FC2ブログ

イラン全土で反政府デモ:ロウハニ大統領はアメリカ・イスラエルを非難 2019.11.22

 2019-11-22
アメリカがシリアから撤退し、中東の勢力図が大きく変わり始めた。それに加えて、ソーシャルメディアの発展も伴って、中東では、再びアラブの春ではと言われるほど、反政府デモが、レバノン、イラクでも続いている。

イラクでは、10月1日から激しい反政府デモが続いている。すでに300人以上が死亡したと伝えられている。

https://www.bbc.com/news/world-middle-east-50440110

こうした中、イランでも、15日から石油価格が2倍になったことがきっかけとなり、全国各地で、反政府デモが始まり、警察との暴力的な衝突となっている。4日めの20日、アムネスティ人権監視団体が、これまでに、21都市で、計106人、最大200人が死亡したと発表した。

しかし、イラン政府は、死者が106人というのは偽装だとして反発。イランでは4日前からインターネットが遮断されているため、詳細を把握するのが困難になっている。21日、BBCによると、国内のコミュニケーションは可能だが、国外へのコミュニケーションは今も困難な状況が続いている。

https://www.bbc.com/news/technology-50490898

https://www.nytimes.com/2019/11/21/world/middleeast/iran-protests-internet.html

ロウハニ大統領は20日、石油価格を2倍にしたのは、アメリカの経済制裁で困窮している人々を救済するためだったと説明。デモはすでに沈静化させたと発表した。デモは、アメリカとシオニスト(イスラエル)がしかけたものだと非難した。

https://www.timesofisrael.com/iran-blames-deadly-unrest-on-outsiders-including-us-and-israel/

アメリカがデモをしかけたかどうかは不明だが、アメリカのポンペイオ国務長官は17日、イランのデモを支持すると表明。アメリカとイスラエルは、以前から、イラン人自身が、今のイスラム主義政党を打倒して、民主的な国にすることを望んでいると表明していたのであった。

https://www.timesofisrael.com/pompeo-says-us-is-with-iranian-protesters/

<石のひとりごと>

イランはこれからどうなっていくのか。イランの一般の人々は今何を望んでいるのだろうか。今のイスラム政権が打倒されることはあるのか。あったとしたらその後はどうなるだろうか。

イスラエルで政府が決まらないという状態の中、中東は混乱はどんどん緊張が進んでいる。しかも、どうなっていくのか、予測は本当にまったく不可能である。できるだけ、早く、正確にお知らせしたいと願っているが、追いつかないぐらいに目まぐるしく動いている。

今、中東におけるアメリカの存在感が小さくなるとともに、勢力的なバランスが崩れはじめている。この事態に終止符をうつような反キリストなるものが登場する舞台になりはじめているのではないかとの予感もさせられている。
カテゴリ :イラン情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

イランが新たな核合意離脱:ファルドウ核施設稼働再開へ 2019.11.8

 2019-11-08
5日、イランのロウハニ大統領は、ファルドゥにある核濃縮施設に、ウランガスの注入を始めたことを明らかにした。これによりウランの濃縮が5%まで可能になる。これは、イランの2015年の核合意からの離脱措置4回目となる。

この措置は、アメリカが、あらたにイラン人9人の財産を凍結する制裁を行った後に行われたことから、イランがアメリカの経済制裁には屈しないと宣言をした形である。

また、ファルドウは、もともと極秘で建設されたもので、遠心分離機1044機の小さな施設である。しかし、極秘であったことと、急激なウランの濃縮が可能との疑いもあり、2015年の核合意においては、主要項目の一つであった。ファルドウの稼働再開は、核合意からの離脱をより鮮明にするものである。

ファルドウについては、2018年4月、ネタニヤフ首相が、イスラエルの諜報期間が押収したイラン核兵器開発に関する資料としてファイル10万冊を公表した際、イランが秘密裏にウランの濃縮を進めて核兵器を製造する計画アマッドの中心機関であると発表していた。

https://www.youtube.com/watch?v=qmSao-j7Xr4

このため、今後のファルドウの動きによっては、イスラエルが先制攻撃する可能性も否定できないとの懸念も出始めている。

また、ロウハニ大統領の発表の後、査察に入ろうとしたIAEA(国際原子力機関)スタッフの1人が検問を通過しようとしたところ、アラームがなったとして、そのスタッフの身柄が一時イランに拘束された。その後、このスタッフの入場が拒否されていたことがあきらかとなった。今後、IAEAの査察に影響が出る可能性も指摘されている。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5620483,00.html

なかなか強気のイランだが、ロウハニ大統領は、今回の措置も、まだ核の平和的利用の範疇であることを強調し、また、イランへの経済制裁が緩和されるなら、いつでも停止可能としており、国際社会に交渉の可能性を示唆した。

ただし、ハメネイ師によると、交渉は、あくまでもヨーロッパやその他の国々との交渉を指しているのであり、現アメリカのトランプ政権との交渉は拒否したままである。

イランとの交渉については、フランスのマクロン大統領が積極的に行っており、イランの核合意離脱第4弾を受けて、どのような動きに出るか注目されている。

<イランのねらいは?>

INSS(イスラエル国家治安研究所)のイラン核兵器問題の専門家シマ・シネイ氏は、イランの核兵器問題が明らかになってからすでに30年になるのに、まだ実際には核兵器製造にまで至っていないことについて、次のように説明する。

イランは、実際には核保有国になろうとしているのではなく、その気になればいつでも保有国になれるという状態を保ちながらも、核兵器の保有自体は避けるという、いわば、日本と同じような形で世界へのけん制を維持しようとしているのではないかということである。

また、シネイ氏は、イランの様子を見ると、アメリカの厳しい経済制裁で大きな打撃をうけてはいるものの、なんとか乗り切る方策をみつけているようだと見る。それを可能にしているのは、主に中国だと指摘する。

アメリカは、これまでに、イランの原油禁輸措置を発動し、イランとの交易をする国はアメリカとの交易も遮断するという脅迫に近い制裁を強行し、日本を含め各国もそれに従わざるを得ない状況に置かれている。しかし、中国はこの下にあるわけではない。

中国はイランから原油を密輸し、それを国内に運び込まず国外に維持することで、現在必要とする以上の原油をイランから購入している。また、国内に搬入せず、国外の原油保管施設に置くことで、表向きには、イランとの交易は行っていないとも言えるわけである。

来年には、アメリカ大統領選挙があり、11月に、トランプ大統領以外の大統領になっている可能性もある。イランは、核合意離脱を段階をおって実施しながら、経済制裁をなんとかやりすごし、トランプ政権の今後を見定めようとしているとも考えられる。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5620483,00.html

<イスラエルの反応>

ネタニヤフ首相は、ファルドウの再稼働はイスラエルの危険になりうるとの認識を語った。同時に、これはイスラエルだけではなく、世界の危機でもあると強調した。

https://www.jpost.com/Israel-News/Netanyahu-Irans-decision-to-enrich-uranium-at-Fordow-endangers-the-world-606969
カテゴリ :イラン情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

イランのタンカーがサウジアラビア付近で炎上中 2019.10.11

 2019-10-11
トルコがシリア北東部へ侵攻したとのニュースが激震を発する中、イランのタンカーがサウジアラビア沿岸で、爆破・炎上するというニュースが飛び込んできた。

報道によると、紅海上(ホルムズ海峡ではない)、サウジアラビアの港付近を航行していたイランの石油タンカーが、なにものかのミサイルで攻撃され、炎上。紅海に石油がリークしているという。タンカーの船員は無事とのこと。

先月、サウジアラビアの石油施設が大きく打撃を受けて以来の緊張の中での出来事である。まだ発生したばかりのニュースであるため、後続する情報に注目されたし。

https://www.timesofisrael.com/iranian-oil-tanker-explodes-off-coast-of-saudi-arabia/
カテゴリ :イラン情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

イランとアメリカ国連での対談ならず:今後は?2019.9.29

 2019-09-29
今年の国連総会は、サウジアラビアの石油施設が何者かの攻撃を受け、一時、原油産出量が半分にまで落ち込んだという事件の直後であった。アメリカとサウジアラビアは、イランによるものとの正式発表を行った。イランは、これを今も否定している。

アメリカによるイランへの軍事攻撃が懸念されたが、トランプ大統領は、イランとの戦争は望まないとして、イランへの経済制裁を新たに発動。サウジアラビアへ、パトリオット迎撃ミサイルなどとともにアメリカ軍200を派遣するに留めた。

ニューヨークタイムスによると、現在、中東全域にいるアメリカ軍は計2000。そのうち500がサウジアラビアに駐屯しているという。

https://www.nytimes.com/2019/09/26/world/middleeast/troops-defense-saudi-pentagon.html

<国連総会:イランとアメリカの対談実現せず>

こうした動きがある中で、毎年恒例の国連総会が24日から開催となった。世界は、この総会でニューヨークに来るイランのロウハニ大統領とトランプ大統領の首脳会談が実現するのではないかと期待した。

サウジアラビアへの攻撃以来、核合意を維持するため、先頭に立ってイランとの対話を進めているフランスのマクロン大統領は、ロウハニ大統領との対話を続け、イランとアメリカ首脳会談の用意は整ったと思うと発表した。

その後、ロウハニ大統領は、トランプ大統領が、経済制裁を緩和することと引き換えに首脳会談を行うことを示唆したとメディアに伝えた。しかし、トランプ大統領はこれを否定。最終的に、両首脳の会談は実現しなかった。

トランプ大統領はあくまでもイランとの戦争は避けたいと言っているが、緊張は続いている。

*ロウハニ大統領と安倍首相との会談

イランの原油輸出得意先である日本。安倍首相が、24日、イランのロウハニ大統領と会談した。イランとトランプ大統領との架け橋になろうとしたとも伝えられたが、その後に動きは出ていない。

安倍首相は、サウジラビアを攻撃したのはイランであるとし、イランにはその叡智に基づく行動を期待すると述べた。いいかえれば、安倍首相はアメリカの立場をイランに伝えただけであったといえるかもしれない。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190925/k10012098101000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001

<トランプ大統領の弾劾騒動>

こうした中、25日、アメリカの民主党幹部のペロシ下院議長が、トランプ大統領(共和党)への弾劾調査を開始すると発表し、世界を驚かせている。

弾劾の根拠は、トランプ大統領がウクライナのゼレンスキー大統領(ユダヤ人)に、来年の大統領選挙でライバルとみられるバイデン前副大統領の息子のウクライナでの活動を調査するよう、圧力をかけたというものである。

民主党は、この時のトランプ大統領とゼレンスキー大統領との会話に違法性を主張するが、トランプ大統領は、会話は軍事関係のものであり、違法性はない。これはまるで悪魔狩りのようだと、訴えを否定した。

https://www.bbc.com/japanese/49820675

トランプ大統領は、中東、世界をひっくりかえすことのできる立場にある人物だが、彼が失墜した時もまた、アメリカが大転換することによって、世界をひっくりかえすことになるのかもしれない。なかなか危なっかしい話である。
カテゴリ :イラン情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

緊張するアメリカとイラン:イスラエルはどうなる? 2019.9.17

 2019-09-17
<トランプ大統領の心変わり?:ネタニヤフ首相プーチン大統領訪問>

9月に入ってから、イスラエルが、シリア、イラン、イラクにまでイラン拠点を攻撃したことはお伝えした通り。そうした中、トランプ大統領が、イランに強行的な政策を推し進めてきたボルトン大統領補佐官を突然解雇し、イランとの無条件の対話もありうると柔軟な姿勢を示し始めた。来年の選挙対策とも評されている。

*イランとの対話について、後にロウハニ大統領は、その予定はないと語り、トランプ大統領は、イランとの無条件の対話はないと否定した。

これはイスラエルのネタニヤフ首相にとっては、好ましい動きではない。ネタニヤフ首相にとっては、イスラエルと同じところに立って、イランに圧力をかけ続けるトランプ大統領との親密な関係が売りなのである。

直接の関係はないかもしれないが、ネタニヤフ首相は、総選挙前の12日、急遽、ソチで、ロシアのプーチン大統領を訪問した。ロシアは、イスラエルがシリアで、イラン軍関係拠点を攻撃することを黙認する立場をとっている。シリアやイラクで力を持つのは今やロシアである。ネタニヤフ首相の訪問は、プーチン大統領に、ロシアのこの立場を確認するためであったと思われる。

会談後、両首脳は、治安問題での協力を確認したと表明した。明らかにネタニヤフ首相の選挙対策の一環だが、アメリカがどこまで信頼できるのかわからない中、ロシアとの安定した関係は、イスラエルにとっては、非常に重大なことである。

https://www.reuters.com/article/us-russia-israel-netanyahu/israel-must-have-freedom-to-act-against-iran-netanyahu-says-in-russia-idUSKCN1VX2DP

<サウジアラビア石油施設攻撃について>

ネタニヤフ首相が、ロシアから帰国した2日後の14日、サウジアラビアの油田が、大規模な攻撃を受けた。これについては、イエメンでサウジアラビアが支援するイエメン政府軍と戦っている反政府勢力のフーシ派が、犯行声明を出した。

フーシ派とは、イランが支援する反政府組織であることはすでに周知のこととなっている。アメリカは、この攻撃はフーシ派の単独の攻撃ではなく、イランの指示によるものの見方を表明。トランプ大統領は、アメリカは大規模に報復攻撃する用意もあると発言し、急激に緊張が急激に高まった。

しかし、イランのロウハニ大統領は、この攻撃はあくまでもフーシ派によるもので、イランではないと関与を否定した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-49723741-bbc-int

アメリカは17日、攻撃された石油施設の航空写真を公開した。攻撃は、ドローンと巡航ミサイルによるものとみられるが、正確にどこから攻撃されたかを特定することは難しいという。トランプ大統領が、国際社会との協調が必要だとして、今すぐの攻撃ではないと語っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-49723741-bbc-int

しかし、16日には、NATOのストルテン事務総長も、「イランが中東を揺るがしている。」として、攻撃がイランによるものとの見解を述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-49723741-bbc-int

<世界への影響>

この攻撃の被害で、サウジアラビアで生産されていた1日570万バレル(世界石油供給量の5%)の原油の供給が停止している。復旧にはまだ時間がかかるようである。

これにより、原油の先物価格が19%(71.95ドル)上昇。トランプ大統領が、アメリカの備蓄を必要に応じて放出するよう指示を出したため、それ以上の高騰は抑えられているとのこと。

影響は、日本をはじめ、中国などアジア諸国など、世界に及んでいるが、それぞれの国は22ー300日分の備蓄があるため、今すぐの混乱は発生していない。

<イスラエルへの影響>

イランをめぐって中東情勢が厳しくなっているが、イスラエルは、今はそれどころではなく、この件に関する記事は今の所まだ少ない。

しかし、万が一、アメリカがNATOとともにイランを攻撃すれば、イランの攻撃の矛先はイスラエルに向くだろう。ヒズボラもその波に乗ることになる。トランプ大統領のイラン攻撃への決断は、中東、世界を巻き込む大戦争に発展する可能性を持っている。

<ロシアと中国、中央アジア諸国が大規模軍事訓練>

16日、ロシアで大規模な軍事訓練が始まった。訓練は土曜日までで、訓練には、ロシア軍と中国軍のほか、インド、パキスタン、カザフスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、キルギスタンなど中央アジアの国々の軍も加わっている。

兵力は全体で12万8000人で、2万の兵器を装備を備えての訓練である。戦闘機は600、戦艦15隻で、こうした訓練は毎年行われてきたが、今年は、これまでで最大規模で、大規模な攻撃訓練を行うという。ロシアは訓練の目的を「国際テロとの戦いに備える」と言っている。

ロシアと中国は、こうした訓練の他、将来の貿易戦争に備え、金を蓄積しているという。(UPI情報) 欧米は、ロシアと中国の接近を憂慮すべきとする記事もある。

https://www.upi.com/Top_News/World-News/2019/09/16/Russia-China-Central-Asian-states-kick-off-massive-drills/9611568647865/

<石のひとりごと>

第二次世界大戦中、1941年にロシアへ攻めていったドイツ軍は、400万の大軍だったという。対するロシア軍は、268万。その規模に比べれば、まだまだ小さいかもしれない。しかし、ドローンやミサイル、核兵器、サイバー攻撃など、兵士の数では少なくても、戦力は比べものにならないほど大きくなっている。

いつの世もそうだったのかもしれないが、私たちの時代もまたきわめて、聖書が終末に来ると言われる世界戦争の形になりそうにみえる。今は特に異常気象までが、加わっている。平和な日々がいつまでも続くわけではない。いつかは終わる日がくるかもしれないとの危機感をもちつつ、今できることをやっておこうと思う。

あなたがたに告げます。これらのことが全部おこってしまうまでは、この時代は過ぎ去りません。この天地は滅びます。しかし、わたしのことばは決して滅びることがありません。ただし、その日、その時がいつであるかは、だれもりません。天の御使いたちも子もりません。ただ父だけが知っておられます。

気をつけなさい。目をさまし、注意していなさい。その定めの時がいつだか、あなたがたは知らないからです。(マルコの福音書13:30-33)
カテゴリ :イラン情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

深刻化続くイランとイスラエルの攻防 2019.9.10

 2019-09-10
イスラエルが、イラク、シリア、レバノンとヒズボラ、イラン系軍事基地を攻撃。その後、ヒズボラとイスラエルが大規模な軍事衝突が危機一髪で食い止められてから1週間。

世界のニュースが大きく取り上げることもないまま、イスラエルとヒズボラ、その背後にいるイランの攻防は、徐々に深刻化している。

<イラン拠点攻撃(シリア)で死者少なくとも18人>

9月3日、アメリカのFOXニュースが、複数の欧米系メディアからの情報として、衛星写真とともに、イランが、イラクの国境に近いシリアのアル・ブカマルに、大規模な軍事拠点を設建設中と報じた。この基地は、イマム・アリ基地と呼ばれ、あと数ヶ月で完了するとみられる。

報道によると、建物は5つで、周囲は小高いもり土に囲まれている。武器庫とみられ、ここに誘導式ミサイルも保管可能と思われる。この他にも10以上の建築物があり、数千人の兵士を収容可能とみられる。

https://www.timesofisrael.com/iran-building-large-military-base-on-iraq-syria-border-report/

この報道から6日後の9日、アル・ブカマルのこの基地付近で、親イラン系組織拠点が、何者かの戦闘機による攻撃を受けたとサウジアラビア系のメディア、アル・アラビアが報じた。この攻撃で、イラン人やヒズボラ関係者を含む少なくとも18人が死亡した。

攻撃を受けたのが、上記アル・ブカマリの基地そのものであったかどうかはまだ未確認だが、近くであることは間違いない。この基地に関与する親イラン系組織は、攻撃はイスラエルとアメリカが関与していると非難した。

イスラエルからのコメントはないが、シリアやイラクのイラン拠点への攻撃は、今年の7月19日から8月25日までだけで、5回も発生しており、今回もイスラエルである可能性は高い。

https://www.timesofisrael.com/airstrikes-in-eastern-syria-said-to-kill-18-pro-iran-fighters/

*アル・ブカマル:ユーフラテス川通過時の戦略的に重要な拠点

今回、攻撃されたとされるアル:ブクマル(アブ・カマル)は、シリアとイラクの国境で、シリア側にあるユーフラテス川の通過地点。戦略的に非常にも重要な地点で、かつてIS(イスラム国)が支配していた。IS追放後、イランが入り込んで拠点にしようとしたととみられる。

近くには、米軍と米軍が指示する自由シリア軍が、駐屯している。

https://www.jpost.com/Middle-East/Airstrikes-at-Al-Bukamal-The-alleged-Iranian-base-and-the-explosions-601075

<イランがイスラエルへ向けてミサイル発射:失敗>

イスラエル軍は、アル・ブカマルが攻撃を受ける直前、ダマスカス郊外から、イスラエルに向けて、ミサイルが発射されたと発表。ミサイルはイスラエルに届かず失敗で、イスラエルに被害はなかった。これは、シリアのイラン拠点への攻撃で18人が死亡したことに対する、イランの報復を試みであったのではとの見方もある。

イスラエル軍によると、この攻撃は、イラン革命軍の指示で、シリアのシーア派組織が行ったものであった。この組織は、Yネットベテラン解説員によると、2週間前に、神風ドローンでイスラエル攻撃を計画していたところ、イスラエル軍が攻撃して未然に防いだ事件に関与していたグループと同じである。

イスラエルは、アラビア語にて、責任は、これを容認しているシリア政府にあると訴えた。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5585030,00.html

<ヒズボラがイスラエルのドローンを撃墜か>

9日、ヒズボラが、イスラエルの偵察ドローンを撃墜し、レバノン側へ墜落した。その残骸を押収したと発表した。イスラエル軍は、これを否定。重要な情報が漏洩する懸念はないと発表した。

https://www.timesofisrael.com/hezbollah-claims-to-shoot-down-israeli-drone-that-crossed-border/

エルサレムポストの分析によると、これらの一連の攻防からわかることは、イランがイスラエルへの直接の攻撃をもはや躊躇することがなくなっているということである。

https://www.jpost.com/Breaking-News/Hezbollah-shoots-down-Israeli-drone-Lebanese-reports-601070

<ネタニヤフ首相がイランの新しい核開発拠点を公表>

9日、ネタニヤフ首相は、外務省にて記者会見を行い、イランがあらたな極秘の核施設があると発表。そこで核兵器製造のための実験が行われたと発表した。

イスラエルは昨年、テヘランの極秘の核施設へ侵入し、資料を大量に押収。ネタニヤフ首相が、世界に向けてこれを公開し、イランが、明らかに核合意に違反していると訴えた。今回開示した情報も、この時の資料に基づいている。

ネタニヤフ首相によると、昨年、イスラエルが、イラン中部、イスファハン南アバダの核施設を摘発すると、イランはこれを破壊した上、隠蔽工作を行ったという。ネタニヤフ首相はその前後、今年の6月と7月の写真を公開した。しかし、IAEA(国際原子力機関)は、そこにウランの痕跡を把握していたという。

ネタニヤフ首相は、イランにむかって、「イスラエルはすべてお見通しだ。いつ、どこで、何をしようとしていることも知っている。イランの嘘はすべてあばいていく。」と語った。

また、国際社会に対しては、「イランが、計画的に核合意を無視してきたことに目をさましてほしい。イランに核兵器を保有させないためにできることはただ一つ。圧力をかけ続けることだ。」と訴えた。

記者会見は、まずヘブル語で、続いて英語で行われた。

https://www.timesofisrael.com/pm-reveals-secret-site-where-iran-experimented-on-nuclear-weapons-development/

<石のひとりごと>

イスラエルとイランの攻防が、これまでになく、現実性を増してきた。イランのシリアやイラクでの拠点作りが、活発化し、イスラエルへの直接の攻撃も躊躇しなくなっている。

一方で、イスラエルも、以前にもまして、生死をかけた休みない諜報活動を続け、迫り来るイランの軍事拠点をあらゆる手を使って、しかも大胆に、次々に叩いている。

不謹慎ながら、その様子に、コンピューターゲームを思いうかべてしまった。イスラエルは、アイアンドームによって本土の自衛をしつつも、休みなく、先手先手をうって敵をたたいていく。敵は増える一方である。1発でも落とすわけにはいかない。

しかし、こうした休みなしの影の防衛のおかげで、イスラエル市民は、恐れることなく、日々の平安なくらしを続けており、観光客も変わらず増え続けている。

また、こうした危機的状況とはほぼ無関係に、イスラエルは、世界一のイノベーション、企業の国として、世界の投資家たちが注目している。いまや、日本を含め大手のビジネスマンたちが、続々とイスラエルにやってくる。こんなユニークな国は、他にないだろう。
カテゴリ :イラン情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫