諜報機関モサドがテクノロジー投資プログラム:Libertad 設立を発表 2017.6.29

 2017-06-29
27日、イスラエルの諜報機関モサドが、R&D(研究開発)を目標とする投資プログラム”Libertad”の設立を発表した。スタートアップ企業から、モサドの活動に役立つ新しいテクノロジーを吸い上げ、200万シェケル(6000万円程度)の投資を行う。

専用サイトでは、SFアクション映画のようなシーンが紹介されている。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/231649
http://www.libertad.gov.il/eng/index.html

<イスラエルのサイバー技術が世界を救う?>

イスラエルのサイバーセキュリティの技術は世界最強とも言われる。最近、世界では、サイバーテロが相次いでいる。イギリスの病院が一時マヒしたのに続いて、ウクライナが狙われた。こうしたサイバーテロは、一国にとどまらず、世界中の多数の国が影響を受けている。

しかし、イスラエルはほとんど影響を受けていない。イスラエルはこの分野では先端を行く国なのである。その背景には、スタートアップを推進する中で次々に新しいアイディアが生みだすという国の文化・体質がある。

イスラエルでは、今回のモサドのように、スタートアップ企業が、その研究を発表し、投資者を募るといったサイバー見本市や、軍事見本市がしょっちゅう行われており、日本を含む多くの国々が技術を求めてイスラエルに来るようになっている。

<石のひとりごと>

聖書には、終わりの時が来る前に、イスラエルが多くの国々と契約を結ぶと預言されている。

今、サウジアラビアなどの穏健派アラブ諸国とイスラエルに接近し、イスラエルのサイバー技術を求めて国々がやってくるようになっている。

イスラエルが、多くの国々と契約を結び、もしかしたら、その見返りとして、神殿の丘に第三神殿を建てることが可能になるというような、これまでは夢物語でしかなかったシナリオもまったく不可能ではなくなってきているのかもしれない・・・と想像してしまう世界情勢である。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/1598-63aff7c7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫