-palestinian-violence-vows-to-level-tel-aviv/

https://www.i24news.tv/en/news/international/middle-east/162023-171206-iran-s-supreme-leader-vows-palestine-will-be-liberated

<中東情勢との関連>

エルサレムの一件について、ロシアのプーチン大統領は、「トランプ宣言は常軌を逸している。深く懸念している。」との声明を出している。

プーチン大統領は来週月曜、トルコのエルドアン大統領の招きで、トルコを訪問する予定である。基本的には黒海のパイプラインに関する会談を行うのだが、シリア情勢とともに、エルサレムについても話し合われるとみられる。

トルコのエルドアン大統領は、トランプ宣言を受けて、イスラエルとの国交を断絶する可能性もほのめかしているほど、イスラエルへの敵意をむき出しにしている。エルドアン大統領は、13日、エルサレムの問題を話し合うとして、イスラム協力組織(OIC)の特別サミットをイスタンブールで開催する予定とのこと。

ロシア、トルコ、イランは、先月にもシリア問題解決に向けて合意に至っているが、エルサレム関連問題においても3国がさらに近づくとみられる。

トランプ・エルサレム宣言以後、そのトルコとヨルダンが接近しており、注目されるところである。

https://www.timesofisrael.com/russia-says-trumps-jerusalem-declaration-defies-common-sense/

一方、中東では、イランの台頭を懸念してサウジアラビアが、同じ敵をもつ関係になったイスラエル、アメリカにこれまでになく接近しているとみられ、注目されていた。

しかし、エルサレムはイスラエルの首都とはっきり宣言されては、サウジアラビアとしても、そのままそれを受け入れるわけにはいかないだろう。

サウジアラビアは、トランプ大統領の決断について、「大使館をエルサレムへ移動させると危険な結果になる」との懸念を表明し、アメリカに、国際社会の意思を尊重し、決断を撤回するようすすめている。

https://www.reuters.com/article/us-usa-trump-israel-saudi-capital/saudi-arabia-condemns-trump-decision-to-recognize-jerusalem-as-capital-of-israel-idUSKBN1E103Y
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫