世界食料危機に備えるイスラエル 2012.12.5

 2012-12-05
聖書の終末預言をモチーフにした小説、ならびに映画「レフトビハインド」と見た方はあるだろうか。

この小説(映画)では、イスラエル人科学者が、世界の食糧危機を解決する農業技術を開発。その技術を使ってアラブ過激派をおさえ、国連が神殿の丘に第三神殿を建てる許可を出すという設定になっている。

12月4-5日、イスラエルでは、ARO(政府農業研究機関・ボルカニ・センター)が「食糧危機に備える」とした国際カンファレンスを開催。映画が何となく現実味をおびてきたようなので報告する。

<2050年の人口は90億・解決は科学技術だけではない>http://www.agri.gov.il/en/events/events/927.aspx

アメリカ政府農業省のラムズウェリー教授によると、今から30-40年後の2050年、地上の人口は90億に達する。それに伴い、約10億人は飢餓状態に陥る。地下水が不足し、あと地球が2つあっても飲み水が不足する。

これを解決するのは、科学技術だけではない。社会的、経済的、国際的な問題など、”人間社会の決断”が必要となると警告する。たとえば、農家の収入確保や流通の問題、世界が一つになって協力しなければ解決しないということ。

<イスラエルが貢献する可能性>

イスラエルは、建国する前、まったくの不毛の地に苦労して農業を成功させた。今もかなりの水不足の中、砂漠や砂の多い土壌でも高品質の野菜を作ることに成功している。「イスラエルには世界食料危機に対処する技術がある。世界にこれを知ってもらいたい。」カンファレンスは英語で行われ、インターネットを通じて生中継された。
タグ :

ネタニヤフ首相の逆襲 2012.12.1

 2012-12-01
国連総会で、パレスチナのオブザーバー格上げが決まった翌日、イスラエルのネタニヤフ首相が、1967年ラインよりパレスチナ側の土地に3000戸の入植地住宅建設の許可を出した。3000戸といえば町がひとつできるほどの数である。

許可が出た地域はE1エリアと呼ばれ、東エルサレムとマアレイ・アドミムの間の地域(地図参照・BBC)。ここが入植地になると、西岸地区が分断されるため、パレスチナの”国”作りには大きな障害となる。

エルサレムE1

国際世論を鑑みて、この処置はよくないというのがネタニヤフ首相のアドバイザーの意見だったが、首相はあえて、この処置に踏み切ったもよう。労働党はじめ野党は、「この土地がイスラエルのものであることには同意する。しかし今はそれを主張するタイミングではない。」と反論している。

アメリカは和平を推進するものではないと、イスラエルの動きを非難した。
タグ :

エジプトで急速に進む憲法策定 2012.12.1

 2012-12-01
先週、大統領の権威を最高レベルにあげると宣言したムルシ大統領。全国的な反ムルシデモが展開される中で、急ピッチで憲法の策定をすすめている。

現在、エジプトには憲法がなく、議会もない状態。ただ憲法策定のための特別委員会(100人)だけがあり、それを監視するのが最高裁という図式である。今回、ムルシ大統領は、自分の権限を最高裁よりも上にあげて内外から批判されているのだが、それは迅速な憲法制定が目的だと説明している。

つまり、ムバラク前大統領の息のかかった最高裁に文句を言わせず、さっさと憲法を制定し、それによって議会の選挙を行い、早くエジプトの政治を軌道に乗せたいというのがムルシ大統領のねらいである。

<エジプトでイスラム化がすすむ?>

問題は、その憲法策定をになっている委員会。ムルシ大統領が所属するムスリム同胞団(イスラム主義組織)が多数派となっている。そのためエジプトの新憲法がイスラム主義に傾くのではないかとエジプト市民と世界は懸念しているのである。

委員会は、11月29日からわずか19時間で、234箇条からなる新憲法の草稿をしあげたもよう。現時点での新憲法は、イスラム法シャリアを基盤にするということはこれまでと変わらないが、大統領の任期を4年、2期まで(計8年)とした点、また軍の上に民間の監視を置くなどが画期的である。

今後は新憲法の国民投票が行われる運びとなるが、こうした急激なイスラム化への動きに懸念・反発する群衆が、タハリル広場初め、全国で大規模デモを継続中である。

今週末、イスラム同胞団も、親ムルシ大統領の大規模デモを組織する予定だったが、そうなると暴力的な対立が懸念されるため、大統領は同胞団にデモの中止を指示したとのこと。(先週からすでに2人が死亡、数百人が負傷している)

民衆はイスラム化に反対しているのだが、しかし、憲法をたたきあげるだけの組織力は、現在のエジプト社会では、ムスリム同胞団にしかなく、実際には他の選択の余地がないのである。
タグ :

シリア情勢緊迫-空港、ネット遮断 2012.12.1

 2012-12-01
シリアではさらなる死者と国外にのがれる難民が続出している中、反政府勢力がダマスカスでの決戦に入っているもよう。反政府軍が、空港を制覇しようとしていることから、ダマスカスへの航空機の発着ができなくなった。政府側は30日から、インターネットも遮断している。
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫