執念!? ケリー国務長官再びイスラエルへ 2013.7.7

 2013-07-07
3回もイスラエルとパレスチナ自治政府を往復するシャトル外交を展開したケリー国務長官が、今週末、またイスラエルに戻ってくる予定である。

ケリー国務長官は先週日曜6月30日に帰国したが、その後、ケリー氏のシニア・アドバイザーが残って、イスラエルとパレスチナを往復して、交渉を続けていたもよう。交渉は、イスラエル側はツィッピー・リブニ法務相、パレスチナ側はエレカット交渉担当大臣で行われている。

ロンドンのアラビア語新聞によると(イスラエルは情報を公開していないため)、パレスチナとの直接交渉開始の条件として、イスラエルが次の3点を実行するように、圧力がかけられている。

①主要入植地以外のユダヤ人向け家屋建設を停止する
②6ヶ月以内にパレスチナ人の囚人(オスロ以前)103人を解放する
③西岸地区のC地域(イスラエル管理地域)内にパレスチナ人の経済活性化のための施設を建設する。

エジプトやシリアの政変を棚にあげての中東外交政策だが、アメリカはイスラエルとパレスチナの和平が、中東全体にポジティブなインパクトがあると考えている。はたしてうまくいくかどうか・・。
タグ :

ヒズボラ戦闘員の親たちがシリア介入に反対 2013.7.7

 2013-07-07
シリアの内戦に介入して、多くの戦闘員を死亡させているヒズボラ。ロンドンのアラビア語新聞によると、ヒズボラ戦闘員の親たちが、息子をシリアへ送らないようにと懇願しているという。

親たちは「第二次レバノン戦争に息子たちを送り出したが、それはイスラエルの占領に抵抗するという目的のためだった。シリア内戦に送り出すことには同意できない。」と訴えている。

ヒズボラは、できればイランがもっと軍をシリアに派遣し、ヒズボラは撤退することを望んでいるようである。
タグ :

エジプト暫定政権発足、ムスリム同胞団が対抗デモ 2013.7.5

 2013-07-05
エジプトでは3日、軍の介入で、ムルシ大統領を自宅軟禁となり、現存する憲法の停止が宣言された。翌4日には、ムスリム同胞団の霊的指導者を含む指導者30人が逮捕された。

一方、4日、軍によって推薦された法律家のマンスーリ氏を暫定大統領とする暫定評議会が発足。早期に憲法制定、大統領選挙と期待されているが、詳しい日程は明らかにされていない。

暫定政権には、軍以外でエジプトに存在するすべてのグループの代表が参加する形で、ムスリム同胞団にも共に国造りに参加するよう呼びかけられたが、同胞団は、参加を拒否している。

<ムスリム同胞団が対抗デモ:暴力から内戦への恐れ>

現時点では、世俗派らが主導しているようだが、ムルシ大統領支持者もけっして少なくはない。親ムルシ派のイスラム教徒たちは、「ムルシ大統領は自由選挙で過半数を取った合法的な大統領であり、今回の軍の動きはクーデターだ」と訴えている。

ムスリム同胞団は、5日金曜、イスラムの礼拝の直後に、「拒絶の金曜日」と呼ばれる反新体制デモに参加するよう、支持者らに呼びかけている。

軍は「平和的であること」を条件に、このデモを許可したが、大規模な衝突を避けるため、カイロ市内全域で軍が警戒態勢をとっている。

現在5日のイスラムの礼拝が終わって現在2時間程度。カイロでムスリム同胞団のデモが始まった。つい先ほど、ムルシ大統領が幽閉されている官邸近くで1人が射殺されたとのニュースが入っている。詳細はまだ不明。

<イスラエルの中東専門家:モルデハイ・ケダール博士の分析>

ケダール博士によると、ムルシ大統領は民主的な選挙で選ばれた大統領だった。しかも過半数を取っている。それをひっくりかえした今回の動きは基本的には筋の通ったものではない。

ムスリム同胞団は、政治的社会的イスラム団体だとされているが、それが母体となって、発生してきたのが危険なサラフィスト(聖戦主義者)である。

過激なイスラム主義サラフィストらからすると、ムスリム同胞団は”世俗過ぎる”ということで反旗を翻して脱退し、今では両者は互いに相容れない関係にある。しかし元をただせば同じ釜の仲間である。

エジプトのムスリム同胞団が、このままだまっているとは思えず、エジプトをイスラム国にするために、サラフィストとムスリム同胞団が手を結んで、反撃してくる可能性がある。そうなれば、エジプトもまた内戦へと泥沼に入っていく可能性がある。

BBCによると、世俗派で新体制推進派のエジプト人で元IAEA長官のエルバラダイ氏も、内戦に向かう危険性があることは知っておかなければならないと語った。*日曜からの政変で、エジプト全国での死者は50人となっている。

<複雑な立場のハマス>

ガザ地区のハマスもムスリム同胞団を母体としている。昨年、ムスリム同胞団のムルシ氏が大統領になったとき、ガザ地区のハマスは踊って喜んだ。

そのわずか1年後のムルシ大統領の失脚を受けて、パレスチナ自治政府のアッバス議長は、新体制の始まりに期待するといった意向を表明したが、ハマスは昨日まで沈黙を続けていた。昨日”小さな声”で新体制を支持すると言ったらしいが、メディアにもほとんど取り上げられることはなかった。

ハマスはムルシ大統領の失脚でますます孤立する可能性がある。しかし、ハマスはシリアの反政府勢力を支援すると表明してから、すでにここしばらくイランやヒズボラからの支援をかなり削減されていたのである。

今後ハマスが生き残る道が、アッバス議長との和解しかない・・という状況になる可能性を指摘する分析もある。

<イスラエルは??>

ネタニヤフ首相は、政府閣僚たちに、エジプト情勢についてメディアに発言することを禁じたと伝えられている。そのため、イスラエルでもエジプト情勢はニュースのトップだが、政府のコメントはいっさい報じられていない。

アメリカのオバマ大統領は、エジプト情勢が不安定であるため、アメリカからエジプトへの年15億ドルにのぼる軍事支援を見直す考えを明らかにしている。
タグ :

シナイ半島:警戒態勢アップか? .2013.7.5

 2013-07-05
エジプトが不安定になる中、3日よりシナイ半島(ならびにスエズ運河地域)を警戒するため、イスラエルとも合意の上で、エジプト軍がシナイ半島に駐留している。

4日、シナイ半島のガザとの国境近くにイスラム主義の男が駐留するエジプト軍に手榴弾を投げつけた。エジプト兵1人が死亡、2人が負傷した。

これを受けて、一時エジプトがシナイ半島南部とスエズ地域に国家非常事態宣言を出したとのニュースをエジプト国営の新聞社が報道したが、5日、エジプト軍はこれを否定した。
タグ :

エジプト・ムルシ大統領失脚 2013.7.4

 2013-07-04
エジプトで、数百万規模の反ムルシデモがはじまって4日目の3日夜、最後通告の期限時間を過ぎたことを受けて、エジプト軍がムルシ大統領を拘束、同政権によって出された憲法は、無効であると公式の発表を出した。

期限時間直前にムルシ大統領から、野党も含む連立政権への呼びかけが出されたが、野党は応じなかった。最終的には軍事クーデターのような形となり、ムルシ政権は発足から1年で終焉を迎えた。

国際社会の間では、「軍がエジプトを支配するつもりではないか」との懸念が広がった。しかし、エジプト軍は、今回の介入は、エジプト市民の声を反映するものであり、軍事クーデターではないと主張している。

上記公式発表には、反ムルシ派の代表として、元IAEA(国際原子力機関)のエルバラダイ氏、コプト教(キリスト教)代表司祭なども共に公式の発表を行った。

<歓喜と混乱のタハリル広場>

発表が出されると、カイロのタハリル広場に集まっていた100万人以上の反ムルシの群衆は、喜びの大歓声となり、花火が次々に打ち上げられ、一気に祝祭ムードとなった。

同じカイロ市内では親ムルシ派の大群衆もデモを行っていた。上記発表が出された直後に、衝突がはじまるのではないかと懸念されたが、今のところ大きな衝突にはなっていない。

しかし、タハリル広場では、これまでに少なくとも8人が死亡。デモに参加していた100人近い女性がレイプなど性的な被害を受けている。カイロ市内全域は、現在軍が駐留し、警戒にあたっているが、今も一触即発状態である。

<これからの流れ>

エジプト軍は、これからの流れとして、軍以外の政治家や専門家などによる暫定評議会を立ち上げてまずは憲法を制定、その後早急に大統領選挙を行うという”ロードマップ”(計画)を発表した。

<これからの注目点>

今後エジプトがどうなっていくのかは、専門家にも予測不可能だという。その中でも注目点は以下の通り。

1.エジプトは分裂するか

エジプトでの1年前の選挙で、ムルシ大統領は51%と獲得していた。親ムルシ派もまだまだ大群衆である。

エジプトは今、イスラム国家になるのか、世俗の国になるのかというアイデンティテイの問題でまっぷたつに分裂している。問題がアイデンティティであり、宗教がからんでいるため、エジプトがさらに分裂していく可能性がある。

2.民主主義は成り立つのか

ムルシ大統領は、不正に大統領になったのではなく、民主的な選挙で過半数を得て大統領になっている。それを事実上軍が、失脚させたというパターンができてしまったため、今後いかに民主的に選挙が行われても、同じことの繰り返しとなる可能性がある。

3.スエズ運河は開き続けているか

エジプトにあるスエズ運河はアジアとヨーロッパとの交易にはかかせない航路である。エジプトの混乱がさらに悪化した場合、スエズ運河が閉鎖される可能性が出てくる。

すると、原油の配給が滞り、ガソリンなどの価格が跳ね上がる。ヨーロッパとの輸出入が困難になる。

*市内半島にエジプト軍が駐留:イスラエルが合意

エジプト情勢が悪化する最中、エジプト軍がシナイ半島の治安を守るための軍隊を派遣、駐留を開始した。イスラエルはこれに合意している。

<アメリカの対応>

前回、ムバラク大統領に対する大規模デモが発生したとき、オバマ大統領は、親米だったムバラク氏をさっさ見捨てて退陣を要求。これがきっかけとなり、アラブの春が広がったとの批判を受けた。

そのため、今回は「どちらの側にもつかない」との立場を明確にし、直接の介入をさけているもようである。
タグ :

ハイファとアシュドドに新しい民営貿易港建設へ 2013.7.4

 2013-07-04
貿易港拡大と市場の開放をもって自由競争を可能にし、イスラエルの経済を活性化させるというのがネタニヤフ首相のビジョンである。

3日、ネタニヤフ首相とラピード財務相は、ハイファとアシュドドにそれぞれ新しい貿易港を建設することを発表した。建設はそれぞれ別の会社に入札したもよう。かかる費用はそれぞれ11億ドル。

イスラエルの港は地中海に面しており、ヨーロッパとの交易には非常に便利な位置にある。すでにアメリカと中国の会社が介入に興味を示しているという。

貿易港が完成したら民営とし、今の公営一社が港を独占するシステムを廃止する。これについてストが起こることも考えられるが、ネタニヤフ首相は、イスラエルの繁栄にためには民営化は不可欠であるとして、ストは受け入れないとの決意を語っている。

タグ :

値札行為疑いのユダヤ人逮捕 2013.7.4

 2013-07-04
値札行為を取り締まるため、警察が特別チームをつくって捜査を強化している。2日、エルサレムではピースナウの壁などに「アラブに死を」とスプレーしたとみられる21才のユダヤ人男性を逮捕した。

「アラブ人と左派の人々が憎かったから。」と供述しているという。もちろん、犯人は他にもおり、また突発的にこうした行為にでる若者もいるとみられる。
タグ :

エジプト政変再び 2013.7.2

 2013-07-02
日本でも報道されていることと思うが、日曜日夜に始まったムルシ大統領に辞任を求めるデモは全国で発生し、計100万人をゆうに超える大群衆となった。

カイロのタハリル広場は、エジプトの旗と反ムルシの”レッドカード(サッカーで反則した選手の退場指令のカード)を振りかざす人々で文字通り埋めつくされた。2日目に入った今日もまだまだ大群衆である。

反ムルシ派のグループが行ったムルシ大統領不信任に署名したのは2200万人。全人口の4分の1以上に上っていたという。

一部の過激派らは、カイロのムスリム同胞団のビルを襲撃して、ビルの隅々まで破壊。中にあった家具などを略奪した。このビルは、ムスリム同胞団の象徴的ともいえるビルだった。

一方、カイロのタハリル広場では、反ムルシ派のデモに対抗して、ムルシ大統領支持派もデモを行った。両陣営とも暴力には訴えないとしているが、日曜に始まったデモですでにカイロだけでも計8人が死亡している。

<なぜ人々は怒っているのか-イスラム化への反発>

今回は、幅広く女性や子供など一般の人々もデモに参加している。「ムルシ大統領は、国のためではなく、自分のイスラム同胞団のために働いている。エジプトをイスラム国家にしようとしている。」と人々は叫んでいる。

ムルシ大統領は、就任早々、憲法をごり押しで可決し、イスラム法を徐々に適応しているもようである。また、ムルシ大統領は6月に16人の新しい知事を任命したが、このうち7人がムスリム同胞団のメンバーだった。

中でも、ルクソールの知事に任命されたハヤット氏は、かつてルクソールで58人の旅行者を殺害したイスラム過激派”ジェマア・イスラミア”のメンバーである。

こうした経過から、一般の世俗のエジプト人たちの”空前の不信任”を出したというわけである。

MENA(エジプト国営放送)によると、国防大臣を含む6人の閣僚が首相に辞表を提出。反ムルシ・デモの側に立つものとなっている。

<エジプト軍登場-ムルシ大統領、最後通告を拒否>

2011年、ムバラク大統領が倒れた後、新大統領が立ち上がるまでエジプト軍が、暫定政府としてエジプトを管理した。今回も事態収拾のためにエジプト軍が登場している。

エジプト軍は、”空前の不信任”だとして、2日午後5時まで(日本時間夜10時ごろまで)になんらかの解決策を出すよう、ムルシ大統領と、その最大ライバル野党双方に要求を出した。もし出さないなら、軍が介入するとの最後通告を行った。

これを受けて、反ムルシ派は、もし大統領が期限内に辞任しないなら、大統領官邸へ群衆がなだれこむと訴え、すでに官邸前に集結しはじめているもようである。

しかし、2日早朝、ムルシ大統領は、軍の最後通告の要求を拒否し、あくまでも自らの政策を続けると返答した。

こうした事態を受けて、先週からエジプト経済は急下降しはじめている。早期に解決できなければ、エジプトが分裂、内戦へと移行していく可能性も懸念されている。
タグ :

距離は縮まった??ケリー米国務長官のシャトル外交 2013.7.2

 2013-07-02
この週末、アメリカのケリー国務長官は、ネタニヤフ首相とアッバス議長の間を3回も往復し、精力的にシャトル外交を展開したが、結局、和平交渉再開への実質的な前進を得ることはできなかった。

ケリー氏は28日、出国直前に空港で記者会見を行い、「両者の見解の違いは非常に大きかったが、だいぶ縮まった。”もうちょっとで”交渉開始になるだろう」と語った。また両者ともにケリー氏にまた戻ってくるよう要請しているという。

ネタニヤフ首相は、パレスチナ側と何かの合意に至る前には国民投票に持ち込む方針だ。しかし、今回は何も決まっていないので、「今回は国民投票はなし」と閣議に伝えている。
タグ :

”値札”行為への対処 2013.7.2

 2013-07-02
ケリー氏国務長官がシャトル外交を行っている背後で、アブ・ゴーシュなどアラブ人村(イスラエル領内)で落書きやタイヤ切りなどの値札行為が頻発し、アラブ人の怒りが沸騰しつつあることはお伝えしたとおり。

1日、ヤアロン国防相は、値札行為は、明らかなテロ行為だとして、ハマスやイスラム聖戦、ファタハと同列にする方針を明らかにした。

<ティーンエイジャーが共存への話し合い>

28台の車がタイヤ切りの被害を受けたアブ・ゴーシュでは、28日夜、パイロン教育相も参加して、約800人のユダヤ・アラブ双方のティーンエイジャーたちが集まり、話し合いの時を持った。

アラブ人学生(16)は「こうした話し合いは、今後互いに敬意をもってよい関係を築いていくのによい助けになる。」と語った。

ユダヤ人学生(18)は、小学生のころ、バスの爆破が日常茶飯事であったことを述べ、「10代で、人種で人を憎むようになったら、おそらく同じ事の繰り返しになる。教育のシステムにこのことを取り入れるのは重要だ。」と述べた。

<だれが値札行為を行っているのか?>

一般に、値札行為は西岸地区のユダヤ人入植地に住む過激なユダヤ人だと考えられている。モスクには「アラブは出て行け」、教会には「イエスはサル」と落書きするなど、ユダヤ教以外のコミュニティがターゲットになるからである。

しかしこれまで、値札行為をした者はほとんど捕まっていないので、いったいどこのだれがやっているのかは実は謎である。

昨日、イタマルや、タプアハなど、特に過激だと思われている西岸地区の入植地へ行く機会があった。行ってみると、コミュニティには、世俗派も多数おり、過激なユダヤ教徒ばかりではなかった。

住民は実に平和に住んでおり、若い家族が、たくさんの子供たちとともに理想的ともいえるコミュニティ生活を送っていた。都市より安く、コミュニティも子供によいプログラムを実施して環境がよいため、今イスラエル中から、移住を希望者が増え続けているという。だから住宅が必要なのだと。

彼らの表情は、値札行為をするようなイメージではなかった。

では、だれがやっているのか入植者たちに聞くと、一部の過激な者たちだというが、どこから来ているのかとの問いには???。やっているのはアラブ人自身である可能性も否定あるかと聞くと、一部はアラブ人自身による行為である証拠もあると言ってた。

犯人グループが早く逮捕されることを期待したい。
タグ :

アラブのアイドル、西岸地区でもブレイク 2013.7.2

 2013-07-02
先週、ガザ出身のモハンマド・アサフさんが、レバノンで開催されたスター誕生的番組で優勝したが、昨夜、西岸地区ラマラの広場でコンサートが行われた。周囲の交通は遮断され、家族連れなど数千人が集まったという。

これはつまり、イスラエルが、アサフさんがガザを出て、西岸地区へ入ることに許可を出したということを意味する。

ラマラに続いてナブルスでもコンサートを行う予定だが、アサフさんが病気か疲れているかで声に元気がないということで、1日延期されている。

西岸地区でのショーはいずれの場所でも短い無料コンサートで、ラマラでも3曲しか歌わなかった。通常の有料コンサートは費用がかかりすぎるためである。無料コンサートのスポンサーは、パレスチナ銀行とアッバス議長事務所だった。

希望のないパレスチナ人にとって、アサフさんの存在は少なくとも、笑顔を呼ぶ出来事になった。
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫