停戦?情報の錯綜 2012.11.18 

 2012-11-18
イスラエル軍のガザ地区への断続的な攻撃は17日も続いた。破壊をうけた建物の様はすさまじい。17日だけで、ガザ地区の死者は4人。これまでの死者は39人になった。

17日、エジプトのカイロで、エジプトのムルシ大統領、トルコのエルドアン首相、カタールのエミール王子、ハマスのカリッド・マシャアル政治部代表が4者会談を行った。カイロではアラブ連合も、停戦を目標に緊急会議を開催中。

ムルシ大統領は会談の後「停戦のしるしはあるが、補償はない。」とのコメントを出した。一時18日0:00から停戦に入る可能性があるという情報もあったが、0:00以後もイスラエルのガザへの攻撃は続いているようである。

*イスラエルの方針

イスラエルの目的はガザを再び占領下に置くことではない。イスラエルに対するミサイル攻撃がもはや不可能になったということが確認されたらすみやかに攻撃を停止し、ガザから撤退する。逆にミサイル攻撃がなくならない限り、イスラエルが途中で戦闘をやめることはないと思われる。

<ヒズボラ、イラン、シリア、スーダン、エジプトがガザへ長距離ミサイルを補充している!?>

イスラエル軍が断続的にミサイル発射地を攻撃しているにもかかわらず、テルアビブにまで届くミサイルはまだ飛んできている。イスラエルへのミサイルが止まない限り、イスラエルは攻撃をやめることができない。

レバノンのヒズボラ系列の新聞によると、この24時間の間に、イランからシリアの港を経由してスーダンへ、スーダンからエジプト経由でガザへ長距離ミサイルが密輸補充されているという。
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4307083,00.html

<エジプトで悲惨な事故 幼児47人が死亡>

17日、エジプトでは列車とスクールバスが衝突。乗っていた47人の幼児(4-6才)が死亡し、悲しみがひろがっている。ガザ情勢対処に忙しいムルシ大統領だが、同じ大統領執務室から今日は国民にむけて悲しみのアナウンスをすることになった。エジプトでは交通事故で年間8000人が死亡するという。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/174-065dac8a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫