ダマスカス門テロ・暴動:市民2人と警察官3人が負傷 2015.10.11

 2015-10-11
土曜日午前中、エルサレム旧市街のダマスカス門から出たところ、レストランなどの前の通りで、ユダヤ人男性2人(62才、65才)が、ナイフで刺された。テロリスト(16)はその場で治安部隊が射殺。これに続いてダマスカス門ではまもなく暴動となり、治安部隊と乱闘となった。

この後、同じくダマスカス門付近で、警察官が、一人のパレスチナ人のセキュリティチェックをしていたところ、そのパレスチナ人が警察官の首をナイフで刺し、近くにいた警察官も刺した。

付近にいた警察官がこのパレスチナ人を射殺したが、その時の発砲で、別の警察官が負傷した。3人の警察官は病院に搬送されたが、1人は重傷となっている。

続いて午後3時ごろ、、ダマスカス門で、警備に当たっていた警察官1人がまた刺された。テロリストはその場で射殺。シュアハット出身のパレス人(19)だった。

http://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/Initial-Report-Stabbing-attack-at-Damascus-Gate-in-Jerusalem-421503

<エルサレム市長:明日から教育機関のストを発表>

エルサレム市内の治安が悪化している中、国が有効な治安維持を市民に提供できていないとして、エルサレム市長は、明日から、すべての教育システム(高校、小中学校、幼稚園、でデイケアセンターなど)は、ストに入ると発表した。

ストといっても丸一日休むのではなく、子供たちが午後1時半に早期下校するということである。これについては、市内のPTAや、教師連合などと協議した結果だという。

エルサレム市長は、首相に対し、この深刻な問題を早期に解決する努力をするよう、訴えている。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/201677#.VhmGCaUWnA9 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/1244-096bca1b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫