和平交渉:前進なし 2014.4.19

 2014-04-19
17日、パレスチナ人が囚人釈放を訴えて、西岸地区、ガザ地区でデモを行ったが、18日はユダヤ人たち数百人が、14日に発生した警察官殺害テロ現場付近に集まり、デモを行った。

デモの目的は14日、国民がセデルを祝っている背後で、休暇を返上し、夜を徹してテロリストの捜索にあたったイスラエル軍への感謝を現すこと。

また政府に対し、「これ以上囚人を釈放しないでほしい。逆にテロの一つ一つに対して、イスラエルは西岸地区に家屋を建設すべきだ。それがこちらからの報復だ。」と訴えた。

イスラエルとパレスチナの代表団は、木曜、金曜と交渉を行ったが、なんの結果も出せないままに終わった。イスラエル政府は今日から安息日。過ぎ越があけるのは22日夜となる。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/738-f84bba29

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫