FC2ブログ

イスラエルに反抗しないアラブ人たち 2017.8.14

 2017-08-15
1)パレスチナ人シオニスト

西岸地区ラマラで生まれたパレスチナ人、サンドラ・ソロモンさん(39)は、10年前にクリスチャンとなり、今はイスラエルの支持者、シオニストになっている。サンドラさんは、腕に「イエスは救い主」と「イスラエル」という文字を刺青している。

サンドラさんの元の名はフィーダで、おじは、ファタハのメンバーで、ヤセル・アラファトに近くで働いた人物だという。いわば、”ハマスの息子”ならぬ”ファタハの娘”である。

フィーダさんは幼少時を、ヨルダンとサウジアラビアのパレスチナ人社会で過ごした。その中で、いかにイスラエルを憎むように育てられたかを証する。最も重要なこととして教えられたのが、アルアクサモスクを解放し、エルサレムを解放すること。そしてイスラエルの破滅だったという。

第二インティファーダのときは、イスラエルで大きなテロが発生するたびに、キャンディが配られた。

サンドラさんがクリスチャンになったきっかけは、イスラムの女性の扱いが受け入れられなかったことだった。サンドラさんは、強制的に結婚させられ、2児をもうけた後離婚。2児のうち下の息子を連れてカナダへ移住した。以来、トロント在住である。

ソロモンさんは、カナダで、ユダヤ人とその歴史に触れる機会があり、聖書を読み始めた。ユダヤ人がモハンマドやイスラムより前に、イスラエルに地にいたことを知った。

サンドラさんは、クリスチャンになったことをヨルダンにいる家族に告げて以来、家族からは勘当されている。しかし、真実の力”が私を変えたと語る。

サンドラさんは、2国家2民族案が可能だとは考えていない。パレスチナ人が、イスラエルを破滅させるよう、子供達に教えているからである。むしろ、全体をイスラエルが支配し、その中で、マイノリティとして、パレスチナ人が住むことが理想と考えている。

こうした考えをもつパレスチナ人は非常に珍しいといえる。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5001245,00.html

2)イスラエルに落ち着くイラン人記者

イラン人記者ネダ・アミンさん(32)は、2014年、著書がイラン当局に不適切と判断され、イランから追放された。

その後、アミンさんは、トルコで難民申請をし、受け入れを待っていたが、その間に、Times of Israelというイスラエルメディアに記事を書くようになった。これはトルコにとってもイランにとっても問題のある行動である。

トルコは、アミンさんに30日の猶予とともに、国外へ退去するよう言い渡した。行き場がなければ、イランへ送還され、拷問、長期間の拘束、または死刑になる可能背もあった。

これを受けて、イスラエル内務省は、アミンさんに特別な観光ビザを出し、その間に、イスラエルで難民申請をするようすすめた。これに応じ、アミンさんは、9日、イスラエルに到着した。

イランがこのようにイスラエル人を受けれることは絶対にありえないが、イスラエルは、たとえ敵対国の市民であっても、事情を理解すれば、受け入れるのである。これは、特記すべきことではないかと思う。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5001183,00.html

3)神殿の丘で殺害されたトルーズ族警察官の家族

先月、神殿の丘から出てきたパレスチナ人テロリスト3人に、イスラエルの警察官2人が殺害されたが、この2人は、ドルーズだった。ドルーズは、ゴラン高原や、ハイファ近郊に住むアラブ人で、ドルーズ教を守っている人々のことである。

ドルーズはアラブ人だが、イスラム教徒や一部のキリスト教徒のアラブ人と違い、居住地の支配者に忠実であるよう教えている。(ゴラン高原のドルーズは例外)。このため、ドルーズは、ユダヤ人と同様に、イスラエル軍に従軍し、警察、刑務官として働く者も多い。

アラビア語ができるので、イスラエルにとっては貴重な盟友である。今回、犠牲になった警察官の家族の元には、リブリン大統領や、フリードマン米大使、閣僚たちも、続々と遺族を表敬訪問している。

しかし、ドルーズ教は、元はイスラム教から発した宗教で、イスラムからすれば異端。このため、両者の間には昔から確執があった。

その背景の中、今回、神殿の丘で、イスラム教徒にドルーズ2人が殺害されたことから、怒ったドルーズが、犠牲になった警察官の実家のある町のモスクに手榴弾を投げつける事件が発生した。幸い、負傷者はなかったが、今後、両者の間に、争いが始まるのではないかと懸念された。

しかし、殺害された警察官の家族たちが、「復讐は望まない。神は、国や宗教を責めることを禁じておられる。」と呼びかけたため、大きな争いには発展しなかった。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5001351,00.html
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/1643-a6495778

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫