ガザ:IS系組織のロケット弾がスデロットに着弾 2016.10.8

 2016-10-08
5日朝10時半ごろ、ガザから発射されたロケット弾が、イスラエル南部のスデロットの市街地、小学校のすぐそばの道路に着弾した。

学校のこどもたちはちょうど休憩時間だったが、サイレンで皆シェルターに駆け込んだという。幸い、大きな被害も、負傷者もなかったが、15歳と60歳がショックで救急搬送された。
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4862987,00.html

その後、スデロットより南部エシュコル地方でもサイレンが鳴り、ロケット弾が着弾した。被害はなし。なぜ迎撃ミサイルが発動しなかったか、調査がすすめられている。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/218688

<ガザへ報復攻撃のF16パイロット死亡>

ロケット弾の攻撃を受け、最初は戦車からの砲撃で、その後、イスラエル空軍が、ガザ地区ベイト・ハヌンのロケット弾発射地や、ハマスのロケット弾格納庫などを空爆した。

http://www.timesofisrael.com/idf-strikes-hamas-target-in-gaza-following-rocket-attack/

ところが、この報復空爆に出動した戦闘機F16が、ネゲブのラモン空軍基地に着陸する直前に、突然、炎上した。同乗していたナビゲーターは無事、緊急脱出したが、パイロットは、脱出できず死亡した。原因は調査中だが、爆撃後に機体がアンバランスになることからではないかとも言われている。
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4863318,00.html

死亡したパイロットは、オハッド・コーヘン・ノヴ大尉(34)。先週、フライト副司令官になったばかりだった。妊娠中の妻シャハルさんと小さな娘が父を失った。
http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/218671

<IS関係組織が犯行声明>

ガザからスデロットへのロケット弾攻撃について、犯行声明をだしたのは、小さなサラフィ(イスラム過激派)グループだった。犯行声明に使ったビデオに、ISのマークがあったことから、IS傘下にある組織(と自称?)であるとみられる。

イスラエルは、ガザの責任者はハマスであるとして、どの組織が犯行に及んだとしてもハマス関係の施設を破壊するのが常となっている。

今回のIS関係組織は、それを知っていて、イスラエルにハマスを攻撃してもらい、ガザの支配件をハマスから奪おうとしているとの見方もある。イスラエルにとっては、ややこしいことである。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4863468,00.html

<ガザへ:女性活動家13人が人道支援船>

2010年、イスラエルのガザ沖封鎖(イランからの武器供給がガザへ入らないようにするため)に反発して、トルコを出発した人道支援船マビ・マルマラ号事件でトルコ人9人が死亡するという事件があったが、それ以後も時々同様の試みが行われてきた。

今週水曜、女性ばかりの活動家13人が、“人道支援船”がガザ地区を目指して出発した。

イスラエルは、「人道支援は陸路を通じて行われており、海上封鎖が問題ではない。」と説明。船が近づいてくると、イスラエル軍の女性兵士たちを船に送り込み、無事アシュドド港へ誘導することができた。女性たちは送還される。

皮肉にも女性たちが船でガザへ向かったまさにそのころ、同じ地中海ではアフリカからの難民が、複数の船に分かれて、リビアからイタリアを目指し、途中で計11000人(これまでで最大)が、転覆しそうな船から救出されていた。*以下に詳細

世界には悲惨な難民問題が山積しているにもかかわらず、そちらには目をむけず、表立って抗議ができるほどの民主国家であるイスラエルに反発する。なんとも不条理な感じがした。

*先週の地中海・難民

先週、地中海で救出された人々は、複数の船に便乗してリビアからイタリアへ向かっていたという。乗っていたのはアフリカ難民ばかり。NYTによると、救出された難民船の中には1000人乗せていた大きいものもあり、NYTの記者は、「まるで奴隷船のようだった。」と報告している。

この中で、150人が救出された船からは、29人(男性10人、女性19人)の遺体が発見された。つまり、難民たちはこれだけの遺体とともに航行していたのである。一方で、船では3人の新生児もうまれていた。

http://www.nytimes.com/2016/10/06/world/europe/migrants-mediterranean.html?_r=0 

なお、国連によると、地中海を渡った難民は、今年だけで30万人。途中で溺死した人は3211人。

昨年の同時期までの難民数は、52万人であったため、今年は42%減少している。しかし途中で死亡する率は15%しか下がっておらず、死亡率は上がっていることがわかっている。

http://www.unhcr.org/news/latest/2016/9/57e12c564/300000-refugees-migrants-cross-med-far-2016.html
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/1474-5bfcacba

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫