FC2ブログ

西岸地区アップデート 2019.2.2

 2019-02-02
1)入植者とパレスチナ人の衝突続く

先週26日(土)午後、ラマラ北部で、アデイ・エルのユダヤ人入植者たちとパレスチナ人の間で銃撃戦となり、パレスチナ人1人が死亡。9人が負傷した。イスラエル軍と国境警備隊がこれをが両者を引き離して、沈静化させた。

パレスチナ側の情報によると、ユダヤ人入植者たちが、パレスチナ人の村アル・ムガヤルに侵入してきたことから、これを追い出そうとしたパレスチナ人らと銃撃戦にまでエスカレーとしたもようである。

一方で、アデイ・エルの入植者たちによると、パレスチナ人3人が、ユダヤ人少年を捉えて暴行しようとした際、少年手をナイフで刺すという事件が発生。入植者たちは、彼らから身を守るために、銃を使用せざるをえなかったと主張している。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/258162

パレスチナ人を撃ったのが、入植者であったか、かけつけたイスラエル軍であったかは不明。イスラエル軍は調査を行っているが、1週間経った今もまだ発表はない。

この一件で死亡したパレスチナ人は、ハムディ・タレブ・ナアサン(38)。4人の幼い子供の父親であった。しかし、これについては、後の調べで、ハムディが、イスラエルの刑務所を出入りしていたテロリストであったことが判明している。

30日には、エルサレム近郊の検問所で、パレスチナ人の10代の少女がイスラエル兵を刺そうとして、銃撃され死亡する事件も発生した。後に少女はラマラの高校に通うサマ・ズヘア・ムバラク(16)と判明。動機はまだわかっていない。

I24によると、こうしたイスラエル治安部隊をナイフで襲う一匹狼的なテロは、今も時々発生しているという。パレスチナ人の中には、個人的な背景から、イスラエル兵を襲って逆に射殺されることを自殺の手段に使うことがあることも明らかになっている。

https://www.i24news.tv/en/news/israel/194265-190130-palestinian-woman-neutralized-by-israeli-forces-after-attempted-checkpoint-stabbing

東エルサレム、西岸地区でも、日常は表向き、平穏に流れている。しかし、ニュースなどの面に出て来ない中で、パレスチナ人とイスラエル軍の衝突は、ところどころで発生している。

2)ヘブロンの国際団体を追放へ:ネタニヤフ首相

1995年、ヘブロンでは、モスクにおけるユダヤ人入植者による乱射事件で、パレスチナ人29人が死亡した事件があり、その後、ヘブロンをイスラエル、パレスチナで分けることとなった。ヘブロンは、双方にとって聖地である父アブラハムが葬られたとされるマクペラの洞窟がある。

1997年、イスラエルがヘブロンの80%から撤退して、その部分はパレスチナ人居住区となり、残りの20%はイスラエル人が住むことで、イスラエル(ネタニヤフ首相)と、パレスチナ自治政府(故アラファト議長)が合意した。これをヘブロン合意という。

これにより、マクペラの洞窟は、2つに分けられ、パレスチナ側とイスラエル側に分かれるという、いわば父の墓の前で、兄弟が争う形になったわけである。

以来、TIPH(Temporally International Presence in Hebron)という、非武装の国際監視団体(64人)が、両者の分離を監視することになった。TIPHに参加している国は、イタリア、ノルウェー、スェーデン、トルコとなっている。

1月28日、ネタニヤフ首相は、TIPHの駐留延長を認めない方針を明らかにした。

TIPHは、イスラエル兵がパレスチナ人に暴力を振るうなどのレポートをしてきたが、実際には、イスラエル軍、警察の公務執行妨害をしたり、入植者との争いを促したり、イスラエルを非難する種を探している極左団体を支援しているとの報告があがっている。

https://www.jpost.com/Breaking-News/Netanyahu-ends-mandate-of-international-observers-in-Hebron-578958

これについては、ネタニヤフ首相が右派の指示をとりつけるための一つだと評する記事もある。

3)自治政府ハムダラ首相辞任

パレスチナ自治政府のハムダラ首相が辞表を提出。受理された。これにより、パレスチナ自治政府では、新しい組閣をしなければならないが、時期政府に、PFLPなど、PLO以外の組織が加わらない見通しで、そうなると、ますますハマスとの距離があいて、パレスチナ人の分裂がさらに深くなると懸念されている。

https://www.jpost.com/Breaking-News/Palestinian-prime-minister-tenders-resignation-govts-to-Abbas-579047
カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ダム決壊のブラジルへイスラエル軍救援隊派遣 2019.2.2

 2019-02-02
71845b76d1dff077712a63294a1e5a6ad2fee9d5.jpg
ブラジルへ向かうイスラエル軍救援隊 2019.1.27 写真出展:イスラエル軍スポークスマンオフィス

先週25日に、ブラジル南東部で発生したダムの決壊で、これまでに110人の死亡が確認され、不明238人も絶望的と大惨事になっている。

https://www.bbc.com/news/world-latin-america-47096011

これに対し、イスラエル軍は、27日、隊員130人からなる救援隊を派遣。2月1日、その使命を終えて帰国の途についた。

イスラエルの救援隊は、捜索活動で、生存者は発見できなかったが、35人の遺体を発見。死亡したとみられていた15人のグループの生存を書くん人するという成果をあげた。

https://www.jpost.com/Breaking-News/IDF-Aid-mission-in-Brazil-ends-579354

ブラジルのボルソナロ大統領は、帰国する救援隊に感謝のことばをツイッターで公表した。

https://www.i24news.tv/en/news/international/194396-190201-bolsonaro-thanks-israel-as-idf-ends-rescue-mission-in-brazil

ブラジルは、先ごろ福音派クリスチャンで極右とも評されるボルソナロ大統領が誕生。アメリカに続いて、ブラジル大使館をエルサレムへ移動することを公言している国である。先月、ネタニヤフ首相がボルソナロ大統領の就任式に出席したばかりであった。
カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ネタニヤフ首相ブラジル初訪問:福音派クリスチャンとの関係強化 2019.1.1

 2019-01-01
ネタニヤフ首相は、ブラジルで新しく選出されたボルソナロ大統領の就任式(1月1日)に出席するため、12月28日から6日間、イスラエルの首相としては、初めてブラジルを公式訪問している。

ボルソナロ大統領は、強力な福音派クリスチャンであることから、親イスラエルの立場を全面に押し出しており、ブラジル大使館のエルサレムへの移動を公約の一つとして掲げている。

大使館移動については、まだ未定であり、公式の発表には至っていないが、大使館の移動は時間の問題と、ネタニヤフ首相に伝えたと報じられている。また、ボルソラノ大統領は、ネタニヤフ首相の招きに応じ、2019年3月までには、イスラエルを公式訪問したいとの意思表示をしたとのこと。

今回のネタニヤフ首相のブラジル訪問は、非常な歓迎を受けた。国賓級の歓迎は、アメリカの故アイゼンハワー大統領や、英エリザベス女王なみだったという。また、記念切手が発行されたが、その中にヘブル語で「救世主」と書かれていたという。

https://www.jpost.com/Israel-News/Benjamin-Netanyahu/Netanyahu-in-Brazil-Forming-an-alliance-with-a-superpower-575708

ブラジルでは、国民の20%が福音派クリスチャンである。ネタニヤフ首相の公式訪問に伴い、福音派クリスチャン代表たちにも会い、「イスラエルにとって、福音派クリスチャンほどの友人はいない。福音派クリスチャンにとっても、イスラエルほどの友人はいない。」と語った。

<石のひとりごと>

ブラジルで、ネタニヤフ首相は、福音派パワーで大統領になった、自身も福音派クリスチャンのボルソナロ大統領の就任式に、やはり福音派クリスチャンのポンペイオ米大統領とともに座る。今こそネタニヤフ首相に、福音が伝わるよう祈るときではないだろうか。

それにしても、ブラジルやアメリカの福音派クリスチャンたちが、政治を実際に動かしている。これを全面的に支持するわけではないが。。。

日本では、クリスチャンは1%にも満たず、その中でも福音派クリスチャンは、まだごくごく一部である。しかも福音派であっても、政治に興味を持つ人はごく一部であろう。だから政治的な実質の影響力は、祈りは別として、今もまだほぼ皆無に近いと言ってもよいだろう。*クリスチャン議員の方々には敬意を表します。

日本では、福音派クリスチャンであっても、本気で国を変え、政治を動かそうとする意欲に欠ける・・・ということもまたクリスチャン人数が増えない原因の一つなのでは、などと・・・こんなことを言うと反論も買いそうなことを考えてしまった。

あくまでも石のひとりごと・・・・ 

2019年、日本でもクリスチャンが国の祝福となり、国を動かす力になっていく一歩になれるよう、私自身も願いはじめようと思う。
カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ヒズボラの越境地下テロトンネル:国連安保理非難せず 2018.12.23

 2018-12-23
19日、国連安保理では、イスラエルが北の盾作戦で、摘発しているヒズボラの越境地下トンネルに関する会議を行った。

イスラエルの国連代表ダニー・ダノン氏は、レバノンのクファル・キラからイスラエル領内に続いていたトンネルに関する資料を提示して説明し、ヒズボラは、これらのトンネルを使って、ガリラヤ地方5箇所において、イスラエル市民に対するテロを計画していたと訴えた。

ダノン氏は、これは2006年の第二次レバノン戦争後の決議1701に違反すると主張した。UNIFIL責任者も、少なくともトンネル2本は、決議1701に違反すると認めている。

また、イスラエルは、これらの資料をUNIFIL(国連レバノン暫定駐留軍)に提示したところ、その資料がレバノン政府にわたり、そこからヒズボラにわたって、レバノンでは証拠隠滅が行われたと主張した。

アメリカのヘイリー国連代表は、ヒズボラを避難し、レバノンのアオウン大統領は、レバノン国境での軍事衝突を避けるため、トンネルの脅威を全力で解決してもらいたいと訴えた。

これに対し、アラブ諸国代表らは、「そういうイスラエルこそ、国境を越えて空軍をレバノン領内に侵攻させているではないか」と避難。レバノン国連代表は、北の盾作戦でイスラエルは、レバノンへの次なる戦闘を示唆していると避難した。

ロシアは、イスラエルの懸念は理解するが、双方、ことを荒立てない方がよいと主張した。

アメリカとイスラエルは、この問題への非難決議を主張しても、ロシアが拒否権を発動して、問題は棚上げにされるのがオチだとして、提訴することを控えたとのこと。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5430007,00.html
カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

オーストラリア:西エルサレムがイスラエルの首都 2018.12.17

 2018-12-17
オーストラリアのスコット・モリソン首相は、15日、オーストラリアは、西エルサレムをイスラエルの首都認めるとの正式発表を行った。

統一エルサレムではなく、西エルサレムだけをイスラエルの首都と認めることを正式な見解として発表するのは、ロシア(2017年発表)に続いて2国目になる。

モリソン首相は、1967年の国境線を国境と認める(東エルサレムはイスラエルではないということ)とし、東エルサレムは将来のパレスチナ人の国の首都になると述べた。

しかし、オーストラリア大使館の移動については、イスラエルとパレスチナの間に和平が成立してからとして、移動はさせない方針である。

https://www.timesofisrael.com/australia-recognizes-west-jerusalem-as-israels-capital/

これは当然、イスラエルにとっては残念なことだが、パレスチナ人も歓迎していない。

パレスチナ自治政府は、正式にはエルサレムをパレスチナの首都とすることを目標としているのであって、オーストラリアが、勝手に東だけを首都とするということは、失礼なのである。

パレスチナ自治政府のサエブ・エレカット氏は、これを無責任だと反発した。

また、オーストラリアに近いイスラム教国、マレーシアと、インドネシアは、たとえ西だけであってもエルサレムをイスラエルの首都と認めたことに反発している。

オーストラリア政府は、市民に対し、周辺イスラム教国への渡航にあたっては注意するよう警鐘を鳴らしている。

https://www.timesofisrael.com/australia-stands-by-jerusalem-decision-after-backlash/

<諸国大使館のエルサレム移動は暗礁!?>

5月にアメリカが、大使館をテルアビブからエルサレムへ移動した際、ネタニヤフ首相は、複数国が、アメリカに続いてエルサレムに大使館移動を検討中と述べていた。

しかし、事はそう甘くなさそうである。アメリカに続いて、グアテマラとパラグアイがまもなく大使館をエルサレムに移動させたが、パラグアイは、すでに大使館をテルアビブに戻してしまった。

チェコのミロス・ゼーマン大統領は、大使館をエルサレムへ移動させると言っていたが、外相がそれを撤回。イスラエルの首都は、1967年の国境に基づくべきとの見方が、今の所、チェコの正式見解となっている。

ブラジルの次期大統領に選ばれているボルソナロ大統領は、強力な福音派クリスチャンで、アメリカに続いてブラジル大使館をエルサレムへ移動させることを公約にあげている。

ボルソナロ大統領の就任は2019年1月1日。就任後、この件についても動き始めるとみられる。

これに対しアラブ同盟(22カ国)は、もし、本当に大使館を移動させるなら、ブラジルとアラブ同盟との関係が格下げになると警告した。アラブ同盟は、今週、ブラジリアに集まって、この件について論議し、ボルソナロ氏に圧力をかけるとみられる。

このように、諸国がエルサレム大使館移動に慎重なのは、アラブ諸国からの反発を招くからである。

来年のブラジルの動きにまずは注目したい。

https://www.timesofisrael.com/australia-stands-by-jerusalem-decision-after-backlash

カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

北の盾作戦の本質:高リスクで効果に疑問も 2018.12.13

 2018-12-13
4日に始まったヒズボラの越境地下トンネルの摘発は、今も続けられている。イスラエル軍は10日、3本目のトンネルを発見したと発表した。

しかし、トンネルは、レバノンとの国境ブルーラインの130キロに沿って数十本はあるとみられ、これらを全部みつけて破壊するためには、相当な時間がかかると思われる。ニュースでは当初、北の盾作戦は、数週間はかかると言っていたが、今は数ヶ月はかかるという説明になっている。

ヒズボラからの公式の声明はないが、イスラエル軍の働きを嘲笑するかのように、ネット上に、作業現場の位置(国境全体に分かれて5箇所)やイスラエル兵らが休憩している様子などの写真をアップした。

https://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/Hezbollah-The-Resistance-can-infiltrate-IDF-positions-574042

北の盾作戦について、ニュースでは、イスラエル軍がうまく先手をうったというニュアンスえで報じられているが、国際対テロ研究所で、特に地下戦略に詳しいダフナ・リッチモンド・バラク博士は、北の盾作戦は、かなりのリスクを伴う割に、結局、イスラエル側での作業だけでは、完全な解決にはなりえないと指摘する。

バラク博士が警鐘を鳴らすリスクは以下の通り。https://www.m-central.org/video/#lg=1&slide=0

1)イスラエル軍兵士へのリスク

トンネルの摘発、破壊作業をしているイスラエル軍兵士は、ブルーライン(国境)の壁のすぐそばである。つまりヒズボラからは丸見え状態で、無防備といってよい。これまでに、すでに、観察していたと思われるヒズボラ戦闘員が近づいてきたため、イスラエル軍が威嚇射撃するという経過が発生している。

また、10日、ヒズボラは、イスラエル軍が作業している位置を調べて地図で公開した他、イスラエル軍兵士が休憩しているところまで顔まではっきり見える写真をネットにアップした。

イスラエル兵が遠隔から銃撃されたり、ささいなことから衝突が発生する可能性はある。

2)トンネルを全部摘発することは不可能

バラク博士によると、トンネルは掘るのは比較的簡単だが、みつけるのは非常に難しい。イスラエル軍が今、摘発しているトンネルは、諜報による情報でみつけたもので、独自に地下を調べて、みつけたのではない。ということは、イスラエル軍がまだ知らないトンネルがあっても不思議はないということである。

また、イスラエル軍がトンネルを破壊している様子をみせることで、まだ知らないトンネルがどれかをヒズボラに教えていることになり、ヒズボラの戦略を助けることにもなりかねない。

もしかしたら、50メートル以上にまで掘り進んでいるものがあるかもしれず、ある日、驚きのヒズボラ侵入という可能性もまったく否定できないということである。

しかし、そこはころんでもただ起きないイスラエルである。ガザで学んだあらゆるハイテクとその組み合わせを駆使しながら、新たなトンネル対策技術の実践研究もすすめているとのこと。

3)トンネル摘発のかかる費用は厖大

いうもまでもないことだが、トンネルを掘る以上に、それを摘発することには、厖大な資金が必要になる。いわば、イスラエルは、ヒズボラに延々と終わりのないトンネル摘発に大金を使わされているということである。

その割に、トンネルから考えられる実際の被害はそれに見合うかどうかといえば、これは論議である。

たとえば、トンネルから誘拐されるイスラエル人があったとしても1人、2人であろう。とはいえ、ハマスのトンネルから誘拐されたシャリート兵士一人のために、テロリスト1000人が釈放され、その釈放者によって多くのテロ事件が発生しているということもあるので、大きな被害を防ぐということも考えられる。

いろいろ考えれば、数人の閣僚が言うように、最終的にはレバノンへ踏み込むしかないだろうとバラク博士は語る。

<トンネル摘発がもたらすもの>

トンネル摘発がきっかけとなり、結局、イスラエルがレバノンへ踏みこまざるをえなくなることもあるとしたら、一部の閣僚たちが言うように、誘導ミサイルがまだヒズボラに十分配備されていない今のうちがよいのかもしれない。

しかし、もしそうなれば、第三次レバノン戦争ということになり、イスラエル全国にミサイルの雨がふりそそぐことになる。ヒズボラは、イスラエル全土を標的に入れていると、今回も脅迫している。

さらに、イスラエルとヒズボラが戦争になれば、今はすぐ隣のシリアにイランとロシアがいる。限りなく大戦争になってしまう可能性は否定できない。

今回、イスラエルが、大きなリスクを知りながらも、トンネル摘発に踏み切ったのは、それらのトンネルが、イスラエル領内に入り込み、市民たちが、家の下で掘削の音を聞いているところまで来たからである。

一方で、北の盾作戦開始が、ネタニャフ首相に警察から汚職有罪の勧告が出た翌日、というタイミングであったことから、イスラエル国内では、ネタニヤフ首相が、前からあった北部トンネル問題を今、利用したのではと皮肉る人々もいる。

いずれにしても、サイは投げられたわけである。ただ北の盾作戦については、イスラエルが、先手を打ってトンネルを摘発できたと喜んでばかりはいられないということは知っておいたほうがよいだろう。
カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫