FC2ブログ

ネタニヤフ首相:不起訴特権を国会議長に申請提出 2020.1.4

 2020-01-04
こうした国外の状況の中、イスラエルの政権がまだ決まらないというのもなんらかの理由があるのだろう。しかし、かなりの紆余曲折がある中、ネタニヤフ首相がしぶとく残りそうな気配がまだ続いている。

12月26日のリクード内党首選挙で、圧勝したネタニヤフ首相。予想されていた通り、1日、エデルステイン国会議長に対し、首相の追訴罷免法案を提出。自分の汚職に関する追訴から解放された後には、今後何年先までも首相として国に支えていく意向を表明した。

しかし、これは法案なので、本来なら国会で議論され、投票が行われて決められることになる。しかし、それを審議する国会が、昨年12月11日に解散してしまっているので、基本的には、3月2日に予定されている3回目総選挙までは、これを審議することはできないということになる。

今すぐ審議を行うなら、ネタニヤフ首相が、司法庁から起訴されている汚職など3つの罪で有罪となる可能性は高い。しかし、3月2日の総選挙まで待つとなると、選挙結果がどうなるかで、ネタニヤフ首相が、不起訴になる可能性が出てくる。

法案を受領したエデルステイン議長は、審議を3月まで待つ可能性を示唆している。言い換えれば、1月にも始まるとされていたネタニヤフ首相の訴追も3月2日以降まで先延ばしにされるということになる。

ライバルの青白党は、すぐにも審議を始めたいとの構えで、もしエデルステイン議長が、もし審議を先延ばしにするなら、国会議長を交代させることも考えているという。青白党は、国民に対し、これは、「ネタニヤフ王国」か、「イスラエル国家」の選択だと皮肉る声明を出した。

https://www.timesofisrael.com/blue-and-white-may-try-to-oust-speaker-if-he-stalls-on-pm-immunity-report/

なお、テレビ局が行った世論調査によると、リクード党首選後のネタニヤフ首相の支持率は、1議席あがったものの、青白等と互角。ネタニヤフ首相がまとめあげたユダヤ矯正等と右派政党の右派ブロックに、もし極右政党を入れた場合、ネタにタフ首相を支持する右派勢力は、57議席。(チャンネル12)

一方、青白党と左派勢力、アラブ政党など左派勢力は、56議席でどちらも過半数ではない。

今後、ネタニヤフ首相の右派ブロックを形成している党がとう出るのか、アラブ政党はどう出るのか、またどちらにもついてない右派イスラエル我が家党のリーバーマン氏がどう出るかで、次回の選挙の行方が変わってくるので、現時点ではまだなにも言えないというのが現状である。

https://www.timesofisrael.com/polls-indicate-no-drop-in-support-for-netanyahu-after-immunity-request/
カテゴリ :イスラエル国内ニュース トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫