物議かもすネタニヤフ首相の訪米 2015.1.29

 2015-01-29
ネタニヤフ首相が、アメリカ議会(共和党主導)でイランに関することへの発言を求められ、3月、渡米する意志を表明した。

問題は、この件がホワイトハウスを素通りしていたことである。議会はオバマ大統領とは対立する存在。その議会の招待に、ホワイトハウスには何の断りもなく、出席表明をしたことで、オバマ大統領との関係にひびが入るとの批判がとびかっている。

案の定、オバマ大統領は、この時、ネタニヤフ首相とは面会しないと表明。「(イスラエルの)総選挙2週間前に、一方とだけ会談するのは、倫理的でない。」というのが理由である。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/1050-d847a86d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫