FC2ブログ

米朝会談:イスラエルの注目点 2018.6.12

 2018-06-12
まもなく、シンガポールにおけるトランプ大統領とキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の会談が行われる。イスラエルのメディアも、特派員をシンガポールに派遣し、トップニュースとして報じる構えである。

この件について、イスラエルが注目する点は、2点。

1)北朝鮮の核開発抑止できるか

まずトランプ大統領が本当に北朝鮮の核開発を、可能性も含めて止めさせることができるのかどうか。またそれが本当に実施されるのかどうかという点である。

もしこれが実現すれば、オバマ前米大統領がイランと交わした核開発抑止の不完全さを効果的に指摘することができ、アメリカが合意から離脱することに正当性が出てくる。つまりイスラエルの訴えも証明されるということである。

また、今回、北朝鮮の核抑止に成功できた場合、同様のシステムをイランにも適応する可能性も出てくる。

これに対抗するかのように、イランの外相スポークスマンは、「アメリカは合意を途中で放棄するから北朝鮮は気をつけたほうがよい」と語っている。

https://www.timesofisrael.com/iran-warns-kim-dont-trust-trump-he-quits-deals/

2)北朝鮮の弾道ミサイル開発・輸出を止められるか

次に弾道ミサイルなどの非核通常兵器の開発やその部品の輸出を止めさせることができるかどうか。北朝鮮の武器関連輸出の先には、イランとシリア、つまりはハマスやヒズボラが含まれている。

もしこれを止めさせることができれば、イスラエルの治安にとっては大きな成果になりうる。

<予想される結果は?>

トランプ大統領のことなので、予想などはできないのだが、北朝鮮は核開発停止について、時期をきめずに合意するのではとの見方がある。リビアのカダフィ大佐のように、すべてを投げ出した場合に身の危険が及ぶ可能性があるからである。

しかし、その代わりに、非核通常兵器の弾道ミサイル開発・輸出の抑止については、アメリカとの合意に達する可能性がある。

<笑うのはキム・ジョンウン?>

核兵器、通常兵器に関する合意がどうあれ、キム・ジョンウンは、アメリカの大統領と公式に会談する。これは、アメリカが、北朝鮮という国を公式に認めたということに他ならない。

これは、北朝鮮にとってはすでに大きな成果である。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5283284,00.html
カテゴリ :世界情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫