中東情勢と第三神殿 2014.10.1

 2014-10-01
http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/185556#.VChp7Ni9DCu

中東情勢が緊迫している中、エルサレムのTemple Institute (第三神殿建築プロジェクトをすすめるユダヤ教の一派)が、新年祭を期限に、建築資金にむけた献金の目標として10万ドル(1000万円)を募った。結果、30カ国から900人が応答。60日間で目標額を達成した。

第三神殿建設は、政治的、経済的にもまだまだ夢物語にすぎないが、Temple Institute は、すでに様々な機材やささげものになる牛の他、第三神殿のブループリントをかなり整えている。

神殿建設のキャンペーンビデオ https://www.youtube.com/watch?v=B6C_zfpEwUI

将来の!? サンヒドリンの予想図 https://www.youtube.com/watch?v=vFnckQrgO7s

このグループは右派で、時に神殿の丘に入ってはパレスチナ人と治安部隊との衝突を誘発している。嘆きの壁ラビ(国家認定)は、神殿は暴力的に勝ち取るものではないと、このグループには反対する立場をとっている。

しかし、イシバ(ユダヤ教神学校)教師のBさんによると、ユダヤ教の律法(ミツバ)613か条のうちの多くは、神殿がないと守れないものであり、ユダヤ教徒なら多かれ少なかれ、第三神殿が必要だとは思っているという。今はまだ現実味がないが、いざとなれば、神殿建設費用はあっという間に集まるとみられる。

経済よりも政治的に第三神殿がどのように実現するのかが、全く不可能にみえるが、”アルマゲドン・ニュース”というグループが作成した第三神殿に関するビデオがある。

カリフを頂点にしたイスラム教国が世界を制し、強大な権力をもってイスラム世界を制覇し、強硬的にイスラエルとパレスチナの7年間の和平条約を実現、第三神殿が立つ事になると、聖書から説明している。興味深いのは、このビデオがアップされたのが、カリフ制をとるイスラム国が出現する前だったことである。

現在、欧米と穏健アラブ諸国が一丸となって、イスラム国を攻撃している。それと平行してイスラエルとパレスチナの争いが行き場をなくし始めている。

この現状の中で、イスラムの立場で、反論を言わせないほど強大な力で、イスラム世界を治める者が現れたとしたら、イスラエルとの7年間の和平条約、ならびに第三神殿はまんざら不可能ではないかもしれない。今後の動きが注目される。

https://www.youtube.com/watch?v=tNOlxoPWl48 注意)筆者がこれに同意するものではない。

特にこのビデオでは、イスラムを治めるもの(反キリスト)の旗がトルコになっており、来るべきイスラム帝国が、オスマントルコをモデルにしたものであるかのように描かれている。可能性としては完全に否定しないものの、特に現時点では同意しかねる点。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mtolive.blog.fc2.com/tb.php/961-a55574c3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫