シリア:戦闘はダマスカス市内へ 2012.7.18

 2012-07-18
シリアの反政府勢力が、大統領府のあるダマスカス市内での戦闘に入っている。政府軍は戦車やヘリコプターなどで応戦しており、本格的な戦争状態である。市民たちは続々とヨルダンなどに避難中。

反政府勢力は「アサド政権打倒までは時間の問題だ」と伝えてきたが、夜になりアサド政権側はそれを否定する声明を出した。

<化学兵器への懸念>
イスラエル軍諜報部の情報によると、アサド政権は、イスラエルとの国境ゴラン高原に駐留していた部隊をもダマスカスに向かわせ、かなり追いつめられた様子。今懸念されるのは、アサド大統領が化学兵器を使うのではないかということである。

先に離反したシリアの元駐イラク大使ファレス氏は、アサド氏が化学兵器を使用する可能性が高い(もしかしたらもう使ったかも知れない)と語っている。ファレス氏は、アサド政権にはアルカイダがついているとも証言している。

<ポスト・アサドをめぐって>
ここへ来て、シリアのムスリム同胞団が登場し、全シリア市民は戦闘に参加すべきとの呼びかけを行っている。ヒズボラやイランが、ポスト・アサドの準備を始めているという報告もある。

<国際社会>
国連安保理は、20日までに、シリア対策についての採択を行う。西欧と足並みをそれえないロシアには、シリア問題特使のアナン氏、中国には国連総長のバン氏が最終交渉を行っている。アナン氏の記者会見では、ロシアの譲歩は得られていない模様。



■石のひとりごと「ネルソン・マンデラ」
昨日、ネルソン・マンデラが、元南アフリカ大統領が、94才の誕生日を迎えた。27年も白人からの差別と投獄を受けながら、大統領になると、「今は復讐するときでない。共に国を建て上げる時である」と白人を赦し、和解する道を国民に実践してみせた。彼によって人種差別の南アフリカは大きく変えられたのである。

シリア、イラク、アフガニスタンなどの国も、今は勢力争いをするときではない。まずは国を建て上げるというビジョンをもって和解してくれたらと心から願わされる。

マンデラ氏の実話の映画「インビクタス」必見。*ネルソン・マンデラ氏は、メソジスト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/23-9d7ac0c1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫