イランと国際社会の対話・期限切れで期限延長へ

 2014-11-25
イランの核開発問題に関して、イランと国際社会が最終合意の期限として定めていた昨日11月24日、結局、合意点を見いだすことができず、期間が延長されることとなった。

ケリー国務長官は、イランとの隔たりはまだまだ広いとの現状と伝えている。ネタニヤフ首相は、「悪い合意なら、ないほうがいい。」と期限延長を歓迎すると語った。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/1008-2c4d0392

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫