総選挙・驚きの出口調査結果 2013.1.23

 2013-01-23
<テルアビブに設置された選挙センターより速報>*出口調査であり、最終結果ではないことに注意

1.右派と左派が半々

イスラエルで22日行われた国会総選挙。投票締め切りの22時に近づくに連れて、予想以上の投票率となり、最終的に66.6%となった。その結果、出口調査によると、右派に傾くとの予想を大きく覆し、右派政党が61、左派政党(中道を含む)が59とほぼ半々のバランスのとれた国会になるみこみとなった。

2.右派のびなやみ-ネタニヤフ首相に苦しい結果

22:00の時点で、最大議席を獲得したのはネタニヤフ首相のリクード・ベイテイヌ合併党だが、獲得した議席は予想を大幅に下回る31議席。同じく得票を伸ばしていると思われた極右の「ユダヤの家」党も17席との予想を大幅に下回る12席にとどまった。

3.中道左派躍進

右派に変わって予想以上に得票をのばしたのが中道政党の「未来がある党」(ラピード党首)である。2位になると思われた労働党(左派)を抜いて2位となった。3位となった労働党(中道)は17席。

宗教政党シャスは、予想通りの12席。かつての女性首相候補だったツィッピー・リブニ氏の党は7席だった。

<国内問題解決を望むイスラエル市民>

今回、大きく議席を伸ばした新党「未来がある党」は、社会構造の変革を訴える党で、指示基盤は、世俗派からユダヤ教正統派までと幅広い。今回の結果は、イスラエル市民が、より平等な徴兵制など、国内に山積みとなっている社会問題の是正を第一に望んでいることを示している。

しかし、「ユダヤの家」党も、予想を下回ったとはいえ、解散前の国会では3議席であったのが12議席へと躍進している。「ユダヤの家」党は2国家2民族(国をイスラエル人とパレスチナ人で分け合うという考え)を支持していない。
したがってパレスチナとの土地問題に関していうならば、イスラエル市民が右寄りに傾いてきていることも確かなようである。

<今後の動き>

最大議席をを獲得した党の党首として、時期政権でもネタニヤフ首相が続投となる。

首相は今後42日以内に連立政権を立ち上げなければならない。右派だけで政権を形成することは難しいため、中道の「未来がある」党に、極右の「ユダヤの家」党を含める可能性があるが、難しい交渉になりそうである。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/248-5a9c0c24

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫