FC2ブログ

エルサレムで19歳女性虐殺遺体遺棄:西岸パレスチナ人逮捕 2019.2.10

 2019-02-10
7日(木)午後、テコアに住むオーリー・アンスバッカーさん(19)が行方不明となり捜索が始まったが、数時間後、エルサレム南部、聖書動物園付近の森、エイン・ヤエルで遺体となって発見された。

遺体は、上半身には、残虐な刺し傷が数カ所あった。オーリーさんは、8日、家族・友人など数百人が見守る中、実家のあるテコアで埋葬された。

テコアは、エルサレム南部入植地グッシュ・エチオン近郊で、パレスチナ人のテロ事件も時々発生する地域。警察はパレスチナ人によるテロの可能性も念頭に捜査を開始。8日夜、ラマラ近郊、アル・ビレのモスクにいたパレスチナ人の男を逮捕した。

逮捕されたパレスチナ人は、ヘブロンの住人でイスラエルに違法滞在していたアフィヤ・アラファト(29)。アラファトは、ナイフをもって自宅を出たところ、森でオーリーさんがいたので襲撃したもようである。アラファトには逮捕歴があり、ハマス関連との情報もある。(未確認)

逮捕にあたり、現場では、パレスチナ人らが石を投げつけるなどして、イスラエル軍兵士らと、暴力的な衝突が発生している。

オーリーさんは、従軍の代わりに国への奉仕として、現場近くのユースセンターで働いていた。殺害される前、オーリーさんは、妹に、「もうすぐ20歳になるなんて信じられない」と、語っていたという。

いつも思わされるが、様々な思い出とともに19歳まで育て上げてきた娘、今朝まで笑っていた娘が、もう二度と帰ってこない。しかも残虐きわまりない方法でまったくの理不尽で殺されたなど、家族にどうして受け入れられるだろうかと思う・・・。

https://www.timesofisrael.com/police-forensics-at-scene-led-to-palestinian-suspect-in-murder-of-israeli-teen/

<イスラエルのダノン国連大使が怒り>

国連では、ダノン国連大使が、パレスチナ人による19歳女性の殺害を受けて、テロの文化を煽っているパレスチナ自治政府を非難。安保理に対処を要請した。

リーバーマン元国防相は、犯罪の残虐性から見て、死刑に処すべきだと言った。国民の中からも、死刑を要求する声があがっている。

https://www.timesofisrael.com/israeli-envoy-calls-on-un-to-condemn-murder-of-israeli-teen/
カテゴリ :パレスチナ関係 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫