イスラエル総選挙アップデート-右よりに向かっているイスラエル政府 2013.1.4

 2013-01-04
イスラエルでは22日に、国会の総選挙が行われる。議席は120議席。現在、毎日のように、獲得議席数の予測がなされている。

今回の選挙では、ネタニヤフ首相のリクードとイスラエル・ベイテイヌ(イスラエル我が家)の合併党が政権を取ることは間違いない。しかし、選挙日が近づくにつれて、この合併党の予想獲得議席数が、確実に低下している。

かわりに伸びているのが、「ユダヤ人の家」党。これは宗教シオニストの党で、エルサレムはもちろん、西岸地区も全部、神がユダヤ人に与えたものだとの理念を基本姿勢にしており、二国家二民族として土地を分け合う意思はない。

時期政権の右派色が濃くなるにつれて、左派政党や、最大野党の労働党をはじめ、歩み寄りをみせていた「未来がある党」や「ツィッピー・リブニ党」なども、連立には加わらないとの意思表示をしはじめている。

ネタニヤフ首相は、ユダヤ教政党や右派政党だけでなく、極右などとも連立を組まなければならなくなると予測されている。つまり、イスラエルはますます右派となり、和平の希望はさらに遠のきつつあるということである。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/241-e7c0e130

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫