FC2ブログ

ロシアの警告:シリアの核研究施設!? 2013.9.7

 2013-09-07
アメリカの上記のような動きに対し、ロシアは、あくまでも「化学兵器を使用したのはシリア政府ではない可能性がある。証拠を出せ。」と言い続けている。シリアのアサド政権も、化学兵器使用を否定。反政府勢力が欧米の関心を買おうとして使用しているのだと主張し続けている。

<シリアに核施設がある>

ロシアのプーチン大統領は、国連に対し、もしアメリカがシリアを攻撃した場合、ダマスカス近郊にある核研究施設が破壊され、地域全体を汚染する。

濃度の高い危険な核物質が、テロ組織の手にわたる危険性があると警告。早急に調査するようIAEAに依頼した。

<ロシアも地中海に巡洋艦を派遣>

ロシアが巡洋艦(巡航ミサイルつき)モスクワをシリアの地中海に向かわせていることがわかった。10日後ぐらいには地中海に到達する。

ロシアは、シリアに高度な誘導式迎撃ミサイルS300を売却したことで知られる。しかし、S300の搬入はまだ完了しておらず、現在保留になっている。プーチン大統領は、アメリカが攻撃した場合、搬入再開を示唆する発言をしている。

<イランはどう出る!?>

イランは、あくまでもシリア政府を支持する意向を伝えている。しかし、シリアへ軍を派遣することはないとも言っている。(すでに革命軍はシリアに入っているが・・・)

アメリカが攻撃した場合、イランはヒズボラに支持してイスラエルを攻撃させる可能性が高い。ヒズボラは、現在、あらたに戦闘員を徴集しているとの報告がある。
タグ :

イスラエルは米軍事攻撃を要望 2013.9.7

 2013-09-07
イスラエルはシリア問題について、いっさいのコメントを控えている。しかし、イスラエルとしては、アメリカが効果的にシリアを攻撃することを希望している。

もし今、アメリカがシリアを攻撃しなければ、イランが国際社会の無力を見て、遠慮なく核兵器の開発を進めるからである。ヒズボラや、アルカイダなど危険なテロ組織も、活動を活発化させるだろう。ちょうど警察がいない状態になると考えたらよい。

これまで沈黙を守ってきたAIPAC(アメリカ・イスラエル共同のユダヤ人政治団体)だが、アメリカ議会(下院)では、まだシリア攻撃に反対する意見が多いことを受けて、シリア攻撃を促すロビー活動をはじめた。

<敵はイスラエルには手をだせない:ネタニヤフ首相>

アメリカがシリアを攻撃すれば、シリアだけでなくヒズボラなどが、イスラエルを攻撃する可能性がある。しかしネタニヤフ首相は、万全の防衛準備は整えたと言っている。

イスラエルは、これまでにヒズボラに搬送されようとする武器がまだシリア領内にあるうちに攻撃。ロシアのS300の一部と見られるものが搬入されようとする軍港を空爆したとみられている。

”アメリカと違って”イスラエルは、「イスラエルの治安を脅かす者には、確実に報復する。むしろイスラエルへの攻撃が実行される前、まだ国外に脅威があるうちに処理する。」という明確なメッセージを発信してきたのである。

ネタニヤフ首相は「敵は、『イスラエルを攻撃してはならない。』ということを非常によくわかっているはずだ。」と言っている。

<石のひとりごと>

来週、アメリカがシリアを攻撃することは避けられない状況になってきた。オバマ大統領の決断力の弱さ、議会の承認に持ち込んだことなど、批判する意見が多いが、もう後ろを振り返っても仕方がない。

攻撃を実行するなら、必ず、あざやかに成功したと世界が認める結果になるよう、とりなしが必要だ。

これから特にオバマ大統領、アメリカ空軍、フランス軍、またイスラエルのネタニヤフ首相、ヤアロン国防相、ガンツ参謀総長、シリア内部にいる諜報部員たちを覚えて真剣なとりなしが必要である。

また、戦争になった場合、シリア側からの反撃で、まきこまれる可能性のある国は、トルコ、ヨルダン、レバノン、イスラエルである。
タグ :

G20でオバマ大統領窮地:シリア危機 2013.9.6

 2013-09-06
先週末、オバマ大統領は、化学兵器を使用しているシリアのアサド政権への軍事攻撃を決意したが、議会の承認を求めると発表した事について。ワシントンでは、来週の議会での採択にむけて、オバマ政権の上院議員たちへの、根回しと説得が行われている。

ケリー国務長官は、「今、シリアを攻撃しなければ、化学兵器使用を容認しないとする国際社会とアメリカの威信が失われ、もっと悪い状況になる。これはシリアの問題だけなく、他のアメリカに敵対する国々(イラン、北朝鮮など)へのメッセージとなる。」と篤く承認を訴えた。

今のところ、上院の外交委員会は、攻撃するなら、確実で素早く60日以内(最大90日まで延長)、”こぎれいに終わり”地上軍の派遣はないということで承認。しかし下院ではまだ反対、またはまだ決めていないとする議員が多く、先行きは不明のままである。

<ダマスカスでは人間の楯>

アメリカの攻撃が近づいたため、親アサド派の市民が、ダマスカスの政府、シリア軍施設周囲に立ち並び、人間の楯になる決意を表明している。女性や子どもたちの姿もみられる。

<G20:サンクトペテルブルグ>

5日、ロシアのサンクトペテルブルグで始まったG20の国際経済会議。オバマ大統領はプーチン大統領はじめ、世界の先進国首脳と顔合わせしている。議長のプーチン大統領は、この会議は本来、経済について話し合われる会議だが、火急なシリア問題も話し合うとした。

参加国は、欧米、オーストラリア、ニュージーランドの他、中東からはサウジアラビア、トルコ、アジアでは中国、韓国、日本、インド、インドネシア、南アメリカからは、ブラジル、アルゼンチン、メキシコなど。世界人口の3分の2を占める国々が集まっている。

現時点では、ロシア、中国を筆頭に、フランス以外のEUを含む多くの国々がオバマ大統領の軍事介入に反対。理由は、攻撃の結果どうなるのか、見通しが全くないからである。逆に、反政府勢力アルカイダの助長、イスラエルを巻き込む戦争や、石油高騰など”副作用”の方が見えているのである。

バチカンのフランシス法王も、軍事介入に反対。世界12億のカトリックと、その他の宗教者に対して、7日土曜に断食してシリア問題の解決を祈るよう呼びかけた。

世界が反対している以上、もしオバマ大統領が軍事介入に踏み切るなら、まさに失敗はありえない状況となってしまった。議会の承認をあえて求めて攻撃を先延ばしにし、G20で国際社会の理解を求めようとしたオバマ大統領。時間をかけた分、逆に自分で自分の首をしめた形になったようである。

<舞台から降りたイギリスは・・・?>

今回、世界の及び腰に拍車がかかったのは、イギリスの議会が軍事介入を承認しなかったことも大きく影響している。

イギリスのキャメロン首相は、G20において、シリアがサリンを使った新たな証拠が出そろい始めているとして、イギリスは舞台から降りたのではなく、必要であれば議会での再決議もあり得るとし、政治的解決にむけてリーダーシップを発揮すると発言している。

<日本の安倍首相は・・・?>

朝日新聞によると、安倍首相は、G20に先立ち、オバマ大統領と会談。シリア問題が北朝鮮問題にも波及する可能性があるとして、オバマ大統領の計画、また国際社会の理解を得ようとしていることに対し、一定の理解を示したと伝えられている。
タグ :

エルサレム5774年・新年 2013.9.6

 2013-09-06
シリア危機で世界は騒然としているが、4日夕刻より、エルサレムでは例年のように平和なユダヤ暦新年5774年を迎えている。危機感を持っている人はだれもいない様子である。

新年は6日夕刻までだが、7日が安息日であるため、イスラエルでは実質3連休。バスも電車も3日間止まる。

新年祭に入る4日には、エルサレムの町ではすでに祝い込みに入っている様子で、閉まっている店が多かった。郵便局(本局)にいたっては閉館の午後12時の5分前にはすでに閉まってしまって帰宅。

市場のマハネイ・ヤフダではまだかけこみの買い物をしている人も大勢あり、りんご、はちみつ、ハニーケーキ、ざくろ、新鮮な魚といった新年らしい食べ物がならんでいた。

あちこちで「シャナ・トバ・ウ・マトカ」(新年がスイートでよい年でありますように)ということばが飛び交っていた。

嘆きの壁では、4日日没後、新年をつげ知らせるショーファーが吹き鳴らされた。嘆きの壁に行かない人々は、近隣のシナゴーグで祈りが捧げた後、家庭で新年の特別な食卓を祝った。(写真:新年を迎えている家庭のあかり・たわわのざくろ)

<新年の統計:総人口800万を超える>

毎年、新年には統計が行われる。イスラエルの総人口は808万1000人とついに800万を超えた。うちユダヤ人606万6000人(75.1%)、アラブ人167万人(20.7%)、34万5000人(4.3%)がアラブ人以外のクリスチャンなど別の宗教者。

新生児は16万3000人。名前は、女の子ではノアちゃんが人気。男の子ではイタイ、ダニエルと続く。新移民は、17484人。いったん移住した後出ていったユダヤ人で、帰ってきた人を入れると22988人。

昨年に比べると、14万2000人(1.8%)増えた。*亡くなった人をさしひいている。

<新年・さばきの日が近づいた合図・レビ記16:24>

聖書によると、新年は、第7の月の1日。ユダヤ教では、これは天地創造の6日めにあたるとされる。つまり、最初の人、アダムが生まれた(創造された)日である。場所はエルサレムとされる。

このアダムが神のいいつけを守らずに禁断の実を食べて、罪、混乱が世に入った。そのため、神は、アブラハムを召し出された。アブラハムは、主の命令に従って、疑問をはさまず、息子イサクをささげようとした(創世記22章)。

この従順が認められ、主みずから、イサクにかわって罪を贖い、いけにえとなる子羊をアブラハムに与えられた。これによりイサクは死から免れたのである。その子孫がユダヤ民族である。

したがってこのできごとは、ユダヤ民族の原点、彼らと神との契約を現している。この場所もまたエルサレムである。

<らっぱの意味>

ではらっぱをふくのはどういう意味か。これは、ユダヤ民族に対し、「神こそがすべてを支配しておられるお方。新年をよいものにされるかどうかは、このお方しだい。神との契約を守っているか。神との関係は大丈夫か吟味せよ。」という合図である。

実際、新年の10日後、第7の月の10日目(今年は9月13日)には大贖罪日(ヨム・キプール)が来る。大贖罪日にはメシアがエルサレムに来て、最後のさばき、審判を行うとされる。

贖罪の日は、この日そのものが、悔い改めて主に立ち返る日・・・ではない。”この日までに”主に立ち返って悔い改め、神との関係が正しい者は、この日、さばきを免れる。終えていない者は、この日、裁かれて滅びる。

新年祭に吹き鳴らされるラッパは、贖罪の日が近いという警告の合図なのである。これに備え、ユダヤ教には、新年祭中、水(噴水などもOK)に向かって自分の罪を言い表し、悔い改めて神に立ち返るという習慣がある。

またユダヤ人たちは、新年祭から「ハティマ・トバ」とあいさつをかわし、「主の書物にあなたの名が良きことともに記されますように。」と言い合う。

つまり、新年祭りから、大贖罪日までの10日間は、これまでの神との関係とともに周囲の人々との関係も振り返り、仲直りすべき人とは仲直りするなど、神と人の前に悔い改めのチャンスの時ということである。

*新約聖書との関係

新約聖書では、イサクにかわって死ぬことになる子羊は、イエスの型を示していると考えられている。人類全体の、しかも時間を超えた罪をあがなえるのは人間のよい行いなどではまにあわない。神ご自身だけである。

そこで神ご自身がイエスとなって地上に来られ、罪の結果である永遠の死の罰を、人に変わって受け、そこからよみがえって完全な解決の道をつくった。人は自分の罪と無力を認め、これまでの歩みを悔い改め、イエスの贖いを信じ、受け入れることが救いへの道だと教える。

「らっぱを吹き鳴らす日」は、新約聖書(第一テサロニケ4:16,17)によると、この日、らっぱの響きを合図に、イエスの贖いを受け取り、罪赦されている者は、先に天に上げられるとされる。その後に、メシアとしてのイエスが、地上で最後のさばきのために、再臨するのである。

らっぱの音とともに天に上げられなかった人々にとっては、メシアが来るまでのわずかな期間が、最後に残された悔い改めのチャンスということになる。
タグ :

エジプトで爆弾テロ 2013.9.6

 2013-09-06
カイロで、暫定政権のイブラヒム内務相の車列が爆弾テロに襲われ、少なくとも2人が死亡。多数が負傷した。すでに暗殺計画が予期されていたため、イブラヒム氏自身は防護車に乗っていて無事だった。しかし、護衛の車3台が吹き飛ばされる大爆発だった。

ムスリム同胞団は、暫定政権につくエジプト軍に指導者を次々に殺害、または逮捕され、今では弾圧されたような形になっているが、今回の爆弾テロについては犯行を否認している。

犯行グループはまだ明らかではないが、外国勢のイスラム主義グループではないかとみられている。今回のテロが、エジプトでの新たな暴力への始まりではないかと懸念されている。
タグ :

シリア攻撃延期へ 2013.9.1

 2013-09-01
オバマ大統領は1日、シリアへの攻撃について、米議会の承認を得るまで待つとの意向を表明した。これにより、もしアメリカがシリアを攻撃するとしたら、議会が再開される9日以降になるみこみとなった。

オバマ大統領は、「化学兵器で1000人以上を殺害したアサド政権をみすごすわけにはいかない。たとえ、国連の支持、また議会の支持がなくても、大統領自身には攻撃する用意も権威もある。」と語った。

しかし、その上で、「アメリカの市民は、アフガニスタンやイラクへの中東介入でうんざりしていることも確かである。アメリカの政府は”人民の人民による人民のための”政府でなければならない。アメリカは、世界に対して、政府のあり方を示す国でもあるべきだ。」と語った。

アメリカ人のシリア攻撃への支持率は9%で、先週から20%に上がってはいるものの、まだまだ大半は反対しているというのが現状である。

なお国連の化学兵器調査団は昨日、サンプルの採取を終えてシリアを出国。調査結果が出そろうのも数週間後になるみこみ。

今回、オバマ大統領は、議会の承認を待つことになったわけだが、もし議会が承認しなかった場合、オバマ大統領がどういう判断に出るのか・・・オバマ大統領の重い決断はまだ終わったわけではない。
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫