エル・アル(イスラエル)航空倒産の危機!? 2013.4.22

 2013-04-22
イスラエル政府は先週、EU(ヨーロッパ連合)と、「オープンエア」契約を締結することを決めた。これにより、ヨーロッパの航空会社すべてがイスラエル入りでき、イスラエルの航空会社3社もヨーロッパのすべての国に乗り入れできるようになる。

これにより、航空運賃が下がり、より多くの旅行者がイスラエルに来ることがみこまれている。しかし、これは日本のTPP問題と同様、国内の航空会社にとって脅威になりうる。

特にエル・アル航空は他社よりも治安対策に費用がかかるため、すでに運営が危ない状況で、もしこの条約が締結された場合、倒産に追い込まれる可能性があるという。

ただし、航空会社のセキュリティにかかる費用は、国がその60%(年間1億3700万ドル・137億円)を補助している。国は補助を80%にすると提案しているが、航空会社側は100%の補助を要求しており、ストはまだ終わっていない。

<ベン・グリオン空港が前面スト>

21日、エル・アル航空の職員らは、オープンエア反対を訴えるストを開始。40便ほどがキャンセルされた。明日23日からは、エル・アル航空に協力するとして、ベン・グリオン空港が前面的なストライキに入る。

つまり、明日朝5時からいかなる航空会社もベン・グリオン空港に着陸、離陸できないということになる。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/362-96fae879

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫