FC2ブログ

西岸地区産業パークでテロ:2人死亡 2018.10.8

 2018-10-08
7日早朝、西岸地区のアリエル市近郊にあるバルカン・産業パーク内で銃撃テロが発生。ユダヤ人2人が死亡。1人が中等度の負傷を負った。

テロリストは、軽機関銃を持ったまま逃走中で、現在、イスラエル軍が、2部隊と特殊部隊も動員して捜索を続けている。

https://www.mako.co.il/mako-vod-channel2-news/main-newscast-2e371988a43b0610/8aca01c89ff26610/VOD-1a4c864648f4661006.htm?sCh=ee06c13070733210&pId=1859923711

死亡したのは、アロン・グループCEOの秘書キム・リーベングランド・イェヘジケルさん(28)と、同会社の会計士ジブ・ハジビさん(35)。防犯カメラの映像などから、テロリストは犠牲者2人と同じ会社で電気技師として働いていたパレスチナ人、アシュラフ・ワリード・スレイマン・ナロワ(23)と断定された。

調べによると、ナロワは、まずキムさんを後ろでに縛り上げた後、近距離から銃殺。もう一人の女性(50代)の腹部を撃って重傷を負わせ、続いてジブさんを銃殺した。

ナロワは、犯行に及ぶ朝、フェイスブックに「(アラー)を待ち望む」と書き込んでいた他、友人たちに遺書を託していたとチャンネル2は伝えた。これまでにナロワの家族と友人知人らが拘束され、犯行に関わったかどうか、取り調べを受けている。

なお、犯人の自宅はすでに破壊することが決まり、その準備が進められている。イスラエルの怒りがいかに大きいかが察せられる。

現時点では、犯行は単独犯とみられているが、ガザのハマスとイスラム聖戦は、このテロ行為を賞賛する声明を出した。

https://www.timesofisrael.com/idf-names-palestinian-suspect-in-deadly-terror-attack-as-manhunt-persists/

<破壊された2つの家族>

このテロで犠牲になった2人は、まだ若い母親、また父親であった。キムさんには夫と1歳4ヶ月の息子。ジブ・ハジビさん(35)には妻と幼い3人の子供がいた。あまりにも突然に、2つの若い家族が破壊されてしまった。

キムさんの母親は、号泣し、「犯人はみな死ぬべきだ。彼らの家族は苦しむべきだ。」と訴えている。キムさんの葬儀は、自宅のあるローシュ・ハアインで7日の夜行われ、数百人が参列した。ジブさんの葬儀は8日午後に行われることになっている。

今朝まで元気でいたお母さん、お父さんが、もう二度と戻らない。家族たちのもとにこの人々が帰ってくることは二度とない。いつも思うが、あまりにも唐突すぎる別れである。残された子供達や親族がこれをどう整理していくのか、想像に絶する苦しみがこれから始まっていく。。。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5365612,00.html

<バルカン産業パーク:消えゆく共存の夢>

バルカン産業パークは、テルアビブから内陸へ30キロ、いわゆる”グリーンライン”を超えて、西岸地区に深く入り込んだ場所にある。近くには、1978年からユダヤ人たちが開拓して、今や市になったアリエル(人口約2万人)がある。

バルカン産業パークは、アリエル市に続いて1982年に設立された。産業パークとして企業に参入を呼びかけた。家賃がイスラエル領内の半分近いこともあり、今はフムスなどの食品、繊維、プラスチックなど164社が工場を置いている。バルカン・ワイナリーもあり、良質のワインを製造している。

労働者は約7200人で、50%は近隣に住むパレスチナ人である。パレスチナ人でも、ユダヤ人より給料が安いということはなく、休暇や、労働時間はもちろん、福利厚生もユダヤ人とまったく同等だという。

西岸地区には、こうしたユダヤ人による産業パークが20箇所あり、労働者28000人のうち18000人がパレスチナ人である。

数年前にバルカンセンターを取材したが、パレスチナ人労働者も、「パレスチナの会社の場合、給料をはらってもらえないこともあるが、ここでは、確実に払ってもらえるし、労働時間や休暇、福利厚生もあるので感謝している。」と安定した暮らしを楽しんでいるようだった。アラブの村から産業パークまでの送迎まであるということだった。

しかし、世界はバルカン産業パークに冷たかった。バルカンの土地は、西岸地区であり、まだ国際的にイスラエルの土地と認められていないにもかかわらず、ユダヤ人が工場をたてて収益をあげていると訴え、退去を求めてきた。

産業パークによって安定した暮らしを得たのはパレスチナ人でもあるのだが、これを主張すると、国際法を反故にしようとして既成事実を作ろうとしていると言われた。さらには、イスラエルが産業パークのせいで、西岸地区のパレスチナ人ビジネスが育たないとも訴えられた。

実際のところ、アリエル市もバルカン産業パークも、西岸地区の高台で、テルアビブを見下ろす位置にある。イスラエルの防衛戦略上、非常に重要な土地であることは確かである。イスラエルがこの地を戦略上奪ったのだというパレスチナ人の言い分には一理ある。

しかし、取材をする中、産業パークに参入した企業主たちは、たんにビジネスマンであり、そうした国家的な戦略とは関係なく、ただシンプルに、自分の収益とともに、パレスチナ人の生活も潤せていること、彼らと共存できていることを心から喜んでいたと感じた。

イスラエルのユダヤ人は、基本的に人好きで、多様性を排斥するのではなく、楽しむ人々である。それは、ユダヤ人自身が多様だからでもあろう。このイスラエルのユダヤ人の性質は、世界ではあまり理解されていないように思う。

現地のパレスチナ人も、内心、微妙であるかもしれないが、それよりも家族を平安に養えるほうを喜んでいたように見えた。

パレスチナ人労働者をどのようにしてみつけるのか、ユダヤ人経営者に聞くと、先に雇用したパレスチナ人労働者の紹介だと言っていた。互いに、ある程度の信頼関係もあったということである。

チャンネル2のニュースでは、事件後、襲撃んされたアロン・グループのCEOラファエル・アロン氏がインタビューされていたが、「パレスチナ人労働者には、ユダヤ人と同等かそれ以上のことをしてきたつもりだ。これからどうしたらいいのかわからない。まだ頭で理解できてない。混乱している。」と涙声で語っていた。

事件後、西岸地区の入植地では、「共存など夢物語にすぎない。結局のところ、占領する者とされる者。上にたつか下にたつかしかない。」という右派勢力の声が高まっている。今後、産業パークではパレスチナ人の雇用を減らしていくか、ユダヤ人労働者との働き場を分離するかなどの声もあがってきている。

https://www.timesofisrael.com/settler-leaders-insist-industrial-zone-shooting-wont-sink-isle-of-coexistence/

パレスチナ人たちは、このテロをどうとらえているのだろうか。イスラムのイデオロギーをとれば家族も親族も滅ぶ。現実をふまえて、イデオロギーを棚に上げ、家族の平安をとるか。両方とることはできない。どちらを選択するかはパレスチナ人それぞれに委ねられている。

<石のひとりごと>

今回のテロで、ユダヤ人がパレスチナ人社会にさしだしていた手が、切り落とされたような痛みを感じる。

故アリエル初代市長のロン・ナフマン氏は、真剣にパレスチナ人とのよき隣人関係を求め続け、対話を続け、その死の直前まで、その夢を追い続けていた人だった。

世界は彼をどうとらえようが、彼は必死に近隣のパレスチナ社会の指導者たちのところに行き、話し合いをし、友人として手をさしのばしていた。取材でナフマン氏に会ったことがあるが、それは表向きの戦略だけではなかったと筆者は思っている。

世界は、西岸地区の産業パークを非難し、撤去を要求するが、では世界は何をしているのか。UNRWAで支援だけを続けて依存させているだけではないか。それならば、雇用を生み出し、働いて、誇りを持って生活の糧を得る場所を提供しているイスラエルの方がはるかにパレスチナ人にとって有益な支援を提供していたのではないか。

イスラエル、またユダヤ人は神の選民と言われる。それにあこがれ、みずからもユダヤ人になろうとするクリスチャンもいる。しかし、選民であることの厳しさは半端ではない。今回のようなテロ事件が発生するたびに実感させられる。
カテゴリ :パレスチナ関係 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

戦争まで紙一重:ガザ情勢緊迫 2018.10.7

 2018-10-07
ガザ国境の情勢が緊迫してきた。5日金曜も、ガザ国境では2万人が暴動に参加。多数のタイヤを燃やしたり、イスラエル軍に手榴弾を投げるなどの暴動となった。

群集は一時、イスラエル側への侵入を試み、武装した者ら10人が、防護フェンスを破ってイスラエル側へ入ったが、イスラエル軍がこれを制止した。イスラエル空軍がガザへの空爆も行った。パレスチナ側情報によると、12歳の少年を含む3人が死亡。142人が負傷した。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/252822

これと並行して、暴徒らは、火炎物をつけた風船をイスラエル領内に向けて飛来させ、イスラエル南部の農地7箇所で火災が発生した。

6日(土)夜には、モシャブ・エイン・ハベソル付近で大規模な火災が発生。火はグリーンハウスに届きそうだったが、消し止められた。住民らは、発火直前に、ガザからの風船を見たと言っている。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5364482,00.html

<ガザ情勢緊迫の背景>

今のガザ情勢緊迫の背景にあるのは以下の3点。ガザがいよいよ崩壊に向かい、ハマスに残された選択肢がイスラエルとの戦争という道だけになりつつあることが考えられる。

①エジプト仲介のハマスとイスラエルのと関節的”停戦”交渉が頓挫した。
②ガザ地区の経済が破綻する中、アメリカのUNRWA撤退で、支援が大幅に削減され、UNRWAのパレスチナ人スタッフも ガザだけで113人が解雇された。(ガザの失業率40%以上) 
③西岸地区、パレスチナ自治政府のアッバス議長が、送金の全面停止を予告した。

<アッバス議長:ハマス崩壊へ本格的に圧力>

アッバス議長は、ここ数年、ハマスとの和解を試みてきたが、いずれも不成功に終わった。アッバス議長は、和解を諦め、ガザの支配権をパレスチナ自治政府に戻すようハマスに圧力をかける政策へと方向転換したとみられる。

ガザの市民生活が崩壊すると戦争になるため、カタールが、急遽6000万ドル(約65億円)をガザ地区生活改善のために支援すると申し出た。これにより、発電状況が改善され、ガザ市民は、1日8時間電気を受け取ることになるとみこまれた。

国連とイスラエルにより、発電のための燃料が準備され、4日、ガザへの運搬が予定された。しかし、これは実現しなかった。

パレスチナ側の報道として伝えられたところによると、アッバス議長が、イスラエルのガス会社に対し、「もしカタール出資による燃料をガザへ送るなら、今後パレスチナ自治政府はガスをヨルダンから購入する。」と脅迫したという。ガザでこの燃料の運搬にあたる予定であった国連職員には、仕事に出てこないよう、脅迫したとのこと。

パレスチナ自治政府では、約2週間後に、指導者による総会が予定されており、この時に、自治政府からガザへの送金、一月9600万ドル(100億円以上)を停止するかどうかが決められることになっている。もしこれが実施されたら、ガザ地区の生活は完全に崩壊し、いよいよ戦争しかないということになる。

https://www.timesofisrael.com/pa-prevents-gaza-from-receiving-qatari-fuel-aid-increasing-danger-of-violence/

こうした中、4日、ハマス指導者のヤヒヤ・シンワル(56)は、イタリアとイギリス紙の新聞記者(イスラエル紙イディオト・アハロノトにも関係)とのインタビューに応じ、「イスラエルとの全面戦争は望まない。しかし、今の状況では、大きな戦争はさけられないだろう。」と語った。

シンワルは、すべての悪の根源はイスラエルのガザ封鎖であるから、これを解いてくれるなら、イスラエルは攻撃しないと言っている。本音としては、イスラエルとの全面戦争ではなく、なんらかの和解に持ち込みたいと考えているとも受け取れる。

実際のところ、今、ハマスとイスラエルが戦争になって笑うのは、アッバス議長である。全面戦争になれば、ガザは崩壊する。ハマスが大打撃を受けて、指導者も交代となり、最終的にはアッバス議長の手にガザが戻ってくるよいう流れである。ハマスもこれを理解していると思われる。

ところで、このインタビューに応じたシンワルは、記者がイスラエル紙にも関係していることは知らなかったと言っている。しかし、実は知っていて、このインタビューを通してイスラエルに対し、「戦争にしないよう、パレスチナ自治政府に送金を止めないよう、働きかけてほしい。」とイスラエルに訴えているのではないかとの分析もある。

なお、ヤヒヤ・シンワルは、イスラエルと通じているとされるパレスチナ人を殺害して終身刑となった。イスラエルの刑務所に22年服役したところで、ギラッド・シャリートさんとの交換で、釈放された約1000人のパレスチナ人の1人として、釈放された。それが今、ハマスの指導者である。イスラエルのことも相当よく理解していると思われる。

https://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/Whats-behind-Hamass-message-to-Israel-568710

https://www.timesofisrael.com/topic/yahya-sinwar/

<死こそすべて:ガザのイスラム聖戦指導者>

一方、ガザで、ハマスのライバル組織、イスラム聖戦は、1週間前に新しい指導者ジアド・アル・ナクハラを迎えた。ナクハラは、「死が、我々と我々の子供達にとってすべてだ。降参はありえない。ガザ周辺(イスラエル南部)は、いのちにふわしい場所ではなくなった。」と、ガザ周辺のイスラエル人をのろうようなコメントを出している。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5364482,00.html

<イスラエル軍防衛体制強化:リーバーマン防衛相が最後通告?>

緊迫するガザ情勢の中4日、イスラエルのリーバーマン防衛相は、ツイッターに「ガザ国境の暴動で苦労させられたが、戦争にならずに例祭期間を終えた。しかし、今、休暇は終わった。ハマスはそれをよく心得るべきである。」と書き込んだ。

秋の例祭シーズンを終え、イスラエル軍は今やいつでも戦闘態勢に入れるということで、ハマスはそれをよく理解して、イスラエルを攻撃しないようにと言っているのである。ハマスは、「口だけだ」と一蹴したが、決して口だけではない。

イスラエル軍は、イリーバーマン防衛相の指示により、”あらゆるシナリオ”に備えての防衛体制を強化させた。ガザ国境での歩兵隊の増加、射撃手の増加や、使用する武器も一段上のレベルになっている。ガザ方面に続く4本の道路は閉鎖され、ガザ周辺は、軍関係者以外侵入禁止の軍用地域とされた。まさに戦争の準備である。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5364307,00.html

<ガザ国境周辺住民はどうしているのか>

2日、ガザ周辺、エシュコル地方のキブツ、キスフィムを取材した。このキブツは、ガザから4キロほどしか離れていない。遠くにガザ地区の建物を見ながら、ガザとキスフィムの間に広がる広大な農地で働いている。ということは、ガザからもすべてがみえているということである。

キスフィムの農地で働く労働者たちは、毎日、何時にだれがどこで働くかを軍に報告するという。取材中も、タイ人労働者が運転する大きなトラクターが通りかかった。

この地域は、ガザに近すぎるので、ミサイル発射とほぼ同時に着弾してしまう。サイレンは鳴らないし、アイアンドーム(迎撃ミサイル)にも守られていない。ガザに近いので、テロリストの侵入もありうる。そのため、ことが起こった場合に備え、それぞれのキブツに自衛団が設置されている。

有事には、近くにいる自衛団がかけつけ、軍の到着を待つ。自衛団は、火炎風船による火災にも真っ先に対処し、消防車の到着までにも消火を開始する。この時に活躍するのが、小型の消防車両である。福音派団体ICEJ(国際クリスチャンエンバシー)による献金で、こうした小型消防車両を寄贈したりしている。

遠くでときおり、大きな爆音も聞こえた。自衛団の男性によると、シナイ半島で、エジプトがISと戦っている音だという。

このように非常に危険な場所ではあるが、住民たちは、「我々はここから動かない。ガザはそれを知るべきだ。しかし、ガザがなくなることもない。なんらかの解決をみつけなければならない。」と語った。

ガザは地中海に面するビーチである。本来なら、多くの観光客を迎えるような楽園になれる場所である。

かつては、ガザ地区にユダヤ人も住み、パレスチナ人労働者とともに豊かな農園を運営していた時代があった。ユダヤ人もガザのビーチで楽しんでいた時代があったのである。そのガザを破壊したのは、ハマスである。
カテゴリ :パレスチナ関係 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

東エルサレムのUNRWAを閉鎖へ:バルカット市長 2018.10.7

 2018-10-07
アメリカが9月、UNRWAから完全に撤退したことを受けて、エルサレムのバルカット市長が4日、東エルサレムのUNRWA施設を閉鎖して、エルサレム市による福祉、医療、教育に移行する計画を準備したことを明らかにした。

現在エルサレムの総人口約90万人のうち30%を超える34万人がアラブ人。この中で、UNRWAによる学校で学ぶ生徒は1800人。今学期末で閉鎖となるとのことだが、その後、生徒たちがどうなるなどの具体的な計画はまだ明らかにされていない。

バルカット市長は、アメリカがUNRWAから撤退したことで、計画を前進させることにしたことを認めている。

バルカット市長によると、これまで、UNRWAはイスラエルの定めた免許なしに学校やクリニックを運営していたという。これまで、イスラエル市という権威の中で別の権威がある状態であったとして、”パレスチナ難民”という不条理を解決する時が来たと語る。

なおバルカット市長は、今月末で市長職を辞任。国政へと移行する。UNRWAの閉鎖は市長としての最後の仕事になるとみられる。

<UNRWAの問題点>

UNRWA(パレスチナ難民救済事業機関)は、イスラエルが独立したことによって行き場をなくしたアラブ人を対象に1949年に設立された。以来70年。今も支援を続けている。

最初に支援対象とされたアラブ人(のちにパレスチナ人と自称)は、70−80万人だったが、その子孫も難民として登録されたため、今では500万人が支援を受けている。居住地も、西岸地区、ガザ地区に限らず、ヨルダンやレバノンにいるパレスチナ人も支援の対象とされる。

これは、UNRWAの活動は、イスラエルの”占領”が終わるまで継続するという考え方が基盤になっているからだが、明らかに当初の目的からはずれていることになる。

さらに、社会活動の陰でハマスなど過激派との癒着がすすみ、UNRWAへの支援金の一部がテロ資金になっていることが問題となっていた。

アメリカは、UNRWAの運営資金の3分の1にあたる年間11億ドルを負担していた。海外支援の見直しをすすめているトランプ大統領は、「UNRWAは、パレスチナ人の自立ではなく依存させている。テロ組織との癒着で平和にも貢献していない。」として、今年9月、完全に拠出金を差し止めた。

UNRWAは今、学校やクリニックの閉鎖など活動の削減を余儀なくされている。また現地パレスチナ人スタッフ(西岸地区154人、ガザ地区113人)が解雇され、職を失った。

この影響を最も大きく受けるのが人口200万人のうち130万人がUNRWAの支援を受けているガザ地区である。

ガザ地区では、こうした厳しい削減に反発したパレスチナ人がUNRWA事務所に詰め寄り、脅迫もあったため、UNRWAは急遽、職員ほとんどにあたる10人をイスラエルへ避難させた。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5361615,00.html

<パレスチナ人かつイスラエル人の言い分:Nas Daily>

少々、話はずれるが、「パレスチナ人」がだれかという問題。パレスチナ人は、西岸地区や、ガザ地区だけでなく、イスラエル国内にもいる。一般的に、アラブ系イスラエル人と呼ばれている人々である。

この人々は、自分はパレスチナ人でありイスラエル人と考えている。イスラエルで自立した生活をしているので、UNRWAのお世話になっている人は一人もいない。

その一人が、世界を旅行しながら、フェイスブックに1分間のビデオクリップ"Nas Daily"を投稿し、大ブレイクしているヌセイル・ヤシンさん(26)である。最新のフォロワーは900万人に届きそうになっている。

ヤシンさんは、カナダ在住だが、ガリラヤ地方の出身。メディアのイメージと違って、イスラエルでは、一般のユダヤ人とパレスチナ人は敵対していないと訴えている。一方で、互いの間に、盲目的に作り上げられたイメージがあり、平和を妨害していることもまた訴えている。

ヤシンさんは、イスラエル、パレスチナの問題は白黒はっきりしたものではないので、どちらか一方にのみ味方するのが間違いだと訴えている。

パレスチナ問題だけでなく、様々な情報も楽しく発信するヤシンさんの作品を見れば、パレスチナ人のイメージも変わる!?

https://nasdaily.com/videos
カテゴリ :パレスチナ関係 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

独メルケル首相イスラエル訪問:ホロコーストは人類未曾有の”犯罪” 2018.10.7

 2018-10-07
3日、ドイツのメルケル首相がイスラエルと2日間訪問。ネタニヤフ首相と会談し、イラン問題、パレスチナ問題と特にイスラエルが計画中のベドウィン村強制撤去など、意見が対立する問題について話しあった。

同時に、ビジネスマンらも同行させ、テクノロジーでの協力など、ホロコーストを乗り越えての両国の関係強化を図る訪問でもあった。戦後、ドイツは、イスラエルにとっては最大の友好国である。

その前に、メルケル首相は、ヤド・バシェム、ホロコースト記念館を訪問し、記憶のホールで献花を行った。メルケル首相がヤド・バシェムを訪問するのは3回目になる。

最後の記帳では、以下のメッセージが書き込まれ、注目された。

「80年前の11月。ドイツのユダヤ人は、クリスタルナハトで未曾有の憎しみと暴力を経験した。その後に来るホロコーストは文明市場比べものにならないような犯罪であった。ドイツには、この犯罪を永遠に覚え、反ユダヤ主義と戦い、移民排斥他あらゆる憎しみと戦う責任をおっている。」

*クリスタルナハト

1938年11月9日にドイツで発生したユダヤ人に対する暴動。シナゴグやユダヤ人焦点が襲われ、ガラスが破壊されて破片が月明かりに輝いていたことからこの名がつけられた。ホロコーストが始まっていく分岐点とされる。

<石のひとりごと>

ドイツは、すさまじい犯罪とその結果、負わなければならなかった戦後の国の完全な崩壊から、みごとに立ち上がった。経済的にも祝福され、今やヨーロッパのリーダーである。

イスラエルのユダヤ人に限るが、ドイツはおおむね悔い改めたというのが、イスラエルでは一般的な見方のようで、ドイツへの感情的な憎しみは感じられない。多くのイスラエル人はドイツに旅行し、ビジネスでの関係も非常に深い。

この背景にあるのは、ドイツが、国として戦争中の犯罪を明確に認め、ユダヤ人とその国イスラエルに膨大な補償を、延々と今も続けていること。またその責任は終わることなく、「永遠」に続くと言い切る姿であろう。

これが言えたからこそ、過去の罪から解放され、犠牲者と加害者の間に新しい関係が構築できたのである。その関係は、加害者側が、被害者の下になり、謝り続ける姿ではない。対等に立って意見の違いも論じ会える信頼関係の回復を意味する。

そういう意味ではナチスドイツの罪が、誰の目にも明らかであったことは、ドイツにとっては、不幸中の幸いであったかもしれない。

ドイツの姿からは福音の原則を考えさせられる。神の前に自分の罪を認め、その責任は永遠に続くと認めることがまず前提となり、神との関係が回復が始まる。

問題は、罪を認めた後、その補償をどうやって支払うのかということ。その額は計り知れなく、自分で支払うことは不可能である。福音(ゴスペル)とは、キリストが、十字架でその補償、罰の支払いを私たちの代わりに負ってくださったということである。

これを信じ、受け取る時、神との関係が回復する。これは具体的にいえば、死んで神の前に出た時の心配がなくなるということを意味しており、聖書ではこれを「救い」と言っている。

これはまた神の前に、犯罪者として小さくなって歩むことではなく、神との愛に基づく信頼関係に戻ることを意味する。

福音は死んでからの話だけではない。過去の罪から解放されるとき、残りの人生、本来の使命を果たし、祝福の道を歩むことになる。多少言い過ぎかもだが、この原則は、イスラエルとドイツの関係を見る時にも少し理解できるように思う。
カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫