シリアの化学兵器と米ロの対立 2012.8.23

 2012-08-23
シリアはサリンガス、マスタードガス、シアンガスなど、世界一の化学兵器保有国と言われる。これらが、反政府勢力に対して使われること、またアルカイダや、ヒズボラの手に渡ることが非常に懸念されるところである。

アメリカのオバマ大統領は、シリアのアサド政権に対し、「化学兵器の使用はもはや許容の限界を超えている。アメリカは注意深く監視している。」と、化学兵器使用時には軍事介入も辞さないとの意味合いを含む表明を行った。

ロサンゼルス・タイムスによると、アメリカは実際に、万が一の場合に備えて小さな規模のチームをシリア領内へ派遣する具体的な計画を立てているという。

<西側と共産圏の対立>

これに対し、ロシアのラブロフ外相は、安保理承認なしの、アメリカの単独軍事介入は認められない。」と牽制。ロシアはあくまでもシリアへの軍事介入には反対するもようだ。

するとイギリスが、アメリカに続いて、シリアの化学兵器に対する懸念を表明。アメリカ、イギリスに、フランスも加えた3首脳は、今後シリアのスムースな政権移行について協力する方向で電話会談を行った。

すると中国が、「西側は、化学兵器を理由に、軍事介入しようとしている」と非難。あくまでも国連の仲介による停戦を目指すべきと語っている。

<シリア現地では・・・>

こうしている間にも人は死んでいる。シリアでは、ダマスカスなどの激戦で、昨日も全国で180人以上が死亡。先日、日本人女性ジャーナリストの山本さんが死亡したが、今日もダマスカスでジャーナリストが一人死亡した。

これまでにシリアで死亡したジャーナリストや現地ブロガーは54人に上っており、シリア政府軍がメディア関係者を狙っているとの分析もある。

シリア国内には、支援がとどかない120万人の避難民がいる。先月だけで、国連は82万人もの人々に食糧支援をした。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/79-78984df0

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫