具体的?ヒズボラの脅迫 2013.2.17

 2013-02-17
ヒズボラのナスララ党首は、ベイルートの”殉教者記念式典”において、「ヒズボラはイスラエルと戦う準備ができている。もしイスラエルや連合軍が攻撃してきたら、発電所や空港を攻撃する。

発電所が破壊されたら、修理に半年はかかるはず。イスラエルは半年も暗闇に耐えられるだろうか?その点、レバノンは電気なし状態になれている。」と妙な”強気”発言。

これは、ブルガリア政府が、「昨年のブルガリアでのバス爆破テロ(イスラエル人5人死亡)にヒズボラが関わっていた。」と発表したことで、イスラエルがヒズボラを攻撃するのではないかと考え、釘をさしたものと思われる。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/280-c7f77955

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫