FC2ブログ

北部:ロシア製シリア軍戦闘機撃墜 2018.7.24

 2018-07-25
シリアの内戦が終焉に近づき、シリア政府軍の反政府勢力への攻撃が、イスラエルとの国境クネイトラ周辺で激しさを増してきた。

以下に述べるが、昨日、イスラエル北部で、警報が何度も鳴ったのに続いて、今日24日も午後1時半ごろ、再びゴラン高原、ヨルダン渓谷などで警報が複数回鳴った。

今日は、シリアから、ロシア製の戦闘機1機が、ゴラン高原からイスラエル領内へ2キロ侵入して来たことから、ツファットに配備されていたパトリオットが、迎撃ミサイル2発を発射して撃墜。戦闘機は、シリア軍とISが激戦中のシリア側ヤルムク地方に墜落した。イスラエル側に被害はなかった。

https://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/Israel-fires-Patriot-missiles-against-Syrian-jet-in-Golan-Heights-563275

<23日:ダビデの石投げ迎撃ミサイル初始動>

昨日23日朝10時半ごろ、ツファットやエン・ゲブを含むゴラン高原からガリラヤ南部など広範囲に警報が何度も鳴り響いた。

警報は、シリア方面からイスラエルに向かっているとみられたミサイルに反応した中距離迎撃ミサイル、ダビデの石投げが発射されたことに反応したもので、イスラエル領内には危険が及ばない、いわば、間違い警報であった。

ダビデの石投げは、アイアンドームとアローの中間で射程40−300キロをカバーする迎撃ミサイルで、シリア領内から中距離弾道ミサイルが発射されたために、イスラエル領内へ到達すると計算したのである。

しかし、最終的に、イスラエル国境から1キロシリア側に着弾すると計算され、この時点で、ダビデの石投げは、発射した迎撃ミサイルに自爆を命じた。1発は無事自爆したが、2発目はどうなったのかわからない。

万が一に不発でシリア領内に着弾した場合、イスラエル防衛の情報が漏洩することになるが、その危険性は低いとのこと。

https://www.timesofisrael.com/syrian-missiles-with-half-ton-warheads-triggered-anti-missile-system-army-says/

今回は、ダビデの石投げの初始動で、失敗に終わったが、2−3日の間に修正される予定。しかし、ダビデの石投げミサイルは一発が70万から100万ドルもする。失敗で、最大200万ドル・・・後悔するより、危険な時は発射したほうがよいというのがイスラエルの考え方である。

なお、費用の一部はアメリカが支援している。

https://www.haaretz.com/.premium-why-does-israel-need-3-anti-missile-systems-1.5346632

現在、イスラエルは、パトリオット、アイアンドーム、ダビデの石投げ、アロー2、3と何重にも重なる迎撃ミサイルシステムで国を守っている。しかし、さらに10年計画で82億ドルをかけ、全国を守る新しいシステムを加える予定だという。

https://www.timesofisrael.com/government-said-set-to-launch-nis-30-billion-missile-defense-plan/

<石のひとりごと:小さい国に膨大な防衛費>

イスラエルの防衛費は、年間184億ドル(約2兆円)。調べてみると、日本の年間防衛費は約5兆円。中国は18兆4000億円。

イスラエルは人口わずか880万人であるのに、その防衛費は、人口1億2000万人の日本の半分にせまる勢いである。いかに防衛費が高いかがわかる。
カテゴリ :シリア情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫