人工肉で正統派もチーズバーガーの可能性 2013.8.13

 2013-08-11
オランダで世界初の人工肉(牛などの細胞から人工的につくりあげた肉)によるハンバーガーが発表された。イスラエルではさっそく、この肉はコシェルかどうかの論議が始まっている。

コシェルとはユダヤ教の食物規定に合っている食品のこと。ユダヤ教では、肉と乳製品を一緒に食べてはいけないという律法があるため、チーズバーガーはアン・コシェル、つまり禁である。

しかし、人工肉は、肉のようで肉ではないため、もしそれ自体がコシェルと判断されれば、正統派もはれてチーズバーガーを食べられるようになる。これは画期的である。

人口肉がコシェルかどうかの判断だが、まずは細胞を取った牛が、規定にそったとさつ法で死んだ牛かどうかが問題となる。もしそうであればその人工肉はコシェルと判断され、チーズバーガーへ一歩進む。

しかしこの件については、同じ正統派でもハバッド派は、「元になる細胞が肉からきているのだから、人工肉は肉である」と主張し、意見が分かれている。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/499-1c3e3378

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫