FC2ブログ

トルコ:ブランソン牧師釈放に動き出すトランプ大統領 2018.7.27

 2018-07-27
トルコには、スパイ容疑で捕らえられたアメリカ人で、福音派牧師のアンドリュー・クレイグ・ブランソンさんがいる。

ブランソン牧師は、トルコのイズミール州に23年滞在し、クルド人に宣教していたが、2016年7月のクーデターの後に、トルコへの反抗を促しているされ、逮捕された。以来、18ヶ月、多くのクリスチャンたちが、ブランソン牧師の解放のために断食し、祈っている。

報道によると、7月に予定されていたブランソン牧師の裁判を前に、トランプ大統領は、トルコと、ブランソン牧師解放に向けて合意に至ったとして、イスラエルに対し、先月ハマス支援者として空港で拘束されたトルコ人女性エブル・オズカンを釈放するよう要請してきた。

ネタニヤフ首相は、これに応じ、7月15日にオズカンを釈放。トルコに送り返した。ところが、その後、18日に予定されていたブラントン牧師の裁判は行われず、10月に延期とされた。

ところがその後の25日、ブラントン牧師は、監獄からは釈放され、家屋内拘束とされた。

https://www.timesofisrael.com/report-us-asked-israel-to-free-terror-suspect-in-deal-for-pastor-held-in-turkey/

これを受けて、ポンペイオ国務長官が評価したものの、ペンス副大統領が予告したのに続いて、トランプ大統領が、ブランソン牧師の無実を主張し、「ただちに釈放されるべきである。」と主張。釈放されなければ、トルコに経済制裁を行うと発表した。

https://www.timesofisrael.com/trump-says-us-to-impose-sanctions-on-turkey-over-detained-pastor/

トルコは、「他国に命じられる覚えはない。」と言っている。ここからどうなるかは不明。。。

トルコで、彼のための祈りに参加している韓国人の友人に聞いたが、トルコ政府は急速にイスラム化を進めており、クリスチャンも以前のように安全に集まれなくなってきているという。
カテゴリ :世界情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫