停戦ならず 地上戦は延期 2012.11.21

 2012-11-21
20日夜、エジプトのムルシ大統領が、「あと数時間、21時ごろには停戦にこぎつける。0:00には停戦に入る。」という見通しを発表した。このニュースはすぐに世界をかけめぐった。

しかし、イスラエルのネタニヤフ首相は「まだ停戦については協議中であり、停戦を発表するのは早すぎる。」とのコメントを出した。つまり、エジプトは、まだ合意に至っていないのに、勝手に停戦の発表をしたということである。

予想通り、20日21時になっても停戦発表はなく、ガザ地区からの攻撃、イスラエル軍の空爆が続いている。20日のガザでの死者は20人。

*ガザでイスラエルへの協力者とみられる住民6人を処刑

ハマスは20日、イスラエルに協力していると見られる住民6人を、裁判なしに射殺、そのうちの1人の遺体を複数のバイクで引きずり回す写真が公開された。ハマスがイスラエルへの協力者を処刑するのは、先週14日から2回目という。

<地上戦延期>

地上戦については、20日、カイロとエルサレムを国連総長が訪問。またアメリカのクリントン国務長官もエルサレム入りして地上戦を見合わせるようネタニヤフ首相に要請。イスラエルは突入を延期したもよう。

ネタニヤフ首相は、クリントン国務長官に、「ガザからのミサイル攻撃が収まり次第”長期的な”合意に至る用意がある。」と語った。

<停戦への話し合いの背後で・・イスラエル人も2人死亡>

カイロで停戦に向けた外交努力が進められる中、20日、午前中ベエルシェバには20発ものミサイルが撃ち込まれた。アシュケロンではアパートに直撃したが、住民は警報で避難していて軽傷が2人のみ。

午後にはスデロット、エシュコル地方のキブツにも撃ち込まれ、イスラエル軍兵士1人(18)が死亡。同じエシュコル地方への攻撃で市民1人が死亡。1人が重傷。兵士15人が負傷した。

夕刻には、テルアビブに近いリション・レチオンのアパートに着弾。住民2人が軽傷を負った。

20日は、テルアビブ、エルサレムでも警報が鳴った。テルアビブに飛来したものは、迎撃ミサイルが撃墜。エルサレムに飛来したミサイルは、再びグッシュ・エチオン付近のパレスチナ人の村に着弾したが、負傷者はなし。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/186-6b05ed3b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫