楽天がイスラエル企業買収 2014.2.16

 2014-02-16
14日、アイフォンなどで無料通話ができるアプリ、Viber(バイバー)を開発した会社を日本の楽天が、9億ドル(900億円)で買収すると発表した。

この会社は、本部をキプロスに置いているが、開発、運営はイスラエル人のベンチャー企業である。

現在、バイバーのユーザーは世界に2億人。CEOのタルモン・マルコ氏は、「バイバーの目標は世界一のコミュニケーション・ツールになること。楽天との合併は目標への大きな一歩になる。」と語っている。

<ソチ・オリンピックでもイスラエルのハイテク企業が活躍>

ソチ・オリンピックでは、イスラエルの会社が開発した通訳アプリが人気トップ5位に入った。このアプリは無料で、オリンピックの解説などを70言語に即時通訳する。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/679-273425df

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫