シリアにロシア機配備:アメリカとロシアが軍事会議へ 2015.9.19

 2015-09-19
アメリカの政府関係筋によると、シリアにロシアの戦闘機が配備された。ターゲットはISISだ。しかし、シリア領空では、すでにアメリカの戦闘機がISISをターゲットに空爆を行っている。

この狭い区域で、かつての冷戦国どうしの戦闘機が衝突する可能性も現実味を帯びて来た。ロシアはこの他にも戦車部隊、海軍も派遣するなど、シリア領内での軍事力をアップし続けている。

アメリカのケリー国務長官は、まもなくアメリカとロシアがこの問題に関する軍事会議を行う事を明らかにした。すでに両国の国防相どうしが電話で話し合いが行われたという。これについてはイスラエルのメディアも報道している。

http://www.nytimes.com/2015/09/19/world/europe/us-to-begin-military-talks-with-russia-on-syria.html?_r=0

<日本の安全保障関連法成立:石のひとりごと>

日本では今日、安保関連法案が参議院を通過し、成立が決まった。これについてはBBCも大きく取り上げている。

この法案が通過したと世界も確認した以上、これからは日本も世界の混乱に巻き込まれてことは避けられないだろう。

今、ロシアとアメリカがシリアに関する軍事会議を開く方向で動いているが、もし大事に至った場合、アメリカは日本へもシリアへでの戦闘支援を要請してくる。いかなる形であれ、自衛隊がシリアに・・・とは、ちょっと考えたくない光景だ。

また国際社会に自衛隊が出ると、世界経済大国3位の大国としての立場も徐々に目立って来るだろう。そうなると難民の受け入れについての圧力がかかってくるかもしれない。

日本が、経済大国であるにも関わらず、昨年たった11人しか難民を受け入れなかったことは、イスラエルのメディアもとりあげていたところである。

これを災難とみるか、大国として世界に影響力を発揮する事のできる一流の国への一歩とみるか。いずれにしても、この法案の成立で、日本も自分のことだけを考えていればよい時代は終わったということである。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/1213-db8e048b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫