最後のイエメン系ユダヤ人移民 2016.3.29

 2016-03-29
イエメンでは、サウジアラビアが支援するスンニ派の政府軍と、イランが支援するシーア派組織フーシ派の戦闘が続いている。そんな中23日、イエメンに残っていたユダヤ人19人が、500-600年前とみられるトーラーの巻物を携えて、イスラエルへの帰還を果たした。

イエメンにはまだ約50人のユダヤ人が残っているが、この人々は、イエメンに残留することを希望したことから、イスラエルは、イエメン系ユダヤ人の帰還は、これが最後と発表した。

*1948年以来、1949年には「魔法の絨毯作戦」と呼ばれるユダヤ人移住作戦が行われるなど、これまでに51000人のイエメン系ユダヤ人がイスラエルに移住した。

http://www.jpost.com/Israel-News/Report-Some-of-the-last-Jews-of-Yemen-brought-to-Israel-in-secret-mission-448639

<残留イエメン系ユダヤ人に危機?>

今回の移住は、フーシ派とユダヤ機関、アメリカ政府も協力しての秘密の取引の上での移住作戦で、公に報道される予定ではなかったという。それが大々的に報じられた上、貴重なトーラーの巻物を持ち出したことも報道されてしまった。

これを受けて、イエメンでは、「イエメンの重要な遺産を持ち出された。」として、これに関わったとみられる残留イエメン系ユダヤ人1人と空港関係者1人(イスラム教徒)を逮捕したと伝えられた。

この後、報道はないので、その後どうなったかは不明。 http://www.haaretz.com/jewish/news/1.710855
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/1384-491293d3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫