連立交渉成立 2013.3.14

 2013-03-14
さんざすったもんだしたあげく、最後には、総選挙やりなおしかとまで言われた代33代政権の連立交渉。14日午後、ようやく最終合意に至ることができた。来週早々にも国会で宣誓式が行われる。オバマ大統領訪問ぎりぎりとなった。

有力3党、リクード・ベイテイヌ党(ネタニヤフ首相)、未来がある党(ラピード党首)、ユダヤの家党(ベネット党首)が獲得した主な閣僚のポジションは以下の通り。

1.<リクード・ベイテイヌ党>・・・ネタニヤフ首相、外務相(現職リーバーマン氏留任)、
                  国防相(元国防軍参謀総長モシェ・ヤアロン氏)、
                  内務相(現教育相ギドン・サル氏)

                  *「最重要ポストは保持」外交防衛関係に影響力

2.<未来がある党>・・・ラピード財務相、教育相、厚生労働相 *内政関係に影響力

3.<ユダヤの家党>・・・ベネット通産相(兼副首相)、住宅相、宗教相、ディアスポラ関係省庁 
             国会経済委員会主事(仮約)*正統派の社会参画、入植地関係に影響力

*ツィッピー・リブニ党・・・法務相兼パレスチナ交渉担当、環境相

<今回の人事で、予想される主な変化>

1.ユダヤ教超正統派の優遇が削減される(超正統派も徴兵・社会奉仕、正統派への社会保障削減と労働による社会参画)

2.パレスチナ人との対話がはじまる

3.西岸地区でのユダヤ人の入植活動がすすむ(ベネット氏の圧力によるが、連立内で激しい対立が予想される) 

4.イラン攻撃にむかう?*ヤアロン新国防相は、タカ派傾向

日本ではこれほどもめた場合、あとの人間関係にも大きくひびが入ってしまうが、イスラエル人の場合、意見を出し合ってもめたとしても、それは交渉であってけんかではない。いったん合意した以上、ここからよい政府にしていくものと期待する。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/319-6fd9692e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫