アサド政権崩壊に備えるイスラエルとヨルダン 2013.1.28

 2013-01-28
シリア内部の情勢が深刻化するとともに、ヨルダンへの難民急増(1日からだけで3万人)、アサド大統領の母親が脱出するなど、崩壊が近いと思われせるような微妙な動きになりつつある。

シリア内部には現在、アルカイダを含む様々なイスラム武装勢力入り込んでおり、アサド政権が崩壊した時に、どんな状況になるかはだれにも予想がつかない。

ヨルダンは、イスラエルとも連絡をとりあい、”その時”に備えてシリアとの国境警備を増強しているもよう。

<イスラエル、北部にアイアンドーム(迎撃ミサイル)2基設置>

イスラエルは、アサド政権が崩壊した瞬間、大量破壊兵器がヒズボラ(レバノン)の手にわたる可能性に備え、シリア内部の化学兵器の監視を強めている。

Yネットによると、シリア国内で化学兵器が保管されているとみられる場所付近にヒズボラが拠点を築いているという。アサド政権が崩壊前に、化学兵器がヒズボラの手に渡る可能性が高い。

シリア情勢が微妙になってきたのを受けて、イスラエル政府は昨日より、北部ハイファ近郊にアイアンドーム(迎撃ミサイル)2基を設置した。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/256-ddd68f8a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫