シリア難民がイスラエルに感謝するウェブサイト立ち上げ 2016.2.25

 2016-02-25
シリア難民で、今はトルコに在住しているスンニ派イスラム教徒のアバウド・ダンダチさん(39)が、シリア難民をヨルダンやトルコなど、各地で支援しているイスラエルとユダヤ人団体に感謝するウェブサイト”Thank you Am Israel (イスラエルの人々にありがとう)”を立ち上げた。

ダンダチさんは、シリアでハイテク系の仕事をもち安定した生活を送ったいたが、2011年にシリア内戦が勃発。2013年にアサド政権が化学兵器を使用し、ISISがラカを占領するのを受けて、非難することを決め、レバノンを経て現在のトルコに至った。

難民として逃亡する中で、ダンダチさんが経験したのは、これまで「大きなサタン」だと教えられてきたユダヤ人が、シリア難民を助けている姿だった。

イスラエルはシリアの内戦には関係ないし、放っておいてもいいはずだ。ヨルダンやトルコの難民キャンプでは、彼ら自身の身の危険もある。それでもユダヤ人たちは支援を行っている。

一方で、本来友人だと言っていたサウジアラビアなどアラブ諸国は扉を閉じて、難民を助けようともしない。この姿を見てアバウドさんの考えは一変したという。「シリア人がイスラエルに敵対する理由はまったくない。」と確信をもって語る。

ダンダチさんは、イスラエルが、シリアとの国境で負傷したシリア人を治療していることも語っている。一度、ネタニヤフ首相が、その現場を視察に来て写真を撮って行ったが、過激派たちは怒ったという。しかし、アバウドさんは、「感謝もできないのか。」と、同胞たちの態度に大人げないと思ったという。

ダンダチさんは、「シリア人は、イスラエルに今はなんのお返しもできないが、せめて感謝は伝えたい。」と考え、このサイトを立ち上げた。サイトでは、トルコ沿岸で、ボートでたどり着いたシリア難民たちを、支援するイスラエイドの医療関係者のビデオなどを紹介している。

ビデオでは、イスラエイドのスタッフは、ダビデの星のついたTシャツを来て、イスラエル人であることを隠していない。

https://www.facebook.com/kikarashabat/videos/1130539573637137/ イスラエイドのシリア難民支援の様子 

http://www.thankyouamisrael.com Thank you Am Israel サイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/1348-4b6239b1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫