停戦成立 21日21:00(日本時間4:00) 2012.11.22

 2012-11-22
先週14日に始まった雲の柱作戦。21日も朝からベエルシェバなどにミサイルが着弾。エシュコル地方では6人(うち5人は兵士で1人は重傷)が負傷した。イスラエルもガザへの空爆を続けていたが、夜になり、イスラエルとハマスが停戦に合意。21日21:00(日本時間22日04:00)、双方ともに同時に攻撃を停止した。

今回の停戦は、ハマスと連絡を取り合っていたエジプトのムルシ大統領がスポンサーとなり、アメリカが支持。イスラエルのネタニヤフ首相が、オバマ大統領の「エジプトが提示する停戦案にかけてみてはどうか」とのすすめを受けて合意し、実現した。

<緊急記者会見>

停戦に入る30分前の21日20:30、ネタニヤフ首相は緊急の記者会見を行い、「今は(停戦への)最後のチャンスにかけてみることが正しいことだと判断した。」と語った。

同席したバラク国防相は、「ハマスとイスラム聖戦に打撃を与えた。」と作戦の目標は達成したとの見解を語った。(破壊したハマス拠点は1500カ所以上、ジャバリなど鍵となる指導者らを殺害。8日間のガザでの死者数は140人以上)

ただし、ネタニヤフ首相は、「もしハマスが停戦の約束を破るなら、市民を守るためにこれまで以上の武力で臨む用意がある」とのスタンスは崩していない。

*実際には、停戦成立後直後からもイスラエル南部都市にはロケット弾が着弾している。イスラエル側は空爆を控えている。ガザ国境に待機させている地上軍を帰還させるかどうかは22日(木)に決定予定。

<今後の手順>停戦発令から24時間はクーリング期間とし、その後、閉じられている国境を開放、物資や人の往来を再開する。しかし具体的にどの程度開放するのかなどは明らかではない。

<イスラエルに有利な解決?>

今回の停戦は、イスラエル、特にネタニヤフ首相のリクード(党)にとって有利な形になったとの分析がある。今や停戦が成功するか否かは、ハマスがイスラエルを攻撃するかしないか、ハマスが他の組織を統轄できるかにかかっている。つまりボールはハマスの側にあるということ。

さらにこの停戦以後は、エジプトがガザに関しての責任を負う形になった。これはリクードが以前から願っていた形である。(Yネット)

<ハマスも勝利宣言?>

ただし、ハマスもハマスで勝利宣言を行い、ガザの通りではお祝い騒ぎとなった。確かに、ハマスはイスラエルと対等に交渉し、テルアビブやエルサレムにまでミサイルを放った。ガザでは「歴史的勝利」と言っている。

今後、ここ2年以上、イスラエルとの接点を失ってている西岸地区のアッバス議長の立場が、パレスチナ人の間で弱体化するのは避けられないと思われる。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/190-79ccfb37

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫