日本を愛したアインシュタインと核兵器問題 2017.10.30

 2017-10-30
10月、ユダヤ人物理学者アインシュタインが、日本の帝国ホテルでボーイに渡したとされるメモ2つが、エルサレムでオークションに出され、計約180万ドル(2億500万円)で落札された。

1922年、アインシュタインは、日本の各地での公演のため来日中に、ノーベル賞受賞のニュースを受けとったと言われる。メモは、アインシュタインが、東京に滞在した際のこと。ホテルの部屋に、届け物をしたボーイに渡すチップがなかったので、「運が良ければ高額で売れる。」として渡したものだという。

最終的に、ものすごいチップになったということである。

日本にはチップの習慣はないので、このボーイが日本人だったのかどうかが気になるところだが、今回このメモをオークションに出した人はこのボーイのおいで、ドイツ在住とも伝えられている。明らかにはされていない。

http://www.bbc.com/japanese/41745019

<ナチスの核兵器開発をアメリカに警告したアインシュタイン>

アインシュタインはドイツで生まれたユダヤ人である。1922年にノーベル賞を受賞したが、その知らせは、日本訪問時に受け取った。この時、アインシュタインは、日本全国を公演して周り、日本の人々との交流を深めている。その後ドイツに戻ったが、1933にヒトラーがドイツで政権をとると、この年、反ユダヤ政策から逃れて、アメリカへ亡命する。

ユダヤ人への激しい迫害が伝わる中、アインシュタインは、1938年、ドイツの化学者がアインシュタインの相対性理論を使って核分裂エネルギーを発見したことを知る。ドイツが核兵器を開発しはじめたことに危機感を持ったアインシュタインは、ルーズベルト大統領にドイツ打倒のため、アメリカも核兵器を開発するようすすめたのであった。

これを受けて、アメリカは核兵器開発をすすめた。1945年5月、ナチスドイツは、アメリカの核兵器完成をまたずに降参した。しかし、アメリカは核開発をやめなかった。化学者1000人を動員して原子爆弾を急ぎ製造した。ドイツ降参からわずか3ヶ月後、アメリカは、完成したばかりの原子爆弾を広島に投下した。これは、日本を降参させるためというよりは、”実験”であったとの見方もあるほどである。

日本を訪れ、日本を愛していたアインシュタインはこれに衝撃を受けたという。まもなくアインシュタインは、世界の化学者とともに核兵器は、”世界政府”が管理すべきであると訴え、核兵器廃絶の平和運動を展開した。これにより1968年、核拡散防止条約への道を開くことになっている。

しかし、残念ながら、現在の世界の核開発は、さらに破壊力がすすみ、核保有国も拡散する方向にむいている。

かつて、アインシュタインが、アメリカのルーズベルト大統領に、ナチス打倒のために、核兵器開発を急ぐようすすめたという動きは、今現在、イランが核兵器の開発を行っているとイスラエルが懸命に訴えている様子とつながるものを感じた。

現代の核兵器の威力は、アインシュタインの時とは比べものにならないほど進歩している。次回、また世界戦争になり、核兵器が使われる時はまさに世界の終わりになってしまうだろう。それまでに、日本が再び核兵器実験の餌食にならないようにと懸念するところである。

*NHKその時歴史が動いた「日本を愛したアインシュタイン・その悲劇」 https://www.youtube.com/watch?v=nQuXDrAu76Y&t=848s
タグ :

イスラエルで見たオバマ大統領広島訪問 2016.5.28

 2016-05-28
伊勢志摩でのG7に続いて、オバマ大統領の広島訪問は、27日、BBC, CNNとも朝からトップで報じた。

BBCは、オバマ大統領の広島訪問を実況中継で伝えた。この時間、イスラエルはランチタイムなので見た人は少ないと思われるが、見る事は可能だった。

BBCの特派員は、オバマ大統領が、スピーチの中で、”被爆者”という日本語を使った点に注目。安倍首相が、あえて謝罪を要求しないと語ったことなどもあわせて高く評価する報道を行った。

また、広島には、日本人だけでなく、在日韓国人も被害にあったことを配慮したスピーチであったとも伝えた。

http://www.bbc.com/news/world-asia-36394975

アメリカのメディアであるCNNは、この件とともに、広島原爆記念館の展示物の写真を公開している。その中には、有名な「原爆で黒こげになった弁当箱」もあった。少しだが、当時の被爆者の悲惨なビデオも報じられた。

広島で被爆したアメリカ人捕虜を、被爆者として登録することに尽力した歴史家の森重昭さんへのインタビューも行っている。

http://edition.cnn.com/2016/05/26/politics/obama-japan-hiroshima-what-to-watch-for/index.html

<イスラエルでの報道>

イスラエルでは、テレビの夕方のニュース、また、プライムタイム・ニュースでも、トップニュースではなかったが、オバマ大統領の広島訪問を、原爆投下当時の映像、被爆者との面会、日本人一般女性へのインタビューも含めて報じた。

特にオバマ大統領が、「我が国を含む核保有国は、(核兵器をなくせば攻撃されるという)恐れの論理を克服する勇気をもたなければならない。私が生きている間に実現しないかもしれないが、努力はつづけていくべきである。」と語った点をとりあげて報じていた。

イスラエルは、核兵器を保有について肯定も否定もしないという立場で、実際には保有していると考えられている。

http://www.mako.co.il/news-world/international-q2_2016/Article-e501cd59361f451004.htm(チャンネル2のネットサイト)

<石のひとりごと>

オバマ大統領が、広島の原爆資料館を視察したのち、原爆ドームを訪問したことは日本人にとっては非常に意義あることである。しかし、それに加えて、原爆の事実が多少なりとも世界に報じられたこともまた、大きな成果ではないだろうか。

また、被爆者の方々や、広島の人々が、憎しみをぶつけたり、謝罪を求めたりするのではなく、オバマ大統領の訪問を歓迎している様子が、印象的だった。海外のメディアも、その点も評価する形で報じていたことが感謝であった。

<謝罪を求めないということについて>

作家の塩野七海さんは、日本政府があえて謝罪を求めないことについて、それこそ日本の品位であり、逆により効果的に原爆を訴える力にもなると語っている。

http://www.asahi.com/articles/ASJ5R3T1VJ5RULZU00Q.html?iref=comtop_favorite_01

原爆の問題は、アメリカの犯罪というだけでない。人類全体に対する警告も含む大きな問題である。

これはイスラエルのドイツに対する態度にも見られる。イスラエルは、ドイツに対して謝罪は求めていない。これは謝ってもらってすむというレベルの問題ではないからである。むしろ、これは、人類全体の問題だと世界に訴えている。

ドイツの方でも、口だけの謝罪ではなく、70年たった今もまだイスラエルへの実際的支援を行っている。ドイツの次世代の子供たちにはホロコーストを語り伝えている。結果、イスラエルに来るボランティアは、現在もドイツ人が一番多いという結果になっている。

世界で唯一の被爆国である日本が、これを機に、品位をもって、世界の核兵器廃絶にさらに貢献できればと思う。
タグ :

欧米のボイコット運動・日本のイスラエル投資拡大 2015.11.23

 2015-11-23
今月11日に、EUが決定した通り、西岸地区にあるイスラエルの入植地製品に生産地ラベリングが始まっている。

ドイツのデパート、カデウィでは、入植地製品を決め、製品を棚から排除した。しかし、これが物議となったためか、このデパートは、まもなく謝罪した上、商品を元に戻している。

アメリカでは、人類学学会が、イスラエルの教育機関をボイコットするかどうかの採択を行ったところ、賛成多数により、正式にイスラエルの教育機関を学会から閉め出す(認めない)ことを決めた。

2016年にはこれが実施となるが、実際には、イスラエル人学者とのコミュニケーションや機関誌への論文の発表が遮断されることはないらしく、決議が、単に学会としての意見を表明しただけなのかどうかは不明。

しかしながら、アメリカの学術の世界で、正式にイスラエルをボイコットするとしたのはこの学会が最大。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/203722

<日本はイスラエルとのビジネスに邁進>

欧米の動きと反対に、日本は、今年初頭に安倍首相がイスラエルとの技術協力とビジネスの関係を深めるとの方針を決めてから、実際にそのような流れになってきている。

今年、トヨタは、イスラエルのスタートアップ企業を集めてのハッカソンを行ったが、その成果から、さらにイスラエルの新技術を取りこむ方針を決め、今度、本拠地トヨタにイスラエル起業家たちを招いて、投資検討会を開催するという。

これに伴い、新しくイスラエルが大阪に立ち上げたトレードオフィスでは、大阪とその周辺地域で、イスラエルの起業家たちを招いての投資検討会が開催する予定だという。

参加は主には、トヨタ、ホンダ、日産、マツダなどの自動車販売企業だが、この他、食品など多岐にわたる分野の会社も参加する。

現在、イスラエルと日本の貿易額は年間23億ドル(輸出8億ドル 輸出15億ドル)。イスラエルとしても日本向けの輸出を増やして行きたい考え。

http://www.timesofisrael.com/japan-inc-sets-out-welcome-mat-for-israeli-businesses/?utm_source=Start-Up+Daily&utm_campaign=b92cf10c4c-2015_11_22_SUI11_22_2015&utm_medium=email&utm_term=0_fb879fad58-b92cf10c4c-54741017
タグ :

イスラエルー日本:直行便へ合意 2015.7.17

 2015-07-17
今年1月に安倍首相がイスラエルを訪問して以来、イスラエルと日本の交流が活発化しているが、その中で先週、イスラエルと日本との航空関連の会議が東京で行われ、週14便(往復7便)を限度として直行便を開始する事で合意した。

これにより、イスラエルの航空機は、東京だけでなく、大阪など他の都市にも就航できるようになる。Yネットによると、会議には、日本航空や全日空も参加しており、双方興味を示しているという。

2014年中の日本からイスラエルへの訪問者は、観光客を含め、13000人だった。カッツ交通相は、今後日本からの観光客が増え、政府の方針である両国の関係強化につながるとの期待を語っている。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4680750,00.html
タグ :

中山泰秀・外務副大臣イスラエル訪問 2015.6.16

 2015-06-16
中山泰秀外務副大臣(44・大阪出身)が、本日、エルサレムでネタニヤフ首相を訪問。その後、首相府長官エリ・グロナー氏と、今後どのように日本とイスラエルが協力を進めて行くかの打ち合わせを行った。この会議には、技術者チームも加わっている。

日本とイスラエル間のビジネスはまだ未開であり、イスラエルから日本への輸出は、日本の輸入全体の0.1%にとどまっている。(イスラエル政府GPOデータ)。

日本は、サイバーテクノロジーを柱とする技術協力をイスラエルに期待。イスラエルは、世界第3位の経済大国・日本からの投資や日本への輸出拡大を期待している。また2020年には、日本でオリンピックが開催されることから、日本との関係強化はタイミングがよいとみている。

ネタニヤフ首相は、安倍首相が今年1月にイスラエルを自ら訪問し、イスラエルとの関係強化の方針を打ち出したことが大きな一歩になったと歓迎する意向を中山外務副大臣に伝えている。

<日本親イスラエル議員連盟と中山泰秀氏> 

http://embassies.gov.il/tokyo/NewsAndEvents/Pages/Japan-Israel-Friendship-Parliamentary-League.aspx

日本には親イスラエル議員連盟がある。現在、会員55人。同連盟は、1986年に、竹下内閣、村山内閣、小渕内閣などで大臣を歴任した中山正輝氏が設立した。今回、イスラエルを訪問している中山泰秀外務副大臣は、その息子で、イスラエル政府もこれを評価している。

しかし、日本国内の反応は厳しい。中山泰秀氏は、親イスラエルすぎて、アラブ世界への無知、ならびに配慮が足りないと批判されている。

特に今年1月、イスラム国から後藤さんら日本人人質の殺害予告があった時、日本政府はヨルダンに対策本部を設けた。その責任者が中山泰秀氏だった。

強烈なイスラム主義者との対応が予想される中、公に親イスラエルの中山氏を派遣したことは、安倍首相知っての事か、知らずに派遣したのなら、考えられない失策だと批判されている。

実際、イスラム国との交渉に日本はいっさい関われず、こうした交渉に経験のなかった中山氏は、失態をさらしたとまで書かれている。
http://president.jp/articles/-/14543

<日本・イスラエル支援議員リスト>  http://palestine-heiwa.org/choice/g-list.html

パレスチナ情報センター(親イスラエルからは反対の立場と思われる団体)が、日本の政治家で親イスラエルと思われる政治家と、その言動を記録したリストをアップしている。中山泰秀氏も名前があがっている。

また、石原慎太郎氏は元イスラエル親善教会の会長もしており、イスラエル建国42周年集会を東京で開催している。批判的な部分も多々あるが、興味深い資料。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫