シリアで活躍中のOPCW(化学兵器禁止機構)にノーベル平和賞 2013.10.11

 2013-10-11
今年のノーベル平和賞に、現在、内戦中のシリアに入って化学兵器の処分作業にあたっているOPCW(化学兵器禁止機構)が決まった。

OPCWは189カ国が加盟し、500人のエキスパートからなる組織。1997年に、前身である化学兵器協定をさらに補強する形で設立された。化学兵器協定は、1993年にその時点で現存していた化学兵器の80%を破棄して、世界平和に貢献している。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/571-9dbd1678

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫