FC2ブログ

レバノン総選挙:ヒズボラの影響力拡大 2018.5.9

 2018-05-09
ヒズボラは、15万発とも言われるミサイルをイスラエルに向けているといわれるシーア派イスラム過激派組織だが、同時にレバノンにおける正式な政党でもある。

レバノンでは7日、9年来となる総選挙が行われた。結果128議席のうち、ヒズボラ党自身は、議席13から伸びてはいないのだが、親ヒズボラ政党、特に、アオウン現職大統領所属の政党FPM(自由愛国党)が21から29と議席を大きく伸ばした。

この他にも親ヒズボラ派政党が議席を伸ばしたため、結果的に親ヒズボラ派の影響が大きく拡大する結果となった。ヒズボラのナスララ党首はこれを大きな勝利と位置付けている。

一方、ヒズボラ(シーア派)に反対する勢力である現職ハリリ首相政党(スンニ派)の議席は、33から21議席と大きく議席を失っている。

この結果をもとに、アオウン大統領が、誰に組閣を任せるかを決めるのだが、弱体化したとはいえ、ハリリ元首相が、時期も首相として組閣を任される可能性が高いという。

Times of Israelは、今後、実際にヒズボラ陣営が、どのように政治に影響してくるかは不明だが、ハリリ首相の方針に、拒否権を発動してくる可能性を指摘している。

https://www.timesofisrael.com/hezbollah-arsenal-to-go-unchallenged-after-lebanon-vote-analysts/
カテゴリ :中東情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫