FC2ブログ

トルコのブランソン牧師:その後 2018.8.6

 2018-08-06
アメリカの圧力とイスラエルの協力で、2016年から21ヶ月間、スパイ容疑で拘束されていたアメリカのアンドリュー・ブランソン牧師が、先週、刑務所からは解放され、自宅軟禁となった。

アメリカは、ブランソン牧師の無実を主張しており、完全な解放と、帰国を要求している。トランプ大統領は、トルコが約束通り、ブランソン牧師を完全に釈放しなかったとして、トルコのギュル法相と、ソイル内相への個人経済制裁を発動した。

https://jp.reuters.com/article/us-turkey-idJPKBN1KN024

<黙示録2:8−10:スミルナの教会>

エルサレムの祈りの家スカット・ハレル(リック・ライディング牧師)では、ブランソン牧師をよく知っているトルコ人でユダヤ人のマイクさん(今はイスラエル在住)が、ブランソン牧師とその教会がその後どうなっているのかを証した。

マイクさんによると、ブランソン牧師の教会は、トルコのイズミール地方にある教会員が50人に満たないごく小さな群れだという。マイクさんは、全く何の影響もないごく小さな教会の牧師が今、トルコとアメリカの首脳を動かしていることに注目してほしいと語る。

ブランソン牧師の教会は、イズミール地方、すなわち、スミルナにある。スミルナの教会は、黙示録で語られる7つの教会の2番目の教会で、”悪魔があなたがたをためそうとして牢に投げ入れようとしている”教会である。

マイクさんは、この教会が、苦しみを受けるが、その中で中東全体への福音拡大のきっかけになると信じている。実際、ブランソン牧師の事件により、トルコだけでなく、中東全体に、ブランソン牧師がしていたこととして、福音が大きくニュースでもとりあげられるようになっている。また、このことで興味ふかいことも起こった。

今、トルコでは、エルドアン大統領のイスラム化の方針でクリスチャンへの迫害がはじまっているが、ブランソン牧師の事件を受けてさらに悪化しているという。

ブランソン牧師の教会に部屋を貸している大家さんも、事件が明るみに出た後、出て行くよう言ってきた。しかし、のちに、もし物件を買うならそのまま残留しても良いと申し出てきた。売ってしまえば、自分とは関係がないことになるし、売却金も手に入るからである。独自の物件が手に入れば、当然、福音の働きはしやすくなる。

マイクさんが祈りの課題としてとりあげたことは、ブランソン牧師の即時解放というよりは、心身ともに弱っているブランソン牧師と家族が支えられることと、今こそ、トルコの教会が恐れず大胆に福音を語れるよう、祈ってほしいということであった。
カテゴリ :中東情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫