第19回マカベア・オリンピック開会 2013.7.19

 2013-07-19
ユダヤ人たちは1932年から、マカベアと名付けられたユダヤ人だけのオリンピックを4年ごとに開催している。離散民族ならではというか、ユダヤ人だけでも世界中から選手が集まるため”オリンピック”になるのである。

*マカビーとは、紀元前167年、当時エルサレムで圧政を強いていたシリアを父と息子5人だけで追放したという奇跡のマカビー一家の名前である。

第19回目となるマカビーオリンピックの開会式は18日、エルサレムのテディスタディアムで行われた。参加国は過去最高の78カ国、選手は約9000人。競技は、陸上から水泳、テニスなど国際オリンピックに準ずる。選手の中には北京オリンピックで金メダルをとった選手など有名選手も多数含まれている。

ゲームは30日まで行われるが、この間、海外から来た同胞ユダヤ人選手たちに国内ツアーがふるまわれるなど、イスラエルは最大限の歓迎をする。予算は5500万ドル(55億円)でこのうち公費は3300万ドル(33億円)となっている。

18日開会式が行われたテディスタジアムは超満員の3万人。ペレス大統領、ネタニヤフ首相も参加し、「我々の永遠の首都エルサレムへようこそ!」と挨拶した。

この大きなイベントは、ユダヤ人の団結とディアスポラの選手の移住のきっかけをつくるというシオニズム的な目的で行われている。ユダヤ人はまだまだ世界に散っているということである。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/468-4d4eea5d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫