シリア領内空爆でヒズボラ2人死亡か:イスラエル空軍 2014.12.9

 2014-12-09
7日夜、シリアとレバノンのメディアが、イスラエル軍8機が、シリア領内を空爆したというニュースを流した。

情報によると、空爆を受けたのは、ダマスカス近郊の国際空港と、レバノンとの国境に近いディマ。両地点は、高度な地対空ミサイルS-300の倉庫とヒズボラへの搬入拠点だったとみられる。

8日になり、アラブ系メディアは、この攻撃で、ヒズボラ関係者2人が死亡したと伝えた。

S-300は、ロシア製で、もしヒズボラの手にわたれば、イスラエルとヒズボラの力関係を”逆転”させる可能性があるとして、数年前から問題になっている武器。すでにロシアからシリア(アサド政権)へ一部は搬入されたとみられている。

イスラエルはこの武器が、ヒズボラの手にわたるのを防ぐため、諜報機関を最大限働かせて破壊工作を行っている。これまでにすでに複数回、シリア内外での空爆を実施している。ただし、イスラエルは肯定も否定もしていない。

今回も、イスラエルのステイニッツ情報相は「危険は国外にあるうちに対処するという原則は変わらない。」とコメントしながら、攻撃を否定も肯定もしなかった。

<混乱極めるシリアの力関係>

シリア・イラクでは、ISISに対し、アメリカと有志国が、空爆を続けているが、先週イランが、アメリカに相談もなく、イラク領内のISISを空爆したと確認されている。

一方、今回、イスラエルが、攻撃したといわれているのは、ISISに敵対するシリア、アサド政権の陣営。イランは「イスラエルが、ISISを支援している証拠だ。イスラエルは事情を説明せよ。」と訴えている。

なお、イスラエルはシリアの内戦やISISの問題には、関わらないという方針を続けている。今回、もしイスラエルがシリアを攻撃したとすれば、言うまでもなく、ただ自国の治安を守るという目的のためだけである。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/1020-153312a0

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫