FC2ブログ

トルコの逆襲:緊急イスラム協力機構(OIC)会議 2017.12.14

 2017-12-14
トランプ大統領のエルサレム宣言に対し、最もしんらつに非難していたのは、トルコのエルドアン大統領だった。

エルドアン大統領は、トルコの町シバスでのスピーチで、「パレスチナ人は罪なき犠牲者だ。それにひきかえ、イスラエルは、テロ国家だ。エルサレムを子供を殺す無慈悲な国に引き渡すことはない。」と語った。

https://www.timesofisrael.com/turkish-leader-israel-a-terrorist-state-that-kills-children/

そのエルドアン大統領の呼びかけで、13日、イスタンブールにて、エルサレム問題に対処するとして、IOC(イスラム協力機構)の特別会議が開かれた。参加したのは、イランも含む50のイスラム諸国である。先のアラブ連盟よりも規模は大きい。

参加国の中には、ヨルダンのアブダラ国王、イランのロウハニ大統領はじめ、マレーシア、インドネシアなどのアジア諸国、北アフリカ諸国、イスラエルとの交流をはじめたカザフスタンやアゼルバイジャンも出席していた。

<世界は東エルサレムはパレスチナの首都と認めるべき:エルドアン大統領>

エルドアン大統領は、まず、パレスチナを国として認めていない国々はそうするべきであると呼び掛けた。また東エルサレムは、パレスチナの首都として認めるべきだと主張した。

<アメリカは中東和平の仲介者ではない:アッバス議長>

この会議にてアッバス議長は、トランプ大統領は、エルサレムを、まるでアメリカの一都市であるかのように、シオニストに、”ギフト”として与えてしまったと非難した。

「今後、エルサレムが、パレスチナの首都になるまで、平和はないだろう。エルサレムは永遠にパレスチナ国家の首都である。」と警告した。

アッバス議長は、パレスチナ自治政府は今後、アメリカを中東和平の仲介者として受け入れないと宣言。今後は、国連が新しいシステムで仲介することを望むと語った。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/239262
カテゴリ :中東情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫