ゴラン高原をシリアに返還せよ!?:国連人権理事会(UNHRC) 2016.3.29

 2016-03-29
トルコやヨーロッパで自爆テロが横行している昨今だが、国連人権理事会(UNHRC)は、イスラエルを非難する決議案5つに関する決議を行った。

その内容は、西岸地区の入植地に関するものとともに、なんと、イスラエルはゴラン高原をシリアへ返還すべきというものもあり、賛成31で可決されていた。

かつて、こうしたイスラエルの非難決議は、アメリカが拒否権を発動していたのだが、アメリカが、この理事官の一員でなくなって以来、なんの障害もなく、反イスラエル決議はすべて可決されているのだという。

ネタニヤフ首相は、「国連人権理事会は、パレスチナ人のテロも、ヨーロッパで自爆テロをしているISISよりも、中東で唯一の民主国家イスラエルを非難する。UNHRCは、反イスラエルのサーカスになった。」とコメントした。

また、イスラエルの国連大使ダニー・ダノン氏は、「記録的な偽善。精神障害の治療を受けるべきだ。」と言った。

http://www.jpost.com/International/UNHRC-creates-blacklist-of-companies-doing-business-in-the-settlements-449124 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/1383-2b1c5ff3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫