シリアがレバノンで爆破テロか 2012.10.21

 2012-10-21
金曜白昼、レバノンの首都ベイルートで大きな車両爆弾テロがあり、レバノン治安最高司令官のハッサン氏他8人が死亡。80人以上が負傷した。

ハッサン氏が反シリア派の筆頭であったため、今回の犯行はシリアのアサド政権によるものとみられている。この爆弾暗殺テロを受けて、反シリア派が、レバノン各地で親シリア派の現レバノン政府に対する抗議デモが行い、ミカチ首相の辞任、政府の解散を要求した。

しかし土曜、レバノンの大統領が首相の留任を指示し、首相の留任が決まった。これを受けて、反シリア派はレバノン各地で抗議デモを開始。一部は暴徒化しているもようである。

<なぜシリアがレバノンに関係してくるのか>

シリアのレバノンへの影響力は絶大で、2005年までは、シリア軍がレバノン国内に駐留して実質レバノンを支配していた形だった。この間に、レバノンでは、親シリア政権(シーア派イスラム)と、反シリア政権(スンニ派イスラム)に別れて対立するようになっていった。

2005年、反シリア派のラフィク・ハリリ首相が暗殺される。犯行はシリアによるものとの疑いが強く、反シリア派が激しいデモ活動を起こし、ついにはシリア軍を撤退にまで追い込んだ。

しかし、シリアは撤退後も、レバノンにいるヒズボラを支援して影響力を維持。昨年には、暗殺されたラフィク・ハリリ首相の後を次いで首相となっていたサイード・ハリリ氏を更迭し、親シリア派のミカチ氏を首相にして影響力の健在ぶりを発揮していた。今後、シリア内戦がレバノンに飛び火していくのではないかと懸念されている。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/130-3d3393ab

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫