FC2ブログ

トランプ大統領:世紀の取引・中東和平案公開へ:ネタニヤフ首相・ガンツ氏をワシントンへ招待 2020.1.28

 2020-01-28
第5回ホロコーストフォーラムが開催された23日、トランプ大統領が、独自の中東和平案”世紀の取引”を数日以内に明らかにするとして、ネタニヤフ首相と、そのライバル、青白党のガンツ党首とワシントンへ招待すると発表した。

ネタニヤフ首相は、ただちにこれを快諾。ガンツ氏も承諾したが、後に、ネタニヤフ首相の罠だと感じたのか、これを断るとのニュースも流れた。最終的には、ガンツ氏もワシントンに行くことになったが、ネタニヤフ首相とは別に、トランプ大統領と会談する。

27日夜、ネタニヤフ首相は、サラ夫人を伴って、ワシントンに到着。ガンツ氏は、別の飛行機で、27日日中に到着。28日、まず、ネタニヤフ首相がトランプ大統領と会談、その1時間半後にガンツ氏がトランプ大統領と会談する。翌28日、トランプ大統領とネタニヤフ首相がもう一度会談するという流れである。

https://www.nytimes.com/2020/01/23/world/middleeast/israel-peace-plan-kushner.html

この他、世紀の取引、中東和平案が発表されるにあたり、アラブ諸国の大使らもその場に招待されているとの情報もある。(チャンネル13)

<トランプ大統領中東和平案:世紀の取引とは?>

トランプ大統領が、親イスラエルであることは、明白であるため、トランプ大統領の中東和平案は、おおむねイスラエルに有利であるとみられているが、まだ何がおこるかは予想不可能と言っておいたほうがよいだろう。これまでに、メディアにもれて、明らかになっている点は以下の通り。

①イスラエルはヨルダン渓谷を合併。西岸地区のユダヤ人入植地にイスラエルの法律を適応する(つまり合併??)。
②エルサレムの一部(防護壁の外側)を首都とし、非武装のパレスチナ国家を設立する。

この双方とも、ネタニヤフ首相が、すでに訴えてきたことであるため、ネタニヤフ首相はこれを歓迎するとみられる。26日、ネタニヤフ首相はワシントンへ出発するにあたり、「この3年、イスラエル最大の友人、トランプ大統領とは数え切れないほど話し合ってきた。彼と共に、歴史をつくりに行ってくる。」と述べた。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/275139

一方、ガンツ氏は、トランプ大統領が、ネタニヤフ首相に対して、異様に好意的であることから、ワシントンで2人にまるめこまれないよう、警戒しているもようで、いったん招待を断るとのニュースも出たが、最終的には、ワシントンへ向かっている。

実際、トランプ大統領が、ネタニヤフ首相との会談を予定している28日、イスラエルの国会では、ネタニヤフ首相の汚職への起訴に関する決議が行われる。その日をあえて選んだかのごとく、ネタニヤフ首相をワシントンへ招待していることが、トランプ大統領とネタニヤフ首相の計略であるとも考えられるわけである。

https://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/Deal-of-the-Century-Does-Israel-know-what-it-wants-615456

<反発するパレスチナ:自治政府解散を脅迫>

パレスチナ自治政府のアッバス議長は、トランプ大統領の世紀の取引を全面的に拒否した上、アメリカとの交渉も全面的に拒否している。

今漏れ聞こえてくる取引の内容によると、パレスチナ国家ができたとしても、領土は今の70%になり、しかも非武装となっている。パレスチナ自治政府がこれを受け入れることはないだろう。

26日、パレスチナ自治政府の報道官は、高官らが、議論を続けており、自治政府を解散することや、オスロ合意の部分的破棄の可能性が上がっているという。いずれの場合も、和平どころか、混乱を引き起こすことになる。

また、パレスチナ自治政府のマルキ外相は、アラブ諸国との実質的な対処の話し合いが進んでいると述べた。

しかし、近年、パレスチナ人と同じスンニ派のアラブ諸国は、アメリカとイスラエルに近づく傾向にある。サウジアラビアにいたっては、イスラエルからの観光客を受け入れるとの話にもなっている。パレスチナ問題で、これらのアラブ諸国がどう出てくるか、先行きは見通せない。

ハマスもトランプ大統領の「世紀の取引が成立することはない。」と、これを拒否すると表明した。ハマスの指導者ハニエは、近くカイロで、ハマスとファタハ(パレスチナ自治政府)の会談が予定されていると言っている。

https://www.timesofisrael.com/savaging-trump-peace-plan-palestinians-again-threaten-to-dissolve-pa/

そのハマスだが、最近、またガザから、風船に爆発物を装着したものをイスラエル南部に飛ばしてきて、問題になっている。25日(土)には、ガザから40キロも離れたネゲブ地方の、キブツ・スデ・ボケルで、爆発物が装着されている風船が発見された。

これを受けて、イスラエル軍は、ガザ内部への空爆を行った。これによる負傷者は報告されていない。

https://www.timesofisrael.com/idf-jets-strike-gaza-targets-in-response-to-launch-of-incendiary-devices/

<ヨルダンのアブドラ国王:トランプ和平案に反対表明>

ヨルダンにとって、イスラエルがヨルダン渓谷を合併することは受け入れがたいことである。ヨルダンのアブダラ国王は、トランプ大統領の中東和平案には、まったく同意できないとする立場を強調した。

https://www.timesofisrael.com/jordanian-king-reiterates-opposition-to-us-peace-plan-ahead-of-release/

<本当の目的は?:和平案でも和平は期待せず?>

今回のトランプ大統領の世紀の取引の公表だが、本来はもっと早くに発表される予定だった。それが、イスラエルの総選挙で首相がいまだに決まっていない状況を受けて、発表ができなかったのである。

しかし、その概要は関係諸国には伝えられていたとみられ、すでに、パレスチナ側は、完全拒否を表明しているわけである。この状態で、イスラエルとパレスチナの間に、和平が実現するはずはない。とすると、トランプ大統領が、今この和平案を発表するとしても本当の目的は、和平の実現ではなさそうである。

アメリカでは、今年の大統領選挙を前に、トランプ大統領が弾劾の危機にある。今まだ、トランプ大統領の庇護があるうちに、イスラエルが、ヨルダン渓谷と、西岸地区の30%を合併してしまうということが目的とも考えられなくもない。

今回の和平案発表は、ちょうどエルサレムで、第5回世界ホロコースとフォーラムに46人の首脳が集結し、ホロコーストに思いをさせた直後である。イスラエルへの世界の同情が若干でも残されている時期であるとも考えらえる。

こうした要素から、今回のトランプ大統領の和平案発表の動きは、政治的にネタニヤフ首相を起訴から救い出して、次の総選挙での立場を有利にするとともに、トランプ大統領自身も、大統領選挙を前に、ユダヤ人や福音派の支持を得ようとする政治的なパフォーマンスだとの見方もある。

この同じ時期の先週、トランプ大統領は、現職大統領としては初めて、中絶反対のマーチ・フォー・ライフで、演説した。これについても、福音派の熱狂的な支持を得たとみられる。

<ISIS:イスラエルとユダヤ人を攻撃せよ>

それはまた、これを阻止しようとする力も大きいことからも察せられる点である。27日、ISが、トランプ大統領の和平案に反発し、イスラエルとユダヤ人(入植地)を攻撃するよう呼びかける録音の音声を流した。

ISは、パレスチナ人は、アラブの戦いの最前線にいるとし、「今日、我々は新しいステージに入った。我々の目は今、エルサレムに向けられた。」と宣言した。

https://www.ynetnews.com/article/SyL6pD2ZL
カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

イスラエルを戦犯の疑いで捜査開始へ:国際刑事裁判所主任検事 2019.12.22

 2019-12-22
20日、ICC(国際刑事裁判所)のファトウ・ベンソウダ主任検事は、イスラエルが東エルサレムとガザで戦犯を犯していると判断しうる事実があるとして、捜査を進めていくと発表した。具体的には、入植地のポリシーと、2014年のガザとの戦争が主な調査対象になるという。

ただし、ベンソウダ検事は、ハマスとその他のパレスチナ人組織についても、市民をターゲットにしたり、拷問をするなどの戦犯にあたる材料があるとして、こちらも捜査をすすめると言っている。

ハマス、パレスチナ自治政府のアッバス議長は、これを「歴史的」と評し、歓迎すると発表した。

一方、ネタニヤフ首相は、「ICCは、正式な国が対象になっているはず。パレスチナという国はいまだに存在したことがないのに、それを対象にするのは、政治的な意図であり、不条理だ。ICCは、ユダヤ人が、聖書の地、父祖の地に住んでいることを戦犯と言っている。」と怒りをもって反発した。

https://www.timesofisrael.com/hamas-praises-icc-for-readying-probe-of-alleged-war-crimes-by-israel-and-it/

ベンソウダ検事の発表に先立ち、イスラエルのマンデルビット司法長官は、「裁判所に政治的なことを捜査する権限はない。パレスチナ人は、裁判所に圧力をかけて、交渉によって解決すべき政治的な問題を、犯罪という形にすり替えようとしている。」と反論した。

今またこのような問題が噴出しているのは、ネタニヤフ首相が、選挙に勝った暁には、ヨルダン渓谷を併合すると発表するなど、右派路線を強調していることで、パレスチナ人の間に、危機感が高まったかもしれない。

これから先どうなるかは不明だが、相変わらず、世界からのイスラエルへの風当たりは厳しいということに変わりはない。

https://www.timesofisrael.com/hamas-praises-icc-for-readying-probe-of-alleged-war-crimes-by-israel-and-it/
カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

アルバニア地震:イスラエルの救援隊活躍中 2019.11.30

 2019-11-30
26日朝、ギリシャに近い、バルカン半島のアルバニアでマグニチュード6.5の地震が発生。NHKによると、これまでに47人の死亡が確認されたが、まだ必死の捜索が続けられている。

フランス、イタリア、ルーマニア、トルコ、サルビア、アメリカが、救援隊を派遣しているが、イスラエルからも救援隊が派遣された。今回は、イスラエル軍ではなく、ヘルモン山地域評議会の救援チームである。

https://www.ynetnews.com/article/H11Eu433r
カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

和平条約25年:悪化をたどるヨルダンとの関係 2019.11.8

 2019-11-08
イスラエルとヨルダンは、1994年にラビン首相とフセイン国王との間で、和平条約が成立した。10月26日、両国はそれから25周年を迎えた。

25年たった今、イスラエルとヨルダンの関係は複雑である。ヨルダンは、1994年の合意の時に、ヨルダン側に入ってしまったイスラエル人の畑(名はライムにあるキブツ・ゾファルの900ヘクタールの畑)を平和の島として、イスラエルに貸す契約をしていた。

ナハライムは、ガリラヤ湖南部で、ヨルダン川とヤルムク川が交差する地域で、1997年に、精神に障害を持つヨルダン軍兵士によって、7人のイスラエル人少女(13−14歳)たちが間違って射殺された地域として知られる。

この時、異例にも当時のフセイン・ヨルダン国王が、犠牲者の家を訪問して謝罪したことで知られる。ヨルダンは、25年後の期限を迎えた今、この地域に関する契約の延長をしないと決めた。今後、イスラエル人の農夫らは、畑に行くことができなくなった。

https://www.timesofisrael.com/israeli-farmers-sweat-as-land-they-worked-for-decades-to-be-given-back-to-jordan/

イスラエルとの関係が複雑になってきた背景には、ヨルダン市民の60%がパレスチナ人で、もともとイスラエルとの和平に賛成しない人が多く、最近では、この契約を破棄するよう求めるデモも発生していることがあげられる。

また最近、第三神殿推進派の動きをめぐって、神殿の丘でのイスラエル軍との衝突が増えてきつつある。1967年以降、神殿の丘の管理は、ヨルダンのワクフ(イスラム組織)なので、その度にヨルダン政府が、イスラエルを非難する声明を出している。

さらに、ネタニヤフ首相が、総選挙にあたり、もし時期も首相になった場合、ヨルダン渓谷をイスラエル領に合併すると公約しており、ヨルダンは、これをヨルダンへの敬意の欠損と指摘する。

<アロンの墓への訪問を禁止>

ヨルダンの代表的なナバテア人の遺跡ペトラの近くには、モーセの兄アロンの墓があるとされる高い山、アロンの山がある。そこへ至るには丸1日かけて登っていかなければならないが、そこまで行くユダヤ人がいる。

このアロンの墓をヨルダンは、今年8月2日、突然、訪問禁止とした。理由は、ユダヤ人たちが、そこで違法に角笛をふきながら祈ったとも言われている。

https://www.timesofisrael.com/jordan-closes-holy-site-to-visitors-after-jewish-group-prays-without-permission/

このせいか、10月末、旅行者とともにヨルダンへ入った際、みやげ品として、メノラー(ユダヤ教のろうそく立て)を購入した人が国境で、没収された。ユダヤ教関連グッズや、角笛も今後、没収される可能性があるという。

<ヨルダンの大使呼び戻し事件再び>

2017年、イスラエル大使館で、イスラエル人がヨルダン人2人を殺害する事件が発生。この時、ヨルダンは、関係したイスラエル人をイスラエルへ変換したのだが、ネタニヤフ首相が、そのイスラエル人に「よくやった」とヒーローのように迎えたことがあった。

ヨルダンが激怒したことは言うまでもないことである。ヨルダンは、ただちにイスラエルに派遣している大使を呼び戻し、イスラエルも大使を呼び戻したことで、両国の外交は、6ヶ月間、途絶えたのであった。

https://www.timesofisrael.com/colder-than-ever-25-years-on-israel-and-jordan-ignore-peace-treaty-anniversary/

最近では、イスラエルで、”治安”問題としてヨルダン人2人が拘束され、ヨルダンでは、イスラエル人1人が侵入したとして拘束された。この事態を受けて、一時、ヨルダンの在イスラエル大使がヨルダンに呼び戻された。

しかし、イスラエルとヨルダンは、双方ともに、和平条約を維持し、治安問題、経済関係、ヨルダン川の水関係や、死海に紅海から水を引くプロジェクト関連など、様々な分野で、協力することが必要であることはわかっている。

今回も、交渉がまとまり、事件から1週間以内に、呼び戻されていたヨルダンの在イスラエル大使は、イスラエルに戻った。イスラエルに拘束されているヨルダン人2人も6日、ヨルダンへ戻された。

ヨルダンとの関係は、微妙ながらもなんとか平和を保っているというところか。

*ジャラッシュで無差別ナイフテロ:8人負傷

時々情勢とは無関係と思われるが、ヨルダンの観光名所の一つで、貴重なローマ帝国時代のデカポリスの一つジャラッシュ(ゲラサ)で、ナイフによる無差別テロがあり、ヨルダン人ガイド1人と観光客(メキシコ人、スイス人)計8人が負傷した。犯人はその場で逮捕された。

https://www.bbc.com/news/world-middle-east-50316093

<石のひとりごと>

ここまで読んでくださった読者の皆様に感謝申し上げたい。中東ではここしばらくの間に、実にいろいろな動きがあり、まとめるだけで1週間かかってしまった。

中東では、2010年に中東各国で反政府デモが発生し、多くの独裁者が倒れたことから、アラブの春と呼ばれた。今、その再来かとも言われるほど、各地でデモが発生している。しかし、実際には、以前のアラブの春が、終わっていなかっただけとの見方もある。

それにしてもユーフラテス川を境に、ロシア、トルコ、シリア、イラン、またその背後に控える中国と、見事に大国が、控える図式になりつつあるが、何度も書いているように、これは聖書が予言している形である。

エルサレムでイスラエルと中東、世界を見据えて祈りのエキスパート、リック・ライディング牧師は、今、世界全体がゆすぶられていると語る。これは、国々の中から、主を知る人々が起こされ国々が救われる最後のチャンスの時ということである。合わせて、希望のない国はないと言っていた。

今、日本もゆすぶられている。天皇が交代し、経済も落ち、災害が相次いでいる。人口も減る一方である。人間の力の限界を悟り、神の前にへりくだるときである。

自分を罪あるものと認め、その赦しを自分の力や善行などでは獲得できないことも認め、神自身が備えてくれたイエスの十字架刑の死とそこからの復活による赦しを受け取ることである。
カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ロシアで拘束のイスラエル人女性をめぐって 2019.10.21

 2019-10-21
中東が大きく変化する中、アメリカとロシアの力関係も変わりつつある。イスラエルもサバイバルをかけて、米露との関係を中心に、外交の駆け引きを続けている。そうなると、捕虜などで国民がとられた場合、それが駆け引きに使われることになる。

今年4月9日、アメリカ国籍で、イスラエル人でもあるナアマ・イッサカルさん(26)が、モスクワ経由でインドへ旅行した帰り、モスクワで、カバンの中にわずか9.6グラムの大麻が発見され、逮捕された。

ナアマさんは、麻薬密輸犯として、7年半の実刑判決を受け、そのままモスクワに拘留されたままになっている。

ナアマさんは、大麻がカバンに入っていることを忘れていたという。しかし、9グラムといえば、スティックシュガーほどの量で、イスラエルでは、医療用などで大麻を合法化する道も開かれ始めている。

しかも、モスクワには、トランジットで立ち寄っただけで、ロシアに麻薬を密輸するという道理もないわけである。イスラエル政府は、この判決が重すぎるとして、ロシアにナアマさんの身柄を引き渡すよう、要請した。

するとロシアは、2015年にイスラエルで拘束されたロシア人ハッカーのアレクセイ・ボルトブとの交換だと返答した。ボルトブは、クレジットカードのハッキングで、主にアメリカ人から莫大な金を奪い取った人物。イスラエルの最高裁は8月、ボルトブをアメリカへ移送することを決めた。

しかし、ロシアは、イスラエルにボルトブの身柄引き渡しを要求していた。イスラエルはこれを断っていたが、今、ナアマさんが、ボルトブとの交換に利用された形である。

https://www.timesofisrael.com/israel-hoping-woman-jailed-in-russia-will-be-freed-by-putin-visit-in-january/

ナアマさんの母親ヤッファさんは、政治的な策略で娘はスケープゴートにされるということだと思うと語り、一刻も早く娘をとりもどしてくれるよう、政府に要請した。

この件については、先にネタニヤフ首相がモスクワを公式訪問した際にも、プーチン大統領に要請が出していたが、受け入れられなかった。ネタニヤフ首相は、家族からの要請を受け、先週、再度プーチン大統領に要請を出した。

リブリン大統領も、プーチン大統領に、「ナアマは、間違いを犯したし、本人もそれを認めています。しかし、彼女には犯罪記録はないし、まだ若いうちにこうした判決を受けて、人生に及ぼす影響は大きいと思います。」と語り、恩赦を求めた。

https://www.timesofisrael.com/rivlin-pleads-with-putin-to-pardon-israeli-woman-jailed-in-russia/

プーチン大統領は、来年1月、アウシュビッツ解放75周年(旧ソ連軍が解放)を記念する式典のために、イスラエルを訪問することになっている。ナアマさんはこの時に返還されるのではないかと期待されている。

イスラエルは、期待にはずれてアメリカがシリアから撤退。ロシアがナアマさんを返還しないなど、ネタニヤフ首相が、頼りにしてきた米露との関係に影が及んでいる様子に、ネタニヤフ首相の外交の結果を疑う記事もある。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5608395,00.html

<石のひとりごと>

イスラエルは、今日はまだ例祭最後の国民の休日で、エルサレムの町も静かで平和そのものである 。イスラエルをとりまく中東情勢、内政も複雑で緊張が高まっているのではあるが、それとはほぼ無関係に、人々は平和を享受している。

しかし、この平和が当たり前でなく、いつ崩れてもおかしくないことは、だれもが承知の上である。心と実際の準備は、みなそれぞれの責任で覚悟している。

日本では、イスラエルのような戦争はないのだが、災害という大きな敵がやってくる。イスラエル人に学び、心を含めてできる限りの準備を行い、実際に難が来たときには驚かず、あわてず、周囲を助ける余裕を持っておきたいと思う。

今被災地で支援活動を行っているすべての働きの上に主のお導きと祝福を祈ります。
カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ネタニヤフ首相のガザ総攻撃指令を危機一髪で阻止 2019.9.16

 2019-09-17
先週10日、ネタニヤフ首相がアシュドドで、選挙演説をしている最中に、ガザからのミサイル警報が鳴った。これを受けて、ネタニヤフ首相も、避難を余儀なくされたが、20分後には演説を再開するという一幕があった。

この直後から、ネタニヤフ首相は、ガザへの本格的攻撃は選挙前にもありうるとの発言を出すようになった。

https://www.jpost.com/Breaking-News/Rocket-sirens-sound-in-Ashkelon-and-Ashdod-601243

のちの報道によると、ネタニヤフ首相は、実際に、総選挙を延期し、ガザへの本格的な攻撃を出す直前まで行っていたという。 これを阻止したのは、イスラエル軍のアビブ・コハビ参謀総長はじめとするすべての治安関係指導者であった。もし攻撃が実施されていたら、今ごろ収集のつかない大戦争になっていた可能性があるという。

この一連のことが明るみに出ると、ブルーアンドホワイトは、「ネタニヤフ首相が、治安問題を選挙活動に利用した。」として怒りを爆発させている。

ネタニヤフ首相が、治安問題を利用して、強いネタニヤフをアピールしたかどうかは、定かではないが、イスラエルの治安問題が、これまで以上に緊迫していることは違いない。

こうした中、ガザに近すぎて危険であるため、人口が減ってしまったキブツに、イスラエル軍兵士28人が自主的に移住した。このグループは、”グッシュ・エチオンで育った筋金入りの宗教シオニストの兵士たちで、”アレフ”と名乗っている。

彼らが住んでいる場所は、毎週金曜の国境デモの際は、イスラエル軍が使用した催涙弾の影響を受けるほどに国境に近いとのこと。

https://www.timesofisrael.com/idf-soldier-in-anti-tunnel-unit-moves-to-gaza-border-kibbutz-with-28-friends/

<しばらくはネタニヤフ首相の暫定政権・・・?>

いずれにしても、イスラエルで次の政権と首相が決まるのは、最短であったとしてもまだ1ヶ月以上先になる。暫定首相であったとしても、まだまだネタニヤフ首相のままで、しばらくは厳しい治安情勢を乗り越えていかなければならないだろう。

とはいえ、ネタニヤフ首相の汚職疑惑問題がどうなるかで、また別の人が前提政権を担うこともありえないわけではない。

この先、イスラエルはどんな動きになっていくのだろうか。もう人間には、さっぱりわからないが、とにもかくにも主はすべてを把握し、すべてを導いておられるわけである。主は、いったいこれから中東、世界はどんな計画をもっておられるのだろうか。ほんとうに目が離せない状況である。
カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫