北部エスカレート:シリアのイラン拠点を大規模攻撃 2018.2.12

 2018-02-11
シリアでISが消滅しつつある中、以前より懸念されていた通り、イランの進出が明らかになってきた。今やイランは、シリア領内に多数の軍事拠点を構え、その位置もイスラエルとの国境に近づきつつある。

イランの手先ともいえるヒズボラも、今では、レバノンでミサイルを生産するようになっている。こうした状況を受け、イスラエルは、レバノンとの国境に、コンクリートの防護壁を建設し始めた。

これを受けて、レバノン(実質ヒズボラ)は、防護壁がレバノン領内に入り込んでおり、停戦協定に違反すると反発した。イスラエルは、壁はイスラエル領内に建設しているとして、これを一蹴。壁の建築を続けている。

2月6日、ヒズビラは、イスラエルのガス油田全域にミサイルの照準を合わせたと脅迫するビデオやクリップをネット状にアップ。ちらしも配布した。いうまでもなく、これは非常に危険な事態である。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5094365,00.html

北部情勢が緊張するのを受け、2月6日、ネタニヤフ首相は、ゴラン高原を視察。シリア国境を見下ろすアビタル山で、治安閣僚10人とともに、防衛体制の確認を行った。

この時、ネタニヤフ首相は「イランは、イスラエルを試さないほうがよい。」との警告を発した。

https://www.timesofisrael.com/on-northern-border-netanyahu-warns-enemies-dont-test-us/

こうした中、安息日の土曜11日、早朝4時ごろ、シリア領内のイラン軍事基地から放たれたドローンが、イスラエル領内に侵入。1分半飛行した時点で、イスラエルの軍用ヘリがこれを撃墜した。

この直後、イスラエル戦闘機F16、7-8機が、緊急発進し、このドローンを放ったとみられるパルミラ近郊の軍事基地T4を含むシリア政府関連空軍基地8箇所、イラン関係の拠点4箇所など、少なくとも12箇所を爆撃した。

これに対し、シリア軍が、地対空ミサイル15-20発で応戦。イスラエルのF16機のうち、一機に当たったとみられる。

攻撃を受けたF16は、幸い、なんとかイスラエル領空まで戻ったところで、パイロット2人は機外へパラシュートで脱出。下ガリラヤ地方の山中に落下した。F16の機体は、イズレエル平原のキブツ近くに墜落、大破した。

脱出したパイロットは、ハイファのランバン病院に搬送された。1人は軽傷。1人は重症だが、落ち着いている。F16の墜落地点は、道路すぐわきの空き地で、子供達の学校からわずか20mの地点であったが、早朝であったためか、地上に負傷者はなかった。

この後、ベイトシャンなどヨルダン渓谷、ゴラン高原でも何度か警報がなり、住民はシェルターに駆け込んだが、午後には帰宅が許可された。今日は安息日でもあったため、ヘルモン山は、雪を楽しむ人々でいっぱいだった。ここでも一時、警報が鳴った。

大きな戦争へのエスカレートが懸念される中、各地で、予備役兵が徴兵されているもようで、記者の教会からもユースリーダーのTさんが、呼び出しを受けて軍に出向いたとのことであった。

http://www.mako.co.il/news-channel2/Weekend-Newscast-q1_2018/Article-6ba7907e9218161004.htm?sCh=4fe06603e7478110&pId=25483675

<イラン、ヒズボラ、シリアの反応>

イランの外相は、イスラエルがイランのドローンを撃墜したと主張していることについて、「ばかばかしい」と否定。イラン革命軍のホセイン・サラミ副長官は、「イランは、中東のすべてのアメリカ軍基地を破壊できる。そうなれば、シオニスト(イスラエル)は地獄の沙汰となるだろう。」と脅迫した。

イランのロウハニ大統領は、「テロ(イスラエルの空爆)を行ったり、他国のことに介入し、隣国を攻撃することで解決しようとするのは間違いだ。」と語った。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5104644,00.html

シリアも、イスラエルが、イラン製のドローンが侵入したから反撃したというイスラエルの主張を否定。地対空ミサイルで反撃したのは、イスラエルが、何もないのに攻撃してきたことへの防衛だと主張した。

シリア軍兵士らが、イスラエル空軍機の撃墜を祝ってスイーツを配って祝っている様子も伝えられている。

ヒズビラのナスララ党首は、イスラエルの戦闘機を撃墜したことを高く評価し、「これまで、イスラエルはシリア領空に入って攻撃を行った来たが、これまでのようにはいかなくなった。新しい時代が到来した。」と語った。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5104644,00.html

南レバノンでは、イスラエルに向けて、「おまえの戦闘機を撃墜した。」とバナーを掲げ、戦闘員らが、ヒズボラとイランの旗を掲げて、レバノンとの国境を警備しているイスラエル兵を挑発した。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/241770

<イスラエル軍による状況分析>

イスラエル軍によると、先に撃墜したドローンは、イランの無人飛行機型で、非常に精密なものであった。しかし、武器は搭載しておらず、情報収集目的であったとみられる。

トメル副長官によると、今回のシリア領内の12箇所にも及ぶ大規模な攻撃は、1982年の第一次レバノン戦争以来の規模であり、戦闘機が撃墜されるのも、それ以来だった。

その大規模なイスラエル軍の攻撃によるシリア、イラン軍への被害の実態は不明だが、バル・トメル副長官は、かなり大きな痛手を与えたとみている。

イスラエル軍に攻撃された軍旗基地T4は、シリア空軍とともに、ヒズボラ、イランの拠点でもあり、ロシア軍も駐屯していた。攻撃の際は、ロシア軍には被害を与えないよう、かなり高度な技術を要するピンポイント攻撃であったと伝えられている。

今回、このように、ドローン一機が、1分半侵入しただけで、即、大規模反撃に出たことで、イランに、イスラエルを甘く見てはならないと大きな釘をさした形である。

しかし、これまでシリアは、イスラエルの空爆を受けても反撃はしなかった。それが、今回は堂々と地対空ミサイルを使用した。これまで、イスラエルは、シリアからヒズボラへの服搬入阻止を目標とする空爆作戦を繰り返してきただが、今後、作戦変更を余儀なくされるだろうと指摘されている。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5104845,00.html

https://www.timesofisrael.com/israel-caused-serious-harm-to-syrias-air-defenses-says-iaf-second-in-command/

*戦争になった場合どうなるのか

イスラエルがこれほど大規模に反撃に出たのは、もし今度北部で戦争になった場合、これまでになかったほどの大きな人的被害が出る恐れがあるからである。

ヒズボラが保有するミサイルは短距離、長距離、誘導型など13万から15万発。イスラエルに撃ち込まれるミサイルは、1日平均1500から2000発になる。2006年の第二次レバノン戦争では、1日平均130-180発だった。

しかもミサイルは以前より性能も搭載する爆弾の量もかなり増えている。

もしミサイルが発射された場合、イスラエルは、直ちにその地点を空爆し、2回目の発射がないようにするのだが、ヒズボラは、ミサイルをレバノン南部にある200ほどの村々に配置している。

イスラエルは、F16に加え、最新型のF35での空爆に加えて、アローミサイルも使って、南レバノンを文字通り破壊し尽くすことになる。イスラエルが意図しなくても、非常に大勢のレバノン市民を死亡することになる。

さらに懸念されることは、戦争開始と同時にヒズボラの戦闘員がイスラエル北部に侵入することである。ヒズボラはシリア内戦でかなりの戦闘員を失ったが、イスラエル攻撃用の戦闘員はしっかり温存している。

これらの戦闘員は、南レバノンだけでなく、シリア南部(ゴラン高原南部)にも1万人が待機していると、昨年9月にヒズボラの司令官が豪語している。これらが、イスラエル領内に侵入してくることが懸念される。

もし戦争になった場合、イスラエルは、ただちに何千人もの北部国境付近の住民を避難させることになるとみられている。

http://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/Rockets-missiles-and-more-Predicting-the-third-Lebanon-war-542171

<ネタニヤフ首相声明:衝突の責任はイランとシリアにある>

ネタニヤフ首相は、11日夜、ネット上に次のような声明を出した。

「これまでから、イランがシリア領内に進出してくることについて警告を発してきた。イランは、シリアにある拠点を使ってイスラエルを攻撃し、イスラエルを亡きものにしようとしている。

今朝、イランはイスラエル領内にドローンを送り込んできた。これは、私の警告が、100%正しかったことを証明している。今日の武力衝突の責任は、イランとそのホストであるシリアにある。イスラエルは今後も、できる限りの防衛を行う。」

https://www.timesofisrael.com/netanyahu-israel-will-not-allow-iranian-entrenchment-in-syria/

<ネタニヤフ首相:プーチン露大統領、ティラーソン米国務釣果に連絡>

11日の衝突後、ネタニヤフ首相は、まず、プーチン大統領に連絡を取り、衝突が拡大しないよう、介入を求めた。また、シリア領内からのいかなる攻撃にも対応すると強調。それについてのロシアの了解と協調(妨害しない)は継続されることを確認した。

ロシアはシリアから撤退したが、今も、一部の軍をシリア内に駐留させており、シリア、イランに強い影響力を持っている唯一の国である。

ネタニヤフ首相は1月31日にも、モスクワのプーチン大統領を訪問。イランのシリア進出に関する懸念を伝えていた。その後、ネタニヤフ首相の招きで、ロシア軍高官らが、イスラエルを訪問していた。

続いて、ネタニヤフ首相はアメリカのティラーソン国務長官にも連絡をとった。ペンタゴン(米国防総省)は、イスラエルは中東でもっとも関係の深い同盟国であるとして、イスラエルの自衛権を支持する。」と表明した。

なお、数ヶ月前、ロシアとアメリカは、シリア領内に停戦地域を設けることで同意した。しかし、この合意では、イランがイスラエル国境付近にかなり近づいてくる可能性が残ってしまうものであった。

この時、イスラエルは、停戦地域付近どころか、シリア全域からイランが完全に撤退することを要求したが、プーチン大統領は、「イランにはシリアに軍事基地を持つ権利がある。」として、とりあわなかったという経過がある。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5105093,00.html
カテゴリ :イラン情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

イスラエル国境へ近寄るイラン軍事力 2017.11.15

 2017-11-15
イランとイラクの国境付近で12日夜9時ごろ、M7.3の大地震が発生したことは日本でも報じられている通り。400人以上の死者、8000人以上の負傷者が確認されている。イラク側の死者は9人。被災して家を失った人は7万人以上だという。イランの冬は厳しい。

日本と同様、イランの下にはアラビア半島とユーラシア大陸のプレートの接点があるため地震が多い。昨年だけで16回、その前年には19回の地震が発生している。今回の地震による被害はすでに今年最大だという。

いつもはにこやかなロウハニ大統領の表情の厳しさが印象的だ。

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-41988176

イスラエルは、赤十字を通じて、イランとイラクに支援活動の申し入れをしたが、速攻で拒絶されたという。

https://www.timesofisrael.com/israel-offers-medical-aid-to-iran-iraq-after-quake-rocks-region/

そのイランだが、じわじわとイスラエルとの国境近くにイラン軍を配置しはじめている。

1)シリア南部停戦合意でイスラエル国境に接近の可能性

アメリカとロシア、ヨルダンは、ヨルダンの要請により、シリア南部を停戦地帯にする案で協議が行われていたが、今週月曜に発表されたところによると、イランを含むすべての外国勢力は、シリア南部から撤退するということで、3国は合意したと伝えられた。

しかし、この合意によると、撤退義務とされる境界線のラインが、イスラエルからわずか5-7キロ地点であることが明らかになった。いいかえれば、イスラエルからわずか5-7キロ地点に、イラン軍が近づいてくる可能性を含んでいるということである。

イスラエルが要求していた撤退ラインは、イスラエル国境から50-60キロだったのだが、これは受け入れられなかったということである。この他にも、撤退期限が定められていないことなどから、イランを地域から排斥するという点では、つめの甘さがあるとイスラエルは指摘した。

すると、ロシアのラブロフ外相は、「イランには、シリアに軍事基地を設置する権利がある。イランがシリアから撤退することをイスラエルに約束した覚えはない。」とのコメントを出した。

ネタニヤフ首相は、「ロシアには、前から伝えてあるが、イスラエルは自分の防衛は自分で対処するだけだ。」との言い返した。(イスラエルは、防衛のためなら、手段をえらばないだろうということ)

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5043231,00.html

2)ダマスカス近郊にイラン軍基地か

BBCが西側諜報すじとして伝えたところによると、衛星写真で、ダマスカス南部に、新しいイランの軍事基地とみられる施設が確認された。ゴラン高原からわずか50キロ地点である。

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-41945189

イランはシリア領内に多数の軍事基地をすでに建設済みで、今回発見されたものもその一つ。8月にもバニヤスの東方に、イランのミサイル施設と同様のシリアのミサイル基地が確認されている。

シリア領内にイランが軍事基地を多数、建設するということは、イランが、恒久的にシリアに居座ることのしるしであるとして、イスラエルは警戒を強めている。リーバーマン防衛相は、「イスラエルは、シリアがシーア派枢軸国の拠点になることは容認できない。」と語った。

http://www.jpost.com/Middle-East/Report-Iranians-built-a-new-military-base-in-Syria-513973

Yネットのコメンテーターで、アラブ世界に詳しいやアロン・フリードマン博士によると、まだメディアの関心はないが、シリアの反政府勢力の情報によると、イランの革命軍が、ゴラン高原から30キロのクリスチャンの村に拠点を置き、シリア人少年たちを兵士として雇っているという。(月200ドル)イランがシリア人を雇うのはこれが初めてになる。

この新しい部隊は「第313部隊」と呼ばれている。この数字には特別な意味がある。シーア派イスラムの伝統によると、救い主マフディは、313人の兵士を連れて来臨すると考えられているのである。

シーア派からするとスンニ派のISISはサタンであり、これをシリアからほぼ排斥した今、勝利ムードにあり、メシアへの期待となっているのではないかとも考えられる。それが、イスラエルまで30キロの地点にまで迫っているということは、次なる敵は「シオニスト」イスラエルということであろう。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5042133,00.html
タグ :

イスラエルがシリア領内を攻撃か:プーチン大統領イラン訪問中 2017.11.2

 2017-11-02
1日夜、レバノンのニュースが、シリアとレバノンの国境(シリア側ホムス)の工場が、イスラエル空軍機の空爆を受けたと伝えた。ロシアのニュースによるとこの工場は、ヒズボラに関係する工場であった。空爆を受けて、シリアは地対空ミサイルで反撃したという。

イスラエル空軍は、2週間前にもダマスカス近郊のミサイル発射地を空爆している。このほか、流れ弾がシリアから着弾するたびにきっちりシリア領内への報復攻撃も行っている。

関係があるかどうかは不明だが、1日、ロシアのプーチン大統領がテヘランを訪問し、ロウハニ大統領と会談。アメリカがイランと超大国と結んだ核兵器開発に関する条約から離脱した場合に備えてどうするのかの話し合い、またロシア、イラン、シリアの結びつきを確認する機会になったという。

BBCによると、イランはロシアにアメリカの振る舞いに釘をさすよう要請したとのこと。

http://www.jpost.com/International/Russias-Putin-arrives-in-Iran-to-discuss-nuclear-deal-Syria-512020

<テルアビブ広域でサイレン:間違い>

北はシリアからの報復、南は、ガザのトンネル破壊に対するイスラム聖戦の報復と、イスラエルは、いつどう爆発するかわからない状態となっているが、2日夜中2時48分、テルアビブ広域にミサイルのサイレンが鳴り響き、住民を恐怖に陥れた。

数分後に間違いであったことが判明。原因は調査中とのこと。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5037454,00.html
タグ :

イランの大統領選挙:ロウハニ現大統領再選 2017.5.23

 2017-05-24
19日、イランでは、大統領選挙が行われた。結果は2350万票(57%)を獲得した現職のロウハニ大統領の勝利となった。

ロウハニ大統領は、「イランの市民たちは、古い体制ではなく、新しく開かれたイランを期待していることが明らかになった。今後も世界との関係を改善していく。」と語った。

http://www.aljazeera.com/news/2017/05/iran-election-president-hassan-rouhani-takes-lead-170520042625946.html

そんな中、トランプ大統領が、イランと敵対するサウジアラビアに膨大な武器の取引にサインし、イスラエルでは、イランの核兵器開発には断固反対すると発言したわけである。

ロウハニ大統領は、「サウジアラビアこそ、中東で過激派を支援するテロ支援国家である。その国に武器を輸出することはきわめて危険である。中東の和平はイランなしには実現しない。」とのコメントを出した。

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-39999051
タグ :

イランとアメリカの対立 2017.2.8

 2017-02-08
イランとアメリカの罵り合いが続いている。まずは、アメリカが、オバマ政権時代に交わされた、6カ国とイランとの核兵器関連の合意を破棄すると強硬姿勢を示していたことがあげられる。

当然イランは反発。イランは先月29日、堂々と大陸弾道ミサイルの発射実験を行った。

これに対し3日、アメリカは、ミサイル実験やテロ支援に関わっているとするイランの個人13人と、12企業に対する掲載制裁を開始した。具体的にはアメリカとの取引停止など、銀行の凍結である。

同時に、トランプ大統領は、「イランは危険な火遊びをしている。」とツイートした。ホワイトハウスのスパイサー報道官は、「イランは、新しい大統領になったことを知るべきだ。トランプ大統領は、何もせずに座っているだけの大統領ではない。」と強気姿勢を示した。

すると、7日、イランのハメネイ最高司法指導者は、「アメリカの本当の顔が暴露した。」と言い返した。

アメリカの今回の経済制裁は、決してイランを揺さぶるレベルのものではない。今後、イランは、今のアメリカと再交渉する気はなく、今回始まった制裁が果たしてこのまま終わるのか、エスカレートしていくのか。トランプ大統領の手腕が注目されるところである。

イスラエルにとって、最も危険な国はイランである。今後、アメリカとイランの対立がどうなっていくのかは、イスラエルの治安に大きく関わってくることである。

ネタニヤフ首相は、国際社会に対し、イランの危険性について、訴えを再開し始めている。

http://www.reuters.com/article/us-usa-trump-iran-khamenei-idUSKBN15M0SY
タグ :

イラン国会及び専門家議会選挙はじまる 2016.2.28

 2016-02-28
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4771467,00.html

核兵器開発問題で、大国との合意に至り、経済制裁が解かれて新しい道を歩み始めたイラン。27日、国会と専門家議会(イスラム指導者会議)の選挙が始まった。この2つの選挙が同時に行われるのは30年ぶりとなる。

選挙をしているとはいえ、国会290議席のうち、285議席はイスラム教徒(当然シーア派)でないと立候補できず、立候補した人々もまた、イスラム学識者からなる護憲評議会があって、それが立候補者を判定し、却下することになっている。今回も、女性候補者全員と、改革派の立候補者多数が却下される中での選挙となっている。

専門家議会とは、88議席からなるイスラム法学者らの議会で、イランの最高指導者(現在はハメネイ師)を選出する議会のことである。イランの政治は、国会や大統領が中心となって政治をすすめられるが、最終的にはこの最高指導者の意向がイランの行方を決めることになる。専門家議会の選出は重要な選挙である。

現在のイラン最高指導者は、イラン革命を導いたホメイニ師が死去した1989年以来、27年も最高指導者の座についている反欧米強硬派のハメネイ師である(任期は終身)。そのため、今回選ばれる専門家議会(任期8年)は、おそらく、ハメネイ師の次の最高指導者を決めることになると目されている。

これまでは、国会、専門家議会の両方の議会を、反欧米のイスラム強硬派が締めていた。しかし、今回は、欧米から経済制裁緩和をとりつけた穏健派(改革派)への期待と支持が高まっている中での選挙である。

経済緩和で新しい歩みをはじめたイランが、今後どのような国になるのかが、多少は見える重要な選挙といえる。

<改革派(穏健派)の進出>  http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4771467,00.html

今回は、穏健派と目されるロウハニ大統領が経済緩和をとりつけたことで、国民、特に若年層の人気が高くなっている。また、イランはどういうわけか国民の半分以上がが35才以下という若い国であるため、投票率が上がれば上がるほど、穏健派に有利となる。

土曜日に選挙、開票が始まってまもなく、穏健派が有利となり、ロウハニ大統領が、足固めをしていると伝えられている。最終結果は数日後になるみこみ。

しかし、テルアビブ大学でイランと湾岸諸国を専門とするウジ・ラビ教授は、結局はまだ反欧米強硬派のハメネイ師がにらみをきかせているため、外交で多少は変化があっても、イラン国内に大きな変化があるとは思えないという見解を述べている。

<中東でのイランの動き:強大なロシアの一声>

穏健派の政治が始まる可能性とはいえ、中東でのイランの動きは穏健とはいえない。シリアでは、ロシアとともに、イランの地上軍が介入している。

イエメンでは、政府を支持するサウジアラビアと、反政府のフーシ派を支持するイランが対立し、スンニ派対シーア派という構図を作り出している。

そのイランの背後にいるのがロシアである。イランでは、その国防相がロシアを訪問した数日後、今度はロシアの防衛相がイランを突然訪問するなど、両国が密接な関係を持って動いていることが明らかになっている。*ただし、いつも同じ方向を向いているとは限らない。

イランは、S300(戦闘機を撃墜する迎撃ミサイル)や、戦車を含む武器をロシアから購入するなどで、情報がとびかっているところである。こうしたロシアからの武器をイランは、自国だけでなく、シリアで使用する他、イエメンにも供給しており、その運び屋がヒズボラだとも言われている。

https://www.rt.com/news/331395-iran-russia-weapons-military/
http://www.jpost.com/Middle-East/Iran/Nasrallah-letter-reveals-Hezbollahs-involvement-in-Yemen-445209

ヒズボラがこうしたイラン(ロシア)からの武器をレバノンに搬入しようとした時だけは、イスラエルがレバノンに到着する前に攻撃破壊するというパターンである。

テルアビブ大学のウジ・ラビ教授は、いまやアメリカは中東政策に明確な方針を持っていないと断言する。今や中東で、力を持っているのはロシアである。

選挙後のイランとその背後にいるロシアの動きが注目されるところである。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫